舌 を 噛ん で しまう。 よく口の中を噛んでしまうのですが、何か原因はあるのですか?

舌を噛んだ時の対処。早く治したいなら果物は絶対食べるな!方法はコレしかない|富山のランチ・お出かけ・遊びのおすすめ情報「ココなび」

舌 を 噛ん で しまう

舌の横(側面)を何度も噛んでしまう理由 ずいぶん前に舌の側面(左横)を思いっきり噛んだことがありました。 その名残りで 今でもそこだけ少し腫れて出っ張っているんです。 そのぶん物理的に噛んでしまいやすいんですね。 噛んでしまうたびに凹ませようと努力するんですが、いかんせん口の中なので制御が効きにくく、盛り上がったまま傷が塞がってそのまんま。 そのため、今でもまた思いっきり噛んでしまうことがあるんです。 これが地味に痛い。 いや、派手に痛い。 そんな負の無限ループから逃れられません。 誰か助けて。 舌の横(側面)を噛む癖のせいで偏頭痛になった 舌の側面が出っ張っていると「噛みやすい」以外に不便なことがあります。 それは、舌の側面が常に歯の裏側に触れるということ。 ほんの少しだけなんですが、凝り性なぼくはどうしても気になってしまいます。 気づいたら左奥歯でその部分をこそぎ取ろうとしているんですよね。 無意識に。 完全に癖になってます。 結果、アゴが必要以上に疲れてしまい、肩こり、そして偏頭痛を起こすようになってしまいました。 まさか舌の変形が偏頭痛の原因になるとは。 舌の横(側面)を噛む癖は身体のバランスの崩れに繋がる さて,みなさんご存知の通り、アゴのバランスは身体全体のバランスに作用します。 噛み合わせが悪かったり片側だけで噛んでいると、首が偏り、肩が偏り、ゆくゆくは身体の要である骨盤にまで影響するそうです。 参考 このままだと舌の出っ張りが原因で身体全体が崩れかねない、と思うように・・・ もう舌を噛みたくない。 治す方法はあるのか ちくしょう!対策だ! というわけで原因と対策を調べてみました。 こういうときはNaverまとめが便利ですね。 原因とあわせて整理してくれているので大助かりです。 【チェック】つい自分の舌を噛むのには原因があった!4つの理由と対策! — NAVER まとめ 原因1:疲れ 原因2:胃腸 原因3:肥満 原因4:虫歯 役立たず!!! どうやら、噛んでしまったことによる舌の変形については情報が極めて少ないようです…… しばらくググってみても出てくるのはくらいなので、おとなしく医者に聞くほうがよさそうです。 まとめ:噛まないよう気をつけるしかないようです というわけで、 舌の変形による噛み癖は、気力で乗り切るしかないという結論に達しました。 将来の医療の発展を心から望みます。 追記 2016-08-02 Twitterやブックマークコメントでいくつか情報いただきましたのでご紹介します。 ビタミンは初耳かも。 調べてみようと思います。 難しいでしょうが、まずは傷を刺激する癖をやめることが最重要のようですね。 それから舌の噛み癖がある人は、気づかないうちに歯を食いしばる習慣のある人が多いらしいので、意識して顎をゆるめるようにするのも良いらしいですよ。 お大事に! — 岩瀬 治務 osamiwa たしかに歯を食いしばる癖があります。 あごをゆるく保って過ごしてみようかな。 歯医者で歯並びのチェックをしてもらった方が良いのでは。 言われてみれば左上の奥歯が少し内側に出張ってます……根本原因はこれなのか? もしかしたらが原因で奥歯の歯並びが悪くなっているのかも。 一旦、検索サイトで調べて予約でもしてみようかな。

次の

舌を噛む原因と噛んだ時の治療法

舌 を 噛ん で しまう

疲労がたまっている、体調不良• ストレスが溜まっている• 歯の噛み合わせが悪い 疲労がたまっている、体調不良 これは一般的にも認知されている情報なので、みなさんもご存知かと思います。 日常生活の中、 仕事や家事などで疲労が蓄積している状態だったり、 体調不良で無理をしがちな時は、集中力が低下してしまうのでボーっとしてしまうことが多くなります 疲労が溜まっている状態は咀嚼などの能力が滞り、思わず舌を噛んでしまうそうです。 元気で健康な状態だと食事や会話をしている時でも、舌を噛んだりする事は滅多に無いですよね。 この症状は皆さんも心当たりがあり、気づきやすい原因ですね。 ストレスが溜まっている 口の中を噛むのはストレスが原因とも言われています。 疲労が溜まっている事と関連にもなりますが、無意識に舌や頬の肉を噛むのは、ストレスを溜めこんでいるサインです。 おそらく口内を動かす事で気が紛れたり、安心するという人もいるのではないでしょうか? 噛む動きは脳に刺激を与え、ストレスを緩和する動作だと言われています。 噛む事によって、気持ちが向上する「セロトニン」というホルモンが分泌されるので、それを求めて身体が「噛む」という動作を無意識にするそうです。 肥満 肥満で顔に脂肪がついてしまっている人は、口内を噛む傾向が多いそうです。 顔の頬は脂肪が付きやすくその結果、頰周りは重くなります。 そのため、 日常生活の何気ない時でも頰の重みで口内が動かしづらくなり、頬や舌の肉を噛みやすくなってしまうそうです。 歯の噛み合わせが悪い 歯を治療中の人は心当たりがあるのではないでしょうか? 骨格のズレなどにより、歯の噛み合わせが悪いと舌を噛みやすくなります。 そして、 虫歯などで歯の治療中は歯茎が弱まり口内がズレている状態なので、噛み合わせが悪くなっています。 なので舌を噛む事が多くなるそうです。 ちなみに、 歯並びに問題がある人も要注意ですよ。

次の

舌を噛む原因と噛んだ時の治療法

舌 を 噛ん で しまう

食べ物を噛んでいるとき、ふとほっぺたや舌をいっしょに噛んでしまい、「イタッ」となってしまうことがありませんか? 今回はその原因、考えられることについてお伝えします。 これは、多くの場合、加齢現象、つまり老化のサインです。 たまたまと思う人は、意外だと思います。 実際、ほほや舌を噛んでしまうと訴える人の年代は、50代以降が圧倒的に多いというのです。 若いうちは、テレビを見ながら食事をしていても、歯と舌がうまく協調して動いてくれるので、ほほや舌を噛むことはありません。 しかし、年を重ねるにつれて、テレビのほうに気をとられてしまい、舌を噛んでしまったりするのです。 この場合は、テレビのスイッチを切って、食事に集中してください。 普段は噛まないのに、急に噛むようになったら、疲れているサインと受け止めて、睡眠をたっぷりとるなど休息を心がけることも大事です。 ただし、まだ若いのに、ほほを噛んでしまう場合は、お口の中に問題があるのかもしれません。 虫歯があるために噛み合わせが悪くなっている、あるいは被せ物を入れたばかりで慣れていない、といったケースが考えられます。 食いしばりや歯ぎしりのクセがあって、歯の表面が極端に減ってきた場合も噛み合わせが深くなるので、ほほや舌を巻き込みやすくなります。 改善しないようであれば、歯科医院に相談して、お口の中をチェックしてもらいましょう。

次の