録画ソフト おすすめ。 画面録画が簡単にできる大人気動画キャプチャソフトをフリーダウンロード。高画質な動画キャプチャができるシンプルで使いやすいソフトです。

高性能動画キャプチャーソフト

録画ソフト おすすめ

録画ソフトで声を録音できる 専用の録「音」ソフトは不要 録音といっても、必ずしも専用の録音ソフトは必要ありません。 なぜなら、 録画ソフトで自分の声を録音できるからです。 どういうことでしょうか。 ゲームを録画するさいを使うわけですが、一般的な録画ソフトには 声を録音する機能が搭載されています。 したがって、わざわざ録音ソフトを用意しなくてもよいのです。 重要なのは録画ソフトという点を覚えておいてください。 まとめ撮り、別撮りを覚えておこう もうひとつ重要なのが、 声を録音する方法の種類です。 2種類あります。 まとめ撮り : 初心者向き• 別撮り : 中・上級者向き 一般論としては、別撮りを推奨する人が多いでしょう。 しかし、 初心者に最適なのは、まとめ撮りです。 まとめ撮りとは 初心者に最適なやり方 まとめ撮りとは、ゲームを録画するさいに自分の声をそのまま動画に入れる方法です。 イメージとしては、以下のような流れになります。 ゲームを録画する。 録画中、マイクに向かって声を入れる。 録画を停止する。 動画を再生すると、 動画に自分の声が入っている。 簡単にできる この方法のメリットは、なんといっても簡単という点でしょう。 声の入れ方として、自然に理解できるはずです。 難しい部分がありません。 一般的な録画ソフトなら、まとめ撮りで声を入れることができます。 録画ソフトのほうで、 マイク音を録音する設定にして録画します。 マイク音とは、自分の声などマイクに入る音のことです。 動画に声が入っているわけですから、極端な話、録画してすぐにYouTubeやTwitterに投稿してもかまいません。 別撮りとは 別撮りとは、 ゲーム音とマイク音を分離したデータとして扱う方法です。 少し難度が高いやり方かもしれません。 重要なのは、 ゲーム音はゲーム音、マイク音はマイク音として、別々に編集できるという点です。 具体例で考えよう たとえば、ゲームを録画中、重要な場面で親フラになったとしましょう。 親の声がマイクに入ってしまいました。 このままだと困るので、録画後に行う動画編集でマイク音をミュート(消音)にしたい、すなわちマイク音を編集したいとします。 しかし、まとめ撮りだと「マイク音をミュートにして、ゲーム音はそのままにしておく」という編集ができません。 なぜなら、録音の時点でゲーム音・マイク音がひとつに合わさっているからです。 したがって、マイク音をミュートにするということは、すなわちゲーム音もミュートにするということにほかなりません。 別々に編集できないのです。 音声編集が自由自在 では、別撮りの場合はどうでしょうか。 この場合は、「マイク音をミュートにして、ゲーム音はそのままにしておく」ということができます。 なぜなら、 ゲーム音・マイク音がおたがいに独立した状態で録音されているからです。 ゲーム音はゲーム音、マイク音はマイク音で、それぞれ別々に編集ができるので、マイク音だけをミュートにできるわけです。 このページでは便宜上、「別撮り1」「別撮り2」と表記し、2種類のやり方を区別しています。 別撮り1は、従来からある伝統的なやり方です。 3つのソフトを用意しましょう。 録画ソフト - 録画(声なし)• 録音ソフト - 声を録音• 動画編集ソフト - 動画と声を合体 録音ソフトとしては、たとえばAudacity、SoundEngine、Auditionなどがあります。 これも以前からある手法ですが、あまり知られていません。 必要なものは以下のとおりです。 別撮り対応の録画ソフト• 以下の録画ソフトが対応しています。 いずれかを使用してください。 用途例 備考 TVゲーム用 が必要 TVゲーム用 キャプチャーボードが必要 PCゲーム用 設定例は PCゲーム用 Geforce Experienceの機能 Dxtory PCゲーム用 TV・PCゲーム用 設定例は TV・PCゲーム用 TV・PCゲーム用 OBS Studio、XSplit、Streamlabs OBSの3つは、です。 しかし、録画もできます。 ここは難しいかもしれません。 パッと見は1個の動画なのです。 しかし、中身を見ると3つのデータが入っているわけです。 マルチトラックが鍵 かりに、動画編集ソフトがマルチトラックの動画に対応していなかったとしましょう。 動画を読み込んでも、 ゲーム音またはマイク音のどちらかが再生されないのです。 そのため、「あれ?おかしいぞ?」と困る人が出てくるわけです。 別撮り2でやるのであれば、以下のような動画編集ソフトを使うとよいでしょう。 マルチトラックオーディオの読み込みに対応しています。 説明 プロ御用達の動画編集ソフト 無料版でも問題なし Vegas Pro バージョン16以降で対応 Premiere Rush PC・スマホ間で動画編集できる 補足 、およびは対応していません。 外部 この場合、別のソフトで 2つの音声を動画から抽出し(例 : )、動画編集ソフトで読み込んで対処する方法もあります。 これを計2回繰り返せば、2個の音声ファイルが生成されます。 録画ソフトの、およびについては、別撮りで1個の動画と1個の音声ファイル(マイク音)を生成できます。 これならば、マルチトラックについて注意する必要はありません。 まとめ もし ゲーム実況が初めてなら、まとめ撮りにしてください。 デメリットはありますが、最初は動画を完成させることのほうが重要です。 別撮りについては、「説明が難しかった」と感じる人が多いでしょう。 別撮りのやり方は複数あり、使用する録画ソフト・動画編集ソフトによって注意点も違ってきます。 最初は苦戦するかもしれません。 筆者としては、 まとめ撮りで始めて、慣れてきたら必要に応じて別撮りに移行するという流れを推奨します。

