アンパン 体操。 ドリーミング アンパンマンのマーチ 歌詞

ドリーミング サンサンたいそう 歌詞&動画視聴

アンパン 体操

歴史 [ ] あんパンは(7年)に、木村屋(現・)創業者であり出身の元・とその次男の木村英三郎によって考案された。 、などと並んで表面のアクセントに用いられることの多い桜の花の塩漬けが初めて用いられたのは翌(明治8年)のこと。 のためのへ行幸したにが献上し、となって以来である。 それ以降、 4月4日は「あんぱんの日」となっている。 御用達となったことにより、あんパンと共に木村屋の全国的な知名度も向上し、(明治30年)前後には全国的にあんパンが流行。 木村屋では1日10万個以上売れ、長蛇の列で30分以上待たさせることもあったという。 でづくりにとして使うが当時ので希少だったこともあり、木村屋では種で生地をさせた。 上記の流行は、で日本各地から集散したに、あんパンが支給されたことがきっかけとなった。 製法 [ ] あんパンの断面図 木村屋のあんパンは、パン(ホップを用いたもの)の代わりに、の製法に倣い日本酒酵母を含む酒種(酒母、に酵母を繁殖させたもの)を使った。 パンでありながらも、に近い製法を取り入れ、パンに馴染みのなかった当時のにも親しみやすいように工夫して作られていた。 現代では中の餡はつぶあん、こしあんの小豆餡が一般的である。 中には、を使ったパンや、あんパン、あんパンなどの豆以外の餡を使ったもの、桜あんやを使った季節のあんパンもある。 典型的な形状は平たい円盤。 ケシの実(の種)、塩漬けの桜の花()、の実が飾りに乗せられる。 あんパンを揚げたものは揚げあんパンやとも呼ばれる。 さらには、に餡を挟んで揚げたものもある。 各地のあんパン [ ] 紅豆包() 月寒あんぱん [ ] では明治時代後期に、木村屋のあんパンの話を元に「」を作り出した。 製法や実物などの情報が乏しかったため、パンというよりもに近いサイズと食感を持ったものとなった。 当時のの兵士にとって、重労働の後の源としてもてはやされ、それによって出来たに「」と名付けるほどだった。 現在では、が製造し、道外でも販売されている。 川口あんぱん [ ] には、「川口あんぱん」と呼ばれる、小麦粉を原料とした風の生地で白あんを包んだ状の和菓子が存在する。 これは明治初期()に考案されたといわれるが、月寒あんぱん同様名称以外に詳細な情報が存在しなかったため、既存の製菓技術を用いてで仕上げた焼き菓子になったと見られる。 参考画像 [ ]•

次の

ドリーミング アンパンマンたいそう 歌詞

アンパン 体操

概要 [ ] にシングルレコード(EP)( 10324-07)とカセットテープ(バップ 40324-08)で発売された。 に同内容のシングルがシングルCD(8cm)(バップ 20324-10)で発売。 にシングルCD(8cm)(バップ VPDG-20504)で再発。 にはシングルCD(12cm)(バップ VPCG-82262)で再発された。 なお、この2枚はオリジナル盤とはカップリング曲が異なる。 2008年の再発時には、オリジナル盤のカップリング曲であった「勇気りんりん」は別のシングルとして発売された()。 解説 [ ]• 「アンパンマンのマーチ」は、テレビアニメ『』のオープニングテーマ曲として放送開始以来変わらず使用され続けており、『それいけ! アンパンマン』関連のほぼ全てのアルバムにも収録されている。 また、最近の童謡として親しまれている。 の 「アンパンマン列車」では、に採用されている。 またのでは2008年2月26日から列車の接近時のチャイムとして使用されている。 やなせの弟がによりに入って戦死した ことから、この曲の歌詞 は自身の弟に向けて作ったという説が創作され流布しているが、やなせ本人は著書『ぼくは戦争は大きらい』で以下のように記し、明確に否定している。 ぼくはそんなつもりはなかったのですが、「アンパンマンのマーチ」が弟に捧げられたものと指摘する人もいます。 (『ぼくは戦争は大きらい』39頁)• アニメ版では1番ではなく2番が歌われているが、1番の詞に「胸の傷」など子供向け番組にはそぐわない表現があるためとされている。 詞のが曲の冒頭で歌われるが、ここも原曲の1番の歌詞から2番の歌詞に変更されている。 からはでのが開始され、2011年6月にはからの認定を受けた。 ()発生後、各地の局で流されている。 2011年3月28日付のBillboard Japan Hot Top Airplayでは9位、Hot 100では16位にランクインされた。 収録曲 [ ] 1988年(1989年)版 [ ]• アンパンマンのマーチ 作詞:、作曲:、編曲:、歌:ドリーミング テレビアニメ『それいけ! アンパンマン』オープニングテーマ。 勇気りんりん 作詞:やなせたかし、作曲:三木たかし、編曲:大谷和夫、歌:ドリーミング テレビアニメ『それいけ! アンパンマン』エンディングテーマ。 アンパンマンのマーチ(メロディ入りカラオケ)• 勇気りんりん(メロディ入りカラオケ) 1993年版 [ ]• アンパンマンのマーチ• かいけつゾロリ! 作詞:、作曲:、編曲:、歌: アニメーション映画『』主題歌。 ハ行で笑うばいきんまん 作詞:やなせたかし、作曲:、編曲:、歌:(ばいきんまん) アニメーション映画『』挿入歌。 2008年版 [ ]• アンパンマンのマーチ• サンサンたいそう 作詞:やなせたかし、作曲:近藤浩章、編曲:近藤浩章、歌:ドリーミング テレビアニメ『それいけ! アンパンマン』エンディングテーマ。 元は(水)にドリーミングのシングルとして発売されたが、2008年の再発ではカップリングに収録された。 アンパンマンのマーチ(メロディ入りカラオケ)• サンサンたいそう(メロディ入りカラオケ) カバー [ ] アンパンマンのマーチ• 、、、 映画『』の挿入歌としてカバー。 映画『』のキャンペーンソングとしてカバー。 曲名は『アンパンマンのマーチ〜演歌バージョン〜』 2010年7月1日付・うた部門デイリーランキングで1位を獲得• アンサンブル・アカデミア に編曲(編曲:)。 (版カバー)• (版カバー)• (アルバム『あの日の少年』収録)• (アルバム『ROCK for baby』収録)• 西脇睦宏(アルバム『TVアニメ Vol. 2 Angelicオルゴール 』収録)• Nuts• (アルバム『OISHIE DEH! 』収録)• ミュンヘンソーセージオールスターズ(『ジャパンク・ロック Vol. 2』収録)• 、、(アルバム『THE IDOLM STER STATION!!! SECOND TRAVEL 〜Seaside Date〜』収録)• featuring (アルバム『踊れ!踊らされる前に』収録)• () 2013年のイベント『昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦』でカバー。 2017年のアルバム『ミヤマDEアニメ ~三山ひろしが歌う、国民的アニメソング~』収録 勇気りんりん• 今井麻美、沼倉愛美、原由実(アルバム『THE IDOLM STER STATION!!! SECOND TRAVEL 〜Seaside Date〜』収録) シングル「勇気りんりん」 [ ] 「 勇気りんりん」 の アンパンマンたいそう リリース (金) 録音 1988年 、 シングル 年表 () アンパンマンのマーチ () 勇気りんりん ().

