イージス 艦 値段。 イージス・アショア 2基で総額6千億円超 関連施設など含めると想定の3倍に 防衛省試算

イージス・アショア 2基で総額6千億円超 関連施設など含めると想定の3倍に 防衛省試算

イージス 艦 値段

海自イージス艦「まや」進水 7月30日午後、横浜の造船所で、海上自衛隊で、7隻目のイージス艦の進水・命名式が行われ、登壇した小野寺五典防衛大臣によって、「まや」と名付けられた。 これは、神戸にある山の名前であり、旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」の名を意識したものであるようだ。 「まや」に搭載される最新の弾道ミサイル防衛と巡航ミサイル防衛 今日の進水式では、まだ、機関の搭載も不十分で、洋上を自走できず、前甲板には本来あるべき砲塔もレーダーもデータリンク用のアンテナも装着されていない。 だが、2020年に就役する際には、従来の海上自衛隊イージス艦とは一線を画すものになる。 イージス艦に搭載されるイージス・システムは、まず、基本システムである「イージス・ベースライン」がある。 これは、スマホのアンドロイドやiOSにたとえられるだろう。 その上に、スマホのアプリのように、弾道ミサイル防衛能力「イージスBMD」などが載る。 「まや」の基本システムは、「イージス・ベースライン9・C2」の日本版、「J7」になる予定であり、これによって、弾道ミサイル防衛能力も「イージスBMD5・1」という現在、開発の詰めに入っている最新版が載る予定だ。 このイージスBMD5・1では、日米共同開発の迎撃ミサイルSM-3ブロックllAが使えることになる。 このミサイルは、弾道ミサイルから防御できる範囲が一挙に広がるほか、ムスダン弾道ミサイルのように、日本攻撃に万が一使用される場合、ロフテッド軌道といって、従来の迎撃ミサイルSM-3ブロック1Aや同1Bでは、届かない高さの到達する弾道ミサイルも迎撃できる可能性が高まる。 また、イージスBMD5・1では、「エンゲージ・オン・リモート」という能力も付加される見通しだ。 これは、日米のイージス艦が日本海と太平洋側に展開していて、日本海側のイージス艦が弾道ミサイルを迎撃するSM-3ミサイルを撃ち尽くした。 太平洋側のイージス艦には、SM-3ミサイルが残っているが、日本列島の尾根があるので、太平洋側イージス艦のSPY-1レーダーが敵弾道ミサイルを捕捉するのが遅れ、SM-3迎撃ミサイル発射のチャンスを逸することになりかねない。 そんな場合に、日本海側のイージス艦が太平洋側のイージス艦にSM-3迎撃ミサイルの発射を指示し、管制すれば、迎撃のチャンスが生まれる。 これが、「エンゲージ・オン・リモート」だ。 ほかにも、弾道ミサイル連射に対応する能力も向上することになりそうだ。 地上攻撃巡航ミサイルの脅威 中国H-6K爆撃機 主翼にJL-20巡航ミサイル訓練弾? また、「まや」は、海上自衛隊で初の巡航ミサイル対処能力を持つイージス艦となる予定だ。 巡航ミサイルは、一般に、弾道ミサイルより速度は遅いが、低く、コースを変えながら飛んでくる。 従って、地上や海上のレーダーでは、捕捉しにくく、迎撃が難しい。 巡航ミサイルには、艦船を狙う対艦巡航ミサイルと地上攻撃用の対地巡航ミサイルがある。 対艦巡航ミサイルは、日本周辺で弾道ミサイル警戒を行う日米のイージス艦にとっても脅威であるし、地上攻撃用巡航ミサイルに関しては、例えば、昨年12月、中国のH-6K爆撃機が、左右の主翼に射程1500km級のJL-20地上攻撃用巡航ミサイルの訓練弾らしきものを吊下げて日本海を飛行しているのが確認されている。 JL-20が実弾であったなら、日本全土が射程内となる位置にまでH-6K爆撃機は進出したことになる。 このため、注目されるのが、米海軍が開発した、巡航ミサイル迎撃手段「NIFC-CA(二フカ)」。 これは、大型レーダーを積んで、戦闘機より長時間飛べるE-2D早期警戒機に上空から巡航ミサイルを捕捉させ、そのデータを共同交戦能力(CEC)で、イージス艦に伝え、イージス艦は自らのレーダーには、その巡航ミサイルは映っていないにも関わらず、SM-6迎撃ミサイルを発射し、E-2D早期警戒機からCEC経由で送付されるリアルタイムのデータに基づき、敵巡航ミサイルを迎撃するという仕組み。 「まや」は、海上自衛隊のイージス艦としては、初めて、CECを搭載することになっている。 これは、豪海軍のホバート級イージス艦と同じ種類であり、山口県・岩国基地の米海軍のE-2D早期警戒機と日米豪のイージス艦で、共同して、巡航ミサイル防衛が可能となるかもしれない。 つまり、「まや」は、弾道ミサイル防衛と巡航ミサイル防衛のどちらもできることになるが、これはIAMD(発展型防空およびミサイル防衛)艦と呼ばれる。 ただ、ここで、注目されるのが、航空自衛隊のE-2D早期警戒機だ。 航空自衛隊のE-2D早期警戒機にもCECが搭載されれば、巡航ミサイルを見張る「眼」の数が増えることになり、巡航ミサイル防衛の効率化に結び付くかもしれない。 LMSSRの原型LRDR試作品 米軍と似て非なる、日本のイージスアショア 一方、防衛省は、7月30日、地上配備型イージスシステム「イージス・アショア」について、レーダーを候補となっていた「SPY-6」と「LMSSR」のうち、「LMSSR」にすると正式に発表した。 米海軍のイージス・アショア(MDA) 米軍は、イージス・アショアをルーマニアとポーランドに配備しているが、これのレーダーは、既存のイージス艦と同じSPY-1D。 米軍のイージス・アショアの基本システムにあたるベースラインは、ベースライン9の中でも、もっとも、簡易とされる「ベースライン9E」。 これに、アプリのように載せているのは「イージスBMD5・0CU」だけ、という弾道ミサイル防衛専用のシステムだ。 しかし、巡航ミサイル防衛も無視できない防衛省は、当面は、弾道ミサイル防衛用として、イージス・アショアを導入することにしても、巡航ミサイル防衛を将来の拡張性として視野に入れることにしたようだ。 米海軍は、SPY-6を搭載したイージス艦用にベースライン10を開発し、今後、それに対応する新たな能力を付加するかもしれない。 今回のレーダー選定で、日本のイージス・アショアは、米軍のイージス・アショアと似て非なるものになったが、今後の米海軍のイージス・システムの発展をどのように見据えているのかも興味深い点である。

