風邪 に いい 食べ物。 【風邪】や【喘息】で長引く咳に効く食べ物や飲み物をご紹介します!

【風邪】や【喘息】で長引く咳に効く食べ物や飲み物をご紹介します!

風邪 に いい 食べ物

発熱時に大切な栄養素と食品 熱が高いと食事をとることもダルくて嫌になります。 しかし、そんな時こそ大切なのが、 水分、塩分、炭水化物(エネルギー)、そして、ビタミンC なのです。 それでは早速、この条件をクリアした食べ物を見ていきましょう。 ショウガ 風邪といえばショウガ。 今日ショウガを使った商品もたくさんあるくらい、私たちの生活には身近で、風邪に効くことは誰でも知っています。 ショウガの辛み成分には、 ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンの3つがあります。 ジンゲロールは、殺菌作用の強い成分です。 殺菌作用があるとはいえ、ウイルスを撃退するようなことはできませんが、風邪の悪化を防ぐことは期待されています。 まず、菌が鼻に入れば鼻水がでますし、喉に入れば炎症したり咳がでたりします。 こうした風邪をこじらせる細菌に対しては、ジンゲロールの殺菌効果が作用します。 生の状態で食べるのがよいです。 ショウガオールは、熱を加えることによって、体を内側からポカポカに温めてくれる効果があります。 体が温まるとどんないいことがあるかというと、免疫力が上がるのです。 発熱時、体力も奪われ、免疫力も低下しているので、新陳代謝を上げるためにも積極的に摂りたいです。 ジンゲロールを加熱して変化したのがショウガオールです。 ジンゲロンは、ジンゲロールを加熱した一部が変化した成分です。 これは、脂肪分解や代謝の促進を促す成分なので、ダイエット効果が期待されています。 なので、今回のテーマにはあまり関係ないですが、風邪が回復し、ダイエットをしたい方には是非、覚えていてほしい成分です。 とにかく、ショウガは発熱時でもそうでない時でも、体に良い食品です。 みかん 何と言っても ビタミンCが豊富なうえ、包丁や調理も必要ない優れものです。 また、風邪が流行する冬が旬で、どこでも手軽に手に入ることも嬉しいです。 ビタミンCは、白血球の働きを良くする作用があり、ウイルスの活動を抑制してくれます。 また、水分を多く含んでいるので、喉が渇いた時に食べるのもいいです。 梅干し 梅干しのあのすっぱさは、 クエン酸 からきています。 クエン酸には、疲労回復と殺菌作用があります。 私の小さい時も、母親の作ってくれたおかゆには、必ず梅干しが乗っていたのを思い出します。 そして、不思議とそのすっぱさが、いつもより体にしみるような感じさえありました。 さらに、 塩分も適度に摂れます。 昔の人はよく「風邪には梅干し!」と言っていましたが、間違いではなかったのです。 梅干しは、おばあちゃんの知恵が詰まった小さな救世主だったのです。 ネギ ネギ特有の匂いと辛みは、 アリシンという成分からきています。 アリシンには強力な殺菌効果や血行促進や疲労回復の効果があるので、風邪の治癒にはとても効果的です。 ただ、アリシンは水に溶けやすく熱に弱いので、加熱調理はお勧めできません。 できれば生で食べるのがベストです。 スープの薬味などで食べましょう。 たまご スポンサードリンク 中学校の家庭科の授業で、 「たまご=完全食品」と赤のチョークで先生が黒板に書いたのを覚えています。 たまごには、良質な たんぱく質と ビタミン類が豊富に含まれています。 また、テレビ等で 「塩化リゾチーム」と聞いたことはありませんか?この塩化リゾチームとは、卵の白身の部分に含まれている成分で、菌やウィルスを殺すだけでなく自然免疫力を高める作用があります。 