次の

ドリーミング アンパンマンたいそう 歌詞

アンパン 体操

あらすじ 「パン工場」に住むパン作りの名人・ ジャムおじさん。 ある夜、夜空の流れ星がパン工場のパン焼き窯に降り注ぐ。 この「いのちの星」があんパンに宿り、 が誕生したのだった。 アンパンマンは、困っている人がいればどこへでも飛んで行き、お腹を空かせて泣いている人には自分の顔を食べさせてくれる正義のヒーロー。 そんなアンパンマンをやっつけるために誕生したのが、「バイキン星」からやって来た であった。 概要 「」も参照 (昭和63年)にで放送開始。 企画したによると日本テレビサイドが提示した条件 をやなせが拒否し続けた為に放送開始が2年近くも遅れたという。 当初はテレビ業界的にかなり不安視されており、上述の件でスポンサーに内定していたが放送直前に降板した為急遽他の玩具会社などが提供することとなったり ネット局も日本テレビなど数局のみで2(半年)・全24話で終了する予定だったなどと逆境を余儀なくされるが 、(平成元年)からは予想以上の人気を受けるため放送期間の延長が決まった。 そして現在に至るまで30年以上にわたって放映され続けるとして定着し、(平成21年)放送分でレギュラー放送1000回を達成。 (平成30年)で放映開始30周年を迎えた。 また、日本で現在放送されているでも『』(系、開始)と『』シリーズ(系、開始。 定期的な放送は一部の時期のみで、のテレビスペシャルなど年1回ペースでの新作放送)と、『』(系、開始。 )に次いで4番目、30分のレギュラー放送及び話数では3番目に長い作品である。 延長後のからはネット局が本格的に拡大され、1990年4月に開局したがでの放送を開始したことで、日本テレビ系列局の無いを除く全ての都道府県で放送されるようになった が、ネットワークセールス化には至っておらず、もっとも長い期間ローカルセールスで放送されているテレビアニメでもある。 関東地区では月曜日、1996年以降から金曜日(2016年度より午前11時台前半)に放送されており、「アンパンマンとクリスマスの谷」で最高視聴率 15. 4月2日の第1029話『クリームパンダとホッチンワニ』『ダテマキマンとおことちゃん』からはハイビジョン制作に移行した。 2013年10月に原作者のやなせが逝去し、日本テレビプロデューサーの中谷敏夫は当時「先生がアイディアを提案して、それをスタッフが実際にアニメとしての形を作っていく製作工程だった。 お亡くなりになり、その現状のままでのアニメ製作ができなくなった」として今後の放送は白紙状態であるとコメント した。 翌2014年、やなせを偲ぶファンセレモニー「ありがとう! やなせたかし先生 95歳おめでとう!! 」の場において関係者各位が「アニメは継続される」と発言、の事態は回避された。 なお、やなせは生前、放送1000回を迎える時期に受けた新聞取材で「 俺が死んでも(このアニメは)終わりません。 誰かが続けるでしょう。 永遠に」と言及しており、自分以外の手によって制作が続けられることを容認している。 、フレーベル館、トムス・エンタテインメント、日本テレビの3社は、番組放送開始日である10月3日を「 アンパンマンの日」と制定した。 番組内ではこれを記念した特別オープニング映像が期間限定で放送された(後述)他、・日本テレビ本社社屋では10月3日からまで関連イベント「それいけ! アンパンマンフェスティバル」が開催された。 1月から6月までは日本テレビの深夜アニメ枠が消滅状態となったため、本作が唯一の日本テレビ製作の30分尺アニメとなっていた。 3月24日に1500回目の収録を迎える も、3月末の収録 第1501回 をもっての影響を受けて4月以降のアフレコ作業が中止となった 為、5月8日から再放送となった。 フォーマット 毎回1週間の放送につき前半と後半に分けて2つのエピソードを組むのが基本であり、かつては不定期で1話構成のエピソードも放送されていたが年々放送回数が減少し、現在は劇場版前後編やクリスマスSPを除き、基本的に毎年10月第1週のみの放送となっている。 からは(全ネット局)、(第373回)からは(一部のネット局のみ)を開始。 字幕放送では、主な視聴者層である幼児に合わせ、全ての文章がひらがなとカタカナで表記されている(長音は波ダッシュ「〜」で表記 )。 字幕はアンパンマンのセリフが黄色、ばいきんまんのセリフが緑、主役を務めるキャラクターのうちの一人のセリフが水色 、その他のキャラクターのセリフが白で表示される。 番組放送開始当初の作画方式は、によるフィルム撮影で放送されたが、 12年 より本編とオープニングアニメーションの作画方式をに移行した。 その一方で、当初一部のエンディングとアイキャッチ、サブタイトルのアニメーションは、セル画の映像のまま継続して放送されていたが、2010年4月以降はハイビジョン化され、全編がデジタル映像に変更された。 放送分(第933回)からはも開始した(及びBS日テレを除く全ネット局)。 詳細は。 が全国に広がって以降も4:3におけるによる制作が続いていたが、の開始は他作品より遅く、放送分(第1029回)よりようやくに対応した(では16:9の)。 ハイビジョン化に伴い、各コーナーのアニメーションが全て刷新され、全編デジタル制作となった。 の劇場版『』(後編)の放送を最後に、アナログでの放送は終了した。 ではに『』やが使われ、バックのアニメーションも歌っているキャラクター毎に異なるものが数種類使われていたが、2010年4月のハイビジョン化後は、『アンパンマンのマーチ』のアレンジ版に変更され、アニメーションもアンパンマンとばいきんまんが草原の上で寝そべっているものに変更された。 次回予告はアンパンマンによるナレーションで行われる。 BGMは『アンパンマンのマーチ』のインストゥルメンタル。 一週二話の場合、内容はAパートのみしか予告されないが稀にBパートの内容が紹介されることもある。 予告内容の最後は「ところが(そこへ)、ばいきんまんが現れて大変なことに! 」と締め括られることが多い。 新キャラクターが登場する際は「今度、僕達の新しい仲間が登場するよ」などと前置きされる。 なお、キッズステーションを除いて予告時には字幕放送は表示されない。 で次回のサブタイトルを表示後、アンパンマンと大勢のキャラクターが登場するアニメーションで締め括られる。 劇場版公開日直前の場合は、劇場版の宣伝が行われ(ゲスト声優が顔出しで出演し告知する)、次回予告はサブタイトル表示のみに短縮される。 BGMは『アンパンマンのマーチ』。 クリスマスSPの場合は、視聴者へのプレゼント(その年に公開された劇場版のDVDやCDなど)の告知が行われるため、同様に次回予告はサブタイトルのみとなり、BGMは『ジンジンジン』などクリスマス関連の楽曲に差し替えられる。 また、キャラクターのイラストを募集しており、オープニングテーマの前と次回予告(および提供バック)の後にそれぞれ一枚ずつ紹介するコーナーを設けている。 イラストコーナーでは、毎回アンパンマンによる「みんなの似顔絵で、元気100倍アンパンマン! 」(OP前)、「みんな、似顔絵ありがとう。 また見てね! 」(次回予告後)の声が入る。 2000年頃には、「アンパンマンミレニアムメッセージ」と題し、視聴者からの応援メッセージ(ビデオレター)が紹介されていた。 登場キャラクター 詳細は「」を参照 キャラクターが豊富なこともこの作品の特徴の一つで、1つのエピソードのためだけに登場するものも多い。 その数は1000体以上に上り、2009年6月24日に「登場キャラクターが最も多いアニメシリーズ」としてギネス記録に認定された。 声の出演 本作には非常に多くの種類のキャラクターが登場するが、登場頻度が少ないキャラクターやサブキャラクターについては登場のたびに声優が交代する事が多い。 サブキャラクターの多くを佐久間レイ、山寺宏一 、かないみか、冨永みーな 、長沢美樹といった主要キャラクターを担当する声優が兼役で演じているが、諸事情による代役声優としてとが起用される場合もある。 バタコさん -• めいけんチーズ - 山寺宏一• メロンパンナ -• ロールパンナ - 冨永みーな• クリームパンダ -• てんどんまん -• おむすびまん -• あかちゃんまん -• カツドンマン -• かまめしどん - 山寺宏一• こむすびまん -• コキンちゃん - スタッフ メインスタッフ• 原作 -• 連載 - 、、• 主題歌 - 三木たかし• - 前田実• 美術設定 - 横山幸博• 助監督 - (1995年 - 2000年まで)• 企画制作 -• 脚本 - 、、友永コリエ、青木由香、神沢ミホ、佐多賢人• 作画監督 - 星名靖男、菖蒲隆彦、笠原彰、鈴木寿美、阿部司、伊東絵美、南雲公明、徳田悦郎、日置正志、阿部純子• 美術監督補(2010年 - ) - 光元博行、小山田有希• 色彩設計 - 金井てるみ/山上愛子(クリスマスSP)• 特殊効果 - 林好美• デジタル撮影 - トムス・フォト T. 大坪聡、中谷修、安田猛、春原幸子、西山裕子、久保剛成、吉田雅紀・ライトフット河合有紀子、熊井裕士、牧野真人、長野慎一郎、満尾一機、高橋直人、田代恵理、小野剛、大西博• 音響制作デスク(2014年 - ) - 土屋枝穂• オープニング・エンディングアニメーション - 前田実• ビデオ編集 - コヤケタカフミ、トムス・フォト T. 倉田しおり、堀場みどり、小須田一樹• 編集( - 2018年) - 鶴渕編集室• 設定制作 - 石山勝一• 制作進行 - 坂井広樹(2008年10月3日放送分 - )、廣田桂祐(2015年9月4日放送分 - )、柳澤旺秀(2016年7月1日 - )、小塚郁(2017年4月7日放送分 - )、吉府和大(2017年10月27日放送分 - )、上原達矢(2017年12月1日放送分 - )• テレビサイズの歌詞は2番だが、放送開始以来2番の歌詞が採用されている。 劇場版の歌い出しは第1作のみ1番の歌詞で、第2作以降は2番の歌詞となった。 エンディングテーマ• 歌詞の内容はアンパンマンや仲間たちの紹介となっている。 テレビアニメでは、1番と3番の採用だが、1番はサビが短縮されている。 劇場版では第1、2作はフルコーラスで、第3作からはテレビサイズとなっている。 ただし第25作はテーマ曲の『希望のハンカチ』を採用した。 また、アンパンマン達レギュラーキャラクターが歌っているバージョンもある。 唯一、放送初期から現在まで一貫して使用されているエンディングである。 エンディングアニメーションについては。 クリスマスSPで挿入歌として使われることが多い。 『ドキンちゃんのドキドキカレンダー』と『アンパンマンとゆかいな仲間たち』においても、エンディングして使われている。 1991年8月26日放送分では『ドキンちゃんのドキドキカレンダー』のものを短縮したものが使用された。 CHA-CHAが1992年1月に解散し、メロンパンナ登場後も1993年2月1日まで使用された(ただし、変更はなし)。 キャラクターソングなどを除き、ドリーミング以外の歌手が担当した唯一の曲である。 2010年3月まで使われたエンディングアニメーションは、キャラクター作画の大部分は前述のCHA-CHA版のものを流用しているが、背景がマイナーチェンジされている他、イントロ部分に関しては曲の形態が大きく異なるため振り付けごと新規のものが使われている。 