対魔忍rpg おすすめ。 育成おすすめキャラ

キャラ評価一覧

対魔忍rpg おすすめ

アクション対魔忍|リセマラは必要?報酬と方法 アクション対魔忍のリセマラは可能?したほうが良い? アクション対魔忍ではリセマラが可能。 本作のガチャからはキャラ(サポーター)だけでなく、 武器も入手できる。 キャラクターはストーリーを進めていくと手に入るので、リセマラでは高レアの武器を狙うのがおすすめだ。 また、アクション対魔忍では 「データ初期化」機能が搭載されているので、より効率的なリセマラが可能となっている。 詳しいリセマラ方法は、同記事にある「 」にて紹介。 ちなみに、7日目ログインボーナスでは、URのサポーターを獲得できる 「プラチナサポーターガチャチケット」も獲得可能。 事前登録・ログインボーナスの報酬内容• 10万人突破報酬:ガチャチケット1枚+10,000ゴールド• 15万人突破報酬:対魔石10個+20,000ゴールド• 20万人突破報酬:ガチャチケット3枚+30,000ゴールド• 25万人突破報酬:ガチャチケット6枚+40,000ゴールド• レアリティ 提供割合 UR 3% SR 35% R 62% アクション対魔忍のリセマラ終了ライン・狙いガチャ アクション対魔忍のリセマラ終了ラインは、UR武器やキャラ(サポーター)となる。 前述した通り、 キャラよりは武器が優先となるが、ガチャは20連以上引くことができるので複数狙うのがおすすめ。 ガチャはサポーターと武器 混合ガチャとなっているが、3%なのでそこまで低い設定ではない。 理想はキャラ2体に武器3個となるが、これはかなり根気がいるのでおすすめはしない。 アクション対魔忍|リセマラ攻略・ガチャ当たりキャラとおすすめ理由 アクション対魔忍のパーティー編成について アクション対魔忍のパーティー編成は、最大で3体(メインサポーター1体+サブサポーター2体)まで組み込むことが可能。 つまり、リセマラ時点で最高レアリティである URキャラを2体+UR武器3個当てることが理想的なリセマラとなる。 なぜなら、7日目にはURのサポーターを獲得できる 「プラチナサポーターガチャチケット」がもらえるからだ。 前述した通り、2+3狙うのはかなり根気がいるリセマラとなるので、武器2個やキャラ+武器などで妥協するのがおすすめ。 アクション対魔忍のおすすめ武器・キャラと評価基準 上記のことから、使用したいキャラに対応した武器はかなり優先度が高い。 例えば、遠距離攻撃でプレイしたい方は、URの二丁拳銃がおすすめ。 同様に、近距離攻撃でプレイしたい方は、URの忍者刀や忍者小太刀がおすすめとなる。 いずれにせよ、 メインサポーター1体を操作するゲームなので、そこまでリセマラにこだわらなくて良いだろう。 つまり、自分のプレイしたいスタイルによってキャラを選択し、 対応した武器を狙うのがおすすめだ。 アクション対魔忍|効率的なリセマラ方法・やり方 アプリをダウンロード アクション対魔忍のゲームアプリサイズ: 114. 5MB(追加ダウンロード:469. 2MB) アプリインストール後は、キャラ選択し、ゲームを始めよう。 (他のキャラも仲間にできる) アクション対魔忍の初期キャラ アクション対魔忍の初期キャラは、上記の3人の中から選択可能。 遠距離攻撃が得意な水城ゆきかぜ、耐久力が高い井河アサギ、高クリティカルを誇る井河さくら。 どのキャラも 特徴が異なるので、自分のプレイスタイルと照らし合わせて選択しよう。 ちなみに、他のキャラは 対魔石を使用すれば獲得できるので、コツコツ続けていけば全キャラ揃えることは可能。 名前 性能・評価 水城ゆきかぜ 【二丁拳銃】 中・遠距離攻撃 井河アサギ 【忍者刀】 高耐久(高HP・DEF) 井河さくら 【忍者小太刀】 高クリティカル チュートリアルをクリア ストーリーはスキップ可能となっているので、リセマラする場合はスキップ機能推奨。 なお、バトルチュートリアル後(セクション3)には、 チュートリアル単発ガチャ(ランダム)を引くことができる。 上記の通り、チュートリアルガチャはランダムなので、最高レアリティである UR武器なども狙うことが可能。 こちらが1回目のリセマラポイントではある。 メールから報酬を受け取る チュートリアルガチャ完了後は、ホーム画面の 「プレゼントボックス」より報酬を受け取ることが可能。 プレゼントボックスでは、ガチャ石(ガチャ10連分以上)+ガチャチケット(10枚)などが手に入る。 ガチャを引く アクション対魔忍のガチャではサポーターや武器、素材などが手に入る。 つまり、本作は ガチャチケット10枚+400個を使用し、リセマラで好きな武器やキャラを狙おう。 データ初期化でリセマラをすれば、 より効率的なリセマラが可能となるので活用しよう。 アクション対魔忍|課金要素について アクション対魔忍の課金アイテムは? アクション対魔忍の課金通貨は、対魔石となる。 対魔石は主にガチャに使用でき、コスチューム(スキン)なども購入可能。 アクション対魔忍は無課金でも面白い? アクション対魔忍では、無課金でも十分面白いゲームと言える。 本作は パーティー数も少ないので、課金しないとクリアできないと言ったことが少ない。 ガチャの武器やキャラ性能は多少あるが、どちらかというと プレイスキルが求められる本格アクションゲーム。 課金要素が強いというよりかは、ゲームをやり込むことが重要となる。