次の

イージス艦の建造費は日本では1隻一千数百億円です。アメリカ軍の原子...

イージス 艦 値段

防衛省の関係者は、「北朝鮮のミサイル威嚇」を理由に、日本が弾道ミサイルを迎撃するイージス艦を2隻追加建造する準備に入ったと明かした。 完成後、日本が保有するイージス艦は8隻に増加し、アジア最大規模のイージス戦艦群となる。 中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。 共同通信社によれば、防衛省が新「防衛計画の大綱」でミサイル防衛システムの強化を提案した。 イージス艦の建造費は1隻あたり2000億円にのぼる見通し。 防衛省は、「北朝鮮のミサイル威嚇の長期化」を防ぐための措置だと表明している。 海上自衛隊は現在、「こんごう」4隻と「みょうこう」2隻の計6隻のイージス艦を保有。 うち4隻がミサイル防衛システム「SM-3」を搭載し、その規模は米国に次いで世界2位だが、「北朝鮮のミサイル威嚇」に対抗するにはまだ不十分なようだ。 防衛省は、北朝鮮のミサイル打ち上げに対応するため、SM-3を搭載したイージス艦を少なくとも2隻運用する必要があると発表したが、北朝鮮の長距離ロケット打ち上げの際、同型のイージス艦2隻が修理中だったため、運用できるのは2隻しかなかった。 スポンサードリンク 共同通信社によると、防衛省は新「防衛計画の大綱」の検討時、弾道ミサイルを迎撃するイージス艦を増やす必要があるとの見解を示した。 残りの2隻へのSM-3搭載を迅速に行い、改修を2019年までに終えるほか、追加建造する2隻のイージス艦については15年度と16年度に契約を結び、21年に就役させる計画だ。 searchina. cgi? shtml 日本はイージス艦をアメリカに次いで導入した国家であり、保有数も世界で2番目の6隻である。 「こんごう型」の就役により、8艦8機体制(新八八艦隊)が完成するなど、イージス艦の配備は海上自衛隊にとっても大きな時代の節目となった。 自衛隊のイージス艦はアメリカ海軍と異なりトマホークミサイルを搭載しておらず、純粋な防空艦として運用されている。 48隻の護衛艦のうちイージス艦は6隻だけで、建造費も1200億円と護衛艦史上最高額である。 海上自衛隊の護衛艦の名称は旧日本海軍の艦のものを使用する場合が大半であるが、イージス艦にはそれ以前のミサイル護衛艦(DDG)で使われていた駆逐艦の名称ではなく、戦艦と重巡洋艦の名称が使われており別格の扱いを受けている。 自衛隊インド洋派遣の際には高性能なイージス艦の派遣を巡って議論が発生し、政治的問題化したため一時期派遣が見送られた。 「こんごう型」の4隻はミサイル防衛に対応した改修がおこなわれ、日本におけるミサイル防衛の一翼を担う重要な存在となっており、北朝鮮によるミサイル発射実験に対して発令された破壊措置命令4回すべてに出動している。 「あたご型」2隻も2013年現在、ミサイル防衛機能の追加改修を行っている。 イージスシステム イージスシステムは、イージス艦のイージス艦たる所以であって、その戦闘システムの中核である。 イージス艦が搭載する全ての兵器はイージスシステムに接続され、組み込まれる。 このため、イージス艦が搭載する戦闘システム全体を指してイージスシステム(イージス戦闘システム; Aegis Combat System)と総称することもある。 イージスシステムは、SPY-1レーダー、情報処理システム、スタンダード対空ミサイル・システムによって構成されている。 SPY-1レーダーはイージスシステムの中核であり、八角形のフェーズドアレイ・レーダーが4枚、四方に向けて艦の上部構造物に固定されている外見は、イージス艦の特徴ともなっている。 最大探知距離450キロ以上、最大探知目標は200以上である。 