ふるさと納税 シミュレーション。 控除額シミュレーション

控除額シミュレーション

ふるさと納税 シミュレーション

Point 1住宅ローン減税制度とは まずは住宅ローン減税制度についてかんたんにご説明しましょう。 住宅ローン減税制度とは、住宅購入時のローン契約額から一定額を税額控除し、購入者の金利負担を軽くする制度のことです(正式名称は「住宅借入金等特別控除」)。 ローンの適用期日によって控除内容は異なるため、より具体的な情報はなどでご確認ください。 くわしくは専門家にご相談ください。 Point 2住宅ローン減税とふるさと納税を併用する影響 Point1で確認したように、住宅ローン契約をした方は住宅ローン減税の利用で大きなメリットを受けられます。 しかし、ふるさと納税を行う場合に影響はないのでしょうか? 結論からのべると、 住宅ローン減税制度を利用していても、ふるさと納税で寄附金分の控除を受けることは可能です!もちろん両制度とも納税している金額からの控除になるため、納税額以上の控除を受けることはできません。 納税額(所得額)や、控除対象額などいくつかの条件が重なると、控除しきれなくなるケースもあります。 ただし、大半の方が住宅ローン減税とふるさと納税を併用しても両方の控除を受けることができます。 また、控除額が一部減ってしまう場合はあっても、全額受けられなくなることはありません。 ふるさと納税で受け取ることができるお礼の品を考慮すると、差し引きプラスになるという方も多いでしょう。 けれど、多少でも控除額が減ってしまうのかどうか、気になるところですよね。 以下の2段階の方法でチェックしてみましょう。 ワンストップ特例制度を利用する場合は問題ナシ ふるさと納税で控除を受けるためには「確定申告」を行うか、「ワンストップ特例制度」を利用するかの2つの方法があります。 「ワンストップ特例制度」を利用する場合、住宅ローン減税とふるさと納税を併用しても、控除額が減ることはありません。 住宅ローン減税もふるさと納税も、所得税・住民税から税金を控除するしくみですが、ワンストップ特例制度を利用した場合は、ふるさと納税分は住民税のみから全て控除されます。 この際、住宅ローン減税分の住民税からの控除額には上限があり、ふるさと納税分は残りの住民税で全額控除することができます。 そのため、住宅ローン控除に影響を及ぼすことなく両方の控除を受けることが可能というわけです。 「ワンストップ特例制度」を利用できる方の条件については、「」をご参照ください。 ただし、住宅ローン減税の利用を開始する1年目の方は注意が必要です。 1年目は確定申告を行う必要があるため、ワンストップ特例制度は利用できません(2年目以降は年末調整で控除できるため、ほかに確定申告すべき項目がなければワンストップ特例制度を利用できます)。 シミュレータで差額を確認 「ワンストップ特例制度」を利用できない場合は、で、控除額に影響が出るかどうかを確認できます。 以下の手順でご利用ください• <確認方法>• (1) に、給与収入や保険料、扶養家族などの情報を入力• (2) ふるさと納税で控除できる限度額が算出• (3) さらに住宅ローン減税に関する項目を入力• 他方で差額がマイナスの場合、その分だけ住宅ローンから控除できる金額が少なくなります。 その年の住宅ローン控除の対象額を入力してください。 Point 3ふるさと納税と住宅ローン減税を併用できる理由 ここでは、ふるさと納税と住宅ローン減税の具体的な控除のしくみをご説明します。 Point2でお話したように、ふるさと納税で確定申告を行う場合とワンストップ特例制度を利用する場合では、控除額への影響が異なりました。 それぞれのケースを見ていきましょう。 <確定申告を行う場合> ふるさと納税と住宅ローン減税の控除は、以下の順番で行われます。 ふるさと納税は所得税・住民税の両方から控除されますが、住宅ローン分は所得税から控除された後に、満額控除できない場合だけ住民税からも控除されます。 (1)所得控除としてふるさと納税の寄附金額が控除される。 (2)課税総所得が確定する。 (3)課税総所得を元に所得税の納税額が確定する。 (4) 所得税から住宅ローンの控除額が控除される。 (5)所得税から全て引ききれなかった場合のみ、 住民税から住宅ローンの控除額が控除される(控除限度額まで)• (6)住民税からふるさと納税の寄附金額が控除される。 図1をご覧ください。 ふるさと納税を行う場合、ふるさと納税分を控除した上で課税総所得が決まります。 住宅ローン減税で住民税から控除できる限度額(図中B)は、課税総所得によって異なります。 ふるさと納税をして課税総所得(納税額)が減ると、住宅ローン分の控除限度額の水準も低くなり、控除対象額の一部が控除しきれなくなるというわけです。 ただし、住宅ローン減税の控除対象額が所得税で引ききれている場合などは控除額に影響を与えません。 なぜなら、住民税から控除する必要がなく、住民税側の限度額の水準が関係なくなるためです。 ワンストップ特例制度を利用する場合は、ふるさと納税と住宅ローン減税の控除が以下の順番で行われます。 (1)所得税から住宅ローンの控除額が控除される。 (2)所得税から全て引ききれなかった場合のみ、住民税から住宅ローンの控除額が控除される(控除限度額まで)• (3)住民税からふるさと納税の寄附金額が控除される。 <ワンストップ特例制度を利用する場合> ワンストップ特例制度の場合、ふるさと納税の税額控除は住民税のみから控除され、所得税は控除の対象になりません。 つまり、図1のように課税総所得や納税額が減少することがありません。 また、ふるさと納税の上限額は、住民税から住宅ローン控除額限度額を差し引いた金額(図中A)で十分控除できる仕組みになっています。 そのため、住民税から住宅ローン減税分を控除しても、ふるさと納税分も全額控除することが可能なのです。 つまり、寄附上限額の範囲内でふるさと納税を行う限り、ワンストップ特例制度を利用すれば控除できる金額に影響が出ないといえます。 確定申告が不要な方は、ぜひワンストップ特例制度を活用してみてください。