次の

【アクション対魔忍】リセマラ当たりランキングとおすすめキャラ

対魔忍rpg おすすめ

注意:ここでの評価は あくまで「目安」であり、 ユニットの絶対的な価値を示すものではありません。 適性評価は 使う人の戦力環境や使用状況次第で変化することに留意し、参考程度にご覧ください。 表の見方 各種評価の編集・議論を行う前に必ずお読み下さい。 ロール(役割)凡例 ATK=アタッカー BUF=バッファー DEB=デバッファー HEA=ヒーラー CRG=チャージャー SPヒーラー CC=クラウドコントローラー 状態異常付与• 雑魚戦適性:主にクエスト道中における、多数の敵への対応能力。 ボス戦適性:クエストボスやレイドボスなど、単体の敵への対応能力。 対高難度において評価が変化する場合は [難]、奥義使用時に評価が変化する場合(ボス戦適性のみ)は [奥]と表記 その他の条件付き評価は注釈で表記• LS:リーダースキル適用時の追加評価• 簡易寸評• ユニットの特徴や評価理由を簡単に解説(あくまで簡易版なので詳細は各ユニットページを参照のこと) 一行目は総評、二行目は雑魚戦適性について、三行目はボス戦適性について記述• どのスキルでDPTが最大になるかも表記• 下段の式はバフ付きスキルの場合• 各キャラごとに最も数値が高くなるスキルを適用(単体奥義は除外)• SPD補正は最低クラスと最高クラスとの差が1. 3倍程度になるように調整• 各キャラごとに最も数値が高くなるスキルを適用、同程度なら付加効果がある方を優先• 耐久力補正は最低クラスと最高クラスとの差が1. 2倍程度になるように調整• スキルlvは5とする• 回転率を重視し、低消費スキルの方が若干有利になるように補正(リジェネ型を除く)• 耐久力補正はRのフォルシアとSRの不知火との差を1. 5倍程度として調整(補正値なし)• SPD補正は最低クラスと最高クラスとの差が1. 15倍程度になるように調整(リジェネ型は調整のため補正0)• バッファー、デバッファーやSPヒーラーなどは性能の指標化が難しいため、適宜相対評価• 汎用性の高いLS所持。 最強アタッカーの一角。 LSの性能は低い。 ・安定性は高いが、攻撃系の技を持たないためやや持て余しがち。 ・高耐久で安定感抜群。 対高難度向けの回復・防御支援担当として力を発揮。 LSは不遇。 低消費の複数攻撃技も完備。 俊足故に味方バフは1ターン目ロスしがち。 スキル1・2での掃討も便利。 俊足故に味方バフは1ターン目ロスしがち。 スキル1の全体技も悪くない威力。 LSの汎用性は高い。 長演出の奥義を解禁しないと厳しい。 超人ATK大アップのLS所持。 スキル2で掃討も可。 自己回復技は使い所に困る。 スキル1で小回りを利かせることも可能。 演出が短く魅力的。 絶大威力の奥義は演出気持ち短め。 しかし火力の低さと状態異常の微妙さに苦しむ。 スキル2は空気。 いざというときの異常回復も心強い。 高汎用のLS所持でサポート適性も抜群。 スキル2も優秀で申し分の無い周回性能。 鈍足気味なこともあり対多は苦手。 火力効率はスキル1が最高だがスキル2運用も可。 しかし毒付与による高燃費と演出の長さに悩まされる。 奥義の火力は一級品。 超鈍足。 回復スキルもお世辞にも性能が良いとは言えず使い所に困る。 SPD以外のステータス・スキルも高水準の万能型。 俊足故に味方バフは1ターン目ロスしがち。 対多戦闘もそつなくこなせる万能中速アタッカー。 火力も上々。 通常攻撃が強力な反面スキル構成にはやや難あり。 バフも対象3体のため少々扱いにくい。 周回と同じくSPリジェネもこなせるが、手持ちユニットと要相談。 対雑魚、対ボス、サポート、どれを取っても隙がない。 高回転のスキル1で麻痺を撒けるのも強力。 大火力の単体技を数値固定のSP回収により超高回転で繰り出せる。 本項ではSP消費を150として計算。 高難度攻略に役立つ攻防デバッファー。 対高難度は奥義使用も選択肢。 高効率のスキル1も優秀。 LSは不遇。 余裕があれば奥義使用も可。 汎用性が高い全体ATK中アップのLS持ち。 全スキルが単体技という極端さだが、スキル2運用が基本。 