モンハン アイス ボーン スキル シュミ。 アイスボーン攻略|モンハンワールド(MHW)|ゲームエイト

【モンハンワールド:アイスボーン】ハンマーおすすめ武器とおすすめスキルまとめ

モンハン アイス ボーン スキル シュミ

2019-09-05 22:00 ハンマーの必須級スキル「3種の神器」 では最優先で発動したいスキルを紹介します。 弱点特効• 匠 以上です。 この 3種の神器とも呼ぶべきスキルがハンマーで最優先でさせておきたいスキルになります。 要するに ハンマーは近接向き汎用スキルが強いんです。 他の武器で使っていた装備を流用できるので 乗り換えが簡単です。 「もっと良いスキルあるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、これで十分なんです。 これ以外に追加で発動したいハンマーおすすめスキルについては別の記事にまとめる予定です。 ひとまずこの記事では必須級スキルについて詳しく解説します。 ダウン・スタン中のダメージが大幅アップ• スタンを取るまでのダメージもアップ• 弱点を攻撃できているかどうかが分かりやすい 解説 ハンマーと相性抜群 ハンマーと最も相性が良い火力スキルが弱点特効です。 火力スキルを発動する場合はまず弱点特効を最優先で発動しましょう。 頭狙い=弱点狙い ハンマーはスタンを取るためにモンスターの頭を狙い、スタンを取った後も頭を狙います。 つまり、弱点を攻撃する頻度が非常に高いので、Lv3まで発動した場合 ほぼ常時会心率が50%アップするという恐るべき火力アップになります。 上達にもつながる 弱点を攻撃できているかどうかが分かるのも地味に役立つ効果で、ハンマーの上達にもつながります。 自然と弱点を狙えるようになってくるので、初心者の人でも発動した方がいいです。 発動装備・装飾品について ハンマーと相性が良いリオレウス素材のレウスシリーズで発動するのもポイント。 他にはテオ・テスカトル素材のカイザーシリーズでも発動でき、最終的にカイザーアームを使うことになります。 痛撃珠【2】を1つ持っておくと装備の幅が大きく広がります。 詳しい解説記事 攻防一体の超安定スキル「耳栓」 効果 Lv1 咆哮【小】の影響を少し軽減 Lv2 咆哮【小】の影響を軽減 Lv3 咆哮【小】無効 Lv4 咆哮【小】無効 咆哮【大】の影響を軽減 Lv5 咆哮【小】【大】無効 メリット• 咆哮が大きなスキになる• 咆哮中が攻撃チャンスになる• 咆哮で力溜め状態を解除されなくなる• 咆哮からの理不尽な回避不能コンボを防げる• 複数モンスター相手の安全性が高まる• 動けなくなるストレスが軽減される 解説 誰にでも効果大 初心者から上級者まで全ハンマー使いにおすすめなのが耳栓です。 ハンマーのスキルに困ったらまず最優先で耳栓を発動しましょう。 咆哮=攻撃チャンスへ モンスターが咆哮する時は、動きを止めて頭を攻撃しやすい無防備な体勢になります。 なので、 耳栓を発動すれば咆哮が大きな攻撃チャンスになるということになります。 KO術よりもスタン効果大 頭への攻撃回数が大きく増えるので、 KO術を付けるよりもスタンを取りやすくなります。 耳栓は火力スキルとよく言われますが、それに最も当てはまるのがハンマーで発動した時です。 これは 初心者の人ほど恩恵が大きい効果です。 MHWで更に相性UP それだけでなく、今作のハンマーで重要な 力溜め状態を咆哮で解除されなくなるという効果が非常に強いです。 これによって更に耳栓の重要性が高まりました。 守りのメリットも 攻撃面だけでなく防御面でも優秀で、 咆哮による理不尽な状況を回避できるのもかなり大きな効果です。 特に複数モンスターに囲まれて動けなくなって死ぬようなことが無くなります。 他にも咆哮中に回復したり態勢を整えたりも出来ます。 不要なモンスターも 当然ながら、キリンなど咆哮しないモンスターに対しては不要なスキルです。 装備変更が面倒ではない人は耳栓なし装備も用意しましょう。 発動装備・装飾品について 発動する場合、全ての咆哮を無効にする Lv5で発動するのがおすすめ。 耳栓の護石、ハイメタシリーズ、バゼルシリーズを組み合わせて発動できます。 あとは防音珠【3】を1個持っておくと便利です。 もう一つの特徴として、斬れ味が最初から良い武器では発動する必要がないスキルでもあります。 なので、 匠スキルは使うハンマー次第で必須のスキルということになります。 発動が必要なハンマー 必要かどうかを判断する基準は、 匠スキルを発動した時に斬れ味ゲージ右端の色が変わるかどうかです。 色が変われば大きく火力アップします。 具体的には、ブロスシャッターIIやデモナスの禍根で必要、潰滅の一撃には不要です。 発動装備・装飾品について Lv5まで発動するのがやや難しいですが、Lv4までで大抵のハンマーの斬れ味レベルがアップします。 クシャナディールとデスギアフェルゼの組み合わせがおすすめ。 装飾品の匠珠【3】は、持っていなくても装備には困らないので大丈夫です。 おすすめ装備も紹介してます この記事で紹介した必須級スキルが発動しつつ、好きなスキルを追加できるおすすめ装備紹介記事もあります。 実際はどういう構成になるのかを知りたい人もこちらでどうぞ。

次の

【MHWアイスボーン】スキル効果一覧【モンハンワールドアイスボーン(MHWI)初心者攻略Wiki】|ゲームなう!