次の

控除上限額(限度額)シミュレーショントップ

ふるさと納税 シミュレーション

控除シミュレーションと計算方法 ふるさと納税は、任意の自治体に寄附を行った際、寄附金額の2,000円を超える部分について、所得税と住民税から、原則として全額が控除される制度です。 ふるさと納税のしくみは「」からご確認ください。 なお、控除を受けられる金額には上限(控除上限額)があります。 控除上限額は、納めている税金の金額によって異なり、寄附を行う方の家族構成や年収(所得)やすでに受けている税金控除の金額によって決まります。 このページでは、控除上限額が計算できるシミュレーションの他、控除上限額の計算方法や計算時の注意点などをご紹介しています。 年収や家族構成等をご確認いただき、ご自身の控除上限額をご確認ください。 生命保険は含まれません。 詳しくはをご確認ください。 実際にかかった医療費ではなく、控除される金額を入力してください。 詳しくはをご覧ください。 円 会員登録で控除上限額シミュレーションの結果を保存 ふるなびにログイン(会員登録)いただく事で、シミュレーションの結果をマイページに保存することができます。 保存されたシミュレーション結果から、本年はあといくら寄附出来るかの目安をご確認いただけます。 シミュレーション結果を保存する 未ログインの方はこちらからください。 ・本シミュレーションは、2018年4月時点の法令に基づいて算出を行います。 (今後の法令改定等により変更する場合があります)• ・ シミュレーション結果はあくまで寄附上限額の目安となります。 より正確な金額を知りたい場合はお住まいの自治体もしくは税理士等にご相談ください。 ・シミュレーション結果に関する、何らかのトラブルや損失、損害等が発生した場合にも、一切の保証をいたしかねます。 ふるさと納税による寄附金の控除がどのように計算されているかご紹介します。 寄附金の控除額は、「所得税からの控除」「住民税基本分からの控除」「住民税特例分」からの控除」の3つの控除の合計金額となります。 所得税からの控除額の計算 所得税の控除額は、上記の計算式で決まります。 なお、控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の40%が上限です。 住民税(基本分)の控除額の計算 住民税からの控除の基本分は、上記の計算式で決まります。 なお、控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の30%が上限です。 住民税(特例分)の控除額の計算 住民税からの控除の特例分は、この特例分が住民税所得割額の2割を超えない場合は、上記の計算式で決まります。 受けられる寄附金の控除額には上限(控除上限額)があり、ふるさと納税を行った方の収入や他の控除などの状況によります。 具体的な控除上限額は、お住まいの市区町村の住民税を担当する部署にお問い合わせください。 また、自己負担額の2,000円を除いた全額が控除される寄附金の控除上限額の目安一覧を下記に用意しましたので、ご参照ください。 ふるさと納税の寄附金が全額控除される寄附上限金額(年間)の目安 自己負担額の2,000円を除いた全額が所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される、ふるさと納税額の目安一覧(平成27年以降)です。 ふるさと納税を行う方の給与収入と家族構成別で表にしていますので、参考にしてください。 年間でのふるさと納税による寄附金額が、全額控除となる控除上限額を超えた場合、控除上限額を超えた金額については、全額控除の対象となりません。 年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除など、その他の控除を受けている給与所得者の方は、控除上限額は目安表と異なります。 具体的な計算はお住まい ふるさと納税翌年1月1日時点 の市区町村にお問い合わせください。 給与収入 (寄附者本人) ふるさと納税を行う方の家族構成 独身又は 共働き 夫婦 又は共働き + 子1人 (高校生 ) 共働き + 子1人(大学生 ) 夫婦 + 子1人 (高校生) 共働き + 子2人 (大学生と高校生) 夫婦 + 子2人 (大学生と高校生) 300万円 28,000円 19,000円 15,000円 11,000円 7,000円 - 325万円 31,000円 23,000円 18,000円 14,000円 10,000円 3,000円 350万円 34,000円 26,000円 22,000円 18,000円 13,000円 5,000円 375万円 38,000円 29,000円 25,000円 21,000円 17,000円 8,000円 400万円 42,000円 33,000円 29,000円 25,000円 21,000円 12,000円 425万円 45,000円 37,000円 33,000円 29,000円 24,000円 16,000円 450万円 52,000円 41,000円 37,000円 33,000円 28,000円 20,000円 475万円 56,000円 45,000円 40,000円 36,000円 32,000円 24,000円 500万円 61,000円 49,000円 44,000円 40,000円 36,000円 28,000円 525万円 65,000円 56,000円 49,000円 44,000円 40,000円 31,000円 550万円 69,000円 60,000円 57,000円 48,000円 44,000円 35,000円 575万円 73,000円 64,000円 61,000円 56,000円 48,000円 39,000円 600万円 77,000円 69,000円 66,000円 60,000円 57,000円 43,000円 650万円 97,000円 77,000円 74,000円 68,000円 65,000円 