特殊なデバフスキルを持つアタッカー。 他のキャラとの連携次第だが単体でも良性能。 混乱が通るなら奥義使用も視野。 精神ATK大アップのLS所持。 バフは対象3体のため微妙。 スキル1の回復力もRゆきかぜ以下。 スキル1の火力効率も良好。 精神ATK大アップのLSも所持。 スキル1のデバフのみで立ち回るのは厳しいか。 ステータスは防御寄り。 全体ATK中アップのLSを持ちサポートにも最適。 全異常耐性アップのLSはあまり役に立たない。 DEFバフ付加は高難度攻略で有効。 高耐久で対科学で活躍。 高汎用のLS所持。 複数攻撃のスキル2もあるが性能低め。 味方バフは1T目ロスしがち。 ただし少々扱いが難しい。 紙装甲につき補助は必須。 攻撃面では期待できない。 奥義の回復率は悪くないが対高難度では不安が残る。 自然ATK大アップのLS所持。 火傷はオマケ程度。 ATKデバフもこなせる超強力中速アタッカー。 奥義のバフ効果で無双も可能だがオーバーキル率は高い。 奥義解禁でさらに圧倒的な破壊力。 最高峰の耐久力とSPDも完備する高性能ブースター。 ATKは低いが攻撃参加も可能。 高速・高耐久で安定性も抜群。 耐久性にはやや難あり。 混乱も強い。 反動ダメージがきついので無双4setは必須。 LSは不遇。 SP回復による火力・安定性向上で長期戦にも強い。 強力バフの奥義もアリ。 どうしても活躍させたいなら双撃4setを推奨。 SPリジェネとの併用推奨。 ハマれば強力無比。 科学ATK大アップのLS所持。 雑魚戦ではデバフの重要性は低い。 スキル2も悪くない性能。 特に対高難度で力を発揮。 先制大回復を活かすなら快癒4セット装備を。 ダメージカットは現状使い所が難しい。 LSは科学ATK大アップ。 威力は物足りないが眠り付与がそれなりに役立つ。 対自然は吸収付き奥義で乗り切りたい。 純アタッカー運用も可能。 速度に活路を見出そう。 デバフが不要ならスキル2も選択肢。 苦手属性なし。 さらにスキル2で混乱も撒ける。 目を疑うほどのぶっちぎり高適性値。 DPTで見れば単体奥義持ち並みの火力を持つ。 ATKは低いが高汎用LS、高SPD、HR最高峰の耐久力を備える扱いやすいアタッカー。 ランダム攻撃スキルもあるが低火力。 HR屈指の耐久力で安定感は高い。 ステータスは事前アサギと同じだがスキルが対多向き。 高汎用LS所持。 HR屈指の耐久力で安定感は高い。 超人ATK大アップのLS所持。 スキルはどちらかと言うとボス戦向きだが今ひとつ噛み合わない。 火力も物足りない。 デバフで部隊安定化貢献は可能。 超人HP大アップのLS所持。 LSも不遇。 高DEFで安定性は高め。 強化率は微妙だがボス戦ならギリ実用範囲内。 LSは超人DEF大アップ。 一体ずつ対処した方が効率は良い。 魔性DEF大アップのLS所持。 攻撃面は期待しない方が良い。 耐久力も高めで常用向き。 DEFデバフは仕様上やや不遇だが使い勝手は悪くない。 快足を飛ばして一体ずつ確実に。 魔性ATK大アップのLS所持。 吸収付きのスキル1でしぶとく戦うことは可能。 HR最強アタッカーの一角。 一応複数攻撃もできる。 ただし必殺技なので消費SP高め。 しかし仕様と噛み合っておらず、割りを食ってる感が強い。 複数攻撃はできるが低威力。 2回攻撃のスキル1で何とか活躍は可能。 デバフに頼るなら素直に回復要員を入れた方が良い。 それなりの火力も出せる。 精神ATK大アップのLS持ち。 耐久力は並なので対高難度では要補強。 精神HP大アップのLS所持。 スキル1のデバフも性能は悪くないが空気。 高耐久で反動もさほど気にならない。 精神ATK大アップのLS所持。 ただし味方バッファーがいるなら強み減。 精神HP大アップのLS持ち。 ・攻撃技や支援技を持たない純ヒーラー。 対象3体ながら回復効率は悪くない。 ・SPDは並だが高耐久・低消費で安定性は高い。 必殺技の単体大回復は快癒4set装備でも割に合わない。 精神ATK大アップのLS所持。 混乱は強力だが鈍足のためあてにできない。 全てが平均的なバランス型アタッカー。 LSは自然DEF大アップ。 