次の

Windows・Macの画面録画ソフトおすすめ7選【2018年】 [パソコンソフト] All About

録画ソフト おすすめ

無料のものは開発がストップしていたり、機能性が悪く、使いづらいことが多いです。 一方、有料版は毎年バージョンアップをし、年々良くなっていく傾向があります。 相場としては家庭用は6,000円~15,000円くらい、プロ用は月額制もありますが概ね6万円前後です。 家庭用に関しては値段が高い方が絶対に良いということはありません。 作りたい動画がちょっとした家族の記録動画であれば、無料ソフトでも十分作ることはできます。 もう少しステップアップしたい方、将来プロを目指している方等、その用途にあったソフトを選ぶようにしましょう。 まずは体験版の試用をおすすめします。 2 必要な機能があるか 4Kに対応しているか、画面録画や声の録音、DVD、Blu-rayが焼けるか、自動編集機能はあるか、など確認しましょう。 こういった高度な機能は無料版にはほとんどないので注意してください。 4K編集をするにはハイスペックのパソコンも必要なので扱いには注意しましょう。 360度 360度動画を編集できる機能です。 まだ360度動画が普及していないので対応ソフトは少ないです。 アクションカメラ アクションカメラに対応した手振れ補正やゆがみ補正などの機能です。 通常のソフトでも編集は可能ですが、より細かい機能がわかりやすく区別されています。 これがないと縦動画の左右に黒い帯ができてしまいます。 画面録画 パソコン画面などを動画としてスクリーンキャプチャできる機能です。 ゲーム実況などに必須です。 自動編集 動画や写真、音楽、テーマなどを選んでボタンを押すと自動で編集してくれる機能です。 この機能がないソフトを使う場合、別のソフトを使って焼く必要があります。 3 自分のパソコンとの相性 OSがWindowsかMacかで対応しているソフトはまったく違います。 また、プロ向けの高性能ソフトを低スペックパソコンで使うと動きが遅かったり途中で止まってしまったりします。 編集ソフトの多くは体験版があるので購入前に必ずパソコンに入れて確認してみましょう。 動画編集用パソコンについては以下の記事を参考にしてみてください。 【参考】 以上を基準に、実際使ってみた使いやすさなどを加え、OS別で動画編集ソフトランキングを解説していきます。 9 ~ 10. 1位 PowerDirector PowerDirectorは、デジタル家電やソフトウェアなどの年間販売台数を決めるで5年連続1位になったサイバーリンクの動画編集ソフトです。 カット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、その他特殊効果、書き出しなどが行えます。 動作も他のソフトと比べても軽く、使いやすいのが特徴です。 運動会などのイベントや、結婚式用のスライドショー動画はもちろん、ビジネス用の会社PR動画など幅広く作ることができます。 また、付属ソフトのScreen Recoderでパソコン画面を自由に録画できる機能もあり、ゲーム実況動画の作成などにも使えます。 その他、自動編集モード、360度動画編集、ビデオコラージュデザイナー、Blu-ray、DVD、CDへの書き込み、アクションカメラ、縦動画対応など、他の家庭用ソフトにない充実した機能をもっています。 パソコンの必要スペックは低~中級で、特に他のソフトへのこだわりがなければ、 がおすすめです。 買い切りとサブスクリプション版の違いとは? 1 買い切りの場合は、12,980円~で、最新機能を継続して使うためには1年に一度有料アップデートが必要です。 アップデートしなくても古い機能のままでよければずっと使い続けることもできます。 一方、 2 サブスクリプション版は、年6,980円でアップデート無料です。 しかも通常有料の動画アドオン(結婚式や旅行用のデザインテンプレート)、BGM効果音もすべて無料で使えます。 ウェディングパックは通常は4,380円なので、結婚式用に使う場合は買い切りのUltraよりも、サブスクリプション版の方がお得です。 またサブスク通常版と上位版の違いですが、動画編集機能はまったく同じです。 上位版にはさらに写真加工ソフト、音楽編集ソフト、動画の色調変更ソフトなどが付いてきます。 265 、M2T、M2TS、M4V、MKV、MOD、MOV H. Adobe(アドビ)社はプロ向けの動画編集ソフトなど、CG関連全般で世界的なシェアを持つ会社です。 そのAdobe社が一般向けに作ったソフトなので、機能はプロ用並みに充実しています。 2020年になっても縦動画に対応していないのが気になりますが、使いやすく素晴らしいソフトです。 ただし高機能な反面、パソコンによっては動作が重い場合があります。 一度体験版を使ってみて自分のパソコンにあうか確認してください。 またなぜかVer. 2019からBlu-ray焼機能が削除されました。 プロ版のAdobeCCでもEncoreというDVD、Blu-ray焼ソフトが廃止になったので、Adobe社の方針として「これからはクラウドに保存してね」ということなのでしょう。 とはいえ日本ではまだDVD、Blu-rayは需要があります。 DVD、Blu-rayを焼きたい方はがおすすめです。 265 、M2T、M2TS、M4V、MKV、MOD、MOV H. 