53,000円 700万円 108,000円 86,000円 83,000円 78,000円 75,000円 66,000円 750万円 118,000円 109,000円 106,000円 87,000円 84,000円 76,000円 800万円 129,000円 120,000円 116,000円 110,000円 107,000円 85,000円 850万円 140,000円 131,000円 127,000円 121,000円 118,000円 108,000円 900万円 151,000円 141,000円 138,000円 132,000円 128,000円 119,000円 950万円 163,000円 154,000円 150,000円 144,000円 141,000円 131,000円 1000万円 176,000円 166,000円 163,000円 157,000円 153,000円 144,000円 1100万円 213,000円 194,000円 191,000円 185,000円 181,000円 172,000円 1200万円 242,000円 232,000円 229,000円 229,000円 219,000円 206,000円 1300万円 271,000円 261,000円 258,000円 261,000円 248,000円 248,000円 1400万円 355,000円 343,000円 339,000円 343,000円 277,000円 277,000円 1500万円 389,000円 377,000円 373,000円 377,000円 361,000円 361,000円 1600万円 424,000円 412,000円 408,000円 412,000円 396,000円 396,000円 1700万円 458,000円 446,000円 442,000円 446,000円 430,000円 430,000円 1800万円 493,000円 481,000円 477,000円 481,000円 465,000円 465,000円 1900万円 528,000円 516,000円 512,000円 516,000円 500,000円 500,000円 2000万円 564,000円 552,000円 548,000円 552,000円 536,000円 536,000円 2100万円 599,000円 587,000円 583,000円 587,000円 571,000円 571,000円 2200万円 635,000円 623,000円 619,000円 623,000円 607,000円 607,000円 2300万円 767,000円 754,000円 749,000円 754,000円 642,000円 642,000円 2400万円 808,000円 795,000円 790,000円 795,000円 776,000円 776,000円 2500万円 849,000円 835,000円 830,000円 835,000円 817,000円 817,000円• (配偶者の給与収入が141万円以上の場合)• (ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)• 例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」の場合と同額になります。 また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。 ふるさと納税の控除上限額の計算 ふるさと納税の控除上限額は上記の計算式で決まります。 ふるさと納税の寄附金額が上記の式から算出された控除上限額を下回る場合、自己負担となる2,000円をのぞき全額控除を受けられます。 住民税所得割額とは 住民税所得割額(個人住民税所得割額)とは、所得に応じて支払う必要がある住民税(所得割)の金額のことです。 給与所得者の場合は毎年5~6月頃に勤務先から、自営業などの場合はお住まいの自治体から、「市町村民税・県民税特別徴収税額通知書」という書類が配布されます。 この書類に記載されている市民税の所得割額という項目に書かれている額が住民税所得割額です。 控除上限額の計算時の注意点 上記のふるさと納税の控除上限額は、医療費控除や住宅ローン控除など、その他の税金控除を受けていない給与所得者を想定しています。 ふるさと納税以外で税金控除を受ける方は、控除上限額が変わってくる場合があります。 医療費控除がふるさと納税の控除に与える影響 医療費控除によってふるさと納税の控除上限額はどのくらい少なくなるのかを検討します。 目安として、医療費控除との併用により、ふるさと納税の控除上限額が少なくなる金額は、医療費控除額の2%から4. 5%程度といわれています。 医療費控除が20万円の場合であれば、20万円の2%~4. 5%なので、約4,000円~9,000円程度ふるさと納税の控除上限額が少なくなります。 ただし、多額の医療費控除を利用して所得税率の区分が下がる場合は影響が大きくなります。 住宅ローン控除がふるさと納税の控除に与える影響 住宅ローン控除は、所得税から大きな控除が受けられることが予想されます。 また、所得税から控除しきれない額は住民税からも控除されるので、住宅ローン控除はふるさと納税の控除上限額に大きく影響する可能性が高いといえます。 控除を受けた結果、支払う所得税が0円になり、ふるさと納税の控除は受けられないと考えて断念する方が多いようです。 しかし、ふるさと納税で受けられる控除は「所得税からの控除」「住民税基本分からの控除」「住民税特例分からの控除」の3つから構成されているため、その場合でもふるさと納税は翌年の個人住民税を減額することで行われます。 住宅ローン控除を行った後でも、住民税の控除上限額に達していない場合はふるさと納税の控除を受けることができるため、住宅ローン控除によって住民税の控除の上限額まで達しているかどうかの確認が重要となります。