耐久力も並。 即時回復とバフ付きリジェネを併せ持つ非常に優秀なヒーラー。 ・対象3体だが低消費、即時回復のスキル1が活躍。 ・高耐久、SPD支援を兼ねる安定リジェネーター。 自身のSPDは低いがリジェネにはさほど影響なし。 HRトップクラスの掃射性能。 ただし耐久力には少々不安あり。 自然ATK大アップのLS持ち。 必殺技での運用も可。 ATKも高めの超高速アタッカー。 SPD型としてはまずまずの火力。 LSは科学DEF大アップ。 装備と状況次第で攻撃参加も容易なのが持ち味。 科学ATK大アップのLS所持。 対複数技も一応あるが低性能。 HRトップクラスの火力を発揮。 LSは科学HP大アップ。 耐久力も高めだが反動ダメージには注意が必要。 LSは科学HP大アップ。 ただし少々どっちつかず。 対高難度ではやや力不足気味。 LSは科学DEF大アップ。 高めのATKと2体攻撃技で攻撃参加も可能。 ボス戦で役立つ高速リカバラー。 よほど厄介な状態異常がない限り重要性は低い。 先手で一体ずつ処理することになる。 ただし低耐久なのでケアが必要。 ・出足は遅いがリジェネーターとして長期戦で安定感を発揮。 ・装備を整えれば対高難度でも使用可能な耐久力。 快癒4set装備ならスキル1も実用範囲内。 尖ったところがなく全体的に中途半端。 耐久力も不安。 火力は乏しいが麻痺完全無効のLSで出番。 吸収技と自DEFバフで粘り強く戦うことは可能。 対高難度では継戦能力の高さも活きる。 低火力だが2体攻撃も可能。 装備等で耐久面をクリアできれば優秀。 対単・対多にそつなく対応。 双撃4setで自バフを活かすのも選択肢。 先手を取って加速できるためそれを活かそう。 毒付与による高燃費も足を引っ張りかなり厳しい。 耐久力はR最高峰だが鈍足・低火力・毒完全無効のLSも使い道無し。 鈍足、対複数技も無しの三重苦。 攻撃特化の万能高速アタッカー。 ただし超紙装甲のため補助が必須。 R最優秀級の支援型ユニット。 一応呪い攻撃もできる。 耐久面は要補強だが対高難度でも通用。 スキル1の使い勝手も今ひとつ。 スキル1の麻痺が通るなら有用だが…。 混乱完全無効のLS所持。 睡眠や混乱が通るステージであれば活躍可能。 尖った能力の対単体特化アタッカー。 ただし超紙装甲のため対超人以外は厳しい。 必殺技は燃費が悪い。 味方バフは1T目ロスしがち。 一応バッファーとしても使える。 対高難度で適性発揮。 火力には期待できない。 高DEFだが耐久力は若干不安。 支援を付けて活用したい。 同レアリティのワイトと似た運用ができ、属性が異なる点から双方活躍の場がある。 R帯のSPチャージャーは本ユニットとワイトのみ。 高レアのSPチャージャーがいない場合はワイトと合わせて育成しておきたい。 SPチャージャーは編成の要である。 最高クラスのSPDで見敵必殺。 紙耐久かつ軽減属性も無いため取扱い注意。 能力的に目立った強みは無いが特定のレイドボス戦に活路あり。 封印対策のリーダーに。 序盤に頼りになる特化型ヒーラー。 ・即時回復のスキル1の回復効率は上々。 貴重な状態異常回復技も備える。 ・R最高クラスの耐久力。 対高難度では力不足だが当座の回復要員としては十分な性能。 ・殲滅や回復を優先した方が手っ取り早いと言わざるを得ないが、高難度攻略では活躍の余地あり。 ・部隊の耐久面に不安があるなら可。 火力貢献は全くできないため扱いにくさは否めない。 ATKバフ専念も選択肢。 低消費ATKバフで常時支援もアリ。 R最高クラスの火力を誇る対単体特化アタッカー。 地道に一体ずつ対処。 とはいえ耐久力はR相応、対高難度・対科学は支援必須。 火力は低いが対高難度で頼れる超高速攻防デバッファー。 雑魚戦での活躍は望みにくい。 対超人レイドで有用。 ただし装甲は薄い。 耐久面は補強必須。 SPD以外は平凡なため使い勝手は今ひとつ。 耐久力もR相応。 だが中途半端さは否めない。 攻撃参加も可能だが超低火力。 火力不足だが手数で勝負。 暗闇完全無効のLS所持。 DEFデバフも仕様上効き目が薄い。 バフのことは忘れよう。 他の自傷持ちRよりSP上限が高いため温存しておこう。