基本的なカット編集、テキストテロップ、BGM音楽、トランジション効果など、動画編集に必要な機能はすべてそろっています。 2020ではさらに4Kディスプレイサポートや、スマートムービークリエーターなど新機能が追加されています。 開発したCorel(コーレル)社は、カナダのソフトウェアメーカーです。 Corelは、動画編集ソフトや、CGイラスト、写真に関するソフトなどを販売しています。 私の環境だけなのか動作が不安定で落ちることが増えたように思います。 また機能が多すぎて、初心者向けというには扱いが難しいです。 旧バージョンの2019と比べて、多少機能が増えていますが、『使いやすさ』という点においてはほぼ昔から変化がありません。 特に音声ミキサーとリップル編集が使いづらく、非常に不親切な設計になっているように思います。 同じ機能であればの方が使いやすいです。 古いバージョンから使っていた方や、どうしてもこのソフトがいいかたは、まずは体験版で試してみてください。 4位 GOM Mix Pro GOM Mix Pro(ゴムミックスプロ)は、動画編集の入門者向けの家庭用ソフトです。 他の有料動画編集ソフトが、多機能、高機能すぎて操作が難しい中、GOM Mix Proは初心者に優しい設計のソフトです。 専門用語もほぼなく、各種機能も必要最低限に絞られているのでとても分かりやすいのが特徴です。 機能が限られているとはいえ、基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなど、家庭用ソフトとして必要な機能はすべてそろっています。 また高度な機能が省かれている分、料金がとても安く5,500円。 2017年発売の新しいソフトですが、アップデートするたびにどんどん良いソフトになってきています。 ただし、複数の映像・音声トラックの追加はできないので、自分の思い通りに色々細かく編集したい人には不向きです。 5位 Microsoftフォト Microsoftビデオエディター(フォト)は、Windows10に初めから入っているMicrosoft製の簡易的な動画編集ソフトです。 人気の無料動画編集ソフトムービーメーカーが開発終了になり、公式ダウンロードも停止してしまいました。 ミラーサイトでムービーメーカーをダウンロードすることもできますがウイルスが仕込まれている可能性などがあるため注意が必要です。 その代わりにMicrosoftは、この『フォト』を使うように薦めています。 フォトは簡易的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、フィルタ、書き出しなどを行うことができます。 ムービーメーカーほど自由ではありませんが、家庭でカンタンな動画を作るのには向いています。 ちなみに以前は『フォト』という名前で、Widows10のフォトアプリを起動させていましたが、いまは『ビデオエディター』という名前でWindowsに登録されています。 フォトアプリを開いてもビデオエディターを使うこともできますし、ビデオエディターから開いてもOKです。 機能は有料版には及びませんが、無料版にしては高機能だったため重宝されていました。 しかし、有料化したことで、かなり中途半端なソフトになってしまいました。 試用期間は30日程度、プロジェクトの保存を数回すると無料使用不可になります。 7,000円払うのであれば、他の有料ソフトを買うことをおすすめします。 対応動画 avi, mpeg, wmv, divX, Xvid, mpeg, mp4, mov, vob, ogm, H. 264, RMなど 対応写真 apng、bmp、gif、jpg、png、tifなど 対応音声 wav、mp3、m4a、mid、flac、aac、wma、au、aiff、ogg、raw、dvf、voxなど 第14位 みんなのフォトムービー(NeroVideo) みんなのフォトムービー(NeroVideo)は家庭用の有料動画編集ソフトです。 Amazonで購入する場合、名称は『みんなのフォトムービー』ですが、実際インストールすると『NeroVideo』という名前のソフトになるので注意が必要です。 まったく説明がなく不親切なので、この時点ですでにおすすめしません。 みんなのフォトムービー(NeroVideo)はドイツのソフトウェアメーカーが開発販売している動画編集ソフトです。 日本のAmanzonではが販売しています。 Nero日本公式サイトでは『NeroVideo2019』という名前で発売しており、Amazonではなぜか『みんなのフォトムービー』になっています。 ソフト名は『NeroVideo』なので、『みんなのフォトムービー』などというソフトは存在しないことになります。 なぜジャングルがこのような方法をとっているか分かりません。 『NeroVideo』を使っても『みんなのフォトムービー』という印象からは程遠いソフトです。 写真を使った動画編集機能はありますが、メインは通常の動画編集ソフトです。 また、操作方法も解説に書いてあるように簡単ではありません。 値段も公式よりも高く、謎が多いです。 基本的にはマウスクリックで次のページに進むスライドショー作成ソフトなのですが、実は既存のプレゼンデータなどを基に動画を作ることもできます。 1枚何秒間表示されるか一括指定したり、すべてのタイミングを制御した動画を作ることも可能です。 またテキストテロップ、写真、動画、音楽データの入力、表示効果のアニメーションのテンプレートもたくさんあります。 第16位 VSDC Free Video Editor VSDC Free Video Editorは、Flash-Integro LLCが開発したWindows用の動画編集ソフトです。 