レスポンス 鉄道。 いよいよ7月23日運行再開!箱根登山鉄道の楽しみ方をおさらい(レスポンス)

東京地下鉄一元化、東京都と国交省でバトル(レスポンス)

レスポンス 鉄道

応用行動分析学勉強ノート トークンエコノミーとレスポンスコスト 『』に即時強化の大切さを解説しましたが,学校場面や生活場面で標的行動がみられた直後に強化子を提示するのはなかなか難しいです。 また,同じ強化子を提示し続けると飽きてしまったりして強化力が弱くなってしまいます(飽和)。 これらの問題を解決するための1つのアプローチが 『トークンエコノミーシステム』 です。 『トークン』とは本人にとって価値のある強化子と交換できる代理物のことです。 たとえば,適切な行動に対してシールをつけてあげたり,丸印のチェックをつけてあげたり,クリップを置いてあげたりすることです。 これらが決められた数たまったら価値のある強化子,例えば,校長先生に褒めてもらえたり,休憩時間が5分伸びたり,好きなお菓子を買ってもらえたり,することができます。 このトークンと交換できる強化子を 『バックアップ強化子』 と言います。 このように事前に標的とした望ましい行動が見られたらトークンを与えますが,事前に標的とした減少させたい不適切な行動が見られた場合はトークンを没収します。 このトークンを没収する手続きを 『レスポンスコスト』 といいますが,例えば,授業中不適切な会話をしたらトークン1つ,立ち歩いたらトークン2つなど基準を設定し,それらの行動が見られたら基準通りにトークンを没収します(負の弱化)。 標的行動とトークンの基準,バックアップ強化子を視覚的に分かりやすく提示したり,リストを作成するなどして,いつでも確認できるようにすると良いです。 トークンエコノミーの良いところは,実用的だということです。 例えば学校で課題に従事する行動に対してトークンエコノミーを用いる場合,どんな所でも用いることができ,課題を中断せずすぐにトークンを提示することができ,周りの児童の邪魔にもなりません。 また,トークンを得られる基準を高めたり(例えば,1分間課題に従事できたらトークン1つから,3分間課題に従事できたら,5分間,10分間,と伸ばしていくなど),バックアップ強化子と交換できるトークンの数を増やしたりすることにより(例えば,トークン3枚で交換から5枚,10枚,20枚と変更するなど),バックアップ強化子を提示する頻度を減らし『飽和』を防ぐことができます。 家庭でも例えば冷蔵庫にトークンをつけるシートを貼り付けておいたりすると,こどもが事前に決めた適切な行動を示したらシートに1つチェックを入れるなどは,それほど手間がかからないと思います。 トークンエコノミーを導入する場合,まずはシステムの意味を理解してもらう必要があります。 標的となる適切な行動とトークンが得られる基準,バックアップ強化子の種類と交換できるトークン数を明確にし,視覚的に分かりやすいように工夫して,こどもにシステムを説明します。 コミュニケーションが可能であれば,ある程度話し合ってこどもの希望も聞きながら,標的行動やトークン数などを決めると良いです。 最初はシール2枚たまったらバックアップ強化子と交換するなど,頻繁にバックアップ強化子と交換する機会を作り,システムの意味を教えていきます。 そして,徐々にシール5枚などに基準を高めていきます。 こどもが理解でき,ごまかさない形式で,また紛失したりしないような環境に合わせた形式で,トークンエコノミーを用いていきます。 トークンは学校運営にも有効であり,トークンなどの具体物を用いた強化子のほうが,微笑みとか賞賛といった社会的強化子よりも効果的であり,有利であるという報告もあります。 【参考図書:はじめての応用行動分析】 (はじめての応用行動分析 158頁) 言葉だけで理解することが難しい場合は,例に示すように必要なトークン数やバックアップ強化子を視覚的に示してあげると分かりやすいです。 (行動変容法入門 381頁) 例に示すように,特定の行動だけではなく,複数の行動を標的とできるところもトークンエコノミーの特徴です。 生活や学校場面で増やしたい行動,減らしたい行動を明確にし,表出するのが難しい行動や減少させる必要性の高い行動のポイントを大きくすることで,動機づけを高めることできます。 トークンエコノミーの基本的な構成要素 ・強化する望ましい標的行動 ・トークンの種類 ・トークンを与えるタイミング ・バックアップ強化子と交換されるトークンの比率 ・トークンとバックアップ強化子を交換する時間と場所 ・レスポンスコストを用いる場合は,弱化したい望ましくない行動 (行動変容法入門 384頁) 補足:トークンが20個溜まれば(溜まったトークンを20個使えば),10分間音楽を聴けるということ。 飲食物やおもちゃのような具体物,活動性の強化子,学級の中で係につけるといった名誉的なものがバックアップ強化子として用いられます。 バックアップ強化子はトークンとの交換以外では得られなくする方が良いです()。 また,様々な種類を用いることで,動機づけを高めることができます。

次の

[B! 鉄道] 東武鉄道、新型特急の愛称を「リバティ」に決定

レスポンス 鉄道

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 鉄道線路を走る自動車登場、スマート「フォー・レール」 レスポンス(Response. jp)はてなブックマーク - 鉄道線路を走る自動車登場、スマート「フォー・レール」 レスポンス(Response. jp) プレビュー 鉄道線路を走る自動車登場、スマート「フォー・レール」 レスポンス(Response. jp)はてなブックマーク - 鉄道線路を走る自動車登場、スマート「フォー・レール」 レスポンス(Response. jp) 鉄道線路を走る自動車登場、スマート「フォー・レール」 レスポンス(Response. jp) の高級車、傘下のはこのほど、『・レール』を発表した。... 概要を表示 の高級車、傘下のはこのほど、『・レール』を発表した。 新型『・』をとし、をできるよう改造した。 新型・の4本の・は取り外され、22の鉄製を装着。 その重さは1本80kgある。 また、の上をするにあたって、を。 が動かないようで固定されている。 によると、・レールの開発にはの期間を要したという。 は「最小の」としている。 この、によるの車。 し、の「」の協力を得て、実際に同社の上を、客を乗せて16km。 によると、のを横目に、快適にをしたという。 なお、終了後、 ・レールは、の・に戻され.

