横浜 アリーナ イベント 予定。 横浜アリーナに車で行くなら駐車場はココがおすすめ!混雑時の対策は?

横浜アリーナへのアクセス・最寄り駅

横浜 アリーナ イベント 予定

ケン・コーポレーションが2023年3月までに完成させる予定の「2万人規模の音楽専用アリーナ」と「地上21階建てホテル」や「20階建てオフィスビル」「2階建ての展示施設」のイメージ図(横浜市の発表資料より) 音楽向けホールが計画されているのは、 みなとみらい線の「新高島」や「みなとみらい」の駅に近いエリアで、なかには 横浜駅の東口(海側)から歩いてアクセスできる位置に計画されている施設もあります。 今月(2017年11月)発表されたのが、3つのなかで最大規模となる「 2万人規模の音楽専用アリーナ」です。 一昨年末まで横浜F・マリノスの練習場として使われていた「 マリノスタウン」の跡地などを使い、音楽専用アリーナのほか、 地上21階建てのホテル や20階建てのオフィスビル、2階建ての展示施設を整備する計画。 ぴあが2020年春に開業させる予定の地下1階・地上4階建て「1万人収容コンサートアリーナ」のイメージ図(ぴあのニュースリリースより) 一方、 みなとみらい駅から徒歩7~8分の首都高速みなとみらい出入口近くに計画されているのは、チケット販売で知られる「ぴあ」による地下1階・地上4階建ての「 1万人収容のコンサートアリーナ」。 2020年春に開業する計画とし、来月には工事が始まる予定です。 ぴあによると、今年7月の発表時点では「 民間企業の単独主導による1万人規模のアリーナ建設と運営は、国内でも初めての事例」(同社)だったといいます。 電車で1駅離れているとはいえ、 2万人と1万人の「アリーナ」が近距離に生まれることになります。 新高島駅徒歩3分、横浜駅からも徒歩10分ほどの場所に、地上15階・地下1階建てのホテルなどを含んだ複合ビルを三菱地所が建設し、このうち 1600人収容の本社オフィスと立席で2000人収容のライブハウス型ホール部分をコーエーテクモが取得。 Zepp(ゼップ)ブランドのライブ会場で知られるZeppホールネットワークとともに、「 (仮称)KT Zepp Yokohama」を2020年春に開業する計画とし、まもなくビルの建設工事が始まる予定です。 2020年から2022年の春までに、みなとみらいエリアでは、• コーエーテクモゲームスが本社を移し、2000人規模のライブハウス型ホールを設ける予定の15階建てビルが建設される予定地(9月撮影) ぴあ総研が今年9月に発表したライブ・エンタテインメント市場規模の調査によると、コンサートや演劇など ライブ市場は2016年に前年から2. これは、「 公演回数は増加しているものの、アリーナクラス会場での公演が減少した影響を受けて、1公演当たり動員数が低下しました」といい、「首都圏を中心に、 改修に伴う閉鎖や老朽化による解体が相次ぐことによってライブ会場が不足する『2016年問題』が、浮き彫りになる結果」(同調査)だと分析しています。 みなとみらいで次々と明らかになる音楽ホール計画は、 現時点で不足傾向が続く首都圏のライブ市場を反映したものとみられます。 ただ、日吉最大の企業であるコーエーテクモホールディングスの大部分が流出してしまううえ、横浜アリーナの稼働状況にも影響を与えるであろうこれらの計画は、 港北区から見ると、少なくとも手放しで喜べるという内容ではなさそうです。 【関連記事】 ・(2016年10月27日、横浜日吉新聞) ・(2016年8月10日、新横浜新聞) 【参考リンク】 ・( PDF、横浜市) ・( PDF、2017年11月8日横浜市、ケン・コーポレーションに売却するとの内容) ・( PDF、2017年7月20日) ・(2016年10月27日、コーエーテクモホールディングス) ・(2017年3月30日、Zeppホールネットワーク) ・(1994年開設、約5000席) ・(1998年開館、約2000席).