プロ版もありますが、無料版でも基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、書き出しなどが行えます。 長さ制限やロゴの透かし表示などもありません。 色々な機能があるこのソフトですが難点があります。 それは非常に使いづらい、ということです。 とにかくボタンが多く、何がどこにあるか初見で分かる人はいないでしょう。 動画編集ソフトを30本以上レビューしてきた私でも理解するのにものすごく時間がかかりました。 無料とはいえ、おすすめはできません。 特にエフェクトやトランジションの編集画面がかなり難解で、なぜ別画面に表示されてしまうのか謎です。 どうしても使いたい場合は公式ページにがあるので、それを参考にしてみてください。 正直使い勝手が悪く、また機能にも不具合が多いのでおすすめできないソフトです。 基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しなどができます。 しかし、細かい部分でできないことが多く、使い物になりません。 例えば音量調整機能はほぼ機能していませんし、タイムラインを再生すると初めに変な音が入ります。 テキストの編集も自由度が低く、素材の吸着機能も弱いのでキレイに並べることができません。 フリーとはいえ、あえてこのソフトを使う理由はないでしょう。 動画編集ソフトといってもできることはあまり多くありません。 主な機能は、動画のカットトリミング、各種フィルタ、動画出力など。 無料の動画編集ソフト紹介ページの多くに、このAvidemuxが載ってありますが当サイトではまったくおすすめしません。 導入や使い勝手も悪く、機能も必要なものがほとんどありません。 無料の動画編集ソフトを使いたい場合は、Windows10の方はがおすすめです。 より高機能なフリーソフトはか、ですが、どちらも使い勝手が悪いです。 かなり大昔のソフトなので、2020年現在主流の動画編集とは比べ物にならないくらい機能が少ないソフトです。 また基本的にはavi形式での編集なので時代にそぐわない過去のソフトといってもいいでしょう。 動画編集ソフトのおすすめ記事などでよく掲載されていますが、そういうサイトは使ってもいないのに数合わせで掲載しているので注意してください。 当サイトでは注意喚起として掲載しています。 特別な理由がない限り使わないでください。 かなり使いにくいカット編集、明るさや色調補正、書き出しなどができます。 専用プラグインを読み込めばwmvなどのファイルも読み込めますが、フリーでよい動画編集ソフトがある中、あえてこれを選ぶ必要はありません。 Windows 4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray Free Video Editorとは? Free Video Editorは、Windows用のカット専門の古い動画編集ソフトです。 かつてはフリーソフトでしたが、現在は年19$か買い切りで29$の有料ソフトです。 無料版では出力した動画にウォーターマークが入るの注意してください。 基本的には入力した動画の必要な部分を複数指定してカットするのに特化したソフトです。 2020年主流の動画編集ソフトとは別物です。 動画編集ソフトのおすすめ記事などでよく掲載されていますが、そういうサイトは使ってもいないのに数合わせで掲載しているので注意してください。 当サイトでは注意喚起として掲載しています。 特別な理由がない限り使わないでください。 対応動画. mpg,. mpeg,. m1v,. m2v 、MPEG-4 動画ファイル:. mp4,. m4v,. 3gp,. 3g2,. 3gp2 、QuickTime 動画ファイル: H. 264でエンコードされた. mov、MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ 、カムコーダーファイル:. dv,. mod,. tod,. mts,. m2ts,. m2t 、Flash 動画:. flv,. f4v 、Windows Media:. wmv,. asf 、Audio Visual Interleave:. avi 、Matroska 動画 ファイル: H. 264でエンコードされた. mkv、 MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ 、HTML5 動画 ファイル:. mp4,. webm,. ogv 、暗号化されていないDVDファイル:. vob,. vro 対応写真. jpg,. png,. bmp,. gif,. tif,. tiff 対応音声. mp3,. m4a,. wav,. wma,. ogg,. flac,. aac,. aif,. 1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、10. 11(El Capitan)日本語版、10. 12(Sierra)日本語版、10. 映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。 また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。 プロを目指している方や、家庭用動画編集ソフトからさらにステップアップしたい人におすすめ。 月額での利用ができるので、気軽に始めることができる。 