オーバー シュート と は。 オーバーウェイトとは|金融経済用語集

フェールオーバー クラスタリング

オーバー シュート と は

オーバーステアとかアンダーステアという言葉は、本来クルマのステアリング特性を表すものです。 一定のハンドル角で大きく旋回しているとき、速度が上昇するに従って、クルマが内側に切れ込んでいってしまうことをオーバーステアリングといいます。 一般的には速度の上昇に伴って後輪が横滑りすることから起きる現象で、これをコントロールするには、アクセルを緩めて減速させることが必要です。 ただし、減速させ過ぎるとクルマの荷重が前にかかり、後輪が浮き気味になることで、さらなるグリップ力の低下を招き、オーバーステアリング特性が強調されることもあります。 同じように、一定のハンドル角で大きく旋回していると、速度が上昇するに従って、クルマが外側に膨らんでいってしまうステアリング特性をアンダーステアリングといいます。 これは、前輪の横滑りによるものです。 これをコントロールするには、アクセルをオフにしてエンジンブレーキを利用するものが効果的です。 アクセルオフによってアンダーステアリングを打ち消すことができるため、走行安全性を考慮し、ほとんどのクルマは、基本的にアンダーステアリングの特性をもっています。 さらに、一定のハンドル角で大きく旋回しているとき、速度を上昇させても半径の軌跡に変化がない持性をニュートラルステアリングといいます。 そのほか、比較的急なコーナーを旋回しているときに、最初はアンダーステア傾向だったものが、途中からオーバーステアに移行してしまうような特性をリバースステアリングといいます。 FF車で、旋回しながら速度を上げていくと、前輪がカーブの外側に滑っていくドリフト現象が起こります。 このときアクセルを戻すと、今度は予定していたコースよりも内側に向きます。 この特性をタックインといいます。

