マンチェスターテリア。 トイ・マンチェスター・テリアの性格や飼い方、かかりやすい病気・寿命は?|TEGELOG

トイ・マンチェスター・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

マンチェスターテリア

準備中 トイ・マンチェスター・テリアをブリーダー直販のペットショップで購入する トイ・マンチェスター・テリアの性格 トイ・マンチェスター・テリアは、活発で好奇心旺盛な性格をしています。 家族に対して愛情深く、賢さも備えているためしつけをしやすい犬種です。 一方、寂しがり屋で神経質な面もあります。 依存心が強いところがあり、飼い主と離れて過ごすのは苦手です。 分離不安による体調不良などを避けるためにも、甘やかしすぎないように気をつけながら、独立心を養っていきましょう。 子犬のうちからほかの犬と触れさせて社会性を養ったり、一人の時間も安心して過ごせるよう留守番の練習をさせたりして、自信をつけさせることが大切です。 ドッグショーの開催や血統証明書の発行を行っているによると、トイ・マンチェスター・テリアは19世紀中頃のイギリスで、ブラック・アンド・タン・テリアを小型化することでつくられました。 当初はネズミを捕る目的で繁殖されていましたが、現在では愛玩犬として親しまれています。 イギリスでは、イングリッシュ・トイ・テリアとも呼ばれる犬種です。 トイ・マンチェスター・テリアは温和な性格ではありますが、狩猟犬であった気質が多少残っています。 ネズミやウサギなどの小動物に対しては、過剰に反応して追いかけてしまうこともあります。 一緒に飼育する場合は室内で放し飼いにはせず、目を離さないようにしましょう。 散歩の際にも、追いかけてしまわぬよう注意が必要です。 トイ・マンチェスター・テリアの平均寿命 トイ・マンチェスター・テリアは小型犬です。 平均寿命は15〜17年ほどといわれています。 一般的な小型犬よりも長いのは、命に関わるような遺伝的疾患がほとんどないためだと考えられています。 長生きしてもらうためにも安全で快適な飼育環境を用意し、十分な運動を心がけるなどしっかり健康管理をしていきましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの平均体重 トイ・マンチェスター・テリアの 体重は、オス・メスともに2. 7〜3. 6kgが理想的とされています。 軽量ですがバランスがよく、すっきりと引き締まった体格です。 トイ・マンチェスター・テリアの平均体高 トイ・マンチェスター・テリアの 体高は、オス・メスともに25〜30cmが理想的とされています。 体高よりも体長のほうがやや長く、背中がわずがにアーチを描いているのが特徴です。 トイ・マンチェスター・テリアの毛色(カラー) ジャパンケネルクラブで認められている毛色は、ブラック&タンのみです。 被毛は滑らかで光沢のあるスムースコートで、目の上や顎、喉や尻尾の下にマーキングがあります。 ホワイトの斑が入るのは好ましくないとされています。 ブラック&タン トイ・マンチェスター・テリアが成犬になるまでの期間 トイ・マンチェスター・テリアは、生後約8〜10カ月で成犬になります。 運動量が特別多い犬種ではありませんが、成長期には適切なエネルギー摂取と運動の確保をして、丈夫な骨格を形成できるように心がけましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの鳴き声 トイ・マンチェスター・テリアは 警戒心が強いことから、よく吠える犬種です。 神経質で音やニオイに対しても敏感なところがあるため、子犬のころから無駄吠えのしつけをしっかり行う必要があります。 家族以外の人やほかの犬と触れ合ったり、さまざま経験をさせたりすることで、社会性を養うようにしましょう。 トイ・マンチェスター・テリアがかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 水晶体脱臼 目の水晶体が何らかの理由で正常な位置からずれてしまった状態。 眼圧が上昇し、緑内障を引き起こす場合がある。 不明 フォン・ヴィレブランド病 血液の凝固異常によって出血しやすくなる、先天性の病気。 重症化すると失血や貧血で命を落とす危険性がある。 不明 歯周病 歯垢の中の細菌が原因で、歯肉やその周囲に起こる炎症。 3歳以上の犬のうち約8割が歯周病であると考えられている。 10万円前後 椎間板ヘルニア 加齢や遺伝的な要因により椎間板に変性が生じる病気。 脊髄を圧迫し歩けなくなる。 気温が22〜23度、湿度が60%を超えてきたら熱中症に注意する必要があります。 短毛であるトイ・マンチェスター・テリアは 特別暑さに弱い犬種ではありませんが、暑い時間帯の散歩などは避けるようにしましょう。 犬と一緒に出かけることが多い場合に特に気をつけたいのが、車の中の気温です。 車中ではケージに保冷剤を入れたり、直射日光が当たらないようにしたりといった対策を行いましょう。 窓を開けたりエアコンをつけたりしていても、犬だけを車内に残しておくのは大変危険です。 わずかな時間でも、必ず目の届く場所に一緒に連れて行くようにしましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの体臭 トイ・マンチェスター・テリアは短毛でつやつやとしたスムースコートを持つため、 汚れがつきにくく体臭も少ない犬種です。 ただし、歯周病や歯の病気になりやすい傾向があります。 口臭予防だけでなく、健康管理のためにも日頃からデンタルケアをしっかり行うようにしましょう。 トイ・マンチェスター・テリアの飼い方 トイ・マンチェスター・テリアは寒がりです。 夏場以外は身体が冷えて免疫力が下がってしまうこともあるので、室内での飼育が基本になります。 落ち着いて過ごせる場所に、暖かい寝床を用意してあげるとよいでしょう。 小型犬で運動量もそれほど多くないため、トイ・マンチェスター・テリアは部屋の中でも比較的飼いやすい犬種です。 ただし、フローリングなどの硬くて滑りやすい床は、足の関節などに負担をかけてしまいます。 