対応動画 3gp 、3g2 、asf、avi 、dv 、flv 、4fv 、gif 、m1v 、m2t 、m2ts 、m4v 、mov 、mp4 、mpe、mpeg、mpg 、m2v 、mts 、mxf 、mxf 、mxf 、mxf 、mxf 、mov 、mxf 、ari 、cine 、dng 、mxf 、r3d 、swf 、vob 、wmv 対応写真 ai、eps、bmp、dib、rle、dpx、eps、、gif、、ico 、jpeg、jpg、jpe、jfif、、pict、、png、、psd、、psq、、ptl、prtl、、tga、icb、vda、vst、、tif、tiff 対応音声 aac、ac3、aif、aiff、asnd、avi、bwf、m4a、mp3 、wma、wav Adobe Premiere Pro CCの使い方解説動画 2位 DaVinci Resolve は、オーストラリアの映像メーカーであるBlackmagic Design(ブラックマジックデザイン)社が開発している映像編集ソフトです。 基本的にはプロ向け業務用ソフトですが、一部の高度な機能を制限したバージョンのみ無料で公開しています。 日本語でも使えるので、映像のプロを目指しているけどコストがかけられない人や、試しに無料の高機能ソフトを使ってみたい方におすすめです。 家庭用としては高機能すぎて使いにくいのであまりおすすめしません。 家庭用動画編集ソフトには必ずある結婚式や誕生日、運動会用などのイベントテンプレートもありません。 無料なのは魅力ですが、あくまで家庭用としての使い方であればがおすすめです。 高機能ですが、価格もまた家庭用ソフトと比べると高くなっています。 プロ向けの動画編集ソフトといえば、Adobe Premiereが一般的ですが、Vegas Proも性能的にはまったく劣っていません。 十分、制作に使えるレベルに仕上がっています。 もちろんプロ用としてだけでなく、ハイエンドな一般向けとしても優秀なソフトです。 対応動画 AA3、AAF、AIF、ASF、AU、AVC、AVCHD、AVI、BMP、BWF、CDA、DIG、DLX、DPX、DV、EXR、FLAC、GIF、H. 264、HDP、IVC、JPEG、M2T、M2TS、MVC、MOV、Sony MXF(XDCAM および HDCAM SR)、MP3、MP4、M4A、MPEG-1 および MPEG-2 ビデオ、MPO、OGG、OMA、Panasonic MXF(DVCPRO、AVC-Intra)、PCA、PNG、PSD、QT、R3D、SFA、SND、TIFF、TGA、VOX、W64、WAV、WDP、WMA、WMV、XAVC Intra MXF、XAVC S 対応写真 対応音声 6位以下 6位 Blender Blenderはフリーの高機能3DCG制作ソフトです。 エヴァンゲリオンを制作しているはこのBlenderを使った3DCGを作っています。 このBlenderですが、3DCGだけでなく動画編集をすることもできます。 ただし、動画編集機能はおまけみたいなもので、使い勝手はあまりよくありません。 Blenderを使いながら、ちょっとだけ編集をしたい、という方以外にはおすすめできません。 一応、基本的なカット編集トリミング、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、書き出しなどできます。 しかし、一般的な動画編集ソフトと比べると、かなり独特で戸惑うことが多いです。 Filmora(フィモーラ)といえば家庭用の使いやすいおしゃれな動画編集ソフトのブランドです。 しかし家庭用なので、高度で細かい編集機能はあえて省かれていました。 そこで新たに開発されたのが高機能動画編集ソフトFilmoraProです(たぶん)。 今まで以上により高度なエフェクト機能、タイトル、詳細コントロール、スコープ機能、レイアウト、オーディオミキサー、出力詳細設定などが使えます。 AdobePremiereProに近いことをFilmoraでできるようになった、という印象です。 ここまでそろって値段が買い切りで21,980円とプロ向け編集ソフトの中ではリーズナブル。 ただし、テレビや映画、CM制作向けというよりは、より高度な動画を自社の宣伝用に作りたい場合や、ウェブムービー、こだわりのあるYouTuberなどセミプロ向けといった印象です。 本格的な業務用としては、2019年発売なので普及率も低く、あえて選ぶ要素はありません。 対応動画 mpg、 mpeg、 mpv、m1v、mpg、 mpeg、 m2p、m2v、mpg、 ts、 m2t、 m2ts、 mts、mp4、 m4v、 m4a、 mov、 264、mp4、 hevc、 265、pgmx、 mkv、mp4、mkv、dvr-ms、 wtv、mod、mov、 qt、 mp4、 m4a、 m4v、 3gp、 3g2、 amc、 dvdivx、 avi、wmv、 asf、webm、ogv、 ogx、dv0、iso 対応写真 bmp、 jpg、 jpeg、 psd、 png、 wmf、 emf、 jpe、 rle、 dib exif、 jfif、 gif、 wdp、 tiff、 jxr、 tif、 ico、 icon、 sgi、 tga、 dpx 対応音声 mp2 、mp3、ac3、ec3 、aac、fla, 、flac、mkv 、mka、wav、av、wma、Vorbis形式 、oga 、ogg、aif, aiff、VFAPI で正常に読み込めるもの、Direct Show で正常に読み込めるもの、Media Foundation で正常に読み込めるもの Adobe After Effects CC for Windows 高度なCG制作ソフト。 動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。 