まんが。 学習まんが

Renta!

まんが

眠れる潜在能力を開花させ、人生を自ら切り開き、最高に自分らしい生き方を実現するための奥義がたっぷりつづられています。 政治、経済、ビジネス、教育といった各界の名だたる著名人たちが愛読書としており、特に世界を舞台に活躍するビジネスエリートの間では、「7つの習慣」に基づくコミュニケーションは、もはや常識といっても過言ではありません。 著者であるスティーブン・R・コヴィー博士は、仕事でもプライベートでも、あらゆる人間関係の中で自分の生き方を貫き、人生を真に充実させるために誰もが日々、実践するべき行動を「7つの習慣」としてまとめました。 それは性別や年齢はもちろん、文化や思想、立場や経歴などを問わず、すべての人に通用する普遍的な原則です。 理解し、行動することで、未来は確実に変わります。 世界中に散らばる無数の愛読者たちの声が、それを証明しています。 日本語版となる『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』は、500ページ超の大著ですが、『まんがでわかる7つの習慣』では、そのエッセンスを厳選してコンパクトにまとめました。 「7つの習慣」のポイントをとりあえずチェックしたい人、原著を買ったけれど挫折してしまった人、原著を読む前に肩慣らしをしておきたい人など、「7つの習慣」に興味があるすべての人に最適の入門書です。 心に響くこの本独自の話しがなく面白くありません。 win-winの関係を築く 主体的に行動する 相手の話を聞く などなど、どれもどこかネットで言われていることを拾ってきて述べているように感じます。 それくらい当たり前のことを述べています。 更に、そのどれもが深く考察して示唆に富んだことまで述べられているわけでもありません。 具体的にwin-winの関係が築けず困難な場面ではどのように打開するべきなのかなどの具体性のある内容ならもっと楽しく読めたのかもしれません。 これに関しては、ハードカバー版から漫画版に切り替わって、誰にでもわかるような浅い内容に変わってしまっただけで、ハードカバー版ではしっかり述べられている可能性もありますが。 とにかく内容が薄い!と言う他ありません。

次の

まんがでわかる 7つの習慣

まんが

表紙を見て、中世ヨーロッパものかファンタジーものかな?と 思っていたのですが…そっちの女王か〜〜〜!!!と唸ってしまった この作品を紹介したいと思います。 みなさんSMって触れたことありますか? 私は一度ストリップショーの演目に入っていたのを 鑑賞したことがあるのですが、とっても美しいんですよ。 S側とM側の信頼があってこそ成り立つものなんですよね。 そこのバランスが崩れたらただの暴力になってしまいますから。 この作品は、父親のDV被害を受けながら育った主人公ハレカが 偶然出会った女王ミヤに資質を見出され成長していく シンデレラストーリーです。 自分をみじめだと思っていたハレカを「美しく無敵」とミヤは言います。 ミヤが言う通り、ハレカが自信を持ち、まっすぐ前を向いて 歩くようになる姿はとっても美しいんです。 異色の組み合わせですが、それがまた新たな官能を生み出します。 SMというアングラな世界をモチーフとしていますが、 画面がとても美しく、初心者でも読みやすいエンタメ作です。 気付いたら私のように夢中になっていると思いますよ。

次の

まんが画廊

まんが

眠れる潜在能力を開花させ、人生を自ら切り開き、最高に自分らしい生き方を実現するための奥義がたっぷりつづられています。 政治、経済、ビジネス、教育といった各界の名だたる著名人たちが愛読書としており、特に世界を舞台に活躍するビジネスエリートの間では、「7つの習慣」に基づくコミュニケーションは、もはや常識といっても過言ではありません。 著者であるスティーブン・R・コヴィー博士は、仕事でもプライベートでも、あらゆる人間関係の中で自分の生き方を貫き、人生を真に充実させるために誰もが日々、実践するべき行動を「7つの習慣」としてまとめました。 それは性別や年齢はもちろん、文化や思想、立場や経歴などを問わず、すべての人に通用する普遍的な原則です。 理解し、行動することで、未来は確実に変わります。 世界中に散らばる無数の愛読者たちの声が、それを証明しています。 日本語版となる『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』は、500ページ超の大著ですが、『まんがでわかる7つの習慣』では、そのエッセンスを厳選してコンパクトにまとめました。 「7つの習慣」のポイントをとりあえずチェックしたい人、原著を買ったけれど挫折してしまった人、原著を読む前に肩慣らしをしておきたい人など、「7つの習慣」に興味があるすべての人に最適の入門書です。 心に響くこの本独自の話しがなく面白くありません。 win-winの関係を築く 主体的に行動する 相手の話を聞く などなど、どれもどこかネットで言われていることを拾ってきて述べているように感じます。 それくらい当たり前のことを述べています。 更に、そのどれもが深く考察して示唆に富んだことまで述べられているわけでもありません。 具体的にwin-winの関係が築けず困難な場面ではどのように打開するべきなのかなどの具体性のある内容ならもっと楽しく読めたのかもしれません。 これに関しては、ハードカバー版から漫画版に切り替わって、誰にでもわかるような浅い内容に変わってしまっただけで、ハードカバー版ではしっかり述べられている可能性もありますが。 とにかく内容が薄い!と言う他ありません。

次の