次の

efWING

レスポンス 鉄道

昨年の台風19号の被害により、現在全線に渡り長期運休中の箱根登山鉄道。 いよいよ7月23日より全線で運行を再開することを受け、7月9日には出発式と題して、全区間試運転開始の様子を報道陣にお披露目した。 この日は朝10:00に技術員を乗せたデハ104・106形の2両編成電車が強羅駅を出発。 時速20km前後という低速で、線路状況を念入りに確認しながら箱根の山を下って行った。 箱根の玄関口として知られる箱根湯本駅から強羅駅までを37分かけて走行する箱根登山鉄道は、箱根観光には欠かせない代表的な交通手段。 周辺の生活の足としてはもちろん、鉄道マニアをはじめ、多くのファンも抱える存在だけに、この営業再開はまさに「待望」そのものだ。 箱根登山鉄道は小田原~強羅間(15. 0km)を走る鉄道である。 ただし現状の運行形態は、車庫がある入生田までの回送運転を除き、小田原~箱根湯本間は大型車両の小田急電鉄車両による乗り入れ運行で、箱根登山鉄道の小型車両による営業運行は箱根湯本~強羅間のみである。 線路の幅が小田急電鉄(1,067mm)と箱根登山鉄道(1,435mm)で異なるため、入生田~箱根湯本間では三線軌条を採用している。 これは1950年から採用されており、その後、在来線と新幹線が共同運行する山形新幹線でも参考にされたものだ。 57度。 クルマでは悠々楽々に登れる角度だが、鉄道では類を見ない急勾配となる。 1両あたり約14. 7mで3両編成の箱根登山鉄道の車両の場合、先頭の運転士と最後部の車掌の位置で約3. 5mもの高低差が発生する箇所も存在する。 そのため車内の吊り革は、他社線では見たことがないような角度で斜めにぶら下がるので、注意して見ると面白いだろう。 ちなみに箱根湯本と強羅駅間は距離にして8. 9kmだが、標高差は445mもある。 実際に箱根湯本から強羅まで乗車すると、途中3回も運転士と車掌が乗務員室を交代して前後を入れ替えながら進行するのだ。 仙人台信号場~宮ノ下と小涌谷~彫刻の森の各区間に、半径30mという急カーブが存在する。 これは3両編成の箱根登山鉄道車両では先頭車両と最後尾車両で、約60度の角度が発生することになるので、それぞれの車両の乗客が互いに顔を見ながら窓越しに手を振って挨拶することも可能なのだ。 この急カーブが存在する背景は、1919年の開業前に「建設の際は極力箱根の自然を損なわないこと」という条件があったため、自然の地形を生かした線路敷設を行ったからである。 箱根湯本の次駅である塔の沢は唯一の無人駅だが、ホームには銭洗弁天と火伏観音がある。 乗降自由なフリーパスを使う人は、立ち寄ってみるのも良いかもしれない。 塔の沢を過ぎると高さ43mの早川橋梁(通称・出山の鉄橋)を渡る。 通過の際は最徐行もしくは一旦停車して乗客を楽しませてくれる。 ちなみにこの鉄橋は、明治時代から東海道本線の天竜川橋梁に使われていたものを、開業当時に再利用したもので、現役の鉄道橋としては日本最古だ。 続いて宮ノ下付近では箱根外輪山のひとつである明星ヶ岳が望め、毎年8月16日には大文字焼と打ち上げ花火を見ることが出来る。 そしてあの富士屋ホテルは7月15日にリニューアルオープンするのでこちらも楽しみだ。 また宮ノ下駅ホームには「注意 いのしし出没地帯!」という冗談みたいな本気の看板があるのでそちらもチェックして見て欲しい。 小涌谷駅そばの踏切は箱根駅伝のコースとして有名だ。 大会開催時は選手が通過する際に列車が接近した場合、列車が踏切手前で一旦停車する。 テレビ中継で見たことある人も多いと思う。 また線路沿線には箱根登山鉄道社員が植えた1万株以上の紫陽花が、乗客の目を楽しませてくれる区間もあり、夜間はライトアップも行われる。 シーズン中は座席指定列車の「夜のあじさい電車」も運行されている。 そして終点の強羅駅。 実は箱根登山鉄道はスイスのレーティッシュ鉄道と同じ山岳鉄道のため、姉妹鉄道提携を結んでいる。 そのため両社には互いの塗装を施した車両も存在しているほどで、強羅駅ホームにはレーティッシュ鉄道から寄贈された、カウベル(クーグロッケン)が飾られている。 また、ここからケーブルカーで行ける早雲山駅も7月9日にリニューアルオープンをしており、7月23日からの運行再開後は、これらを楽しみながら箱根登山鉄道を利用してみるのもいかがだろうか。 これまでと違う箱根の新しい魅力と出会えるかもしれない。 レスポンス 小林岳夫.

次の