スーパー ミラクル ジャグラー ツール。 ミラクルジャグラー 設定判別ツール

スーパーミラクルジャグラー 設定判別・解析攻略まとめ

スーパー ミラクル ジャグラー ツール

機械割 設定1 96. 3 ぶどう確率 現時点では公式なデータはありません。 機械割から推測するに、ミラクルジャグラーとほぼ同じではないか?と考えられます。 カウントしながら、複数の条件を入力すれば自動で設定推測し、 ぶどう逆算も出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使えば全て簡単にできます! ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 スーパーミラクルジャグラーその他の情報リンクまとめ 【スーパーミラクルジャグラー全設定】設定1〜設定6へのリンク• ミラクルジャグラー設定1~設定6へのリンク•

次の

スーパーミラクルジャグラー 設定判別!設定6を掴むための立ち回り!

スーパー ミラクル ジャグラー ツール

さて、今回は スーパーミラクルジャグラーの設定6から設定1のグラフを比較して 特徴と設定差をお伝えしたいと思います。 スーパーミラクルジャグラーは記事投稿時では解析も出ていませんが ファンキージャグラーも解析が出ていないので 今後は敢えて発表されて無いと思います。 しかし、ボーナス確率の差異は公表されており これまでのジャグラーシリーズの癖から『 このグラフは設定6』 というように推測が出来る程データは集まっています。 スーパーミラクルジャグラーは設定により以下のようなグラフになります。 コンテンツ• スーパーミラクルジャグラー|設定6から設定1まで全設定のグラフの特徴を画像と実機データで説明| 設定差をグラフから判別する方法 さて、スーパーミラクルジャグラーのグラフを見る前に、 『 公表値と実機データ』を把握しておくとスムーズに読む事ができます。 まずは下記の数字を見た上でご覧ください。 ボーナス詳細 調査の結果かなり複雑なシステムである事がわかりました。 メモ 3粒チェリーREG (共通角チェリーと見分けが付かない) 2粒チェリーREG(共通角チェリーと見分けが付かない) 共通角チェリーREG(2粒でも3粒でも揃う) 3粒中段チェリーBIG 2粒中段チェリーBIG 共通角チェリーBIG(2粒でも3粒でも揃う) リール配列を見ると確かに3粒チェリーと2粒チェリーがあります。 そのため、中段チェリーでREGはありませんので、 3粒チェリーREG と 2粒チェリーREG は中段では無く角に止まるものと考えられます。 3粒中段チェリーBIG と 2粒中段チェリーBIG のみが中段に止まると思われます。 3粒チェリーREG と 2粒チェリーREGと共通角チェリーREGは見分けが付かないと思われます。 その点を考慮した実質の見た目上のボーナス格率は以下の通りです。 フラグが多く分母が大きい分、波が荒れやすい結果も納得がいきますね。 子役確率 子役確率も未公表ですが、設定5. 6の数字は経験上正しいです。 61 1. 2 1. 8 1. 2 0. 78 1. 6 2. 8 2. 0 1. 84 1. 7 3. 4 2. 3 1. 99 1. 8 3. 7 2. 3 2. 08 1. 9 4. 3 2. 6 2. 26 2. 3 5. 4 3. 5 2. 8 各データの見方、数字に関してはで説明しています。 -スポンサーリンク- スーパーミラクルジャグラー設定6のグラフと特徴 まず、設定6の実機データグラフをご覧ください。 波によっては、BIGに寄って吹け上がる波も珍しくありません。 一旦出始めると、波は大波ですが右肩上がりが継続します。 波が大波なので設定6でも残り時間とにらめっこして トレンドラインの上端にあたった際か突破した際に止めるのも一つの手です。 管理人はスーパーミラクルジャグラーの場合は、確実に設定6で無い限り 差枚とグラフで止め時を探します。 