イージス艦のスタンダード対空ミサイル・システムは、改良型のスタンダード・ミサイル2型を使用し、また新型の射撃指揮装置が組み込まれているため、同時に多数(10個以上)の目標と交戦することができる。 現在就役している艦では、ミサイル・ランチャーとしてMk 41垂直発射装置が採用されており、即応性や速射能力などが向上している。 さらに近年、イージスシステムはミサイル防衛任務にも対応できるように改修されつつある。 ミサイル防衛は極めて困難な任務であるため、スパイラル開発のコンセプトに基づいて、漸進的に開発が進められており、2009年3月現在、イージスBMD3. 6と呼ばれるバージョンが配備されている。 イージスBMD3. 6搭載艦は、弾道ミサイル迎撃専用に開発されたスタンダード・ミサイル3型(SM-3)を搭載し、高度150kmの目標と交戦できると言われている。 その他の搭載兵器・機器 これまでに建造されたイージス艦は、イージスシステム以外にも、その時点において標準的な各種の兵器を搭載してきた。 ミサイル 現用のイージス艦が搭載するMk 41垂直発射装置は汎用性が高く、スタンダード艦対空ミサイル以外にも多くの種類のミサイルを搭載することができる。 ESSM(発展型シースパロー)、垂直発射式アスロック(VLA)対潜ミサイル、トマホークなどが、その例である。 (ESSM(発展型シースパロー)は1セルにつき4発を搭載可能) Mk 41では、どのミサイルをどれだけ搭載できるかが任意に決められるので、イージス艦の兵装構成は非常に多様である。 例えば、防空艦としての活動が多いタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦においては、ミサイル搭載数の大部分をスタンダード対空ミサイルが占めているのに対し、汎用艦としての活動が多いアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦では、トマホーク巡航ミサイルの搭載数が増えていると言われているし、対潜戦闘を重視する日本の艦ではVLAがある程度の比率で搭載されており、ノルウェーのフリチョフ・ナンセン級フリゲートはESSM(発展型シースパロー)のみ搭載する。 また、アーレイ・バーク級35番艦以降を除いて、Mk 41のほかに対艦ミサイルの4連装発射筒を搭載している。 対艦ミサイルの機種は、あたご型がSSM-1B、フリチョフ・ナンセン級がNSM、世宗大王級がSSM-700Kであり、他の艦はすべて、アメリカ海軍で標準的なハープーンである。 近接防空システム(CIWS) アーレイ・バーク級35番艦以降を除いて、全てのイージス艦は、従来艦と同様に近接防空システム(CIWS)を搭載する。 その機種は通常ファランクスだが、スペインのアルバロ・デ・バサン級フリゲートは国産のメロカを、韓国の世宗大王級駆逐艦はオランダ製のゴールキーパーおよびRAM近接防御ミサイルを組み合わせて搭載する。 また、CIWSを搭載していないアーレイバーク級35番艦以降では、ESSMをもってその代用とするとされているが、アーレイバーク級35番艦以降の中には後部にCIWSを1基のみ搭載している艦も存在する。 砲熕(ほうこう)兵器 イージス艦の主たる兵器はミサイルではあるが、汎用性が高く、即応性にも優れることから、通常型の艦砲も搭載する。 その機種は、こんごう型がオート・メラーラ社製の127 mm 単装砲、フリチョフ・ナンセン級が同じくオート・メラーラ社製の76 mm 単装砲を搭載している他は、全てのイージス艦がアメリカ製のMk 45 5インチ砲を搭載している。 これは、現代のアメリカ軍でもっとも一般的な艦砲である。 伝えられるところでは、こんごう型で、オート・メラーラ社製の砲をイージス・システムに接続する際には、通常使われる砲とは違っていたために、若干の困難があった、とのことである。 