これに伴い、メロンパンナが新たにイントロとラスト部分に加わった(ラストはCHA-CHA版に登場したネコ美と差し替え)。 2011年4月にエンディングアニメーションがマイナーチェンジされ、ロールパンナ、クリームパンダ、ナガネギマン、しらたまさん、コキンちゃん、ポッポちゃん、鉄火のコマキちゃんなど、1993年以降に登場したキャラクターが新たに加わった。 歌詞は2番と4番が使われている。 2012年10月に再度放送。 エンディングアニメーションがマイナーチェンジされ、クリームパンダとコキンちゃんが新たに加わった。 セル画時代のアニメーションはフルサイズも制作されている。 『いくぞ! 放送回数555回突破を記念した特別EDだが、再放送及びソフトでは『勇気りんりん』に差し替えられている。 歌詞は1番と3番が、映像はばいきんまんをメインとした過去の本編映像が使われた。 映画「」のテーマ曲『ドレミがだいすき! ドレミ姫』の歌詞違いだが、アウトロ部分のアレンジのみ新たに変更が加えられている。 第885話A『うたおう! ドレミファアンパンマン』にて挿入歌として初披露され、その後エンディング曲として使用が開始された。 2010年3月をもってハイビジョン制作開始に伴い一旦休止。 2012年1月に再開し、ハイビジョン化後の映像は、唯一新規のものではなく、ハイビジョン化前の映像をに引き伸ばしたものを使用している。 2014年に公開の映画第26作目同時上映作品『』の公開に合わせ使用された。 唯一アンパンマンが登場しないエンディングでもある。 エンディングテーマについては、2010年3月までは『勇気りんりん』『アンパンマンたいそう ドリーミングバージョン』『サンサンたいそう』『ドレミファアンパンマン』が週替わりで放送されていた。 アニメーションのハイビジョン化に伴い、2010年4月から2011年3月まではエンディングは『勇気りんりん』のみとなり、2011年4月からはハイビジョン映像になった『アンパンマンたいそう ドリーミングバージョン』との週替わり、さらに2012年1月からは『ドレミファアンパンマン』、2012年10月からは『サンサンたいそう』が再度放送されるようになった。 2014年7月~8月は『あおいなみだ-コキンのうた-』の使用に伴い、『勇気りんりん』を含む従来のエンディングが全て使用中止となったが、同年9月より再開された。 『勇気りんりん』の一部は『』のコーナー『ちょっと聞いてョ! おもいッきり生電話』のタイトルロゴ時に流用されていた。 『アンパンマンたいそう ドリーミングバージョン』と『サンサンたいそう』は、ハイビジョン化される2010年3月までそれぞれ10年以上に及びセル画のノンテロップ映像をした上で使用されていた。 当初は2003年にデジタル映像にする予定だったが、通常のドリーミング版では無く、当時流行っていたにアレンジした物を使用する予定だった事から原作者のやなせから苦言を呈され断念した。 クリスマスSPの場合は、クリスマス仕様のフレームが表示され、回によっては従来のエンディング映像を休止しダイジェストを流したり、本編の途中でスタッフロールを流したりする場合もある。 曲は『勇気りんりん』またはクリスマスソングが流される。 挿入歌• 2017年の劇場版第29作『ブルブルの宝探し大冒険! 』のテーマソングとしても起用。 1990年の劇場版第2作『ばいきんまんの逆襲』では2番と3番が使われ 、1995年放送の『メロンパンナとのぎくちゃん』においては1番が使われている。 クリスマスSPのラストシーンに多く使われる。 に『アンパンマンのマーチ』の一節が使われている。 2005年のクリスマスSP『アンパンマンのジンジンジングルベル』などで使われた。 2009年のクリスマスSP『がんばれクリームパンダ! クリスマスの冒険』で使われた。 クリスマスSPで使われる挿入歌。 作中ではチェロヒキーさんが作曲したという設定になっている。 劇場版第30作『かがやけ! クルンといのちの星』のテーマソングとしても起用。 『』のオープニングテーマとして使われていたものだが、97年10月3日放送の『バタコさんと空飛ぶマフラー』で挿入歌として使用されており、ドリーミングのベストアルバムにも収録されている。 『いくぞ! 『ずっこけ! 『とべ! 『とんでくるのは誰? 『DO YOU KNOW カツドン? 『いけいけ! 『走れ! 『ドレミがだいすき! 『すすめ! までは、ゴールデンウィークや夏休み、番組改編期に1時間SPとして放送されたことがある。 また、毎年1回のペースで劇場映画版 、不定期に版が制作されている。 本編・次回タイトルコールはアンパンマン(声 - 戸田恵子)が担当。 各コーナーのアニメーション オープニング、『勇気りんりん』のエンディング、サブタイトルとアイキャッチのアニメーションは放送年期により変化している。 オープニングアニメーション 劇場版の公開時期に合わせ、アニメーションの一部が劇場版の予告映像に差し替えられることがある。 初代(第1話(1988年10月3日) - 第63話(1989年12月25日)) 雲の隙間からアンパンマンが登場するシーンから始め、アンパンマンがアンコラと戦うシーンや、アンパンマンが崖から落ちためいけんチーズを助けるシーン、大量の星が流れた先に枠が現れアンパンマンとバイキンUFOが出てくるシーン、アンパンマンとジャムおじさんとバタコさんとチーズが手をつないで飛んでいるシーン。 2代目(第64話(1990年1月8日) - 第126話(1991年3月25日)) 焼きあがったパンからタイトルロゴが表示される。 滝から落ちたジャムおじさん、バタコさん、チーズをアンパンマン、カレーパンマン、しょくぱんまんが助けるシーン。 本OPからカレーパンマン、しょくぱんまん、ドキンちゃんが登場。 3代目(第127話(1991年4月1日) - 第216話(1993年1月25日)) 虹色の空間からアンパンマンが飛んできて、アンコラ、かぜこんこん、あくびどり(なぜかアンパンマンより小さい)、毛虫のケムタンに襲われるもかわし、多数のキャラクターに出会うシーン、川のところでへどろまんとシーボーズに追いかけられるジャムおじさん達をアンパンマンが助けるシーン。 本OPから本格的に多くのキャラクターが登場する。 4代目(第217話 1993年2月1日 - 第348話(1995年9月25日)) もぐりんに乗って壁に穴をあけたばいきんまんをアンパンマンが倒すシーンや、こおり鬼、雪鬼、かぜこんこんによって氷漬けになったアンパンマンをカレーパンマン、らーめんてんし、ひのたまこぞう、みるくぼうやが助けるシーン、多くのが上がっている中でばいきんまんの顔の形をした気球も上がったが、破けて落ちるシーン。 本OPからメロンパンナが登場。 5代目(第349話(1995年10月2日) - 第445話(1997年9月26日)) キャラクター達がいるトランプ城の上からアンパンマンが登場するシーンから始め、タイトルロゴ表示の画面で虹がかかるシーン、リンゴの国を支配しているばいきんまんとドキンちゃんをアンパンマンがやっつけ、りんごちゃん達が見送るシーン、本OPから登場したロールパンナがアンパンマンと戦うシーン、アンパンマンがバイキンエンピツロボを撃退するシーン。 6代目(第446話(1997年10月3日) - 第587話(2000年10月27日)) アンパンマンとばいきんまんが生まれるシーンや、アンパンマンが氷の女王や黒バラ女王と戦うシーン、小川のそばで小さなキャラクターがピーターを見送るシーン(きのこちゃんはアリンコキッドと同等の大きさに描かれている)、バイキンUFO率いる大勢の怪物キャラクターがアンパンチで一掃されるシーン(ゴミラとアンコラは攻撃されない)が使われている。 ラスト部分はアンパンマン型の雲が現れる。 の影響により、1998年2月より映像を一部編集したものに変更した。 7代目(第588話(2000年11月10日) - 第676話(2002年9月27日)) 製作がセル画から、デジタル作画に変更された時に製作されたバージョン。 初めてCGが使われたバージョンでもあり、3DCGで描かれた巨大ばいきんまんが登場する。 本OPからクリームパンダ、やきそばパンマンが登場。 8代目(第677話(2002年10月4日) - 第907話(2007年9月28日)) オープニングタイトルに、流れ星の中のローマ字で「Anpanman」のタイトルCGが出現し、タイトル背景に紙テープや紙吹雪のCGが豪華に登場する。 パン工場の焼き窯から大勢のキャラクターが飛び出して来るシーンや、パイナップル島を襲おうとしたゴロンゴロをアンパンマンとヌラが撃退するシーン、バイキンメカで走って、襲いに行こうとするばいきんまんとドキンちゃんをアンパンマンが撃退するシーン。 歴代OPの中で最も多くのキャラクターが登場したバージョン。 2007年から色の濃さが薄くなる。 本OPからナガネギマンが登場。 9代目(第908話(2007年10月5日) - 第1028話(2010年3月26日)) 水平線の朝日からアンパンマンとアンパンマン気球が登場するシーンから始め、タイトルロゴ表示の画面で花火が上がる。 バイキンUFOとホラーマンがしがみついたドキンUFOがバイキン城を飛び回るシーンや、大勢の敵キャラクターをアンパンマン、カレーパンマン、しょくぱんまんがやっつけるシーン。 本OPからコキンちゃんが登場。 10代目(第1029話(2010年4月2日) - 第1325話(2016年9月9日)、第1329話(2016年10月14日) - 第1423話(2018年9月28日)、2018年度クリスマスSP(2018年12月21日)- 第1471話(2019年9月27日)) 現時点で最も長く使われたバージョン。 ハイビジョン化に伴い一新。 星の上に立ったアンパンマンが銀河に吸い込まれてパン工場が光るシーンから始め、バイキンUFOがいろんなバイキンメカに変身するシーン、にじおばけがアンパンマン、カレーパンマン、しょくぱんまん、ナンドバットを襲うシーン、飛行船アンパンマン号が横切る夜の海岸にだだんだん(だだんだん2号に近いが細脚である)が項垂れているシーン。 タイトルロゴ表示は5代目とほぼ同じだが効果音は無い。 タイトルロゴにCGが使用されていないのは7代目以来である。 メインタイトルの効果音を使っていないのは7代目を除き4代目以来で今作から「それいけ! 」の位置が真ん中となる。 「アンパンマンの日」記念バージョン(第1326話(2016年9月16日) - 第1328話(2016年9月30日)) 10月3日が「アンパンマンの日」に制定されたことを記念(を参照)した期間限定バージョン。 過去に放送された歴代のOP映像(初代~10代目)がダイジェスト形式で流れる。 画面右上には「アンパンマンの日」ロゴと各OP映像の使用開始日が表示される。 なお、など、遅れネット局ではこのアニメーションは放送せず、10代目のアニメーションが使用される。 30周年記念バージョン(第1424話(2018年10月5日) - 第1434話(2018年12月14日) ) 番組放送30周年を記念した期間限定バージョン。 