次の

ふるさと納税 限度額 年金(公的年金)

ふるさと納税 シミュレーション

ふるさと納税で「寄付金控除」が最大限に適用される寄付金の控除上限額は、年収や家族構成、お住いの地域などによって異なります。 ご自身の控除上限額をきちんと把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率的にふるさと納税を行えます。 詳細シミュレーションは所得が年金の方にはご利用いただけません。 控除上限額の早見表は。 配偶者特別控除は考慮しておりませんので、あらかじめご了承願います。 生命保険料控除、地震保険料控除、医療費控除などの所得控除は考慮されていません。 収入が概ね1000万円より高い方は、社会保険の負担率が変わります。 詳しくは各都道府県の全国健康保健協会、または日本年金機構のHPからご確認ください。 全国健康保健協会HP: 日本年金機構HP:• 所得が年金の方、自営業者の方にはご利用いただけないツールとなっておりますので、あらかじめご了承願います。 「表の見方」 ご自身の給与収入と家族構成により、ふるさと納税を行う際に、実質負担が2,000円で収まる控除上限額の目安を確認できます。 寄付者の家族構成 独身 又は 共働き 夫婦 共働きで 子1人(高校生) 共働きで 子1人(大学生) 夫婦+子1人 (高校生) 共働きで子2人 (大学生と高校生) 夫婦+子2人 (大学生と高校生) 寄 付 者 本 人 の 給 与 収 入 300万円 27,000 18,000 18,000 12,000 9,000 3,000 0 350万円 34,000 25,000 25,000 19,000 16,000 10,000 1,000 400万円 41,000 32,000 32,000 26,000 23,000 17,000 8,000 450万円 52,000 40,000 40,000 34,000 31,000 25,000 16,000 500万円 60,000 47,000 47,000 42,000 38,000 33,000 24,000 550万円 68,000 59,000 59,000 52,000 46,000 40,000 31,000 600万円 76,000 67,000 67,000 60,000 57,000 51,000 39,000 650万円 96,000 75,000 75,000 69,000 65,000 59,000 47,000 700万円 107,000 84,000 84,000 78,000 74,000 68,000 59,000 750万円 118,000 107,000 107,000 100,000 84,000 78,000 68,000 800万円 129,000 118,000 118,000 110,000 107,000 100,000 77,000 850万円 139,000 128,000 128,000 121,000 117,000 110,000 99,000 900万円 150,000 139,000 139,000 132,000 128,000 121,000 110,000 950万円 161,000 150,000 150,000 143,000 139,000 132,000 121,000 1000万円 172,000 161,000 161,000 154,000 150,000 143,000 132,000 1500万円 363,000 363,000 349,000 340,000 349,000 327,000 327,000 2000万円 514,000 514,000 500,000 491,000 500,000 478,000 478,000 2500万円 761,000 761,000 746,000 