次の

キャラ評価一覧

対魔忍rpg おすすめ

リセマラは必要か リセマラをおすすめ アクション対魔忍は、リセマラをしてからゲームを始めることをおすすめします。 最高レアであるURの排出確率が低いため、リセマラの段階でURを確保しておいた方が無難です。 強力なUR武器を装備して攻撃力を強化すれば、序盤を有利に攻略できます。 ただし、武器は装備できるキャラが決まっているうえ、ガチャからは武器だけでなくサポーターも排出される闇鍋仕様になっているため、最初に選んだキャラが装備できるUR武器を狙って引くにはそれなりに根気が必要です。 各キャラの装備可能武器 キャラ 武器種 アサギ 忍者刀 さくら 忍者小太刀 ゆきかぜ 二丁拳銃 1. アクション対魔忍をインストール 2. ストーリーを見る スキップ可能 3. 初期キャラを選択 4. チュートリアルをクリア 5. チュートリアルガチャを引く 6. プレゼントボックスから事前登録報酬を受け取る 7. ガチャを引く 8. お目当てが出なければメニューのデータ引継ぎからデータ初期化を選択して手順2に戻る ガチャ回数 25回 チュートリアルガチャ含む 所要時間 約10分 アクション対魔忍のリセマラは上記の手順で行います。 1回あたり約10分でガチャを24回引くことができます。 アプリのアンインストールは不要 アクション対魔忍のリセマラでは、メニューのデータ引継ぎの項目からデータ初期化を選択してデータをリセットするため、アプリをアンインストールする必要はありません。 アプリを再インストールする時間を省けるため、高速リセマラが可能です。 チュートリアルガチャからもURが排出 チュートリアル中に引くことができるガチャからも最高レアであるURが排出されます。 チュートリアルガチャの結果も踏まえて、リセマラを終了するか判断するのが良いでしょう。 初期キャラ3体の中で唯一の遠距離攻撃キャラとなっており、攻撃を当てやすく避けやすいのが特長です。 非常に扱いやすいため、アクションゲーム初心者でも使いこなすことができると思います。 火力を求めるならさくらもおすすめ ゆきかぜに次いでおすすめなのが「さくら」です。 さくらは、クリティカルによる高い火力が特長となっており、使いこなすことができれば他の2キャラを凌駕する殲滅力を発揮します。 ただし、操作難度が高く、UR武器とURサポーター「鉄華院カヲル」が必須となるため、上級者向けのキャラと言えます。 選ばなかったキャラも入手可能 初期選択で選ばなかったキャラも、ショップで800対魔石を支払うことで入手することができます。 とはいえ決して安くはないので、最初のキャラは慎重に選びましょう。

次の