ジャンガリアン 体重。 ジャンガリアンハムスターの飼い方まとめ!

ハムスターのベスト体重はどの位?適正体重に保って長生きさせよう

ジャンガリアン 体重

ハムスターの種類 ハムスターは世界に24種類おり、日本でペットとして定着しているのは5種類になります。 どの種類もカラーバリエーションが豊富なので、最初は見た目ではなく、性格や特徴、飼いやすさから欲しい種類を選んで、色を決めるのをおすすめします。 同じ種類でも個体差が激しく、人馴れする子や攻撃性が強い子など様々です。 飼育している子の性格に合わせて行くことが大切になりますよ。 ゴールデンハムスター 分布 シリア、イスラエル 体長 18cm 体重 130g ゴールデンハムスターはハムスターがペットとして人気になるきっかけをつくった種類です。 白色と茶色のまだら模様が特徴的です。 性格はおっとりとしており、表情豊かで眠たそうな顔などを見せてくれるので、癒されますよ。 人に慣れやすく、飼いやすい種類なので初心者にもおすすめです。 しかし、縄張り意識は強いので他のハムスターと一緒に飼わないようにしてください。 短毛と長毛の種類があったり、カラーバリエーションが豊富なので、お気に入りの1匹を探す楽しみもあります。 ペットを販売しているホームセンターならほとんどの場所で見つけることができ、値段は1,000円〜2,000円と少し高めです。 珍しい長毛種は販売量も少なく、3,000円を超えてきます。 でより詳しく紹介しているので、ご参考ください。 短毛種 毛が短いゴールデンハムスターで、カラーバリエーションだけで12種類が知られています。 全身が白いキンクマクリームやホワイト、全身が黒いブラックや、シマシマ模様がかわいいブラックバンド、白黒模様が綺麗なドミナントスポットなどがいます。 長毛種 毛が長いゴールデンハムスターでふわふわで可愛らしい種類です。 販売量が少ないので、あまり馴染みがあるハムスターではありません。 全身が茶色のアプリコットや白色のホワイトが人気です。 キンクマ 分布 品種改良 体長 15cm 体重 130g ゴールデンハムスターはカラーバリエーションが多く、その中で基本種の次に人気があるのがキンクマです。 品種改良された種類で、ふわふわの柔らかい毛並みと全身のクリーム色からテディベアハムスターとして人気を集めています。 性格はゴールデンハムスターと同じくおっとりとしており、人馴れしてくれるので、ペットとして楽しく、初心者にも飼いやすい種類です。 でより詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ジャンガリアンハムスター 分布 カザフスタン、シベリア 体長 9cm 体重 30g はゴールデンハムスターの次に人気のハムスターです。 小型のハムスターなので、小さくてかわいいペットを飼いたい人に人気があります。 小さい体と器用に前足を動かす姿に癒されることは間違いないでしょう。 人慣れしてくれるので、たくさん遊んであげることもできますよ。 基本的にはおとなしいですが、気の強い性格の子もいるので、複数飼いするときは注意してください。 臆病な性格をしているので、急に物音を立てたり、驚かせないようにしてください。 寒い地域に生息しているので、体温を奪われないように足の裏には毛が生えています。 カラーバリエーションが豊富で10種類ほどいます。 基本種は背中が茶色で腹部は白色になっています。 値段は安価で500円〜1,000円ほどで購入することができますよ。 でより詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ブルーサファイアジャンガリアンハムスター 分布 品種改良 体長 9cm 体重 30g ジャンガリアンハムスターの色違いで人気があるのがブルーサファイアです。 基本種と比べて色が淡く、薄いグレーが青色にみえて、柔らかい印象をあたえてくれます。 性格はジャンガリアンと同じくおとなしくて、人馴れしてくれるので、ペットとして飼いやすい種類です。 どこのショップでも売っているというわけではありませんが、入手難易度は高くありません。 値段は少し上がり、1,000円〜1,500円で販売されています。 パールホワイトジャンガリアンハムスター 分布 品種改良 体長 9cm 体重 30g ブルーサファイアと並んで人気があるのが、全身が白く、背筋に薄いグレーの線がはいっているパールホワイトジャンガリアンハムスターです。 体色は個体差が激しく、全身にうっすらとグレーが入っていることもあります。 ジャンガリアンの中には、冬場になると毛の色が変わって白色になる個体もいます。 どうしてもパールホワイトが欲しいときは冬を避けて購入したほうが安心です。 白いハムスターは人気が高く、安価で白くて小さいハムスターを飼いたい人におすすめです。 こちらも値段は1,000円〜1,500円ほどで販売されています。 プディングジャンガリアンハムスター 分布 品種改良 体長 9cm 体重 30g ジャンガリアンハムスターの中でも珍しいカラーで、名前の通りプリンのような薄い黄色い体色をしています。 ホームセンターではほとんどみかけることはなく、小動物専門店で探してみましょう。 