アンパンマン、ばいきんまん、ジャムおじさん、バタコさんが『アンパンマンのマーチ』に合わせてダンスをする。 画面右上には視聴者に振付を覚えて一緒に踊る旨を促すテロップが表示される。 11代目(第1472話(2019年10月4日) - ) 背景に現れた「ANPANMAN」の文字をばいきんまんがバイキンUFOの煙幕で覆うが、アンパンマンが掻き消すとタイトルロゴに変化するシーン、やなせうさぎがキャンバスに描いたアンパンマンの絵が実体化し、夕焼けの海岸を横切る飛行船アンパンマン号の方へ飛んで行くシーン。 このオープニングアニメーションは使用開始前日の2019年10月3日に先行公開された。 勇気りんりんアニメーション• 初代(第1話(1988年10月3日) - 第62話(1989年12月18日)) スタッフロールの下でカレーパンマン、しょくぱんまん、アンパンマン、ジャムおじさん、バタコさん、めいけんチーズ、ばいきんまん、槍を持ったドキンちゃんが行進している。 背景色は前半は赤、後半は黒。 2代目(第72話(1990年3月5日) - 第126話(1991年3月25日)) 最初はアンパンマンとばいきんまんがにらみ合う映像から始まり、その次では、アンパンマンとばいきんまんがに乗っているシーンが使われている。 背景色は前半は緑、後半は青。 3代目(第127話(1991年4月1日) - 第199話(1992年9月14日)) スタッフロールの横でキャラクターが動いている。 この代から、メインキャラクター(アンパンマン、ばいきんまん、ジャムおじさん、バタコさん、チーズ、ドキンちゃん、しょくぱんまん、カレーパンマン)以外のキャラクターも登場する。 スタッフロールの背景色は前半が青、後半が赤。 4代目(第200話(1992年9月21日) - 第348話(1995年9月25日)) キャラクターが描かれたのような映像が登場。 最後は一面にアンパンマン。 メロンパンナが初めて登場したEDでもある。 背景色は前半は緑、後半は赤紫。 5代目(第349話(1995年10月2日) - 第687話(2002年12月27日)) 正装姿やコックさん姿(カレーパンマンはお玉を持っている)のアンパンマン達が愉快に楽しく踊るシーンや、ジャムおじさんがアンパンマン、バタコさんがしょくぱんまん、チーズがカレーパンマンの格好をしているシーンなどが使われている。 ロールパンナが初めて登場したEDでもある。 背景色はこの代から一定しなくなった。 2000年11月10日に本編は作画方式をセル画からデジタル制作に移行したが、このアニメーションはセル画のまま変更されなかった。 6代目(第688話(2003年1月10日) - 第1028話(2010年3月26日)) このバージョンからデジタル化。 サイコロのような形をしたボールにアンパンマン達が映っている。 クリームパンダが初めて登場したEDでもある。 7代目(第1029話(2010年4月2日) - ) ハイビジョン化により一新。 現時点で最も長く使われているバージョン。 初代のデジタルアレンジ版。 敵キャラクターやメインキャラクターが右から左へ駆け抜ける。 スタッフクレジットの切り替えが比較的早い。 背景色は水色のグラデーション。 サブタイトルアニメーション サブタイトルは白の手書き風文字で表示される(ただし「アンパンマン」の文字のみタイトルロゴの白抜きを使用している)。 題名の下には脚本・絵コンテ・演出を担当したスタッフがクレジットされる(3代目使用期までは絵コンテ担当はクレジットされなかった)。 クリスマスSPではクリスマス風のフレームが表示される。 BGMは「アンパンマンのマーチ」のアレンジで、初代より同じものが使われている。 初代(第1話(1988年10月3日) - 第63話(1989年12月25日) アンパンマンがパン工場のパン焼き釜から飛び出し、暗くなって焼き釜の中が光り、題名が載る(全パート共通)。 2代目(第64話(1990年1月8日) - 第126話(1991年3月25日)) たくさんあるアンパンマンとばいきんまんの顔がくるくる回り、中央に題名が載る(全パート共通)。 3代目(第127話(1991年4月1日) - 第348話(1995年9月25日)) 小さいアンパンマン(画面上端)とばいきんまん(画面下端)が集まり、最後はアンパンマン側にばいきんまんが、ばいきんまん側にアンパンマンが一人ずつ取り残されてしまい、入れ替わり完全に揃った状態で、アンパンマンとばいきんまんの間に題名が載る(全パート共通)。 4代目(第349話(1995年10月2日) - 第1028話(2010年3月26日)) 15年という現時点で最も長く使われたサブタイトルアニメーション。 らくがきこぞう・ペンタくん・クレヨンマン(黄色・赤・茶色)・いろえんぴつまん・えのぐぼうやが、間違えてばいきんまんのみの絵を描いてしまい、もう一度描き直してアンパンマンとばいきんまんの絵を描きサブタイトルが出てくるシーン(1話目及びAパート開始時)。 アンパンマンとばいきんまんの絵がばいきんまんのみの絵に変わってしまい、大急ぎで元の絵に描き直してサブタイトルが出てくるシーン(2話目のみ)。 2000年11月10日に本編は作画方式をセル画からデジタル制作に移行したが、このアニメーションは引き続きセル画のまま使用された。 5代目(第1029話(2010年4月2日) - ) ハイビジョン化により一新。 初のデジタル制作。 初代のサブタイトルアニメーションを踏襲したもの。 パン工場のパン焼き釜をハンバーガーキッドが開けるとアンパンマンの仲間達が出てくる(1話目及び中編前半パート開始時)。 パン工場のパン焼き釜をホラーマンと4体のかびるんるんが開けるとばいきんまんの仲間達が出てくる(2話目のみ)。 かぜこんこん、たぬきおに、フランケンロボくんも登場する。 また、氷の女王、こおり鬼、くらやみまん、化石の魔王、黒バラ女王など、敵キャラクターも登場している。 アンパンマンが唯一登場しないサブタイトルアニメーションでもある。 また、ばいきんまん、ジャムおじさん、バタコさん、めいけんチーズ、ドキンちゃん、カレーパンマン、しょくぱんまん、メロンパンナ、クリームパンダなどのメインキャラクターも登場しない。 パン焼き窯のレンガの色は第1032話までは虹色だったが、第1033話以降は従来と同様の茶色を基調とした彩色に変更されている。 近年 [ ]ではサブタイトルのフォントが変更されている。 アイキャッチアニメーション 基本的に、BGMはアニメーションごとに変更される。 かつては中編前半パート終了時にも使われていたが、現在ではCM直前で画面端にタイトルロゴが表示されるだけでアイキャッチが流されない場合が多い。 初代(第1話(1988年10月3日) - 第63話(1989年12月25日)) 枠からアンパンマンが出てくる(1話目と中編前半パート終了時)。 アンパンマンが枠の辺りを飛んでいる(2話目と中編後半パート終了時)。 唯一、ばいきんまんが登場しないアニメーションである。 枠の色は、濃い青色。 2代目(第64話(1990年1月8日) - 第126話(1991年3月25日)) 枠の中にいるアンパンマンがくるくる回り、ばいきんまんになるが、またアンパンマンに戻る(1話目と中編前半パート終了時)。 アンパンマンが枠から飛び出すと、ばいきんまんが枠から顔を出す(2話目と中編後半パート終了時)。 枠の色は、紫。 3代目(第127話(1991年4月1日) - 第199話(1992年9月14日)) トランプがくるくる回る。 枠は無い。 4代目(第200話(1992年9月21日) - 第348話(1995年9月25日)) アンパンマンとばいきんまんが枠から出てくる(1話目と中編前半パート終了時)、飛び出してきたばいきんまんをアンパンマンが枠の外へ追い出す(2話目と中編後半パート終了時)。 枠の色は、赤。 5代目(第349話(1995年10月2日) - 第1028話(2010年3月26日)) 15年という現時点で最も長く使われたアイキャッチアニメーション。 アンパンマンとばいきんまんがVサインをする(1話目と中編前半パート終了時)。 アンパンマンとばいきんまんが顔をそむけるが、くすくす笑う(2話目と中編後半パート終了時)。 2000年3月から2000年7月まではBGMのキーが高くなっていたことがあった。 2000年11月10日に本編は作画方式をセル画からデジタル制作に移行したが、このアニメーションは引き続きセル画のまま使用された。 BGMは「勇気りんりん」のアレンジ。 2009年頃からBGMのテンポが少し速くなり、現在使われている6代目もテンポが変更されたものが継続して使われている。 3代目と同様、これ以降枠は無くなった。 6代目(第1029話(2010年4月2日) - ) ハイビジョン化により一新されたが、構成とBGMが5代目と同じマイナーチェンジ版である。 デジタル制作は本アニメーションが初。 アンパンマンとばいきんまんがくすくす笑うものだが、1話目と中編後半パート終了時はアンパンマンが手前、2話目終了時はばいきんまんが手前。 提供バックアニメーション 2010年3月まで週替わりごとにアニメーションが変更されていた。 アンパンマン アンパンマンが曲に合わせてアンパンマンとばいきんまんが描かれた絵を回している。 使用曲は『勇気のルンダ』。 ばいきんまん 雲の上でばいきんまんとかびるんるんが昼寝をしている。 使用曲は『勇気の花がひらくとき』。 ドキンちゃん 海辺で浮き輪に乗っているドキンちゃんが寝そべっている。 使用曲は『勇気の花がひらくとき』。 ジャムおじさん・バタコさん パン工場でジャムおじさんたちがパンを作っている。 使用曲は『生きてるパンをつくろう』。 しょくぱんまん・カレーパンマン 紅葉の季節を背景にしょくぱんまんが読書をしていると、落ち葉を掃除しているカレーパンマンが通り過ぎる。 使用曲は『勇気の花がひらくとき』。 メロンパンナ お花畑でメロンパンナが寝そべっている。 使用曲は『パンナのパンチ』。 ロールパンナ 湖のほとりをロールパンナが歩いている。 使用曲は『勇気の花がひらくとき』。 クリームパンダ パン工場を背景にシャボン玉に乗ったクリームパンダが楽しそうに笑っている。 使用曲は『ぼくはクリームパンダ』。 やきそばパンマン 夕日の砂漠をやきそばパンマンが歩いている。 使用曲は『やきそばパンマン流れ旅』。 アンパンマン・ばいきんまん アンパンマンとばいきんまんが草原で寝そべっている。 2010年4月から使用。 使用曲は『アンパンマンのマーチ』のBGM。 また、1997年頃はキャラクターの顔がクロマキーで動いているものもあった。 ネット局 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年5月) ローカルセールス枠のため系列局では他番組の、他系列番組等を放送する局が多く、中には自社制作番組(夕方時代は)を放送する局がある。 その影響で多くのネット局が週末早朝に放送しており(キー局の日本テレビを始め、幼稚園児や小学生が授業中の、平日午前帯に放送する局もある)、対象となる視聴者層を意識していない時間設定になっている。 かつて1時間スペシャルで放送された劇場版やクリスマスシーズンについても、編成の都合で1時間分の放送枠を確保出来ず、2週に分割したり、放送しなかったりする系列局もあった。 