五月雨式で失礼いたします。 度々ご連絡してすみません、で敬語の使い方は大丈夫?メールの時は?

度々ご連絡してすみません、で敬語の使い方は大丈夫?メールの時は?

五月雨式で失礼いたします

日本語の「度々すみません」の雰囲気を出すためには、やはり、英語のsorryを使うことになります。 例えば、 Sorry to bother you again (またお邪魔してすみません) Sorry to keep pestering you(しつこく困らせてしまって恐縮です) Sorry to be peppering you with emails(メールを何度も送信してすみません) この最後の例にあるpepperingは興味深い表現です 直訳すると、「こしょうを振りかける」と言う意味。 同じものを沢山相手に浴びせる、と言う意味があり、質問や連絡を何度もする時に使われます。 これはメールの多さに「軽く触れる」のに便利です。 しかし覚えておきたいのは、英語のsorryは「自分が悪い」というニュアンスがあるということです。 ですからもし悪いと思っていないなら、sorry は使わないほうがいいでしょう。 その代わりに、こういった表現を使います。 (もう一つ聞きたいことがあります) I just thought of another question. (もう一つ質問を思いつきました) This is something I forgot to include in my last email. (これは前回のメールに書き忘れたことです) これらの表現は丁寧でありながら、「相手に悪い」という感じは控えめです。 また、ユーモアのセンスを活かした表現も、重くならずに明るい雰囲気を出すのに効果的です。 (厄介者だと思わないといいのですが) I almost feel like we are becoming pen pals! (まるであなたとペンパルになったような感覚です!) 沢山の質問や連絡をした後に、もう一つだけ確認したいことがあった時は、次のような表現を使います。 Just one more thing! (もう一つだけ知りたいことがあります) I promise, this will be the last question! (これが最後の質問だと約束します!) もちろん、このような表現を使ったら、本当にそれが最後の質問であることが前提ですが。 最後に、忘れてはならないのは、何通ものメール又はいくつもの質問に対応してくれた相手に対する感謝の言葉です。 次の様な表現を使って、感謝を示しましょう。 Thank you so much for answering all my questions. (私の質問の全てに答えて下さって、有難うございます) Thank you for putting up with my frequent emails. (私の頻繁なメールに辛抱強く付き合ってくださってありがとうございます) I really appreciate all your help. (助けていただいてとても感謝しています) このような表現を使えば、相手は快くあなたのメールや質問に対応してくれるでしょう。

次の

ビジネスマナー講座の意義とビジネス用語一覧

五月雨式で失礼いたします

日本語の「度々すみません」の雰囲気を出すためには、やはり、英語のsorryを使うことになります。 例えば、 Sorry to bother you again (またお邪魔してすみません) Sorry to keep pestering you(しつこく困らせてしまって恐縮です) Sorry to be peppering you with emails(メールを何度も送信してすみません) この最後の例にあるpepperingは興味深い表現です 直訳すると、「こしょうを振りかける」と言う意味。 同じものを沢山相手に浴びせる、と言う意味があり、質問や連絡を何度もする時に使われます。 これはメールの多さに「軽く触れる」のに便利です。 しかし覚えておきたいのは、英語のsorryは「自分が悪い」というニュアンスがあるということです。 ですからもし悪いと思っていないなら、sorry は使わないほうがいいでしょう。 その代わりに、こういった表現を使います。 (もう一つ聞きたいことがあります) I just thought of another question. (もう一つ質問を思いつきました) This is something I forgot to include in my last email. (これは前回のメールに書き忘れたことです) これらの表現は丁寧でありながら、「相手に悪い」という感じは控えめです。 また、ユーモアのセンスを活かした表現も、重くならずに明るい雰囲気を出すのに効果的です。 (厄介者だと思わないといいのですが) I almost feel like we are becoming pen pals! (まるであなたとペンパルになったような感覚です!) 沢山の質問や連絡をした後に、もう一つだけ確認したいことがあった時は、次のような表現を使います。 Just one more thing! (もう一つだけ知りたいことがあります) I promise, this will be the last question! (これが最後の質問だと約束します!) もちろん、このような表現を使ったら、本当にそれが最後の質問であることが前提ですが。 最後に、忘れてはならないのは、何通ものメール又はいくつもの質問に対応してくれた相手に対する感謝の言葉です。 次の様な表現を使って、感謝を示しましょう。 Thank you so much for answering all my questions. (私の質問の全てに答えて下さって、有難うございます) Thank you for putting up with my frequent emails. (私の頻繁なメールに辛抱強く付き合ってくださってありがとうございます) I really appreciate all your help. (助けていただいてとても感謝しています) このような表現を使えば、相手は快くあなたのメールや質問に対応してくれるでしょう。

次の

五月雨式とはどういう意味?よくあるビジネス用語の使い方を解説します!

五月雨式で失礼いたします

「五月雨」の使い方 「五月雨」と聞くと、5月に降りそそぐ爽やかな雨をイメージしてしまいますが、現代の梅雨のことを指しています。 俳句でも「梅雨の季語」「夏の季語」として使用されています。 五月と聞くと季節は春をイメージしますが、旧暦では夏となります。 松尾芭蕉の「おくのほそ道」にも掲載されている「五月雨を あつめて早し 最上川」が有名です。 余談ですが、松尾芭蕉は実際に雨で増水した最上川の急流を川下りをしたようです。 しかし最近では、「五月晴れ」は新暦5月に気持ちよく晴れた日のことを意味する表現として、広辞苑などでも認められてきています。 「五月雨式」とは ビジネスシーンにおいて「五月雨式で申し訳ありません」などといった言葉を用いられます。 この「五月雨式」というのは、梅雨の時期にしとしとと降り続ける長雨のように「途切れる事がありながらも、長い間だらだらと物事が続くこと」という意味で使われます。 「式」をとって「五月雨で申し訳ありません」とも使います。 その、「五月雨式で申し訳ございません」の意味を細かく説明します。 例えば、返信や納品など本来は一度にまとめてするべきものを、期日が迫ってきていて出来上がったものからすることがあります。 そういった際に「一度にまとめずに何回にも分けてしまい申し訳ございません」といった意味として用います。 また、「だらだら続く」といった意味で、会議などが終わりが見えずにだらだら続く様子を「五月雨式に会議が続く」などと表現します。 「だらだらと申し訳ございません」よりも「五月雨式に申し訳ございません」の言い回しの方が丁寧で受けても印象がいいですよね。 このように、ビジネスシーンにおいて「断続的に長く続いてること、だらだらと長く続いてること」をそのまま言うのではなく印象の良い言い回しで「五月雨式」と使っています。

次の