値段は1,500円〜2,000円で販売されています。 ロボロフスキーハムスター 分布 ロシア 体長 7cm 体重 25g はハムスターの中では最小の種類で、ちょこちょことした動きがかわいい種類です。 背中の薄い茶色がやわらかい印象を与えてくれます。 目の上には白色の眉毛があり、かわいさを引き立てています。 とても臆病な性格をしているので、触れ合ったり、手乗りするには時間がかかりますが、小さいハムスターがほしい!という人から絶大な人気を誇ります。 すばしっこいので散歩の時は気をつけてください。 ハムスターの中では珍しく縄張り意識が低いので、相性があえば複数飼いすることもできます。 小さい種類は親を成熟させるのが難しく、他のハムスターよりも繁殖の難易度は高めです。 値段は1,500円〜2,000円で販売されています。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 キャンベルハムスター 分布 モンゴル、中国 体長 9cm 体重 40g キャンベルハムスターの見た目はジャンガリアンハムスターに似ていますが、性格はきつく、手を入れると噛み付いてきます。 野性味にあふれているので、やんちゃな姿を楽しむことができます。 人なれしにくく、上級者向けのハムスターですが、長く飼育することで警戒心はゆるくなっていきます。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 チャイニーズハムスター 分布 モンゴル、中国 体長 10cm 体重 50g チャイニーズハムスターは他のハムスターに比べて胴が長く、尻尾も長いのが特徴的です。 思わぬところからするすると抜け出すので、注意してください。 もともとは実験動物として飼育されていましたが、ハムスターブームもあいまってペットとして人気が高まりました。 性格はおとなしいので飼いやすいですが、ペットとしての歴史は浅く、警戒心が強いので、最初は噛みつかれないように気をつけましょう。 木登りが上手なのでゲージから逃げないようにしっかりとフタをしておいてください。 販売量が少なく、値段は2,000円〜と高めになっています。 クロハラハムスター 分布 ヨーロッパ 体長 30cm 体重 800g クロハラハムスターの正式名称はヨーロッパハムスターです。 お腹が黒いことから名付けられました。 最大級のハムスターで体長は30cmを超えてきます。 ハムスターブームの時に入荷されてきましたが、今はみかけることはありません。 神経質で臆病な性格をしていますが、攻撃性も強いです。 自分よりも大型の生き物に対しても威嚇をし、うかつに手を近づけると噛まれて出血してしまいます。 ハムスターの白い種類は? どのハムスターもカラーバリエーションが豊富なので、白い種類がいます。 性格や体の大きさで欲しい1匹を決めるといいですよ。 基本的には白色の突然変異なので、目の色は黒色になります。 これとは別に色が抜けた突然変異をアルビノといい、目は赤色になります。 アルビノ個体は体が弱いことが多いので、飼育は難しくなります。 最も人気があるのはジャンガリアンハムスターのスノーホワイトです。 一番綺麗に真っ白になるので、白いハムスターが欲しい人にぴったりです。 キンクマクリーム ゴールデンハムスター• ホワイト ゴールデンハムスター短毛種• ホワイト ゴールデンハムスター長毛種• ホワイト ロボロフスキーハムスター• ホワイトフェイス ロボロフスキーハムスター• クリームサファイア ジャンガリアンハムスター• パールホワイト ジャンガリアンハムスター• スノーホワイト ジャンガリアンハムスター• アルビノ ジャンガリアンハムスター• ホワイトファーブラックアイ キャンベルハムスター• ホワイト チャイニーズハムスター ハムスターの飼いやすい種類は? ハムスターで飼いやすいのは人馴れしてくれるです。 体の大きいので病気や環境の変化にも少し強いです。 次に飼いやすいのはで、こちらも人馴れしやすく、繁殖能力も高いのでどんどん増やすこともできます。 安価なハムスターは安かろう悪かろうではなく、飼育と繁殖の簡単さからきているんですね。 反対に飼育が難しいのはなど野生味が強く、警戒心で噛み付くことがある種類です。 小型のも臆病な性格でストレスをためやすいので、注意が必要です。 体色の差では性格や飼育難易度は変わらないので、種類別の特徴を参考にしてみてください。 ハムスターの大きい種類は? 大きなハムスターを飼育すると一緒に遊びがいも出てくるので、飼育が楽しくなります。 一番大きなハムスターはヨーロッパハムスターで30cm近くになりますが、ほとんど輸入されていないので、入手は困難です。 次に大きいのはゴールデンハムスターで、入手も飼育も簡単なので、こちらがおすすめです。 多頭飼いできる種類は? 多頭飼いできる可能性が最も高いのは縄張り意識が低いです。 しかし、野生では単独行動が基本なので、うまくいくことは多くありません。 複数飼いを成功させるためには、なるべく小さい時から一緒に飼って、縄張りを意識させないようにしましょう。 でより詳しく紹介しているので、ご参考ください。

次の

ハムスターが肥満かも知れません。去年の11月にジャンガリアンを初め...