止めるべき枚数はコチラの記事でご確認ください。 第1ピークが発生した後、設定6の場合はその後は順調に出ます。 しかし、 第1ピークまで出る為に、この台の場合は3,000回転を要しています。 スーパーミラクルジャグラーは出始めに時間を要する事が高設定でも多く サンプルの台でも2,000回転まで中間設定の挙動に見えたと思います。 スーパーミラクルジャグラーを打つ場合は、設定が入っている強い根拠が無いと 粘る事は出来ないでしょう。 設定を使うホールを探す具体的な方法はコチラの記事をご覧ください。 また、設定6はBIGが強い連荘を起こします。 波によってはBIG21 REG2など極端な偏りも起こりますが 特に据え置きの際に偏りやすいです。 特にBIGが激しく連荘します。 しかし、出始めまでは全く連荘せずに出始めると狂ったように BIGが連荘する事が多々あります。 短時間での判断はやめで、最低1000G 出来れば2000G 最長で3000Gで見切れば取りこぼしは無いと思います。 しかし、3000Gまで毎回回すと大赤字になります。 1000G以上回して、追加投資が必要になったらあきらめる事も必要です。 あなたの中でルールを決めてそれを調整していく事が必要です。 管理人は事前に下調べをして稼働するので、挙動に見込みがあれば2000Gは回すように心掛けています。 挙動は 『ボーナス確率』『子役確率』『強い連荘』の内、2つ以上があれば追っていますね。 『子役確率』だけでは絶対に追ってはいけません。 スーパーミラクルジャグラー設定5のグラフと特徴 まず、設定5の実機データグラフをご覧ください。 設定5は設定6に比べやはり弱くなります。 経験上、 設定6の単独ボーナスがBIGに偏るのに対して設定5はREGが多く伸び悩みます。 設定5は出るだけ出てしまったらやめるべきです。 止めるべき枚数はコチラの記事でご確認ください。 また、このサンプルでは朝一にリセットで波が発生していますが、 その後マイナスまで転落してか出始めています。 落差は1000枚を超えており、かなり辛い展開だったはずです。 やはりスーパーミラクルジャグラーは高設定を使う根拠が重要と言えるでしょう。 設定4の場合は、最悪全て飲まれてしまったりする事もあります。 ジャグラーの設定判別をグラフからする場合は、『 ピーク後に注目』しましょう。 良い時は4000枚を狙える事もあります。 特に連荘後は設定5でもかなり辛いハマリを起こす事もあり ハマリに付き合う場合はその後、3000回転は回す覚悟で臨みましょう。 3で300Gを超えます。 管理人の設定5の最大ハマリは830Gですが、 -1700枚飲まれた後に3000枚出る展開のように荒くなります。 高設定でも2回、良くて3回大きな連荘が続くとほぼハマります。 設定6ではない場合は、一番大きなハマリのみ誰かに打たせて、待つ事も収支アップの秘訣です。 統計では52%で連荘するため、マイジャグラーの設定5と比べると弱い印象になります。 あくまでミドルスペックのジャグラーと言えますね。 -スポンサーリンク- スーパーミラクルジャグラー設定4のグラフと特徴 まず、設定4の実機データグラフをご覧ください。 設定4の場合でも設定5と変わらない程連荘する事もあります。 特にREGが少ないため設定6と間違う事も多いです。 サンプルの台も第1ピークまでは順調と言えますが、 第1ピークと出始めの落差から設定6を否定します。 つまり打たないと分からないようにジャグラーは出来ていますので 事前の情報収集がやはり大事です。 トレンドラインを超えると決まって急激なハマりで調整が行われる事も特徴的です。 設定4は普通の波で2000枚を超えると、一旦止めてなるべく下から打ち直すべきです。 止めるべき枚数はコチラの記事でご確認ください。 ここで初めて設定6を否定する事が分かる程度と思います。 2000枚を超えるまでは大きく伸びる事もありますが 第1ピークとの落差の大きさから設定5を否定しておかないと 第2ピークで逃げる事は難しいでしょう。 