巨神兵東京に現る。 巨神兵 (きょしんへい)とは【ピクシブ百科事典】

『巨神兵 東京に現る』製作の経緯は庵野秀明の思いつき

巨神兵東京に現る

5月31日、熊本市現代美術館ホームギャラリーで「尾上さんと新しい特撮の魅力を語ろう!」と題した講演会が開催されました。 講師は特撮監督の尾上克郎さん。 「巨神兵東京に現わる」では監督補、特殊技術統括として活躍されました。 参加者は中学生から60代まで男女およそ80名。 講演は、特撮の定義から始まり、フィルムが発明された時代に遡る映画と特撮の歴史、円谷英二の功績やスクリーンプロセスなどの代表的技術、「キングコング」や「ゴジラ」「スター・ウォーズ」といったエポック的作品紹介に至るまで、分かりやすく解説。 さらに、特撮博物館がどのように立ち上がり、「巨神兵東京に現わる」がどうやって作られたかも詳しく語られました。 最後には参加者からの質問コーナーが設けられ、好きな特撮作品や影響を受けた作品、撮影での一番の失敗や一番大切なこと、最新作「進撃の巨人」についてなど、多岐にわたる質問すべてに、尾上さんが丁寧に答えていきました。 「将来特撮の仕事がしたいけど、どんな勉強をすればよいか」という質問に「スタッフが根負けするくらいしつこくコンタクトを取り続けるか、スタジオに押しかけるほうが、大学で勉強するよりもいいかも」と答える場面も。 終始真面目ながらもユーモラスなやりとりが続き、和やかなムードでした。 講演会の様子は、熊本市現代美術館のブログでも詳しくレポートされています。 来館者4万人を突破し、ますます盛り上がる熊本会場。 残る会期も1ヶ月を切りました。 特撮博物館をぜひお見逃しなく! 「館長庵野秀明 特撮博物館」熊本展 開催中~6月28日(日) 熊本市現代美術館 先日、こちらでご紹介しました、「三池さんと特撮雲をつくってみよう!」の模様が、熊本展公式サイトで紹介されました。 参加された皆様の真剣な眼差しがとても印象的です。 全員で作り上げた綿雲の動画も公開されてます。 ぜひご覧ください。 「ハイパーホビー」HPでも記事がアップされてましたので、こちらも合わせてご覧ください。 熊本市現代美術館ホームギャラリーで、5月16日、「三池さんと特撮雲をつくってみよう!」と題したワークショップが開催されました。 講師は熊本出身の特撮美術監督、三池敏夫さん。 「巨神兵東京に現わる」の美術監督です。 中学生から70代まで男女17名の参加者が、「巨神兵東京に現わる」で印象的なキノコ雲と、「ガメラ 大怪獣空中決戦」などに登場した雲海を3班に別れて作りました。 キノコ雲は、塩ビの透明な半球に、小さくちぎった綿を貼っていきます。 雲海は、黒いビニールで覆った机一面に、綿を5列で並べ置きます。 奥には30センチ程の高さでピアノ線を張り、そこにも綿を絡めて浮かぶ雲にします。 ちなみに綿は普通の布団用の綿で、形を雲のように整えるにはハードタイプのヘアムースを使います。 綿を雲のように見せるのに苦心する参加者たちに、三池さんがお手本を見せながらアドバイスすると、作業がしだいにはかどり、およそ1時間で雲が完成。 それぞれの雲に仕込んだ照明を点け、カメラを通してモニターで見ると、まるで本物のよう! 参加者から歓声が上がりました。 さらに三池さんがピアノ線で飛行機のミニチュアを雲海の上に吊るし、カメラワークをつけながらの模擬撮影も披露しました。 自分の手で作る楽しさを味わい、三池さんの技術も間近で見られる充実したワークショップで、どの受講生も嬉しそうに自分たちの雲をスマホやカメラで撮影していました。 熊本市現代美術館のブログでもワークショップの様子が詳しくレポートされています。 なお、三池さんは、ワークショップの前日、特撮博物館が3万人目のお客様を迎えた際、記念品のプレゼンテーターも務めてくださいました。 盛り上がりが続く熊本会場。 残る会期もおよそ半分となりました。 ぜひお見逃しなく! 「館長庵野秀明 特撮博物館」熊本展 開催中~6月28日(日) 熊本市現代美術館.