その後、通常30分枠になってからも、編成の都合で放送しない局もある。 末より、ネットを打ち切っていた系列局でも順次放送が再開されており、10月5日からの南海放送(RNB、愛媛県)、4月4日からの山口放送(KRY、山口県)、4月3日からの四国放送(JRT、徳島県)と同年10月2日からのテレビ岩手(TVI、岩手県)の放送再開により、日本テレビ系列全局で放送されるようになった。 日本テレビで放送休止が生じた場合、一部系列局(など)では当該週は過去のエピソードの再放送で穴埋めを行う。 また季節感のあるエピソードは放送順を入れ替える局もある。 やなせの出身地でがあるのでもネット開始当初は1年分も遅れて放送しており、作者自らがスポンサーとなりようやく放送された経緯がある。 打ち切られていた時期すらあった。 太字は字幕放送実施局。 放送対象地域 放送局 系列 放送時間 ネット状況 備考 (NTV) 金曜 10:55 - 11:25 制作局 (STV) 日曜 6:30 - 7:00 遅れネット (RAB) (TVI) (MMT) 金曜 10:25 - 10:55 (ABS) 水曜 10:55 - 11:25 (YBC) 金曜 16:20 - 16:50 (FCT) 日曜 5:45 - 6:15 (YBS) 土曜 5:29 - 5:59 (TSB) 日曜 5:00 - 5:30 (TeNY) 金曜 10:55 - 11:25 (SDT) 日曜 5:15 - 5:45 (KNB) 日曜 5:30 - 6:00 (KTK) 水曜 10:25 - 10:55 (FBC) 日本テレビ系列 火曜 15:50 - 16:20 (CTV) 日本テレビ系列 金曜 11:00 - 11:30 (ytv) 月曜 10:55 - 11:24 ・ (NKT) 日曜 5:45 - 6:15 (HTV) 日曜 5:15 - 5:45 (KRY) 日曜 6:30 - 7:00 (JRT) 木曜 10:55 - 11:25 (RNC) 土曜 5:00 - 5:30 (RNB) 火曜 10:25 - 10:55 (RKC) 水曜 10:28 - 10:57 (FBS) 日曜 5:00 - 5:30 (NIB) 日曜 5:30 - 6:00 (KKT) 土曜 5:30 - 5:59 (TOS) 日本テレビ系列 月曜 15:53 - 16:21 (UMK) フジテレビ系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 土曜 5:30 - 6:00 (KYT) 日本テレビ系列 日曜 6:30 - 7:00 (RBC) 日曜 5:45 - 6:15 月曜 - 金曜 7:30 - 8:00 毎日 9:00 - 9:30 他 過去にネットしていた局• (KTN、長崎県)(フジテレビ系列) - 1991年3月まで火曜 16:30 - 17:00に放送 (1990年9月までは日本テレビ系列・フジテレビ系列のクロスネット局)。 長崎国際テレビ開局に伴い移行。 (OBS、大分県)(TBS系列) - テレビ大分へ移行。 (KTS、鹿児島県)(フジテレビ系列) - 1994年3月まで(同時期までは日本テレビ系列・フジテレビ系列のクロスネット局)。 鹿児島読売テレビ開局に伴い移行。 備考 日本テレビでの放送日時の変遷 期間 放送時間(). 月曜 17:00 - 17:30 1995. 月曜 17:30 - 18:00 1996. 金曜 17:00 - 17:30 2000. 金曜 16:00 - 16:30 2001. 金曜 16:30 - 17:00 2013. 金曜 16:20 - 16:50 2016. 現在 金曜 10:55 - 11:25 2001年度 - 2015年度はの開始時刻など、番組編成が月曜 - 木曜と異なってしまうことがあった。 日本テレビで放送休止となる事例は、夕方時代では、過去には開幕戦がホームである場合の中継に伴う特別編成となる場合があったが、後に年末年始や8月第1週の、並びに毎年のが金曜日に該当する場合(2011年は放送無し)の各が放送される日などで、その他はが組まれない限り滅多に休止にはならなかった。 金曜日の午前に移動した2016年4月からは、年末年始の特別番組が放送される日などで、その他は等のスポーツ中継や報道特別番組などが組まれない限り滅多に休止にはならない。 2016年4月より昼前の情報番組『』が月 - 木曜日のみの放送となることから、その金曜日分の後継番組の1つとして本番組を5時間25分前倒しとなった。 これに伴い、本番組後続の夕方ニュース『』は平日版で唯一2部制のまま存置されていた金曜日も月 - 木曜日と同様の枠切りによる3部制に移行した。 なお、制作局の日本テレビで放送枠を午前中に移動するのは1988年の放送開始以来初めてである。 一方で、視聴者から『PON! 』金曜版の再開を望む声も寄せられていた(なお、『PON! 』は2018年9月27日をもって終了)。 解説放送 放送分(第933回)からはとなり、副音声でを開始した(はモノラル2音声、はステレオ2音声方式)。 日本テレビが解説放送を行うのは『』の終了以来1年ぶりで、ナレーションは同番組に引き続きが担当している。 劇場映画版やクリスマススペシャルの放送時、石丸の代役は開始当初よりが担当していたが、放送分(映画『』前編)以降は、水谷の死去に伴いが担当している。 2016年~放送分は、が石丸の代役を務めた。 また、アニメ番組での音声多重放送は『』以来21年ぶりとなり(2か国語放送は除く)、解説放送を行うアニメは史上初となる。 オープニングでは石丸/佐藤がタイトルコールを行うほか、エンディングのスタッフロールでは彼らの名がされないため、本編の終了直前に必ず挨拶を行う(これは同じく石丸が解説放送を担当するなども同様)。 同じく解説放送が行われている『』や『』などのような主要キャストの紹介は行われない。 解説は、タイトルコールも含め、主な視聴者層である幼児に合わせたのような軽快なナレーションとなっている。 キャラクターの名前に敬称が設定されている場合は基本的にそれを付けて呼ぶ。 Aパートの最後では「次、すぐだからね。 待っててよ! (石丸)」、Bパートの最後では「僕、石丸博也。 次回も楽しみに待っててね! (石丸)」と締めくくる(石丸は作中に登場したゲストキャラクターの口調を真似したり口癖を付け加えたりすることが多い)。 テロップでの案内表記(本編冒頭に表示)(テロップ右側には一時期、アンパンマン20周年記念ロゴが表示されていた ) 〔多〕アンパンマンからのおしらせ…。 目の不自由なかたにも おたのしみいただけるほうそうを 副音声でおおくりしています。 みんなきいてみてね! 関連番組 それいけ! アンパンマンくらぶ 『それいけ! アンパンマン』をテーマにした。 概要 ジャムおじさんのパン工場を模したスタジオでアンパンマンにちなんだ企画(料理・工作・体操・クイズなど。 の回もある)を行う実写パートと、過去に放送された『それいけ! アンパンマン』の傑作選の2部構成となっている。 また、オープニングタイトルロゴの「それいけ! 」部分が黒になっている。 放送分まではの()だったが、翌放送分から実写パートはに移行した。 4月からはやがナレーションを担当している。 また、劇場版に出演したゲスト声優が司会を務めた回もある(アナ、、・夫妻など)。 アンパンマン会議参加4社のうち1 - 3社が日替わりでスポンサーになり、関連商品のCMを流している。 ただし、については他3社がスポンサーに付いている日に限り、同じく傘下のやアンパンマン関連商品を発売していないに枠を譲ることもある。 なお、やは行われていない。 アニメパート 過去に放送された『それいけ! アンパンマン』のエピソードから毎回2 - 4本を抜粋して放送。 そのため、エピソード内容における季節感を考慮した放送順の入れ替えなどは行われていない。 過去にはクリスマスSPのエピソードも放送されていた。 エンディングテーマはカットされているが、オープニング映像については放送当時のものがそのまま放送されており、制作会社の表記も差し替えられず、「東京ムービー新社」「キョクイチ東京ムービー」のまま表記される。 以降、ハイビジョン制作分のエピソードも再放送を開始した。 標準画質制作分は今までと同様にが使われている。 かつては画面の両端にこの番組のロゴ(右側に「それいけ! 」、左側に「アンパンマンくらぶ」)を表示していた。 また、までに制作されたエピソードでは、による放送基準の改正のため、修正が加えられている。 スタジオパートではアニメシリーズのオープニングアニメーションがとして使用されている。 2013年以降は時刻表示も開始。 ただし、ハイビジョン制作分のエピソードについてはクレジットの関係上オープニング冒頭及びサブタイトルのみ時刻を表示していない。 主題歌• オープニングテーマ - 『サンサンたいそう』、『アンパンマンのマーチ』(ドリーミング)• エンディングテーマ - 『アンパンマンたいそう』(ドリーミング) 放送局 系列の・で毎週月 - 金曜の朝8時00分から9時00分に放送されている(以降)。 BS日テレにとっては、の開局当初から放送されている数少ない番組の一つである。 2011年までは18時00分から19時00分に編成されていたが、が行われる日は1時間繰り上げて17時00分からの放送となっていた(まで)。 以降は17時台にのを行うため、中継のある日は休止とされていた。 先述したように、2011年10月からは朝に放送されるようになったため、休止となることは滅多にない。 2010年4月から金曜版も放送される、2016年4月から日曜版も放送されるが、2018年10月からは再び平日のみに。 また、・でもから放送されている。 出演者 主な出演者• 雨宮知子(12月 - 3月)• (2003年4月 - 9月)• (2005年10月 - 2013年3月)• (2013年4月 - )• (2017年4月 - )• 神みよ子(料理の先生)• 小川奈々(料理の先生、2011年10月 - )• じゅうべえ(工作の先生)• 島田明美(工作の先生)• (ねんど工作の先生)• 小澤直子(アートヨガほぐしあそび)• 小澤るしや(アートヨガほぐしあそび)• (ケロポンズと一緒にあそぼう)• 中村萌子(うたであそぼう)• 大町彩乃(うたであそぼう) 子役出演者• (2007年 - 2008年)• (2008年)• (2008年 - 2010年)• (2009年)• (2011年)• (2011年 - )• (2011年 - ) 着ぐるみ出演者• アンパンマン(声 - 戸田恵子)• ばいきんまん(声 - 中尾隆聖)• ドキンちゃん おはよう! アンパンマン よりまで2年半にわたって放送された、『それいけ! アンパンマンくらぶ』と同じBS日テレで毎週日曜日の6:30~7:00にて放送されていた(2017年3月までは6:00~7:00の60分放送だった)。 『くらぶ』の日曜版に相当する。 番組のコンセプトは「朝から子どもたちを元気にすること」で、実写パートとアニメの名作選で構成される。 MCはシンガーソングライターの。 アンパンマン会議を構成する4社全てがスポンサーとなっている。 