Adobe Premiere Pro CCと連携して使うことが多く、PhotoShopなどのセットで購入するとお得。 使い方はPremiere Proと共通点があるので、他ソフトで連携できるものがあるが、やはりAdobe製品に統一するのがおすすめ。 対応動画 対応写真 対応音声 動画編集ソフト無料おすすめまとめ Windows Windows用のフリー動画編集ソフトの解説まとめです。 ・ 動画編集ソフト有料おすすめまとめ Windows Windows用の有料動画編集ソフトの解説まとめです。 ・ 動画編集ソフト総合おすすめまとめ Windows ・入門向け• 1位 Power Director• 2位 Adobe Premiere Elements for Windows• 3位 VideoStudio• 4位 GOM Mix Pro• 5位 Microsoftフォト• 6位 IcecreamVideoEditor• 7位 Shotcut• 8位 MovieStudio• 9位 Olive• 10位 Windowsムービーメーカー• 11位 Lightworks for Windows(無料版)• 12位 AviUtl• 13位 VideoPad for Windows• 14位 みんなのフォトムービー(NeroVideo)• 15位 PowerPoint• 16位 VSDC Free Video Editor• OpenShot Video Editor• Avidemux• VirtualDub• Free Video Editor• Filmora9 ・プロ向け• 1位 Adobe Premiere Pro CC for Windows• 2位 DaVinci Resolve• 3位 Avid Media Compose First• 4位 EDIUS Pro• 5位 Vegas Pro• 6位 Blender• FilmoraPro• TMPGEnc Video Mastering Works• 9 ~ 10. iMovieはかつては1,500円ほどでしたが、現在は無料で公開されています。 古いOSの場合は、最新版をインストールすることができない場合があります。 動画、写真の取り込み、基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、音声編集、テキストテロップ(タイトル)の挿入、トランジション効果、ピクチャーインピクチャー、画質調整、手振れ補正等、無料とは思えないほど充実した機能を持っています。 Macパソコンを持っているなら、まず一度使ってみることをおすすめします。 2位 Final Cut Pro X Final Cut Pro XとはApple社が開発した有料のハイエンド動画編集ソフトです。 値段は36,800円。 一応プロ向け、ということになっていますが、どちらかというと家庭用動画編集ソフトiMovieの高機能バージョンと思った方がよいです。 動画編集機能は、動画、写真の取り込み、基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ(タイトル)の挿入、トランジション効果など基本的なものはすべてそろっています。 かつてはパソコンを使った動画編集ソフトとして革命的な存在でしたが、バージョンXになってからプロ用としては使いづらいものになりました。 シェアの多くはのMac版に移ったようです。 しかし、ライバルソフトのAdobe Premiere Pro CCは、完全にプロ向けで一般向けではありません。 ソフトの性能と値段をPremiere Proと比較すると、MacユーザーかつハイアマチュアやYouTuberには、Final Cut Proの方がおすすめだと思います。 実際、人気YouTuberのHIKAKINさんは、FinalCutProXユーザーです。 3位 Adobe Premiere Elements for Mac Adobe Premiere Elementsは、Adobeのプロ用ソフトの一般家庭用版です。 機能はプロ用とほぼそん色なく、直感的な操作が可能。 ただし、動作が重いため中~高スペックパソコンのユーザー向け。 ストレスなく動くか、一度体験版での確認が必須です。 動画編集を将来仕事で使ったり、プロを目指している場合だとAdobe Premiere Pro CCの練習としてなら、FinalCutよりもElementsがおすすめ。 ただし、1万円を超えるソフトなので、思い切ってAdobe Premiere Pro CCを契約するのもあり。 学生だと安いプラン有。 対応動画 AVCHD(読み込みのみ)、DV-AVI(Windowsでは読み込み/書き出し、Mac OSでは読み込みのみ)、DVD、H. 264、HDV、MPEG-1(読み込みのみ)、MPEG-2、MPEG-4、MP3、QuickTime、Windows Media(Windowsのみ)など。 一部のファイル形式の読み込み/書き出しには、インターネット経由でライセンス認証をおこなう必要があります。 ライセンス認証の手続きは無料で、短時間で簡単に完了します。 対応写真 対応音声 4位 Movavi Video Editor for Mac Movavi Video Editor 14は、動画編集の入門者向けの安価な有料ソフトウェアです。 基本的なカット編集、BGMの挿入、豊富なフィルタや、シンプルな構成で初心者向きにやさしい設計になっているのが特徴です。 シンプルなソフトなので、特にパソコン操作に自信のない方や、動画編集をしたことない方などにおすすめです。 3つの種類がありますが、まずはVideoEditor14の体験版を使ってみてください。 