ジャンガリアン 体重

ハムスターが肥満かも知れません。 去年の11月にジャンガリアンを初めて飼いました。 恥ずかしながら体重を計ったことが無く、デジタルの計りを買って計ったら100gを超えていました。 何か の間違いかもと思い何回も計り直しましたが100gを超えていてとてもショックです。 ですが、肥満になるとお腹の毛が減ったり素早く動けなくなると聞くのですが、私のハムスターはそう言うことはなく素早く動いています。 運動も毎日夜に回し車を回しているようです。 私は寝てるので親が言ってました これがハムスターの様子です。 ハムスターの飼い主様から見ても肥満気味でしょうか? 酷いことを言われても私の責任です。 遠慮せず言ってください。 私の子もやや肥満ですが、それ以上ですね。 肥満です。 このままでは病気になりますよ。 素早く動いてるとかの問題じゃないんですよ。 餌は計って与えてください。 体重の10%程の量を活動が活発になる夕方に1回与えれば十分です。 100gだと計算上は10gですが、これでは肥満から脱せないので10g以下で少しずつ体重を測りながら減らしていってください。 急には減らさないでくださいね。 ひまわりの種はしばらく控えて、適正体重になったらまた少し 私は一月で2粒だけにしました 上げるようにしたほうがいいかと思います。 ハムスターなどの小動物は飼い主が油断するとあっという間に死んでしまいますよ。 体重、運動量、餌の食べ具合、水の飲み具合、温度湿度に気をつけてあげてください。