喉も痛くて鼻も詰まっています。 「完全に風邪にやられたな。 」という感じです。 せっかくこのタイミングで風邪になってくれたのだから、「ここは、チャンス!」とばかりに聞きだしました。 (ひどい母親ですね・・・笑) 「ねえねえ、食べたいものある?」 すると、「カレー。 」とニヤニヤしながら答えたので、上であげた食品を中心に作ることに決めました。 早朝で、高熱の娘を置いて買い物には行けなかったので、冷蔵庫にあるものだけで作ってみました。 カレー <材料> たまねぎ にんじん パプリカ さつまいも ひき肉 カレーのルー(バーモントの甘口) ショウガ 我が家は、みじん切りのストックがあるので、これをそのまま鍋に入れます。 息子がちょうど、幼稚園の芋ほりでもって帰ったさつまいもをじゃがいもの代わりに使いました。 圧力鍋なので、圧力をかけ終わったらしばらく放置して、ルーを入れます。 ご飯は、いつもは玄米ですが消化に悪いので、白米を柔らかめに炊き、仕上げにみじん切りしたショウガをトッピングして完成です。 スープ <材料> たまご 長ネギ 鶏がらスープの素 塩 お鍋に材料を切って入れるだけの簡単なスープです。 申し訳ない位コツがないので、誰でもできます! 完成しました! カレーに定番のジャガイモをさつまいもに置き換えましたが、実は栄養価的にも さつまいもに含まれるビタミンCは、ジャガイモの1.6倍なので、風邪には有効だということが分かりました。 また、手料理は「真心」というスパイスが加わり、娘も完食してぐっすり寝てくれました。 何と言っても、息子が心を込めて一生懸命に掘ってきてくれた、さつまいもパワーは強かったようです。 発熱時に食べてはいけない食品 脂っこいもの これは、私のかかりつけ医が毎回いう言葉です。 「とにかく、消化機能の方にエネルギーが使われないように、脂っこいものは避けてね。 」 健康な時でさえも、胃もたれするくらいだから、発熱時にあえて食べるなんて言語道断。 揚げ物は避けましょう。 生もの 生ものには、細菌などの微生物が付いている可能性があります。 それが原因で食中毒になってしまったら大変です。 お寿司屋さんに、ガリが常備されているのは上でも紹介したように、ショウガに殺菌作用があるからです。 発熱時に、食中毒になるリスクを負ってまで生ものは食べない方がいいでしょう。 刺激の強いもの 香辛料やスパイスが効いている刺激の強い食べ物は、胃だけでなく、喉も刺激して、咳がとまらなくなったりすることもあります。 お気付きでしょうが、先ほどカレーを食べさせてしまいました・・・。 今のところ、「喉が痛い」と言ったり、咳が出たりはしていません。 カレーにもスパイスは入っているとは思うのですが、バーモントの甘口程度ならそんなに気にすることはないという事でしょうか。 何より、 食べたいものを食べられる分だけ食べるというのが、ストレスがなく回復にはいいのかもしれませんね。 まとめ 発熱時にいい食べ物• ショウガ• みかん• 梅干し• たまご 発熱時に悪い食べ物• 脂っこいもの• 生もの• 刺激の強いもの 発熱時のダルさは本当に憂鬱になりますよね。 もし何を食べたらいいか迷った時は、「たまご粥」か「梅干し粥」が間違いないです。 消化も良く、上で紹介した食品も入っています。 そして何より大切なのが休養です。 いくら食べるものに気を使っていても、ちゃんと休まないと意味がありません。 「滋養と休養」。 この2つが合わさった時、初めて風邪のウイルスに対抗できる準備ができたと言えるでしょう。 これからの季節、ますます風邪の心配が増えますが、みなさんも万が一「風邪かな?」と思った時は、ぜひ試してみてください。