動画編集ソフトはパソコンのパワーをたくさん使います。 せっかく編集ソフトを買ったのに、パソコンと相性が悪く使いづらい、なんてことがあります。 それを防止するために必ずまずは体験版を使ってみましょう。 その上で購入検討してください。 他の家庭用動画編集ソフトは1万円以上するものが多いので、Movavi Video Editor 14の4,700円は買いやすい値段ではあります。 対応動画 ProRes, Avid DNxHD, AVC-Intra, DVCPRO HD, RED R3D, DPX, AVCHD with AC3 audio , H. 機能は有料版には及びませんが、無料版にしては高機能だったため重宝されていました。 しかし、有料化したことで、かなり中途半端なソフトに。 MacユーザーにはiMovieがおすすめ。 試用期間は30日程度、プロジェクトの保存を数回以上すると無料使用不可になります。 7,000円払うのであれば、他の有料ソフトを買うことをおすすめします。 対応動画 avi, mpeg, wmv, divX, Xvid, mpeg, mp4, mov, vob, ogm, H. 正直使い勝手が悪く、また機能にも不具合が多いのでおすすめできないソフトです。 基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しなどができます。 しかし、細かい部分でできないことが多く、使い物になりません。 例えば音量調整機能はほぼ機能していませんし、タイムラインを再生すると初めに変な音が入ります。 テキストの編集も自由度が低く、素材の吸着機能も弱いのでキレイに並べることができません。 フリーとはいえ、あえてこのソフトを使う理由はないでしょう。 対応動画. mpg,. mpeg,. m1v,. m2v 、MPEG-4 動画ファイル:. mp4,. m4v,. 3gp,. 3g2,. 3gp2 、QuickTime 動画ファイル: H. 264でエンコードされた. mov、MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ 、カムコーダーファイル:. dv,. mod,. tod,. mts,. m2ts,. m2t 、Flash 動画:. flv,. f4v 、Windows Media:. wmv,. asf 、Audio Visual Interleave:. avi 、Matroska 動画 ファイル: H. 264でエンコードされた. mkv、 MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ 、HTML5 動画 ファイル:. mp4,. webm,. ogv 、暗号化されていないDVDファイル:. vob,. vro 対応写真. jpg,. png,. bmp,. gif,. tif,. tiff 対応音声. mp3,. m4a,. wav,. wma,. ogg,. flac,. aac,. aif,. 9 ~ 10. 映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。 また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。 プロを目指している方はFinal Cut Pro Xよりおすすめ。 家庭用動画編集ソフトからさらにステップアップしたい人にはFinal Cut Pro Xがおすすめ。 月額での利用ができるので気軽に始めることができる。 対応動画 対応写真 対応音声 その他 FilmoraPro FilmoraProは、映像プロフェッショナルのために開発された新しいFilmoraブランドの高機能動画編集ソフトです。 Filmora(フィモーラ)といえば家庭用の使いやすいおしゃれな動画編集ソフトのブランドです。 しかし家庭用なので、高度で細かい編集機能はあえて省かれていました。 そこで新たに開発されたのが高機能動画編集ソフトFilmoraProです(たぶん)。 今まで以上により高度なエフェクト機能、タイトル、詳細コントロール、スコープ機能、レイアウト、オーディオミキサー、出力詳細設定などが使えます。 AdobePremiereProに近いことをFilmoraでできるようになった、という印象です。 ここまでそろって値段が買い切りで21,980円とプロ向け編集ソフトの中ではリーズナブル。 ただし、テレビや映画、CM制作向けというよりは、より高度な動画を自社の宣伝用に作りたい場合や、ウェブムービー、こだわりのあるYouTuberなどセミプロ向けといった印象です。 本格的な業務用としては、2019年発売なので普及率も低く、あえて選ぶ要素はありません。 9 ~ 10. ・ 動画編集ソフト有料おすすめまとめ Mac Mac用の有料動画編集ソフトの解説まとめです。 ・ 動画編集ソフト総合おすすめまとめ Mac ・入門向け• 2位 Final Cut Pro X• 3位 Adobe Premiere Elements for Mac• 4位 Movavi Video Editor• 5位 Shotcut• 6位 Olive• 7位 Lightworks for Mac(無料版)• 8位 VideoPad for Mac• OpenShot Video Editor• Filmora9 ・プロ向け• 1位 Adobe Premiere Pro CC for Mac• 2位 DaVinci Resolve• 3位 Adobe After Effects CC for Mac• FilmoraPro ブラウザ用動画編集ソフトの解説 ブラウザ動画編集は、WindowsやMacなどのOSにインストールするソフトではありません。 パソコンにインストールしているブラウザ(IE、GoogleChrome、Safariなど)上で動画を編集することができるクラウドサービスです。 ブラウザ動画編集は、あまり種類が多くありません。 YouTubeエディタは2020年未明にいつの間にか復活しました。。 今後増えていき、良いサービスが産まれるかもしれません。