モンハン アイス ボーン スキル シュミ

チャアクで優先したい必須スキル 砲術 効果 レベル1 榴弾ビンの威力1. レベル2 榴弾ビンの威力1. レベル3 榴弾ビンの威力1. 「」をつけることで榴弾ビンの威力を大幅にあげることができます。 なお、属性ビンは砲術の影響を受けないので注意が必要です。 また、「砲術・極意」で最大レベルを5まで上げて火力を強化することができます。 大幅に火力をあげることができるので、弱点を狙いにくい相手以外には最優先でつけていきましょう。 モンスターの怒り時に攻撃力と会心率がアップするので火力を上げることができます。 チャアクのおすすめスキル一覧 攻撃系のおすすめスキル スキル おすすめポイント おすすめ度 弱点を狙うことで大幅に会心率アップ。 達人芸との相性が良い。 無属性武器を使うときは必須。 達人芸との相性が良い。 会心率が低いと効果が薄い。 ある程度HPを満タンで戦う必要があるため玄人向け。 達人芸との相性が悪い低会心武器におすすめ。 達人芸との相性が悪い低会心武器にオススメ。

次の

【MHWアイスボーン】シリーズスキルの一覧と発動条件【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハン アイス ボーン スキル シュミ

臨界ブラキ採用の徹甲ヘビィ装備 部位 防具名 スロット 武器• 立ち回りやすさ重視で速納珠をつけていますが、耐性スキルや攻撃など火力スキルに差し替えても良いでしょう。 散弾ヘビィ装備 覚醒武器 部位 防具名 スロット 武器• 渾身発動のため、スタミナ管理をしながら立ち回りましょう。 特に装填数【散弾】は4発と少ない散弾を増やせるので、最優先で付与させましょう。 貫通弾ヘビィ装備 覚醒武器 部位 防具名 スロット 武器• 超心・〇〇珠【4】• 渾身発動のため、スタミナにも気を配りましょう。 抜刀ヘビィ装備 火力特化型 部位 防具名 スロット 武器 攻撃力カスタム• 装飾品が複雑なため記載していませんが、主に超会心や整備、体力増強を発動させと安定します。 また、攻撃の回転率を上げるためにも「納刀術」をLv3まで上げてしまうのもおすすめです。 回復カスタム安定型 部位 防具名 スロット 武器 回復カスタム• カスタム枠の兼ね合いから「」を採用しており、1度のクラッチ攻撃でHPを5割程度回復できるのでフルチャージとも好相性です。 通常弾ヘビィ装備 金獅子砲構成 部位 防具名 スロット 武器 頭• 腕 腰• 単発自動装填のおかげで装填拡張が不要なため、スキルの自由度が高いのが利点です。 相手によっては、弾強化を削ってガード強化を積むのも有効です。 撃滅の砲火【戦】構成 部位 防具名 スロット 武器 頭• 腕 腰• マスターランク序盤おすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器• 1 頭 1 胴 3 腕• 回避距離UPで機動力を確保し、体力増強で生存力も伸ばします。 マスターランクのラスボスまでのおすすめ装備 部位 防具名 スロット 武器 なし 頭• 1 腰• 1 脚• 武器には貫通弾の扱いに優れる「ヒドゥンスナイパー改」を採用しており、体格の大きいモンスターが出現する傾向にあるストーリー後半にて有効です。 至近距離で弱点を狙い続ければ高いDPSを発揮し、シールドによって咄嗟の攻撃を受けても対処できるのが魅力です。 、バゼルギウスやゼノ・ジーヴァ等の胴長なモンスターに特に有効です。 、 拡散弾で肉質無視ダメージ 拡散弾+竜撃弾特化の構成です。 不動の装衣と癒やしの煙筒を使用して敵の懐に潜り込み、拡散弾を連発して運用します。 、 通常弾運用でシンプルに攻める 通常弾Lv3を使用でき、無属性強化が乗る「ガイラアサルト・爆撃」を採用した、通常弾運用の基本的な構成です。 弱点を狙い続けられれば、高火力を発揮します。 、 攻略班の一言 ユーザー様から投稿頂いた中で、クリア後に作成できる優秀な装備をピックアップしました。 弱点特効を活かすためにも常に弱点を狙撃し続けましょう。 砲術によって徹甲榴弾の威力が僅かながら上昇しているので、攻撃の要としましょう。 下位の安定装備 安定性を高めた下位ヘビィ装備です。 体力増強を採用しており、序盤にも安定感のある戦闘を行えます。 見切りや弱点特効で火力をしており、砲術の効果を活かすため徹甲榴弾を使用しつつ戦いましょう。

次の