出演者 主な出演者• ダイスケ(MC)• 山村紳一郎(非常勤講師)• 子役出演者数名 着ぐるみ出演者• アンパンマン(声 - 戸田恵子)• ばいきんまん(声 - 中尾隆聖) ナレーション• コーナー アニメパート 過去に放送された「それいけ! アンパンマン」のエピソードから毎回1本(2017年3月までは2本)を抜粋して放送する。 オープニングアニメーションは10代目のものに差し替えられている点が「くらぶ」と異なる。 2017年3月まではレギュラー声優5人の名前がクレジットされていた。 アンパンマンとやってみよう! アンパンマンが各幼稚園を訪れ、苦手なことに挑戦する園児を応援する。 たのしくやってみよう! 毎回、スタジオでゲスト講師が身近なものを使った楽しい遊びを教える。 みんなでたいけんしよう! 子役達が色々なことを体験するコーナー。 はたけにいこう! 子役達が農場を訪れ、様々な野菜について学ぶ。 みんなでいっしょにうたってみよう! ダイスケがアンパンマンソングの弾き語りを披露する。 おえかきコーナー ダイスケによる絵描き歌のコーナー。 アンパンマントレンド アンパンマンの最新情報やアンパンマン関連の新商品を紹介する。 アンパンマン情報局 で放送されている『それいけ! アンパンマンくらぶ』と同系統の番組。 2017年3月放送終了。 過去にはでもを通じて放送されていた。 では食文化の違いから、アンパンマンの顔は「入りパン」、しょくぱんまんの顔は「焼きたての」という設定に差し替えられている。 (断食)の放送期間中は、アンパンマンなど食べ物のキャラクターの顔に。 その他の特記事項• 制作元のによると、アンパンマンを初めとするキャラクターの殆どがアニメーターが苦手とする丸形のデザインの為、本作の作画を視聴に耐え得る品質で行うにはかなりの技術力を要するとアニメーターを指導する書籍で明かしている。 それもあってか、毎週の放送でローテーションを組む原画マンは、1〜2人で原画を手掛ける事が多い為 、総作画監督を立てているものの、各作画監督の個性が強く出ている回が多い。 今日知られる第1回の内容はアンパンマンとばいきんまんが誕生し、てんどんまんとの出会いを通して2人の対決が始まるという内容だが、原作者のやなせが提出した第1回目の内容はアンパンマン、しょくぱんまん、カレーパンマンの出会いという完成作品とは全く異なる物だった。 現行の内容になったのは第1回目の脚本を担当し、初期のメインライターを務めたが脚本作りの為に原作絵本を読んでいた所、ゲストキャラクターの1人だったてんどんまんを気に入った為、現行の内容を提出し、放送作品では翁が提出した内容が採用された為だとしている。 現在流通している映像ソフトではほぼ全ての作品が視聴可能であるが、101話、102話が欠番となっている 再放送は行われている。 第1回目の放送から全ての回に登場するのは、アンパンマン、ばいきんまん、ジャムおじさん、バタコさん、めいけんチーズの5人である。 中にはばいきんまんを必要としない話もあるが、登場しないわけではない(逆にアンパンマン達がストーリーに関係しない話もある)。 は放送開始当初(1988年)から毎週月曜日の10時 - 15時にキャスト全員で行われる。 但し、アンパンマン役の戸田は掛け持ちしている舞台やドラマ、映画の撮影のスケジュールの問題で年に数回、別録りを行う事もある。 戸田によると、1回の収録で多い時は、通常放送分、玩具、CM、キャラクターショーの収録を纏めて行うといい、その為、以前は喉を酷使した喋りをしていたばいきんまん役の中尾が収録中に疲弊してしまう事も少なくなかったという。 夏の映画公開前には予告部分で映画の案内 も放送される。 ただし、青森放送など一部の地方局では、該当部分は通常の予告に差し替えられる 実質の裏送り。 また、日本テレビでは、Bパート終了直前に似顔絵の募集先の案内テロップ が流れる。 放送開始の1年前のの時点には第1話(パイロット版)が作られていたが、アンパンマンは現在と造形が異なり、身長が高く、顔も丸形ではなく四角形だった。 このデザインには原作者のやなせも苦言を呈したことから、となった。 なお、この第1話はに放送された『』の特集で公開された。 この第1話を製作したのは東京ムービーではなくでアンパンマンの声を担当したのはだった。 アンパンマンがばいきんまんを「アンパンチ」でやっつけるのが定番となっているが、第1話ではアンパンチではなくを使ってやっつけるという展開だった。 アンパンチをはじめて用いたのは第2話B「アンパンマンとカレーパンマン」である。 他のアニメ作品に本作のキャラクターが出演()したことはないがによると原作者のやなせの「 アンパンマンの世界に実在の人間を登場させてはいけない」というポリシーが理由だといい 、藤井やゲストを模したキャラクターを登場させてやなせが激怒した事があるという。 ただし、に着ぐるみとして出演したことはある。 テレビ番組以外では、からにかけて日本テレビで放送された開局55周年記念キャンペーンコラボCMでアンパンマン、ばいきんまん、ドキンちゃん、バタコさん、カレーパンマン、しょくぱんまん、メロンパンナ、ホラーマンが『 アンパンマンバンド』として出演したことがある。 で開催される『』の開催中に運行されるの題材として、・・の3回にわたり本作が採り上げられている(アニメ作品では最多)。 なお、2008年には運行中に出火事故を起こした。 なお、は、花電車として、本作品を取り上げた。 日本テレビ版の企画が立ち上がる少し前にNHK総合テレビ金曜19時台後半の枠での放送が持ち上がるも『』と競って敗れたという。 映画第1回から長編のみテレビ放映されている。 戸田のオフィシャルブログではアフレコした話の台本の写真を毎週火曜(月曜深夜)に掲載することがあるので将来の放送予定をある程度知ることができる。 脚注 注釈 []• アンパンマンが自分の顔を与えるという設定の改変と、スポンサーに内定していたからの「ばい菌をタイアップ商品にプリント出来ない」という見解からばいきんまんのキャラクターの削除。 やなせはこの件について「パンが主役のアニメなのに業者がスポンサーにつかないなんて... 」と酷く落胆したという。 その後暫くしてがスポンサー入りした。 フジパンはスポンサー降板後もタイアップ商品は販売し続けており、その商品にはばいきんまんもプリントされている。 日本テレビ系列の30分レギュラーのアニメ番組としても最長寿である。 その後一部の系列局で休止されていた時期があったものの、にで放送が再開されたことで、再び佐賀県を除く全ての都道府県で視聴出来るようになり、現在に至る。 日本テレビ系列の作品のうち、ネットワークセールスで最も長い期間放送されているのは『』(制作、1996年開始)であるが、開始の『』は単発放送のスペシャル版も含むと最長になる。 なお、この2作品は本作同様日本テレビ系列で放送され、の看板作品である。 「カレ ーパンマン」「ホラ ーマン」など人物名に含まれるものは除く。 回によっては使用されない場合がある。 なお、アナログ放送末期の2010年以降はアナログ放送でも強制的に画角16:9になることから、ネット局によっては上下左右に帯がかかったとなった。 レギュラー放送では放送分の第1088回が最後となった。 ばいきんまんが悪さをしない回の場合は異なる。 また初期は「大変なことに」の後、「ばいきんまん、お前の好きにはさせないぞ! 」で締め括っていた。 この時の映像は何度か変更されているが、ジャムおじさんとバタコさんによる「それ! アンパンマーン! 」の掛け声は当初より一貫して同じものが使われ続けており、2019年の増岡勇退後も後任の山寺に差し替えられる事なく増岡のものが使われている。 投稿者の敬称は、性別を問わず全て「ちゃん」である。 クリームパンマン時は。 黒マントの男に変装したとき(回想)は。 1999年8月から10月までが代役。 2017年12月22日のみ佐久間レイが代役。 2017年7月公開の映画『』にはテレビアニメに先駆ける形で出演。 1990年から1995年まではが担当していた。 2014年頃、"制作"と表記された時期あり。 現在は故人だが、いずみが生前に作曲した劇伴も引き続き使用されているためクレジットされている。 放送開始からいずみの楽曲のアレンジャーとして参加、93年から劇場版の、95年からテレビシリーズの劇伴担当を引き継いだ。 2007年10月から。 なお2013年頃まで、クレジット順は山田みちしろが先であった。 又、前田は1992年から劇場版のキャラクターデザインをみちしろから引き継いでいる。 96年4月から担当。 一時期は「山田智明」名義• 1996年に逝去したが、現在もクレジットされている。 なおクレジット順は当初、山田悦司が先であったが、現在は山田知明が先となっている。 CSでの再放送及び一部DVDでの表記は「 製作著作 トムス・エンタテインメント」に統一している。 地上波でも、公開された翌年の夏頃に放送。 ただし遅れ日数が多い局では、そのまま次回を放送する場合もある。 かつては劇場版やクリスマススペシャル放送時に1時間枠で放送。 の日本テレビでの放送日時の変遷も参照。 開始当初 - は土曜7:00 - 7:30、1996年4月 - 2001年9月は日曜 7:00 - 7:30、2010年3月まで日曜 6:00 - 6:30、2014年9月までは日曜 6:15 - 6:45。 一時次回予告をカットし、提供スポンサー部分をブルーバックに差し替えた時期があった。 現在でも次回予告をカットする時がある。 なお、1991年頃、平日夕方に再放送を行っていた時期があった。 一時中断されていた時期があった。 番組開始当初は月曜 - 金曜 6:05 - 6:35、1992年頃は火曜 17:00 - 17:30、2015年9月29日までは火曜 15:50 - 16:20の放送だった。 2015年10月4日から現在の枠に移動。 2014年9月までは日曜 6:15 - 6:45。 2019年6月9日から字幕放送対応開始。 2010年3月まで日曜 6:00 - 6:30、2011年1月まで日曜 6:15 - 6:45。 2016年4月1日以降、制作局と同時刻ネットになるも、遅れネットを継続。 2016年12月23日のクリスマスSPは同時ネットで放送(字幕放送は未実施)。 1988年10月放送開始時は金曜 17:00 - 17:30、2005年10月まで火曜 16:25 - 16:55。 2009年12月まで火曜 15:55 - 16:25、2011年3月まで木曜 16:24 - 16:53。 2014年9月までは日曜 6:00 - 6:30、2017年3月までは日曜 6:30 - 7:00。 また平日朝の帯アニメ枠で再放送されたこともあった。 2014年3月28日までは金曜 16:00 - 16:30。 2014年4月より『news every. 』月曜 - 木曜の第1部ネット化と共に金曜も従来より20分繰り下げ、日本テレビと同時ネットを開始。 2014年3月までは季節感のある内容のものは放送順序を入れ替えたり、クリスマスSPなどを稀に同時ネットしたりすることもあった。 また、第1205話から第1212話は未放送。 2016年4月1日からは3部制移行後の『news every. 