次の

ジャンガリアンハムスターの体重&寿命や性格とその魅力~初心者必見編~

ジャンガリアン 体重

ハムスターの適正体重 人間と同じく、ハムスターにも適正体重というものがあります。 ハムスターは生後3ヶ月で大人になりますので、生後3ヶ月目から定期的に体重を測り、適正体重におさまっているかチェックをしましょう。 体重を測る頻度は週に一回程度が良いでしょう。 毎回同じ時間に測ります。 ハムスターが起き出してくる夕方の時間帯が良いでしょう。 しかし、体調を崩している場合は毎日測って漏らさず記録しておきましょう。 病院に連れて行って診察を受けるときの参考になります。 では、種類別のハムスターの適正体重についてみてみましょう。 ゴールデンハムスターの場合 ゴールデンハムスターの体長…… オス:18cm、メス:19cm ゴールデンハムスターの適正体重…… オス:85~130g、メス:95~150g ゴールデンハムスターの肥満体重…… オス:180g、メス:200g ジャンガリアン・キャンベルハムスターの場合 ジャンガリアン・キャンベルハムスターの体長…… オス:7~12cm、メス:6~11cm ジャンガリアン・キャンベルハムスターの適正体重…… オス:35~45g、メス:30~40g ジャンガリアン・キャンベルハムスターの肥満体重…… オス:75g、メス:70g ロボロフスキーハムスターの場合 ロボロフスキーハムスターの体長…… 7~10cm ロボロフスキーハムスターの適正体重…… 15~30g ロボロフスキーハムスターの肥満体重…… 50g 適正体重が必ずしも適切だとは限らない まず、先ほどお伝えした適正体重がハムスターの健康の全てではないということを覚えておいてください。 ハムスターの体長の目安を併記したのはそのためです。 例えばゴールデンハムスターの平均的な体格は、体長がメスで19cm、体重が95~150gです。 しかし、個体によっては20cmほどの大きさになり、体重が200g近くに成長することもあります。 つまり、適正体重から多少離れていても、体格によっては健康的に問題のない場合もあるということです。 適正体重はあくまで参考程度に考えていてください。 とはいえ、それは体長や体格を加味して考えてくださいということであって、適正体重を無視しても良いというわけではありません。 ハムスターの体重の測り方 ハムスターの体重を測る時は、グラム単位で測れる測りと、ハムスターの体の大きさに合わせた箱を用意しましょう。 ドワーフハムスターなら、長めの紙コップなどが良いですよ。 ゴールデンハムスターなら、新聞紙などで作った箱が便利です。 測りの上でハムスターが動いてしまうようなら、ひまわりの種などを与えてみましょう。 種は食べるために剥く必要があるので、その時間じっとしていることが多いです。 ハムスターの体長の測り方 ハムスターの体長を測るのは少々苦労します。 ハムスター自身の大きさを直接測る方法としては、定規をハムスターの下に敷いて測ると良いでしょう。 他にも、間接的にハムスターの体長を測る方法があります。 ハムスターがケージの中にいるときに、ケージの端の方に寄ってくるのを待ちましょう。 ハムスターが横向きになったときに、ハムスターの鼻先と尻尾の先がどこからどこまでか見て、その長さをメジャーなどで素早く測ります。 ハムスターが太り過ぎている場合 ハムスターが太り過ぎているのはどんな状態なのか、またどのような対処をすればいいのか見てみましょう。 ハムスターの太りすぎとはどんな状態? ハムスターが太り過ぎていると、以下のような状態になります。 上から見て、体を伸ばしていても真ん丸になる• お腹が出ている• お腹と胸の毛が薄くなる• 手足の付け根が緩んでいる 毎日の健康チェックで、体の様子を確認しましょう。 お腹は確認するのが難しいですが、透明の入れ物に入れて下から見るとわかりやすいですよ。 ハムスターが太り過ぎている場合の対処 ハムスターが太り過ぎている場合、ダイエットをさせなければなりません。 とはいっても、主食のペレットを急に減らすことはよくありません。 必要な栄養素がとれなくなってしまいます。 あくまで少しずつ、ほんの少しずつ主食のペレットは減らしましょう。 減らすときも、適切な量(体重の7~10%)は下回らないようにしてください。 もしくは、以下に紹介しているハムスターのダイエットフードを使うのも良いでしょう。 餌を切り替える場合は、前の餌に新しい餌をほんの少し混ぜ、徐々に混ぜる量を多くしていきましょう。 それよりも減らすべきは、ひまわりの種やナッツ、果物類などのおやつです。 これまであげていた量を見直して、減らしていくようにしてあげてください。 家族で複数回おやつをあげている場合なども、注意が必要です。 家族間でおやつをあげた回数を共有し、あげすぎないようにしてください。 ハムスターのおやつについては、以下の記事を参考にしてください。 また、ダイエットのために運動をさせる必要もあります。 一日一回、三十分ほどを目安に、広いところに放して運動させてあげてください。 ただ、そのときに動き回らないからといって追いかけまわしたりすることはやめましょう。 ハムスターが太り過ぎているときの注意点 決して無理な食事制限をしない ハムスターが太り過ぎているからといって、無理な食事制限は決してやめてください。 急激に餌を減らしすぎると、それだけで体調を崩してしまいます。 減らすのはあくまでもおやつです。 主食のペレットはそもそも嗜好性がそこまで高くないため、あまり大幅に減らす必要はありません。 ただ、主食のペレットをこれまであげすぎている場合は、ほんの少しずつ減らしていきましょう。 冬場は多少太り気味くらいでよい 冬場は、野生のハムスターは冬眠するためにたくさんの栄養を蓄えます。 そのため、飼われているハムスターも本能的にたくさんの栄養を蓄えようとします。 そのような冬の時期に、無理やりダイエットをさせることはハムスターにとって非常にストレスになります。 ですから、冬場の時期は多少体重が多めでもあまり気にしないようにしてください。 ちなみに、冬場のハムスターの保温については以下の記事をご覧ください。 ハムスターが痩せすぎている場合 ハムスターが痩せ過ぎているのはどんな状態なのか、またどのような対処をすればいいのか見てみましょう。 ハムスターの痩せすぎとはどんな状態? ハムスターが痩せ過ぎていると、以下のような状態になります。 手足が骨ばっている• 動きが鈍く、よろめいたりする• 毛が抜けてくる ハムスターが痩せすぎている場合の対処 餌を急に変えると、餌を食べなくなってしまうことがあります。 餌を変えた場合などは、元の餌に戻してあげてください。 逆に、餌を特に変えていないのに食べなくなってしまった場合は、嗜好性が高めの餌を与えてあげましょう。 野菜や動物性たんぱく質などです。 また、ペレットをすり潰してぬるま湯で練ってつくったペレット団子なども食べるようになることがあります。 ハムスターが痩せすぎているときの注意点 ハムスターが痩せすぎている場合、まずは病気やストレスを疑いましょう。 病気の場合は病院に連れて行ってあげて、ストレスならそのストレスの原因を取り除きます。 しかしいずれにせよ、明らかに痩せてしまっている時点ですぐに病院に連れて行ってあげてください。 ハムスターの適正体重についてまとめ ハムスターの適正体重は種類ごとにありますが、それはあくまで目安です。 体格や体長を見て、その子にとっての適正体重を守れているかどうかを見てあげてください。 また、太り過ぎているだけならともかく、痩せすぎているようならすぐに病院に連れて行きましょう。 この記事をシェアする•

次の