対潜戦闘システム 全てのイージス艦は、それぞれの海軍で標準的な対潜戦闘システムを搭載している。 対潜水艦戦闘でのセンサーとしては、通常は最近の従来艦と同じくバウ・ソナーと戦術曳航ソナーを装備するが、沿岸海域での戦闘を重視したアーレイ・バーク級フライトIIAでは、ヘリコプター運用設備との兼ね合いから、曳航ソナーが省かれる。 また、攻撃手段としては、舷側のMk 32 短魚雷発射管から発射される短魚雷、Mk 41 VLSより発射されるVLA対潜ロケット、さらに場合によってはヘリコプターが使用される。 ここで用いられる短魚雷としてはMk 46が長く用いられてきたが、現在は、より高速で強力なMk 50や97式短魚雷なども就役している。 これは、スプルーアンス級やオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートにおいて導入されたもので、対潜戦闘を大幅に自動化するものであり、いわば対潜版のイージスシステムということができる。 しかしSQQ-89は機密レベルが高く、海外輸出が制限されるため、こんごう型やアルバロ・デ・バサン級などでは、国産あるいは輸入した別の対潜戦闘システムを使用しており、従ってソナーの機種や構成も異なっている。 航空機 多くの場合、イージス艦も、他の現代水上戦闘艦と同様にヘリコプターを搭載する。 アメリカのLAMPS構想に見られるように、これらはソナーと魚雷を搭載しての対潜哨戒のほか、軽輸送や救難など、多用途に用いられる。 ただし、アーレイバーク級の初期建造艦(フライトI、II)、およびこれをもとにしたこんごう型は、格納庫をもたず、ヘリコプター用飛行甲板と給油設備、データ・リンクのみを設置している。 アメリカ海軍の艦ではSH-60B LAMPSヘリコプターが搭載されており、これを含んだLAMPSシステムは、SQQ-89統合対潜戦闘システムを介してイージス・システムに接続されている。 一方、日本のあたご型護衛艦ではSH-60JかSH-60K 1機を搭載可能であるが、これはLAMPSのように母艦と連携しての運用のほか、独立しての作戦行動も可能になっている。 通信設備 イージス・システムの開発以前より、アメリカ海軍は艦隊全体で一体となって戦闘を行なうため、海軍戦術情報システム(NTDS)を開発・使用してきた。 そのネットワークに接続するための戦術データ・リンク装置は、イージス艦にも当然搭載される。 従来はリンク 11が使用されてきたが、1990年代より新型のリンク 16が運用開始され、既存の艦にも順次装備されている。 海上自衛隊では、こんごう型の4番艦で初めてリンク 16に対応し、続いて建造されたあたご型にも搭載されたほか、既存のこんごう型3隻に対しても搭載改修が行われている(イージス艦以外に、たかなみ型汎用護衛艦やひゅうが型ヘリコプター護衛艦にも搭載されている)。 ただし、リンク 16は見通し線外通信ができないため、艦隊全体での通信にはリンク 11が依然として使われている。 また、より広域での作戦統制のため、アメリカ海軍のイージス艦ではUHF帯とSHF帯の衛星通信回線が設置されている。 これらの衛星通信回線は、アメリカ海軍の骨幹的指揮統制システムである海上用-汎地球指揮統制システム(GCCS-M)や情報資料を配信する統合同軸報送信サービス、多国間作戦を調整するためのCENTRIXSといった情報システムのために用いられている。 ミサイル防衛(BMD)など広域での戦術情報共有が必要な作戦においては、アメリカ海軍はリンク 16をベースにした衛星データリンクであるS-TADIL Jを使用しており、海上自衛隊のイージス艦の一部にもその通信装置が装備される。 海上自衛隊のイージス艦では、このほかに、海上自衛隊の骨幹的指揮統制システムである海上作戦部隊指揮管制支援システム(MOFシステム)のためのSUPERBIRD衛星通信回線が設置されている。 詳細は.