』の金曜日の第1部を同時ネットせず、本番組の放送時間を変えないことから、再度遅れネットに戻る。 開始当初は日曜 5:30 - 6:00の放送であったが、2003年頃から火曜 16:25 - 16:55へと変更。 2008年4月からは『』開始に伴い再び日曜 5:30 - 6:00となった。 2011年11月13日からは『』シリーズ放送終了に伴い30分押しとなり、6:00開始となった。 2014年9月7日に『』の放送開始に伴い、放送開始が15分繰り上げられた。 2009年3月までは水曜 16:23 - 16:53、2009年4月 - 2010年3月まで日曜 5:15 - 5:45、2010年4月 - 2012年3月まで日曜 5:30 - 6:00、2012年4月 - 2012年12月まで土曜 5:29 - 5:59、2013年1月 - 2016年3月まで日曜 10:55 - 11:25、2016年4月 - 9月まで日曜 11:00 - 11:30。 2016年10月より現在の時間に移動。 次回予告後の提供画面、似顔絵コーナーはカットされた時期があった。 2014年9月までは日曜 5:30 - 6:00。 2008年3月までは火曜 15:50 - 16:20。 『』の拡大により放送時間枠が移動。 2008年4月から2009年3月23日までは月曜 9:55 - 10:25。 『』放送時間拡大により移動。 2009年4月から2017年2月までは金曜 10:25 - 10:55。 2017年3月から2020年3月までは木曜 10:55 - 11:25。 2020年4月から現在の時間に移動している。 この時間帯は日本テレビが放送している同一の時間帯であるが、引き続き遅れネットである。 2010年3月まで日曜 6:00 - 6:30。 2010年4月から2013年3月までは日曜 6:15 - 6:45。 2013年4月から2014年3月まで再び日曜 6:00 - 6:30に放送が戻り、2014年4月からはまた再び日曜 6:15 - 6:45に放送が戻り、2014年10月からは日曜6:30 - 7:00。 2018年4月からは木曜11:00 - 11:30。 2019年4月から現在の時間に移動。 1989年9月20日からネット開始。 開始から1990年3月2日までは15分枠で月曜 - 金曜の放送だった。 1990年3月7日から1996年9月25日まで水曜 17:00 - 17:30、1996年9月30日から1999年3月24日まで水曜 16:55 - 17:25、1999年4月1日から2002年9月26日まで木曜 16:00 - 16:27、2002年9月30日から2006年3月27日まで月曜 16:00 - 16:27、2006年4月3日から2007年3月19日まで月曜 15:55 - 16:22、2007年4月2日から2010年3月29日まで月曜 15:55 - 16:25、2010年4月18日以降より現在の放送時間となった。 開始当初から1996年3月までは月曜 17:00 - 17:30、1996年4月 - 2009年3月までは月曜 10:55 - 11:25、2009年4月 - 2013年9月までは水曜 11:00 - 11:30、2013年10月 - 2017年3月までは水曜 10:30 - 11:00、2017年4月より現在の時間で放送。 実は開局後から放送したため、1990年4月2日の開始当初は約1年半日本テレビより遅れて放送していた ケースがある(先に開局していたTBS系列の、後に開局していたフジテレビ系列のでは放送されなかった)。 1989年4月19日よりネット開始。 当初は水曜 17:00 - 17:30の放送であった。 2009年3月までは木曜 15:30 - 16:00、2009年4月から2010年3月23日までは火曜 15:00 - 15:29、2010年3月30日から2011年3月までは火曜 15:55 - 16:24、2011年4月から2013年9月までは火曜 16:00 - 16:29、2013年10月から一時期再び火曜 15:55 - 16:24、途中から現在の時間になり1分拡大。 1990年代前半は金曜夕方に放送、その後2000年代前半は日曜 6:00 - 6:30に放送された後、2004年10月 - 2005年9月は金曜 9:55 - 10:25。 2005年10月 - 2009年3月は土曜 5:29 - 5:59。 『・第1部』放送拡大により、2010年1月10日までは再度日曜 6:00 - 6:30に放送されていた。 2010年1月15日 - 2012年9月28日は金曜 10:25 - 10:53。 2012年10月5日 - 2014年9月26日は金曜 11:01 - 11:30。 2014年10月3日より現在の時間に移動。 この為、日本テレビと同時ネットの『』は2016年3月まで金曜日のみ非ネット。 11:00開始に変更された現在でも、本編自体は11:01からスタートする。 また、2017年1月13日以降は、直後に放送される『』が(番組表上では11:30からだが、実際には)11:29. 45からスタートするため、本番組の終了時刻が15秒繰り上げられた。 2018年4月6日以降の後続番組『』でも同様。 1990年頃は金曜16時台、1993年 - 1994年は日曜 7:00 - 7:30。 1995年 - 1996年は土曜 7:00 - 7:30、2002年4月 - 2005年3月は金曜 10:25 - 10:55。 『金曜版』の放送時間延長に伴い2005年4月より日曜早朝に移動。 2005年4月 - 2009年10月11日は日曜 5:30 - 6:00、2009年10月18日 - 2010年3月まで日曜 6:00 - 6:30、2010年4月4日 - 2014年9月まで日曜 6:15 - 6:45(2012年2月19日に『皇室日記』が日本テレビと同時ネットされたのに伴い、2010年3月以前の放送時間に戻ったが、翌週以降は再び6:15開始になった)。 2014年10月6日 - 12月22日・2015年4月 - 6月は月曜 11:00 - 11:30。 また、2015年1月5日 - 3月30日は『』が放送されたため、10:56 - 11:26に放送時間が繰り上げられた。 2017年10月から現在の時間に移動、月曜日が祝日の場合、火曜 10:55 - 11:24に振替放送。 不定期で読売テレビの編成の都合で休止する場合がある。 2015年3月までは月曜 15:55 - 16:24。 2014年9月までは日曜 5:30 - 6:00。 2008年12月頃から次回予告カット、その後の提供画面部分はブルーバックに差し替え。 1994年3月までは金曜 17:30 - 18:00。 1994年3月末に一旦打ち切りになったが、2010年4月4日より日曜 6:15 - 6:45で再開。 2015年9月より現在の時間に移動。 2011年4月3日より放送再開。 2020年2月20日から字幕放送対応開始。 日本テレビで休止した翌週の話数は放送されない。 2014年9月までは日曜6:15 - 6:30、2014年10月から2016年3月までは日曜 6:30 - 7:00で放送されていた。 以前の放送は、開始年は不明だが、水曜夕方で放送。 当初は17:00 - 17:30で、1996年10月からは16:57 - 17:27で放送。 1997年3月末で一旦打ち切り。 1997年4月からは『』を放送。 以前は金曜 5:25 - 5:50の放送で、当時はエンディングと次回予告がカットされていて、かつて1時間SPは基本的に同時間帯に30分前倒しか、後続番組を休止して放送していた。 2002年3月28日に一旦打ち切ったが、2009年10月5日より放送再開。 2015年9月16日までは水曜 15:53 - 16:21。 同年9月29日より現在の時間に移動。 作者の出身地。 だが、1年も遅れて放送開始し、一時期打ち切られて放送されなかった時期もあった。 1989年 - 1993年は水曜 16:30 - 17:00 、1998年10月 - 1999年3月は月曜 16:55 - 17:25。 1999年4月 - 2000年3月は金曜 16:30 - 17:00、2000年4月 - 2002年3月は金曜 17:20 - 17:50。 2002年4月 - 2004年3月までは金曜 16:00 - 16:30、2004年4月 - 2010年3月までは木曜 10:25 - 10:55。 2010年4月14日 - 2015年3月までは水曜 10:00 - 10:29。 『スッキリ』ネット開始に伴い、2015年4月から現在の時間に移動。 1994年頃までは金曜夕方に放送、1995年 - 1996年は土曜 7:00 - 7:30。 199? 年 [ ] - 2002年3月まで金曜 10:25 - 10:55。 2002年4月から2013年9月29日までは日曜 5:15 - 5:45。 2013年10月4日から2017年3月31日までは金曜 11:00 - 11:30(2016年12月23日のクリスマスSPは5分遅れで放送)。 2017年4月2日(日曜)5:00 - 5:30に第1351回を放送し、同年4月7日から2018年9月28日まで5分繰り上げて金曜 10:55 - 11:25に放送し、日本テレビと同時ネットになったが、2018年10月7日より現在の時間帯に移動し、再度遅れネットに戻る。 2014年3月まで日曜 6:00 - 6:30、2014年9月まで日曜 5:55 - 6:25。 『』、『』がそれぞれ30分繰り上がるのに伴い、2014年10月から放送開始が25分繰り上げ。 1989年3月20日から1997年3月24日までは月曜 17:00 - 17:30に放送。 1997年4月に放送を開始した自社制作のニュースワイド番組『』の開始に伴い中断し、1998年1月24日から現在の時間で放送を再開した。 この為、『ズームイン!! サタデー・第1部』は5:59からのネットとなっている。 2003年時点では放送を休止していた。 以前は月曜 16:25 - 16:55に放送 、2010年10月1日までは金曜 16:25 - 16:55、2012年3月までは火曜 15:55 - 16:24、2013年3月までは火曜 15:52 - 16:20、2015年3月24日までは火曜 15:53 - 16:21。 同年3月30日より2018年3月26日まで月曜 15:22 - 15:50、同年4月2日から「」の第2部ネットに伴い現在の時間に移動。 2012年9月まで金曜 15:00 - 15:29、2012年10月 - 2013年4月まで金曜 14:58 - 15:27。 以前は火曜 15:55 - 16:25に放送、2015年3月までは月曜 15:53 - 16:23。 沖縄県に系列局がないため、地上波で唯一系列外局で放送。 ネット開始当初の1989年5月 - 1995年12月までは、月曜夕方に放送。 1996年1月 - 2003年頃までは、半年~1年ごとに曜日移動していた。 2004年頃は土曜日6:00 - 6:30、2005年頃 - 2007年3月は、月曜15:00 - 15:30、同年4月 - 2009年3月まで月曜 15:52 - 16:22、同年4月 - 12月まで火曜 16:21 - 16:51。 