次の

画面録画が簡単にできる大人気動画キャプチャソフトをフリーダウンロード。高画質な動画キャプチャができるシンプルで使いやすいソフトです。

録画ソフト おすすめ

パソコン画面録画にあたり、どのような「動画キャプチャ ーソフト」を利用するのかは非常に重要なことです。 ただ、 動画キャプチャーソフトには、無料・有料ともに多くの種類があり、どれがよいのか分からずに悩んでしまう方が多いのも事実。 ここでは、無料・有料を含めておすすめの動画キャプチャ ーソフト5選を紹介しているので、動画キャプチャソフト選び際の参考にしてみてください。 動画キャプチャ ーソフト Filmora Scrnのダウンロード: 動画キャプチャ ーソフト選びで大事なこと 動画キャプチャ ーソフトとはPCツールのひとつで、 パソコン画面を録画する録画ソフトです。 「デスクトップキャプチャーソフト」と呼ばれることもあります。 動画キャプチャソフトは有料・無料ともに多くのソフトが存在しており、備わっている機能や使いやすさはソフトによって多種多様です。 機能が多い反面使いにくいソフトもあれば、反対に機能が必要十分で使いやすいソフトもあります。 ただし、最適な動画キャプチャソフトは利用する場面やパソコンの環境による部分が大きく、一概にベストものを断定できないのも事実です。 有料ソフトが、必ずしも優秀とは限りません。 そのため、自分にあったソフトを見つけるためには、利用目的とパソコンの環境をきちんと把握しておくことが大切です。 おすすめの動画キャプチャ ー・録画ソフト5選 おすすめの動画キャプチャ ー・録画ソフト5選をランキング形式で紹介します。 オススメ 録画ソフト1位. Filmora Scrn: は豊富な機能と簡単操作が特徴の動画キャプチャ ーソフトです。 有料版との違いは、強制的に動画に組み込まれてしまうロゴのみ。 まずは無料版で試してみて、気に入れば有料版を購入するというのが通常の流れになると思います。 機能の特徴は以下の通りです。 ・録画するパソコンの画面をフル画面または指定した任意の範囲の録画のいずれかを選択できる。 ・録画する音声は、パソコンの画面に流れている音のみ・パソコンの画面に流れている音+マイクの音声・マイクの音声のみのいずれかを選択できる。 つまり、映像だけを先に録音し、解説の音声だけを後撮りすることや、ゲームをプレイしながらマイクで実況音声を同時に録画することも可能です。 ・録画する際に15fps~120fpsの幅で調整できるため、ゲームプレイ動画の録音も可能。 ・パソコン画面の動画キャプチャだけでなく、ウェブカメラの映像も同時に録画できる。 ・録画した映像を保存する時は「MOV」と「MP4」の2種類から選択でき、アップロードしたい動画投稿サイトの推奨形式に合わせて変更できる。 このような 録画ソフトを使うのが初めてという人でも直感で操作ができる機能性は非常に魅力的ですので、一度無料版を試用されることを推奨いたします。 オススメ 録画ソフト2位. Bandicam: 「Bandicam」は、ディスプレイ上のゲーム画面を録画したい方には特におすすめの有料動画キャプチャーソフトです。 264」「Xvid」「MPEG-1」「Motion JPEG」「YV12」「RGB24」などのビデオ用コーデックの指定および外部コーデックの指定をすることができます。 体験版だと録画時間が10分まで、強制のロゴ表示といった制限がありますので、わずらわしさを感じるようであれば製品版を購入してはいかがでしょうか。 オススメ 録画ソフト3位. Flashback Express: 「Flashback Express」には、「無料版」「通常版」「プロフェッショナル版」の3種類があります。 無料版でもパソコン画面の録画、アップロードは可能です。 一方、動画編集をすることができませんので、編集をしたい場合は別のソフトを併用する必要があります。 無料版では手の込んだ作業はできませんが、「とにかくデスクトップを録画したい」という方にはおすすめです。 オススメ 録画ソフト4位. AG-デスクトップレコーダー: 「AG-デスクトップレコーダー」は、AGM形式での録画が可能な無料動画キャプチャーソフトです。 AGAの他にも「wmv」「avi」「mp4」形式での保存もできます。 特徴としては、パソコンにかかる負荷が非常に低く、 高画質録画が可能なことがあげられます。 一方で音ズレが発生しやすく、録画範囲を設定できる機能が付いていません。 オススメ 録画ソフト5位. oCam: 「oCam」は、操作が簡単で初心者にも扱いやすい 無料動画キャプチャーソフトです。 動画ファイル形式は「avi」に対応しています。 マイク音声の同時録画はもちろんのこと、マウスによる範囲指定も行えます。 広告が多いという大きな欠点があるものの、完全無料であること考えると十分な機能を備えていると言えるでしょう。 ご紹介した中でも、はゲーム画面、デスクトップ画面、そのどちらにも対応した万能動画キャプチャーソフトと言えます。 操作が簡単かつ編集機能も豊富なので、初心者にもおすすめです。 これまで動画キャプチャソフトを扱った経験のない方は、使用感を知る意味でも、まずはFilmora Scrnの無料体験版を利用してみるとよいでしょう。

次の