水戸 の が み 食パン。 高級食パン専門店「 嵜本(さきもと) 茨城水戸店」オープン!カフェ併設! in 水戸

水戸で高級食パン「迷わずゾッコン」 迷わずにずっと愛されるパンに

水戸 の が み 食パン

高級食パン専門店 嵜本(さきもと)とは? 嵜本(さきもと)は、大阪初の高級食パン専門店です。 国内で15店舗目となり、茨城県内では初出店です。 TVやメディアでも話題になっている人気のお店です。 食パンの種類 看板商品の食パンは2種類。 シンプルでヘルシーなので、朝のベーシックな食パンとしておすすめです。 もっちりしていて、ミミまでふわふわで、そのまま食べても美味しいし、トーストでも何もつけなずそのまま食べるのがおすすめです。 曜日限定で特別な食パンも販売しています。 16種類の「ジュエルジャム」 宝石のような綺麗なジャムは、贈答用にもおすすめです。 贈答用の箱も購入することができます。 他には1枚の特別パッケージやラスクを販売していました。 水戸店の電話番号は? 高級食パン専門店 嵜本(さきもと)水戸店 幸運にもオープン初日に食パンの予約ができました。 さっそく混雑状況やお店の雰囲気を紹介します。 嵜本(さきもと)水戸店の店舗 大きな白い看板が目印です。 水戸店はマンションの1階が店舗です。 オープン初日にはまだカフェは営業していませんでした。 左側が食パンを販売している店舗なので、おそらく右側がカフェだと思われます。 気になるのは混雑状況だと思いますが、予約している人と整理券を持っている人しか並んでいないので、待ち時間は5分ぐらいでした。 行列もできていませんでした。 食パン以外の商品はレジに並んでいる時に選びました。 あまり時間はないので、気になるジェルジャムがある方は、事前にHPでチェックしていくことをおすすめします。 嵜本のジェルジャムは見た目も可愛いし、いろんな種類がありおすすめです。 嵜本(さきもと)水戸店の駐車場は? 駐車場は店舗前。 整理券をもらいに行く方は、早めに行かないとすぐ満車になってしまいます。 事前に予約していたり、整理券をもらいパンを購入する時は待つことなく駐車することができました。 高級食パン専門店 嵜本(さきもと)の食パンは通販でも! 高級食パン専門店 嵜本(さきもと)の食パンは通販でも購入することができます。 お店が近くにない方でも自宅で嵜本の食パンが手に入ります。

次の

水戸で高級食パン「迷わずゾッコン」 迷わずにずっと愛されるパンに

水戸 の が み 食パン

「高級食パン専門店 嵜本(さきもと)」茨城水戸店(TEL 029-350-1347)が6月6日、水戸市元吉田町にオープンする。 (水戸経済新聞) 大阪・難波に本店を置く同店。 東京、札幌、福岡など全国展開している。 茨城水戸店は全国15店舗目で、茨城県内初出店。 主力商品の「極美ナチュラル食パン」(900円)は、「毎日食べるための、安心へのこだわり」を掲げ、「卵・乳不使用でもヘルシーでおいしい、飽きのこないパン」を目指し、2年以上を掛け開発したという。 「極美ナチュラル食パン」は湯種製法によりしっとり、もっちりとした食感が特徴。 「極生ミルクバター食パン」(950円)は、北海道産牛乳、生クリーム、国産バター、はちみつを使ってコクを出し、耳までふわふわの食感が特徴という。 このほか、16種類のジャムやはちみつを販売する。 「嵜本」をフランチャイズで出店したのは、水戸でLPガス製造・販売などを手掛ける「スマイル・カンプロ」。 社長の秋葉良孝さんは「LPガスだけでなく、何か地域やお客さまに付加価値の高い物を提供したいと考えていた。 『スマイルライフ』がわが社の理念で、おいし物は笑顔になる、笑顔が増えて豊かになると思った」と振り返る。 嵜本社長の掲げる「アレルギーを持った子どもでも食べられるおいしい食パンを作りたかった」という思いに共感したという。 「卵や牛乳を使っていないのに、もっちりふわふわで食べた瞬間にあまりにおいしくて驚いたのが『嵜本』の食パンの店を開店する決め手だった」と話す。 「出店した元吉田町は県庁周辺の再開発が進んでおり、私の地元でもあるので笑顔を増やす意地域貢献になればと選んだ。 焼きたてのおいしさを、ぜひ実感してほしい。 食パンはいろいろ応用ができるので、フルーツサンドなど子どもと作るなど、楽しみながら味わってほしい」とも。 営業時間は11時〜19時。 予約は電話、店頭、アプリで受け付ける。

次の

茨城県内の高級食パン専門店まとめ [のがみ・ハレパン・に志かわ…等]

水戸 の が み 食パン

「高級食パン専門店 嵜本(さきもと)」茨城水戸店(TEL 029-350-1347)が6月6日、水戸市元吉田町にオープンする。 (水戸経済新聞) 大阪・難波に本店を置く同店。 東京、札幌、福岡など全国展開している。 茨城水戸店は全国15店舗目で、茨城県内初出店。 主力商品の「極美ナチュラル食パン」(900円)は、「毎日食べるための、安心へのこだわり」を掲げ、「卵・乳不使用でもヘルシーでおいしい、飽きのこないパン」を目指し、2年以上を掛け開発したという。 「極美ナチュラル食パン」は湯種製法によりしっとり、もっちりとした食感が特徴。 「極生ミルクバター食パン」(950円)は、北海道産牛乳、生クリーム、国産バター、はちみつを使ってコクを出し、耳までふわふわの食感が特徴という。 このほか、16種類のジャムやはちみつを販売する。 「嵜本」をフランチャイズで出店したのは、水戸でLPガス製造・販売などを手掛ける「スマイル・カンプロ」。 社長の秋葉良孝さんは「LPガスだけでなく、何か地域やお客さまに付加価値の高い物を提供したいと考えていた。 『スマイルライフ』がわが社の理念で、おいし物は笑顔になる、笑顔が増えて豊かになると思った」と振り返る。 嵜本社長の掲げる「アレルギーを持った子どもでも食べられるおいしい食パンを作りたかった」という思いに共感したという。 「卵や牛乳を使っていないのに、もっちりふわふわで食べた瞬間にあまりにおいしくて驚いたのが『嵜本』の食パンの店を開店する決め手だった」と話す。 「出店した元吉田町は県庁周辺の再開発が進んでおり、私の地元でもあるので笑顔を増やす意地域貢献になればと選んだ。 焼きたてのおいしさを、ぜひ実感してほしい。 食パンはいろいろ応用ができるので、フルーツサンドなど子どもと作るなど、楽しみながら味わってほしい」とも。 営業時間は11時〜19時。 予約は電話、店頭、アプリで受け付ける。

次の