735,000 746,000 629,000 629,000 3000万円 934,000 934,000 919,000 908,000 919,000 893,000 893,000 3500万円 1,107,000 1,107,000 1,091,000 1,081,000 1,091,000 1,066,000 1,066,000 4000万円 1,280,000 1,280,000 1,264,000 1,254,000 1,264,000 1,239,000 1,239,000 4500万円 1,453,000 1,453,000 1,437,000 1,427,000 1,437,000 1,412,000 1,412,000 5000万円 1,626,000 1,626,000 1,610,000 1,600,000 1,610,000 1,584,000 1,584,000 6000万円 2,200,000 2,200,000 2,182,000 2,171,000 2,182,000 2,154,000 2,154,000 7000万円 2,586,000 2,586,000 2,568,000 2,557,000 2,568,000 2,540,000 2,540,000 8000万円 2,971,000 2,971,000 2,954,000 2,943,000 2,954,000 2,926,000 2,926,000 9000万円 3,357,000 3,357,000 3,340,000 3,329,000 3,340,000 3,331,000 3,311,000 1億円 3,743,000 3,743,000 3,726,000 3,715,000 3,726,000 3,697,000 3,697,000 実際の寄付金額:60,000円 寄付先:5箇所(福岡県大刀洗町、北海道東神楽町、福岡県那珂川町、栃木県那須塩原市、北海道八雲町) 実質自己負担金額:2,000円 受け取ったお礼品:• ・手作り冷凍生餃子セット72個 寄付金額10,000円• ・JA東神楽米3品種食べくらべセット 寄付金額20,000円• ・カレー専門店オリジナル野菜カレー50食入り 寄付金額10,000円• ・新鮮野菜詰合せ 寄付金額10,000円• ・「牡丹海老」と「甘海老」のセット! 合計1キロ・約70尾! 寄付金額10,000円 寄付の使い道: 子育て環境充実事業、自然と歴史に触れあう場の整備に関する事業、健やかに充実して暮らせる事業、豊かな自然が息づく環境づくりに関する事業 会社員 Bさん 28歳 の場合 実際の寄付金額:100,000円 寄付先:8箇所(北海道安平町、岡山県津山市、熊本県上天草市、愛知県田原市、北海道森町、和歌山県湯浅町、北海道稚内市、山梨県富士吉田市) 実質自己負担金額:2,000円 受け取ったお礼品:• ・白いとうもろこしロイシーコーン 野菜ソムリエサミット2015年、2016年金賞連続受賞! 寄付金額10,000円• ・作州津山ビール 宇宙ラベルシリーズ12本入り 寄付金額10,000円• ・天草ジビエ薫製セット 寄付金額10,000円• ・フレッシュカンパリトマト・マスクメロンのカクテル「とまテル・めろんハートセット」各500ml 寄付金額10,000円• ・【噴火湾産】ほたて 刺身用・ボイル・片貝セット 寄付金額10,000円• ・国産うなぎ蒲焼 特大サイズ3尾セット 有頭 【冷凍】 寄付金額20,000円• ・稚内しゃぶしゃぶセット 寄付金額10,000円• ・まつの幸せフルーツBOX~プレミアム富士山宝石箱~ 寄付金額20,000円 寄付の使い道: 歴史的文化財の保存及び活用事業、地域防災に関する事業、国内及び国際の交流に関する事業、福祉及び医療に関する事業、教育及び少子化対策に関する事業.

次の