次の

喉の痛みに効く!【7つの良い食べ物】と飲み物|喉に悪い食材~子供妊婦OK

風邪 に いい 食べ物

まずは、風邪について知っておこう。 正式な名称は「風邪症候群」といい、鼻・口・喉など空気の通り道の炎症を指す。 風邪の引き始めと感じたら、原因であるウイルスに対する抵抗力・免疫力を高めることが大切。 身体や胃腸が疲れていると、ウイルスも入ってきやすい。 基本的には十分な睡眠と、風邪の引き始めに良い栄養素が入ったバランスの良い食事を心がけることが一番だ。 また、身体が温まり血液の循環がよくなると、免疫機能があがるといわれている。 ちょっと体調が優れないなという時は風邪に良い食べ物を使った温かいメニューを食べるようにし、身体を冷やさないように心がけたい。 風邪の引き始めのときに積極的に摂りたい栄養素• 葛湯 葛の根を砕いて、デンプン質を取り出したのが葛粉。 葛粉と水を鍋に入れて溶かし、木べらなどで練りながらゆっくりと加熱する。 とろみが出て色が透明になったら、砂糖やはちみつを加えて調味。 生姜を足すと、さらに身体が温まって美味しく味わうことができる。 梅醤油番茶 種を取ってほぐした梅干し、おろし生姜、天然醸造しょうゆをカップに入れて練ったあと、熱い三年番茶を注ぐ。 塩分濃度が高く殺菌作用のある梅干し、身体を温める番茶と生姜、発酵食品であるしょうゆを合わせた、マクロビオティックでは万能薬としても紹介される飲み物だ。 風邪に効く食べ物を使った、身体を整えてくれる飲み物として知っておきたい。 卵酒 日本酒180mlを鍋で温める。 アルコールを飛ばす場合は1分以上沸騰させ、少し冷ます。 卵1個に砂糖大さじ1〜2を加え、白身の塊がなくなるまでよく混ぜる。 卵に酒をほんの少しずつ加えながらよく混ぜ、とろりとしたら出来上がり。 料理酒は不可。 酒の代わりに牛乳を使えば子供も安心のホットミルクセーキに。 生姜湯 生姜一片をすりおろし、絞り汁に砂糖か蜂蜜大さじ1〜2を加え、熱湯を注ぐ。 大根おろしやレモンの絞り汁を加えるのもいい。 熱湯の代わりに、加熱して炭酸を飛ばしたコーラを使うと、海外でも風邪対策に飲まれているホットジンジャーコーラに。 豆腐うどん めんつゆにおぼろ豆腐を崩し入れてサッと煮る。 ニラや生姜、ねぎなど温める食材を好みで。 茹でたうどんに豆腐入りのつゆをかけて完成だ。 豆腐の良質なたんぱく質も摂れて、身体を芯から温めることができる。 焼き梅干茶 梅干し1個をトースターやグリル、フライパンで焼き色が付くまで温める。 焼いた梅干しをほぐして種を取り、熱々のお茶を注ぐ。 お茶は、緑茶やほうじ茶、玄米茶など不発酵タイプがベター。 カフェイン抜きにしたい場合は麦茶かそば茶を使用しよう。 ネギ味噌汁 1. 白ネギ7〜10cmをみじん切りにし、鰹節1〜5g 小分け袋タイプの1袋分くらい 、味噌大さじ1を加えて少し練り、熱湯を注ぐ。 ネギはニラに替えてもOK。 生姜を加えるのもおすすめ。 風邪予防に力を入れていても、体調を崩してしまうことがあるだろう。 高熱が出る時や、胃腸風邪などを引いてしまった時には、体内から普段よりもたくさん水分が発散されてしまう。 体内の水分量が減ってしまうと、脱水症状が起こりやすい状態となってしまい、どんどん体調が悪化してしまう原因となる。 ウイルスと戦える身体にするためには、風邪に効く食べ物から栄養を摂取するのはもちろん、水分の補給も意識的に行わなければいけない。 効果的に水分を補給するためには、一度にたくさん摂取するのではなく、こまめに少量を飲むのがおすすめ。 胃腸風邪などで少量の水分でも吐き下してしまう場合は、吐き戻さない程度の少ない水分を、こまめに補給するよう心がけてほしい。 少量の水分にも身体が拒絶反応を起こしてしまうような状態であれば、脱水症状を起こす危険度もあがってしまう。 そのような場合には、医療機関を早めに受診し点滴などの適切な処置を受けるのが賢明である。