カーペットを敷くなどして、滑りにくい環境を整えてあげてください。 また、本能的に小さな動物を追いかけてしまう習性があることにも注意が必要です。 ネズミやウサギなどと同じ場所での放し飼いは避けたほうがよいでしょう。 ドッグフードの量・回数 犬の健康を維持するためには、食事が大切です。 犬に必要な栄養は人間とは異なりますので、犬の身体にあわせてバランスよく栄養素を配合した総合栄養食のドッグフードを選びましょう。 フードの種類によって給餌量は異なりますが、子犬の場合は1日摂取量を3〜4回に分け、ふやかして与えます。 成犬になれば基本的に1日2回に分けて与えます。 健康的な成長のために、愛犬のライフステージに応じたフードを選ぶようにしましょう。 フードは、適正な量を守って与えることも大切です。 トイ・マンチェスター・テリアは、肥満が原因で椎間板ヘルニアになってしまうこともあります。 健康を維持するためにも、飼い主が責任をもってカロリーコントロールをするよう心がけましょう。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 柑橘類• スパイス類• クセのある葉物野菜 上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。 抜け毛の量 トイ・マンチェスター・テリアの被毛は短いスムースコートで、 抜け毛は比較的少ないほうです。 ブラッシングは、週に1〜2回程度を目安に行えばよいでしょう。 皮膚を傷つけないよう、短毛種はラバーブラシを使用してください。 お風呂の入れ方 皮膚の健康を保つには、いつも清潔にしていることが大切です。 しかし、犬はシャンプーをしすぎると、かえって皮膚トラブルのもとになってしまいます。 お風呂に入れるのは、月に1回程度にするのがよいでしょう。 どうしても汚れが目立つときは、固く絞った濡れタオルで身体を拭いてあげるようにしてください。 準備中 トイ・マンチェスター・テリアをブリーダー直販のペットショップで購入する トイ・マンチェスター・テリアのしつけ方法 トイ・マンチェスター・テリアは家族と過ごす時間が大好きで、賢くしつけをしやすい犬種です。 しかし、飼い主への依存心が強い面があるため、つい甘やかしてしまうと独立心が育たなくなってしまいます。 できる限り子犬のうちから社会的な経験を積ませながら、飼い主と離れているときでも落ち着いていられるように、自信をつけさせていくことが大切です。 犬のしつけでは、ときには心を鬼にして厳しくしなければならないこともあります。 しかし、 怒鳴ったり叩いたりといったことが必要になることは決してありません。 最初はできないこともたくさんあるかもしれませんが、愛情をもって気長にトレーニングを積んでいきましょう。 トイレのしつけ方 トイレは、子犬のうちにしつけをしたほうが早く覚えてくれます。 といっても、方法自体は子犬の場合も成犬になってからしつけ直す場合も変わりません。 できる限り失敗させないようにしながら、繰り返し褒めて教えるのがポイントです。 犬が吠えるのには、不安や恐怖、欲求不満などさまざまな理由があります。 まずは、なぜ吠えているのかを飼い主が考え、できる限り根本原因を取り除いてあげることが先決です。 吠えることで何かを要求するのをやめさせたいときは、無視をするのが一番です。 甘やかしてしまうと「吠えれば望み通りになる」という学習をさせてしまいます。 何かを警戒して吠えているときは、さりげなく音を出して気をそらせます。 吠えるのをやめることができたら、その行動を褒めてあげましょう。 子犬のうちから家族以外の人やほかの犬種と触れ合う機会をつくり、社会性を育んでいくことも大切です。 見知らぬ人をむやみに警戒しない心を育てていきましょう。 噛み癖のしつけ方法 犬の噛み癖は、子犬のうちは大丈夫だからと甘くみていると、いつか人に怪我をさせてしまう恐れのあるものです。 きちんとしつけをして、噛み癖がつかないようにしましょう。 噛み癖のしつけのポイントは、噛んでよいものといけなモノの区別を教えることです。 噛んで遊んでもよいものとして、ガムやおもちゃを与えておきましょう。 噛み癖をつけないためには、環境が大切です。 噛むと危険なものや噛まれると困るものは、犬から見えない場所にしまっておきましょう。 一緒に遊んでいる間に手が犬の歯に触れたときは、すぐに手を引っ込めて、犬が落ち着くまで遊びを中断します。 これは、「人の手とおもちゃは別のもの」ということを教えるためです。 歯が生え替わる時期は乳歯がムズムズするため、ものを噛もうとします。 この行動は歯が生え揃えば落ち着くので問題ありません。 待てのしつけ方法 「待て」ができるようになれば、犬が衝動的な行動をとろうとしたときに抑止しやすくなります。 トイ・マンチェスター・テリアの場合は、散歩中に小動物をみつけた際などに「待て」で落ち着かせれば、危険を回避できるでしょう。 また、犬にとっては「待て」のトレーニングそのものが、自分自身に歯止めをかける練習にもなります。 訓練しだいでは、本能的な行動もある程度抑えられるようになるでしょう。 犬を「お座り」させた状態で、正面にしゃがみます。 「待て」と声をかけ、そのまましばらく待たせます。 「よし」と声をかけ、よく褒めてあげましょう。 犬が待ちきれなくなって、お尻をあげてしまう前に声をかけるのがコツです。 最初のうちは、1秒でも待てれば十分です。 少しずつでよいので、待たせる時間を長くしていきましょう。 留守番のしつけ方法 トイ・マンチェスター・テリアには飼い主への依存心が強い傾向があり、 寂しがり屋なため留守番は苦手です。 家をあける時間はできる限り短くし、一人でも安心して過ごせるように快適な環境を整えてあげましょう。 また、留守中に不安で鳴き続けたり、体調を崩してしまったりというケースも珍しくありません。 一人でも留守番ができるように、子犬のうちからしっかり慣れさせておくことも大切です。 飼い主の留守中は危険な場所へ立ち入らないよう、ペットサークルの中で留守番をさせるのが基本です。