次の

アンダーステア、オーバーステアとはどういうことですか? |運転|JAFクルマ何でも質問箱

オーバー シュート と は

シュートを打つ選手 における シュートとは、得点することを目的にゴール内へ向かってを運ぶことを指す。 足でボールを蹴る()ほか、頭でボールをゴールへ叩き込む( シュート)のが一般的だが、されたボールの飛ぶ角度を変えるだけの場合には、反則となる手・腕以外、あらゆる部位をぶつけるケースもあり、を胸でしてそのままゴールに入れて得点することもある。 より的確なシュートを撃つには、相手チームのに体を寄せられても体勢を崩さないボディバランスや、崩れた体勢からでもシュートを決めるテクニックも必要ではあるが、味方選手からのパスを上手くトラップしたり、の動きによってフリーの状態を作ったりしてシュートを撃ち易い体勢作りが重要である。 またゴールキーパーと1対1の状況では、キーパーが飛び出してきても慌てずに、シュートを決める冷静さも重要である。 シュートの種類 [ ] ミドルシュート ペナルティエリア外やライン上付近から放たれるシュート。 難易度自体はそこまで高くないものの、相手にバランスを崩されても打てるフィジカルの強さ、正確に相手選手の間を射抜く能力が特に求められる。 相手の守備が堅い場合、状況を打破する目的で打つこともある。 ロングシュート ペナルティエリアの遥か外、ゴールから30mを超えるような長距離から放たれるシュート。 通常のシュートよりゴールとの距離が遠いため、シュートが決まる確率は低くなるが、決まれば試合の局面を変えることができる。 また、ゴール前の守備を固められた場合でも、その外から直接、得点を狙うことが出来る。 ディフェンスラインが極端に下がってゴール前を固めているときなどに有効であり、下がっているディフェンスラインを引きずり出す効果なども期待できる。 ボールを足に正確に当てる技術だけではなく、強い脚力とそれを抑えるための上半身の筋力が必要となるため、体格が小さい日本人には不得意な技だと言われている。 最近では、ボールをうまくミートして、ぶれながら落ちたり、ボールがのびたり、予測のつかない無回転シュートを多用する選手が増えている。 ゴールキーパーがあまりにも前がかりになっていたり、片側によっているなどゴールキーパーの隙を突いて放たれることが多い。 稀にハーフウェイライン付近から40mにも及ぶ長距離からシュートが決まることもある。 ループシュート 飛び出してきたゴールキーパーの頭上を越すように山なりの放物線を描いて放たれるシュート。 積極果敢にシュートを防ごうと前に飛び出してくるゴールキーパーに対して有効である。 難易度自体は高くないものの、キーパーが来ても動じないくらいの冷静さが必要となる。 ロビングシュートと表記されることもある。 ドライブシュート 激しい縦回転のかかった強いシュートでゴール手前で鋭く落ちる。 遠い距離からゴールキーパーの頭上を狙って放たれたりする。 足の甲(インステップキック)でボールを後方下部から前方へ蹴り上げ、前方へ回転させるように脚を振り抜く。 充分な縦方向への変化を得るには強いキックと距離が必要であり、ロングレンジのシュートに適する。 足首に力を入れて固定して蹴るキックと違い、回転をかける際は足首のスナップを利かせ、インパクトの瞬間に(気持ち)足首を押し出すようにする。 ボールが地面に接している状態では蹴りにくいため、トラップなどをして身体の正面でボールを浮かせた状態にしたのち、下からすくい上げるように蹴ると回転がかかりやすい。 漫画・アニメ『』の主人公の得意技として有名である。 無回転シュート あまり回転のないシュートで、不規則に変化するのでキーパーが取りにくい。 原理的にはのと同様であると言われ、空気抵抗を受けやすいため軌道が揺れるように変化する特性を持ち、ブレ球(ぶれだま)とも言われ、ゴールキーパーに取られ難い。 ある程度、距離が離れていたほうが変化が表れやすいので、ミドルシュートやフリーキックなどで使用する選手が多い。 グラウンダーシュート 地面すれすれ、あるいは地面を転がるシュート。 強い力や高い技術を必要としない為、初心者が簡単に打てるシュートでもある。 威力は高くないものの、相手キーパーを欺くことができる為、プロの試合でも使用されることがある。 ダイレクトシュート パスやこぼれ球などをトラップせずにそのままシュートすること。 トラップをしないのでボールコントロールが難しい。 高威力でなおかつ予想しづらい為、相手キーパーからすると止める難易度が高い。 ヘディングシュート 頭で打つシュート。 高い打点から地面に叩きつけるように打つと非常に角度のあるシュートになり、ゴールキーパーに取られ難い。 長身のディフェンダーの選手の中にも得意な選手が多く、のときなどはディフェンダーの選手でもゴール前に上がってきて得点を狙うことが多い。 ダイビングヘッド クロスボールなどに飛び込んで(ダイビングして)打つヘディングシュート。 ボレーシュート 空中に浮いているボールをシュートすること。 近距離ではあまり向いておらず、ある程度遠い位置から打つことが望ましい。 自分でボールを浮かせるタイプと味方に浮かせてもらうタイプで大きく分かれるが、いづれも難易度は高い。 ジャンピングボレー 空中に浮いているボールをジャンプして打つボレーシュート。 空中に浮いているボールをゴールに背を向けた状態から後ろに倒れるようにして体を逆さまにして上に上げた足で放つボレーシュート。 危険な上に、高い身体能力を必要とする為、非常に難易度が高い。 振り上げた足を戻して逆の足を振り上げる動作が自転車(バイシクル)を漕ぐ動作に似ていることから、バイシクルシュートとも呼ばれる。 ゴールに対し、背中を向けていても打てる利点がある。 スコーピオンシュート 前に倒れこみながらで放つボレーシュート。 かかとを蠍(スコーピオン)の尻尾に例えている。 スライディングシュート パスなどのボールに足から滑り込んで(スライディングして)打つシュート。 シュートに関する用語 [ ] キックフェイント シュートを撃つふりをして途中で足を止めること。 シュートブロック 足を出したり、体を投げ出したりしてシュートを止めること。 同じ選手が1試合で3得点すること。 厳密には3連続得点することで、これは失点を挟んだものとは区別される。 ミスなどにより自陣のゴールにボールを入れてしまい相手の得点になること。 かつては自殺点と呼んでいた。 ゴールの枠内へ飛んだシュート、またはその本数。 枠外シュート Shots wide ゴールの枠外へ飛んだシュート、またはその本数。 ブロックされたシュート Shots blocked ゴールキーパーにブロックされたシュート、またはその本数。 ゴールシュートで得点を決めた側のチームが行うパフォーマンス。

次の

ターンオーバー(turn over)

オーバー シュート と は

パワーシュートで爆発的な加速力を スピードと爆発力、加速力、スタミナを向上させる目的のスピードトレーニングです。 パラシュートによって、走り始めは逆方向の力が加わり、抵抗トレーニング(負荷走)となります。 抵抗トレーニングの間はストライドが大きくなるように意識して走ります。 速く走れば走るほど、抵抗は大きくなります。 抵抗トレーニングの代表例としてタイヤ引き走が挙げられます。 タイヤ引きでは腰が落ちてしまいますが、このパワーシュートは浮いているため、高い腰の位置を保ち、理想的なランニングフォームを身につけることが出来ます。 また、上体を安定させて走る必要がある為、体幹のトレーニングにもなります。 抵抗が少なく、物足りなく感じられる方は、パワーシュートを2個付けてトレーニングすることもできます。 パワーシュートは腰の辺りのベルトに付けます。 そのベルトはマジックテープで留めてあり、走りながら、走者自らはずすことができます。 (パラシュートは地面に落ちます はずした瞬間にスピードが変化し、走者はオーバースピードを感じる、負荷軽減走となります。 このオーバースピードの間は足の回転が速くなるよう意識します。 パワーシュートの着ける数を変えることで、負荷を自由に増減出来ます。

次の