2010年1月 - 2011年6月は土曜 7:00 - 7:30、同年7月 - 9月は土曜 6:45 - 7:15、2016年3月まで土曜 6:00 - 6:30、2017年3月までは土曜 6:30 - 7:00、同年4月から2019年6月29日までは土曜5:15 - 5:45に放送されていた(の編成一部改編〈琉球放送では基本「」のみネット〉により、放送時間が変更されている)。 2019年7月7日より日曜 5:45 - 6:15に移動。 放送を中断していた時期もある。 リピート放送あり。 字幕放送はハイビジョン放送のみ。 土曜・日曜にも劇場版やOVAを放送。 テレビシリーズは2009年4月から開始(解説放送は実施せず)。 リピート放送あり。 特に目立つようになったのは『』時代に、ローカル枠が17:00 - 17:25開始に繰り下げられた春以降(『』の項も参照)。 1996年秋と2000年秋の『プラス1』開始時刻変更には、上記の通り『アンパンマン』が放送時間を変更して対応している。 また2013年春には『』(16:20 - 16:50)が終了し『アンパンマン』および『』金曜の開始時刻が10分繰り上がったが、12年間不動だった『アンパンマン』の開始時刻が変更された経緯については不明。 なお、2014年1月6日から『news every. 』の月曜 - 木曜の開始時刻が15:50に繰り上がったが、金曜は不変のため、わずか9ヶ月で再び『news every. 』の金曜放送が他曜日より遅くなった。 以降の該当事例として• 9月の当時巨人監督・の勇退関連• との()関連 がある。 は『・対巨人』(・読売テレビ制作)放送のため休止。 2016年10月7日は『スッキリ!! 超拡大メダリストパレードたっぷり見せますSP』、2019年1月4日は『「」・「」・「」冬を彩る3ドラマ大予習SP』放送のため休止。 石丸、水谷、佐藤は本編にもゲストキャラクター役として出演経験がある。 一部の放送局を除く。 画面が回転するシーン、アンパンチや衝突時のシーンなど。 試合が雨天中止となった場合でも、プロ野球に関する特番がとして設定されていた。 野中は降板後、アニメ本編でかなえ星役、ほたる姫役、キャンドルちゃん役として出演している。 前田はアニメ本編でも、ユキダルマン役、クレヨンマン役などで出演している。 声優については戸田、中尾、佐久間、山寺の4名が全話出演しているが、第1464回までは増岡も該当していた。 この場合の次回予告は、「映画の案内」終了後と「提供クレジット」表示前の間の5秒間、表示される。 BS日テレで放送の『それいけ! アンパンマンくらぶ』でも同様の案内テロップが流れる為、BS放送を受信できれば、全国で見られる。 また、日本テレビのみ、「似顔絵の募集先の案内テロップ」表示直前に『「hulu」で配信』旨の案内も表示される。 ただし、『』の連載30周年記念作品『』ではやなせ自身がトリビュート漫画を描いており、そこでは同作の主人公のがアンパンマン・ばいきんまん・ドキンちゃんと共演している。 『』(『世界一受けたい授業』の)放送分にとが、放送分にはその他にも出演した。 また2009年4月と2010年4月の特番には『』(の制作)からとが出演したことがある。 なお放送の通常版『受けたい授業』では、(家事研究家)による「夏の感染症」の解説役で、アンパンマンとばいきんまんが着ぐるみで参加した。 出典 []• 『テレビアニメ魂』山崎敬之著、講談社 p200より• 「ユリイカ」2013年 やなせと糸井重里の対談より。 やなせたかしが、鈴木一義『アンパンマン大研究』((平成10年)、刊)• やなせたかし『人生なんて夢だけど』((平成17年)、フレーベル館著)• -トムス・エンタテインメント. 2016年9月21日閲覧。 1501回は現在のところ未放送• アンパンマン役の戸田によるとブランクを経てのオファーだった場合、「当時の演技を覚えていない」と困惑されてしまったりスケジュールの都合でオファーを辞退される事が原因だという 『アンパンマンVSアンパンマン』より。 代表例としてクレープマン役のはスケジュールの都合がつかず、を代役に立てた場合もあったものの、宮野のファンの声を受けて執筆したライターから代役の登板について難色を示された為、宮野サイドが出演に前向きになるまでクレープマンの出演を見合わせ続けたというエピソードがある。 ジャムおじさん役を引き継いで以降はから引き継いでいたゆずじいやのみに引き継がせている カバオ、ジョーカー、ルドルフなど以前の持ち役は続投。 ドキンちゃん役を引き継いで以降は、ロールパンナ役以外の持ち役は全て降板し、ニャンコックは、しろかぶくんとレアチーズは、たまごどんまんはにそれぞれ引き継がせている• マイナビニュース 2019年8月5日. 2019年8月5日閲覧。 2007年9月まで• 1993年1月25日まで• 1993年2月1日から2010年3月• 2010年4月から• 2010年4月から• 1990年に一時降板していた 翌1991年から復帰。 7代目を担当• 8代目を担当• 9代目を担当• 2010年3月まで。 又1995年10月2日から1997年9月26日まで降板しており、文芸担当が不在だった。 2010年4月から2014年まで• 2015年から• CD『アンパンマンのダンス・ダンス・ダンス』に近日EDとして使用する旨が明記されていた。 "それいけ! アンパンマン ばいきんまんの逆襲". それいけ! アンパンマン. ・・・・. 1990年7月14日放送. 該当時間:63分58秒• "メロンパンナとのぎくちゃん". それいけ! アンパンマン. 1995年2月27日放送. 320回. 該当時間:10分17秒• セルDVD及びCSの再放送では第200話(1992年9月21日 から• セルDVD及びCSの再放送では第455話 1997年12月5日 から• ニフティニュース 2018年9月28日. 2018年10月5日閲覧。 コミックナタリー 2019年10月3日. 2019年10月3日閲覧。 2018年10月3日. 2018年10月3日閲覧。 『富山新聞』 1989年9月20日付 - 2010年4月18日付、各日付朝刊、テレビ欄• 北國新聞 1990年9月2日付朝刊テレビ欄より。 北國新聞 1989年4月19日付朝刊テレビ欄より。 愛媛新聞 1992年9月30日付朝刊テレビ欄より• 『アニメディア』2003年6月号『TV STATION NETWORK』111頁。 『アニメディア』2001年8月号『TV STATION NETWORK』117頁。 「テレビ局ネットワーク」『』1991年1月号、、 91頁。 毎日新聞デジタル 2016年2月22日発行、同日閲覧。 ,2018年3月28日• 日テレNEWS24 日本テレビ. 2016年3月8日. 2016年3月10日閲覧。 大道博政、菖蒲隆彦、南雲公明、阿部司、鈴木寿美、赤城由高、川越淳は1人原画を、徳田悦郎、笠原彰、、佐藤徹は2人原画を担当した事が多い。 また、総作画監督の前田実もオープニング・エンディングアニメーションにおいて1人原画を担当している。 但し、時期によっては星名靖男、大道博政の1人原画で作画監督を務めたり、川越淳、大久保修と2人原画をする場合もあった。 『アンパンマンVSアンパンマン』より• 『アンパンマンVSアンパンマン』より• 「声優100人に聞きました'95」『ザ・声優1995』メディアックス、1994年、p. 110。 『スッキリ!! 』(放送分)の「謎の男のコーナー」より。 朝日新聞 2008年5月4日. 2008年5月5日時点のよりアーカイブ。 2012年1月26日閲覧。 やなせたかしが取り上げられたNHK教育テレビ『』2008年10月放送分より。 関連項目• ・・ - やなせの出身地・を走る(JR四国)を中心に、アンパンマンなどのキャラクターをあしらった塗装の「アンパンマン列車」が運行され、に『』が採用されている。 - から、列車の接近時のチャイムとして『アンパンマンのマーチ』が使用されている。 外部リンク• 月曜 17:00 - 17:30枠 前番組 番組名 次番組 の映画 通番 題名 公開日 併映作 上映時間 第1作 、 75分(本作品) 60分(同時上映) 第2作 おむすびまん 70分(本作品) 27分(同時上映) 第3作 ドキンちゃんのドキドキカレンダー 40分(本作品) 50分(同時上映) 第4作 アンパンマンとゆかいな仲間たち 60分(本作品) 31分(同時上映) 第5作 (1993年版) 60分(本作品) 30分(同時上映) 第6作 みんな集まれ! アンパンマンワールド 60分(本作品) 30分(同時上映) 第7作 アンパンマンとハッピーおたんじょう日 56分(本作品) 30分(同時上映) 第8作 ばいきんまんと3ばいパンチ 60分(本作品) 30分(同時上映) 第9作 ぼくらはヒーロー 56分(本作品) 25分(同時上映) 第10作 アンパンマンとおかしな仲間 55分(本作品) 25分(同時上映) 第11作 アンパンマンとたのしい仲間たち 55分(本作品) 25分(同時上映) 第12作 やきそばパンマンとブラックサボテンマン 55分(本作品) 26分(同時上映) 第13作 7月14日 怪傑ナガネギマンとやきそばパンマン 50分(本作品) 20分(同時上映) 第14作 7月13日 鉄火のマキちゃんと金のかまめしどん 50分(本作品) 20分(同時上映) 第15作 (この作品からはデジタル製作) 怪傑ナガネギマンとドレミ姫 50分(本作品) 20分(同時上映) 第16作 7月17日 つきことしらたま 〜ときめきダンシング〜 51分(本作品) 21分(同時上映) 第17作 7月16日 くろゆき姫とモテモテばいきんまん 50分(本作品) 20分(同時上映) 第18作 コキンちゃんとあおいなみだ 50分(本作品) 20分(同時上映) 第19作 7月14日 ホラーマンとホラ・ホラコ 50分(本作品) 20分(同時上映) 第20作 7月12日 ヒヤヒヤヒヤリコとばぶ・ばぶばいきんまん 50分(本作品) 20分(同時上映) 第21作 ばいきんまん vs バイキンマン!? 50分(本作品) 20分(同時上映) 第22作 はしれ! わくわくアンパンマングランプリ 50分(本作品) 20分(同時上映) 第23作 うたって てあそび! アンパンマンともりのたから 45分(本作品) 20分(同時上映) 第24作 リズムでてあそび アンパンマンとふしぎなパラソル 47分(本作品) 21分(同時上映) 短編 2012年 10分(本作品) 58分(同時上映) 第25作 みんなでてあそび アンパンマンといたずらオバケ 45分(本作品) 20分(同時上映) 第26作 たのしくてあそび ママになったコキンちゃん!? 48分(本作品) 21分(同時上映) 第27作 7月4日 リズムでうたおう! アンパンマン夏まつり 46分(本作品) 21分(同時上映) 第28作 7月2日 (無し) 62分(本作品) 第29作 7月1日 62分(本作品) 第30作 60分(本作品) 第31作 62分(本作品) 第32作 (予定)?? 分(本作品).

次の