次の

トイマンチェスターテリアの特徴、性格、価格は?購入はブリーダー?ペットショップ?

マンチェスターテリア

マンチェスター・テリアの魅力 ブラック&タンの被毛と スマートなシルエットが特徴のマンチェスター・テリア。 イギリスのマンチェスター地方で作出され、19世紀に「ネズミ早狩り競技」で活躍しました。 感受性豊かで、飼い主さんに従順な性格です。 ただし、素早いネズミを捕るために必要な能力である 「素早く動くものを反射的に追う、捕らえる」行動は未だ備わっています。 散歩は毎日時間をかけてゆっくり行いましょう。 大きさ オスで体高40~41cm、体重8kg前後、メスはこれよりやや小さく、小型犬に分類されます。 筋肉質のコンパクトな体型で、テリア種の中でもスマートなスタイルが特徴です。 毛色の種類 マンチェスター・テリアの被毛の色は、 ブラック(漆黒)&タン(マホガニー)のみで、色の境界は明瞭であることが望ましいとされています。 被毛は厚く滑らかで密生しており、光沢があります。 迎え入れ方、価格相場 愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。 マンチェスター・テリアは国内では入手が難しく、輸入するのがおもな入手方法です。 心配な病気 ・目の中のレンズがずれてしまう 「水晶体脱臼」 ・足が細いために起こりやすい 「骨折」 ・骨と骨の間の椎間板が飛び出し脊髄を圧迫する 「椎間板ヘルニア」 ・太腿の骨の付け根の部分が壊死してしまう 「レッグペルテス症」 マンチェスター・テリアの飼い方 ポイント(1)散歩は時間をかけてゆっくりと もとはネズミを捕る犬として作出されたため活発で、動くことが大好き。 散歩は気分転換と筋肉の維持を目的とし、時間をかけてゆっくりと行ってあげましょう。 狩猟本能を満たすための おもちゃ遊びも生活の中に積極的に取り入れましょう。 ポイント(2)滑りにくい床で飼育を 滑りやすいフローリングなどの床材は関節に負担をかけるうえにケガの原因にもなりやすいので、 カーペットを敷くなど滑りにくい床で飼育をしましょう。 また、高い場所からの飛び降りは骨折の原因になるので、 段差の少ない環境を整えて。 細長い尻尾をドアに挟まない注意も必要です。 ポイント(3)きれい好きなのでこまめにお手入れを マンチェスター・テリアは短毛なので、本来お手入れに手間はかかりません。 ラバーブラシや獣毛ブラシを使用して週3回程度を目安に、ブラッシングをして抜け毛や汚れを取り除きましょう。 ポイント(4)年齢と目的に応じたフードを 主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、 総合栄養食を与えましょう。 一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。 フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。 犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。 「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、 年齢と目的に応じたフードを与えましょう。 手作りフードは与えているものを飼い主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。 しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。 マンチェスター・テリアに似た犬の種類 まとめ マンチェスター・テリアは、18世紀にブラック・アンド・タン・テリアとウィペット祖先犬との交配により、イギリスのマンチェスター地方で作出されたとされています。 19世紀に「ネズミ早狩り競技」で大活躍し人気を集めましたが、競技がすたれると同時にマンチェスター・テリアの数も減り始め、現在ではあまり見られなくなりました。 監修 認定動物看護師、ペットグルーミングスペシャリスト サンフランシスコ動物愛護協会ヒアリングドッグトレーナープログラム修了 犬種本の執筆・監修、多くのセミナー&TV番組でも人気の講師です。 参考 『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版).