次の

和楽器バンド、横浜アリーナ公演を会場収容人数50%以内の定員で開催 ソーシャルディスタンスを確保した上で実施

横浜 アリーナ イベント 予定

ケン・コーポレーションが2023年3月までに完成させる予定の「2万人規模の音楽専用アリーナ」と「地上21階建てホテル」や「20階建てオフィスビル」「2階建ての展示施設」のイメージ図(横浜市の発表資料より) 音楽向けホールが計画されているのは、 みなとみらい線の「新高島」や「みなとみらい」の駅に近いエリアで、なかには 横浜駅の東口(海側)から歩いてアクセスできる位置に計画されている施設もあります。 今月(2017年11月)発表されたのが、3つのなかで最大規模となる「 2万人規模の音楽専用アリーナ」です。 一昨年末まで横浜F・マリノスの練習場として使われていた「 マリノスタウン」の跡地などを使い、音楽専用アリーナのほか、 地上21階建てのホテル や20階建てのオフィスビル、2階建ての展示施設を整備する計画。 ぴあが2020年春に開業させる予定の地下1階・地上4階建て「1万人収容コンサートアリーナ」のイメージ図(ぴあのニュースリリースより) 一方、 みなとみらい駅から徒歩7~8分の首都高速みなとみらい出入口近くに計画されているのは、チケット販売で知られる「ぴあ」による地下1階・地上4階建ての「 1万人収容のコンサートアリーナ」。 2020年春に開業する計画とし、来月には工事が始まる予定です。 ぴあによると、今年7月の発表時点では「 民間企業の単独主導による1万人規模のアリーナ建設と運営は、国内でも初めての事例」(同社)だったといいます。 電車で1駅離れているとはいえ、 2万人と1万人の「アリーナ」が近距離に生まれることになります。 新高島駅徒歩3分、横浜駅からも徒歩10分ほどの場所に、地上15階・地下1階建てのホテルなどを含んだ複合ビルを三菱地所が建設し、このうち 1600人収容の本社オフィスと立席で2000人収容のライブハウス型ホール部分をコーエーテクモが取得。 Zepp(ゼップ)ブランドのライブ会場で知られるZeppホールネットワークとともに、「 (仮称)KT Zepp Yokohama」を2020年春に開業する計画とし、まもなくビルの建設工事が始まる予定です。 2020年から2022年の春までに、みなとみらいエリアでは、• コーエーテクモゲームスが本社を移し、2000人規模のライブハウス型ホールを設ける予定の15階建てビルが建設される予定地(9月撮影) ぴあ総研が今年9月に発表したライブ・エンタテインメント市場規模の調査によると、コンサートや演劇など ライブ市場は2016年に前年から2. これは、「 公演回数は増加しているものの、アリーナクラス会場での公演が減少した影響を受けて、1公演当たり動員数が低下しました」といい、「首都圏を中心に、 改修に伴う閉鎖や老朽化による解体が相次ぐことによってライブ会場が不足する『2016年問題』が、浮き彫りになる結果」(同調査)だと分析しています。 みなとみらいで次々と明らかになる音楽ホール計画は、 現時点で不足傾向が続く首都圏のライブ市場を反映したものとみられます。 ただ、日吉最大の企業であるコーエーテクモホールディングスの大部分が流出してしまううえ、横浜アリーナの稼働状況にも影響を与えるであろうこれらの計画は、 港北区から見ると、少なくとも手放しで喜べるという内容ではなさそうです。 【関連記事】 ・(2016年10月27日、横浜日吉新聞) ・(2016年8月10日、新横浜新聞) 【参考リンク】 ・( PDF、横浜市) ・( PDF、2017年11月8日横浜市、ケン・コーポレーションに売却するとの内容) ・( PDF、2017年7月20日) ・(2016年10月27日、コーエーテクモホールディングス) ・(2017年3月30日、Zeppホールネットワーク) ・(1994年開設、約5000席) ・(1998年開館、約2000席).