次の

風邪・病気の時に最適な食事は? 子供の消化に良い物・悪い物

風邪 に いい 食べ物

風邪に対する 免疫機能をアップさせるためには、体を温めることが良いと言われています。 体を温めれば血液の循環が良くなり、免疫力があがります。 風邪を引きやすい時期、なんだか体調がすぐれないなと感じたら、免疫力を下げてしまう冷たいものはなるべく控え、温かい食べ物をとるようにするのがポイントです。 風邪のひき始めに食べるといいもの 風邪はひどくならないひき始めに治すことが望ましいです。 まだ熱はないけれど、喉に痛みがあったり咳が出る、またはくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状があるときは、これ以上悪くならないように、食べ物も考えましょう。 消化が良くてすぐに栄養になるもの、そして 免疫力を高めてくれる食べ物がおすすめです。 風邪のひきはじめに積極的に食べたい栄養素は、鼻や喉の粘膜を丈夫にしてくれる ビタミンA、免疫力を高めてくれる ビタミンCや、そして代謝を良くして免疫力を高めてくれる 亜鉛です。 風邪がひどいときに食べるといいもの 風邪は悪化すると熱が出たりお腹の調子が悪くなったりします。 ぐったりして動きたくなくなり、食欲もなくなってしまうでしょう。 こんなときは、 無理をして食べる必要はありません。 まずは体を休ませることが大切ですから、横になって休み、食べ物は食べられそうなときに、状況に応じてとるようにしましょう。 発熱しているとき 熱は体の防衛反応ですから決して悪いものではありません。 熱が出ているということは体の中でウイルスが白血球と戦っている証拠なのです。 発熱しているときに気をつけなければならないのは水分です。 熱が出ることで体からどんどん水分が出ていってしまうため、熱が高く出ているときは脱水症状を起こしやすいですから、水分補給をしっかり摂ることが必要になります。 体が吸収しやすいように、水分を摂るときは イオン飲料やスポーツドリンクなどがおすすめです。 食事については食欲がないのに無理をして食べることはありません。 でも食べることができそうならば 消化の良いものを体調を見ながら食べるようにしてください。 すりおろしたりんごなどの果汁やスープならば栄養もありますし、熱があるときでも体に入っていきやすいです。 スポンサーリンク 熱があるときはのどごしが良くて冷たいものが食べたくなりますから、ゼリーやアイスクリームが欲しくなります。 糖分は栄養になりますし、食べられるようならばゼリーやアイスクリームも良いですが、体を冷やしてしまうと風邪の治りが遅くなってしまいます。 冷たいものを食べるときは、量を加減するようにしてくださいね。 下痢や吐き気などお腹の調子が悪い時 風邪の中にはお腹に来るものもあります。 下痢や嘔吐などがあるときは、体の中からナトリウムやカリウムなどが失われている状態です。 脱水症状も起こしやすいですから、 吸収の良いイオン飲料やスポーツ飲料を飲むようにしてください。 吐き気があるのに無理をして飲もうとすると、吐き気がひどくなって嘔吐してしまうこともありますから、様子を見ることも大切です。 大丈夫だと思ったら、一さじづつなど少しずつ様子を見ながら飲むようにしましょう。 風邪の治りかけに食べるといいもの 熱が下がって食欲が出てきたら、早く元気になるためにも食べ物で栄養をつけていきます。 まだ体が弱っているときですから消化の悪いものは体が受け付けませんし、冷たいものは体を冷やしてしまいます。 栄養をつけるために、 消化の良いものを温かくして食べるようにしてください。 風邪でぐったりした体を回復する効果のある梅干しが入ったおかゆや、野菜やお肉などを柔らかくなるまで煮込んだ栄養たっぷりの雑炊、煮込みうどん、胃腸に負担がなく栄養をしっかりとれる蒸し野菜、タンパク質が豊富なタイやヒラメ、カレイの煮付けなどもおすすめです。 コンビニで買える食べ物でいいのは? 風邪を引いている時は何か食べようと思っても、料理をする気力がないときもあるでしょう。 そんなときに頼りになる存在がコンビニです。 一人暮らしの方は特に、いつでも開いていて、買ってきたらすぐに食べることができるコンビニの存在はありがたいですよね。 コンビニに売っているものの中で、風邪のときに特におすすめなものをピックアップしてご紹介します。 おかゆ レトルトのおかゆは、レンジで温めればすぐに食べることができるので重宝します。 白粥、梅粥、卵粥、鮭粥と種類も豊富なので、自分の好きなものをいくつか買って常備しておくのがおすすめです。 食べられそうなときはただの白粥よりも梅や卵、鮭などが入っているものの方が栄養もあっておすすめです。 レトルトならば賞味期限も長いですから、熱があるときに買いに行かなくてもすみますね。 雑炊 だいぶ食欲が出てきたときは、おかゆよりも野菜などがたくさん入っていて栄養価が高く、しかも消化の良い雑炊がおすすめです。 雑炊もレトルトなどで出ていますから、常備しておくと良いでしょう。 カップスープ お湯を注ぐだけですぐに飲むことができるカップスープは体を温めてくれて風邪のときは効果大です。 カップスープにもいろいろな種類がありますが、 生姜入りのものは体を暖める効果が高いので、風邪の時に飲むにはよいでしょう。 カップスープの中には具だくさんで栄養価も高いものがありますから、よく見て選びましょう。 バナナ バナナは、風邪の時によい ビタミンCなどを豊富に含んでいる果物です。 消化酵素のアミラーゼも含まれているので、消化吸収が良くなり、早く元気になることができます。 食べやすく、買って来てすぐに食べられるので、風邪のときの栄養補給におすすめです。 ヨーグルト ヨーグルトは、風邪に対する 抵抗力を高める効果が期待できる食べ物です。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、体の中の善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内環境を整えてくれます。 その結果、風邪を引いて弱まってしまった体の 免疫力がアップします。 風邪を早く治すのはもちろん、予防のためにも積極的にとるようにしましょう。 風邪の時食べてはいけないもの 風邪が治ってきて何か食べられるようになったら「好きなものを食べたい」となるでしょう。 しかし、風邪のあとはまだ体調も万全ではないので、なんでも食べてよいわけではありません。 風邪のときは、 刺激の強いもの、脂っこいもの、冷たいものは我慢してください。 特に辛いもの、熱いものは風邪で弱っている胃や喉にはかなりの負担です。 すっかり良くなるまで控えてください。 肉類や揚げ物も、消化が良くないため疲れている胃腸への負担が大きすぎます。 これも元気になるまでしばしの我慢です。 消化の良いもの、温かいものを食べて元気になろう 風邪を引いたときにはコンビニに買い物に行く気力すらないときもありますよね。 風邪を引いたときのことを考えて、普段からカップスープやレトルトのおかゆ、雑炊などをいくつか買っておくとよいでしょう。 消化の良い温かいものを食べてゆっくり休んでいれば風邪も治ります。 風邪を引いてしまったら、消化の良いものを食べて、元気になるまで無理をしないでくださいね。

次の