次の

figma 巨神兵

巨神兵東京に現る

『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q』の放送と合わせて、『巨神兵東京に現る』も放送されるようですね。 こちらの作品は、「館長庵野秀明 特撮博物館展」で上映するために企画された特撮短編作品です。 『ヱヴァ Q』の劇場公開時にも、同時上映されていました。 確か、こちらの作品はオープニングでジブリのロゴが現れることと、「巨神兵:宮崎駿」とクレジットされていることで、劇場公開時は宮崎駿監督作品と勘違いされたりしていました。 しかし、企画が庵野秀明で、監督は樋口真嗣の作品です。 「巨神兵:宮崎駿」のクレジットは、とても面白いですが、何もかかわっておりません。 「特撮博物館展」の開幕式で、『巨神兵東京に現わる』作成の経緯を、庵野監督と鈴木敏夫プロデューサーが話しています。 特撮映画の話が出てから宮崎駿に許諾を得るまで、5分程度で決まった企画 庵野: 『巨神兵 東京に現る』も、ぼくの思いつきで。 パッと言葉が浮かんだんで、それを口にしただけなんですけど、そのまま思いつきが樋口監督のお陰で、素晴らしいフィルムになってまして。 実際には、フィルムではなくてデジタルなんですけど、ほんとに素晴らしいものになってます。 鈴木: 誰が言い出したんだか。 ほんとうは、新たに今の特撮の技術を使って、短くてもいいから映画を作ったほうが良いんじゃないかって。 こんな話が持ち上がったんですよ。 この話が出たのが、ジブリの中で打ち合わせをしていたとき。 それで、唐突に彼が(庵野)「巨神兵で作ったらどうか」と。 それで、「どういう内容なの?」と言ったら、「東京を破壊するんだ」ということになって。 「じゃあ、『巨神兵 東京に現る』だね」と。 それで、ジブリの中で打ち合わせをしていたので、じゃあ、宮崎監督がいるから、そこへ行って許諾を貰おうよと。 それで、二人でテクテクと、3分もかかんないんですけど、宮崎監督のとこに行って、「これこれ、こういうわけで、『巨神兵 東京に現る』って映画を庵野が作りたいっていうんですけど」って、宮崎駿に話したらですね、ハッと顔を見上げてね、「いいよ」って。 ただ、ひとつだけ、「ナウシカはダメだよ、ナウシカは」って。 たしか、こんないきさつで始まったと思います。 つまり、特撮映画を短くてもいいからやろう、って話が持ち上がって、宮崎駿から許諾を得るまで、たぶん、5分から10分くらいですかね。 そのぐらいで決まりました。 この『巨神兵 東京に現る』、まだ宮崎駿に見せてないんですよ。 ポスターは見せました。 ぼくの部屋に貼っておいてね。 彼はよく来ますからね。 で、どういう反応するかなと思ったら、最初のうちは気が付かないフリしてたんですよ。 そしたら、3回目ぐらいに、ふっと横向いて、クスっと笑ったんで、「あ、デザインはこれでOKかな」と(笑)。 それで、問題は内容なんですよね。 これ、なんで問題なのかというと、自分のものを他人に提供する。 それが映像になるというときに、手を叩いて素晴らしいなんていう監督は存在しないんですよ。 監督というのは、たいがい「これは、違う!」と、頭にくるもんなんです。 そんなことがあるもんですから、彼にどうやって見せようかと。 「特撮博物館」展示図録+別冊「巨神兵東京に現わる」パンフレット 豪華2冊セット 2012年7月10日~10月8日東京都現代美術館にて開催された「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」図録とジブリ短編映画「巨神兵東京に現わる」パンフレットの豪華2冊セットです。

次の

エヴァQを借りたんですが、巨神兵東京に現る

巨神兵東京に現る

庵野秀明が館長を務める「特撮博物館」記者発表会が開催 [c]2012 二馬力・G 7月10日 火 より東京都現代美術館で開催される「館長庵野秀明 特撮博物館」のプレス内覧会と開会式が、7月9日に開催。 当博物館の館長を務める庵野秀明、副館長の樋口真嗣、本企画をプロデュースしたスタジオジブリの鈴木敏夫らが登壇。 目玉として公開される、企画・庵野秀明、監督・樋口真嗣のスタジオジブリの最新特撮短編映画『巨神兵東京に現わる』も初披露された。 庵野館長は「僕がぽっと言った『巨神兵東京に現わる』、その思いつきが素晴らしいものになっています。 ここでしか見られないものなので、是非足を運んで体験してほしい」と、熱く語った。 宮崎駿監督作『風の谷のナウシカ』 84 に登場した巨神兵が実写化されることで話題となった『巨神兵東京に現わる』。 庵野が「最大の功労者はこの方」と感謝するのが、鈴木プロデューサーだ。 鈴木は「まだ 映画を 宮崎駿に見せてないんです。 ポスターは、彼が見て、くすっと笑ったので、デザインはこれでOK。 映画は、自分のものを他人に提供する場合、素晴らしいと手を叩く監督はいない。 僕はお盆の前くらいに見せたらどうかなと思って、庵野に相談したら、終わってからで良いんじゃないかと 笑 」と語った。 樋口監督は『巨神兵東京に現わる』について、「気心の知れたスタッフとやったので、撮影は非常に順調でした。 これは本当に楽しかったです。 まるで文化祭の前日のような楽しさ。 永遠に続ければと」と、笑顔でコメント。 庵野も樋口監督の手腕について太鼓判を押す。 「樋口に頼んで良かったと思いました。 本当に良くできてます。 いろんな事情も知ってる中で、よくここまでと。 ありがとう、しんちゃん」と嬉しそうな笑みを見せた。 実際、完成した作品はCGを封印し、これまでの特撮技術だけではなく、革新的な新しい技術も投入した快作となった。 特撮博物館では、本展のために修復されたミニチュアやデザイン画など、様々な資料約500点が展示されている。 庵野は今回の展示内容についても「特撮の面白さが詰まってます。 映像の中の枠の面白さと、その外にある物の面白さもあります」とアピール。 確かに『ゴジラ』から『ウルトラマン』まで、様々な映画のセットや特撮にまつわるメイキング映像も、心躍る内容になっている。 実際に、自分でカメラで撮影できるスポットも楽しいので、気のおけない仲間を誘って、特撮写真にもトライしてみよう。

次の