次の

星野源「YELLOW PASS」限定イベント3月に横浜アリーナ&大阪城ホールで開催

横浜 アリーナ イベント 予定

スポンサーリンク 横浜アリーナに車で行くならこの駐車場がおすすめ! 年間を通じて人気アーティストやアイドルのライブ、各種イベントが様々行われる「横浜アリーナ」。 JR在来線や新幹線、地下鉄ブルーラインが乗り入れる「新横浜駅」から歩いて5分程の立地ということもあり、横浜アリーナには専用の駐車場がありませんね。 この辺りは、週末や休日はイベントがなくとも道路が混雑するところなので、予定しているライブやイベントに遅れないためにも公共交通機関を利用してアクセスするのが心配がなくて良いのは事実。 だけど、ちょっと遠方からアクセスする人などは、出発地によっては公共交通機関では不便で「車でのアクセスじゃないと・・・」ということだってありますよね。 横浜アリーナの周辺、特に新横浜駅周辺にはたくさんのコインパーキングがあり、時間にさえ余裕を持って来ればどこかの駐車場には停められるかな、と思います。 でも、 出来ることなら横浜アリーナに行きやすく、また、駐車料金も安ければもっと良いですね。 横浜アリーナ周辺に数ある駐車場の中でも特におすすめの駐車場がこちら。 スポンサーリンク 人気アイドルやアーティストのライブだと、当然のことながら駐車場利用者も多く満車になります。 早目に行って確実に駐車場の確保をするのは当然のことですが、帰りもまた注意が必要です。 満車だったところから一斉に車が出て行くとなると、出庫までに時間がかかることもあります。 事前精算をすることもできるのですが、場合によっては 事前精算をしてから出庫までに時間がかかり過ぎて結局出る時に 追加料金が発生してしまう、ということもあり得ます。 なので、お帰りの際には出庫の混雑具合を見ながら事前精算するか判断なさってくださいね。 いずれにせよ、最大料金600円なので、駐車時間が2時間超えたら慌てることもないですし。 また、お帰りが夜の場合は周辺の道は暗いです。 女性の一人歩きはちょっと怖いかも。 横浜アリーナ周辺の駐車場混雑時の対策は 横浜アリーナ近くのおすすめの駐車場をご紹介しましたが、場合によって周辺道路の混雑がひどいこともあります。 時間にたっぷりと余裕があればゆっくりと車が流れるのを待てば良いですが、ライブやイベントの開始時間が近付いてくると段々と不安になってきますね。 渋滞がなかなか緩和されず身動き取れなくなりそうだったら、早目に予定変更して別のところに駐車されるのもひとつの対策です。 隣の駅周辺の駐車場を利用する 例えば高速塘路を利用してくると、多くの方が「新横浜IC」か「港北IC」で一般道に降りますね。 そこから横浜アリーナ周辺までの距離は大したことはありませんが、渋滞している時って、この大したことない距離がものすごく遠く感じることもあります。 帰りのことも考えて、横浜アリーナや最寄りの新横浜駅周辺の駐車場は避けたい場合は、一つ隣の駅の周辺の駐車場を利用する、というのもアリかと思います。 インターチェンジ方面からだと、JRの「小机駅」やブルーラインの「北新横浜駅」が近いですが、私なら「北新横浜駅」周辺を選びます。 小机駅は駅前の県道12号線が週末や休日はいつも混んでいる印象があるので、出来ればこの周辺の道は避けたいです。 それに、もし県道12号線が混んでなければ横浜アリーナ周辺まですんなり行ける可能性が高いですし。 番外編:駐車場を事前に予約しておく これは当日になってからでは間に合いませんが、あなたが事前に駐車場情報を調べられているのであれば横浜アリーナ周辺の駐車場を予約しておくという手段もあります。

次の