次の

日本が持つ迎撃ミサイルの命中率はどのくらい⁉︎ 名前と配備状況をわかりやすく解説!

イージス 艦 値段

海上自衛隊で8隻目となるイージス護衛艦を「はぐろ」と名付ける防衛相の命名書。 7月17日、横浜港での命名・進水式で読み上げられた 出典: 藤田撮影 きょう横浜港であった8隻目の海自 艦命名式。 防衛相の命名書が代読され、艦名「はぐろ」が発表されました。 イージス艦には山の名がついており、今回は修験道で知られる山形県の羽黒山からきています。 — 藤田直央 naotakafujita 進水式直前に大臣が命名 「はぐろ」の命名・進水式は7月17日、梅雨の晴れ間の昼下がり、横浜港に臨む造船会社ジャパン・マリンユナイテッドの磯子工場でありました。 防衛相の命名書が読み上げられ、艦の側面にある掲示板にかかった紅白の幕がするすると開き、艦名が現れました。 「はぐろ」は信仰の山・出羽三山のひとつ、羽黒山(山形県鶴岡市)からきています。 「水中動物の名」が最も「体を表す」ように思えますが、いま20隻の海自の潜水艦にそうした名はありません。 潜水艦名に「ずい祥動物」? つまり「竜」が「ずい祥動物」というわけですが、一体どんな生き物でしょう。 「ずい祥」は「瑞祥」と書き、めでたいことの兆しという意味です。 「竜」は旧海軍で戦闘機を積んだ空母の名にも見られます。 「竜」が空を飛ぶこととの関係もあったようですが、それが今は海に潜る潜水艦に使われているのです。 ただ、いま政府が潜水艦をさらに増やす背景には、中国の海洋進出で防衛の重心を南西諸島の方へ移していることがあります。 それに伴う潜水艦の命名を中国伝来の「竜」に頼るというのは、何とも皮肉です。 答えは…護衛艦いずも=3月、神奈川県の横須賀港 出典:藤田撮影 イージス護衛艦はぐろ=7月17日、横浜港 出典:藤田撮影 海上自衛隊で8隻目となるイージス護衛艦を「はぐろ」と名付ける防衛相の命名書。 「テロとの戦い」で米軍艦(右)に洋上で燃料補給をした。 テレビ番組「ザ!鉄腕!DASH!!

次の