次の

トイ・マンチェスター・テリアの特徴と性格・価格相場|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

マンチェスターテリア

この記事でまとめたこと• トイマンチェスターテリアの特徴は? トイマンチェスターテリアはイギリスが原産で、別名イングリッシュトイテリアとも呼ばれます。 マンチェスター地方には人気の娯楽として「ネズミ捕り競争」や「ウサギ追いレース」があり、その両方で活躍できる犬としてマンチェスターテリアが生まれたといわれています。 さらにそのマンチェスターテリアを小型化したのがトイマンチェスターテリアです。 体高は25~30cm、体重は2. 5~3. 6kgという小柄な犬種で、利口で物わかりが良いのが特徴です。 室内でも問題なく飼えますよ。 トイマンチェスターテリアの性格は? レース向きと言われる凛々しい見た目のとおり、活発で好奇心旺盛な性格です。 頭も良く、ピンと立った耳で飼い主の言葉をしっかりと聞き取り、すぐに理解してくれます。 飼い主や家族以外の見知らぬ人に対して鋭敏で、吠えて飼い主に知らせる番犬の要素も持ち合わせているので、番犬にも向いている油断がない性格ですよ。 小型犬でしつけしやすく、無駄吠えもしないよう訓練できるので、外でしっかり運動させることができれば、集合住宅やアパートでも飼育が可能な犬種です。 トイマンチェスターテリアの価格は?ブリーダー?ペットショップ? ブリーダーから購入する際の相場は15~25万円が目安です。 ペットショップで購入する場合は仲介業者が入るため、ブリーダーから購入するよりも割高になり30万円を超えることもあります。 トイマンチェスターテリアは他の犬種に比べて性成熟が早くてお産も軽く、一回に3~5匹ほど生まれるため、ブリーダーから購入する場合でも購入しやすいことが多いです。 ブリーダーからの購入の場合、兄弟犬や親犬などの情報を聞くことができるため、成長した後の気質や体つき、かかりやすい病気などを予想できるので安心ですよ。 どんな子犬を買えば良い?注意したい点は? 動きが素早く活発で、走る姿が堂々とした足腰の丈夫な子犬を選んでください。 トイマンチェスターテリアは気が強い一面がある犬種なので、できるだけ人に寄って来る子犬を選んでおきたいですね。 利口なので、しつけも簡単な部類に入る犬種です。 子犬の頃から飼い主や家族に従うよう服従訓練を行い、室内でもテレビやラジオを活用して音に慣れさせてください。 外にも連れ出してあげて多くの人や他の犬に会わせることで「社会化」に時間を割いてあげてください。 番犬としての適性も高く、インターフォンの音や新聞配達などの訪問者に対して吠えることがあります。 犬種の性格上、ある程度は仕方がないことですが、特に集合住宅で飼う場合は子犬の頃から音や人に慣らす訓練に力を入れてあげてくださいね。 トイマンチェスターテリアの飼育の際の注意点は? 走ることが大好きで、長時間の散歩よりも、短時間で自由に走り回れる外遊びが好きな犬種です。 時々はドッグランなどで思いっきり走らせてあげてください。 運動で満足することができれば、家の中で迷惑をかけることが少なくなりますよ。 短毛で抜け毛も少ないため、被毛のお手入れは簡単です。 1週間に2回程度、ブラッシングしてあげればOKです。 冬の寒さに弱いので、季節に応じた温度管理を気をつけてあげてくださいね。 とても飼い易くしつけ易い犬なので、初めての方にもおすすめできる犬種ですよ。 トイマンチェスターテリアを日本で飼育しようとしたときにかかる。

次の