繰り返し何度も言いますが、ジャグラーの設定判別を グラフからする場合は、『 ピーク後に注目』しましょう。 設定6との切り分けをREG確率で行う事はまず無理です。 高設定は出ますのでBIG確率の方が重要です。 サンプルの台は946回ハマっています。 連荘した分がすべて飲まれる事もザラですので、設定5が望めない場合は 連荘直後に止めましょう。 そのため、強い連荘をしているので高設定と考えるのは時期尚早です。 中間設定の場合は平均3000回転スパンで連荘とハマリを繰り返しますので 3000回転で50%に収まると考えてください。 100G以内の連荘率だけではなく、50G以内の連荘率も 同時に見るとより高低が見える事があります。 90回転が5連するより40回転が5連した方が高設定期待値は高いという事です。 特に低設定で連荘する場合は、50回転以内が極端に少ないので見切りの役に立ちます。 で公開していますので 判別の役に立ててください。 -スポンサーリンク- スーパーミラクルジャグラー設定3のグラフと特徴 まず、設定3の実機データグラフをご覧ください。 概ね+1500枚から-1500枚の範囲で繰り返す事が多いです。 問題はハマっている時にただの設定1と区別がつかない事です。 設定3を使っている確信とその台が設定3と分かっていないと狙えないでしょう。 前日設定3が大きく落ちている台を据え置く店などでは非常に利益が出ることもあるでしょう。 連荘した状態で見切るのはかなり訓練が要りますが ジャグラーの止め時は基本的に連荘後です。 無くなった時に止める事を無くす為には、連荘後に止める癖をつけましょう。 繰り返しますが、 中間設定は、概ねピークが2回来るとほぼハマります。 数日単位で差枚0になる程度ですが、振幅が大きいため 下から打つと高設定と勘違いしてしまう事もあるでしょう。 ボーナス確率以外の要素もぜひ使って行きましょう。 特に数字を知っている人が一番負けるパターンがこれです。 +1500枚出ている台は、-1500枚までハマる事が出来ます。 その差はなんと3000枚になりますが、見た事があると思います。 あれは設定3です。 止め時が遅くなればなるほどやめ辛くなるので連荘したらやめる準備が必要です。 設定3になると平均連荘数や50G以内の連荘が出ている台でも弱いです。 先日設定3とおぼしき台で+2900枚まで伸びましたが 平均連荘1. 2回 50G以内比率 20%でした。 下記ページのデータと最大3000回転のデータを比較して見切りをつける役に立ててください。 高設定ならほぼ2000回転で平均連荘などは収束しています。 また何より高設定はコインが無くならないので止め時がきません。 -スポンサーリンク- スーパーミラクルジャグラー設定2のグラフと特徴 まず、設定2の実機データグラフをご覧ください。 設定変更時など一時的にプラスになる台も珍しくありません。 しかし打ち続ければ必ずマイナスになります。 サンプルの台では伸びている時は中間設定以上と変わらない波に見えると思います。 連荘した後、 ハマってその後の連荘が最高点を超えれない事と、 さらにその後ハマる事 でこのサンプルの台は低設定である事がわかります。 グラフから見切る場合はこの時点で見切る必要があります。 高設定の場合、連荘をして、最高点を超えるまでハマリに転じません。 設定2と気付いたらすぐにやめるべきですが、出来れば連荘直後 トレンドラインの上端で止められたことが確認出来たらやめましょう。 連荘もしていないのに勝手にハマる台は低設定です。 しかし、BIGが重なる事は少なく重なっても1連程度が多いです。 間違って差枚がプラスになる時も連荘は弱く数珠連で上がります。 BIG5連など強い連荘をする事はあまりありません。 -スポンサーリンク- スーパーミラクルジャグラー設定1のグラフと特徴 最後に設定1の実機データグラフをご覧ください。 公表値のボーナス確率と異なるため、-4000枚を目指して低下する事が多いです。 お金が入らないと出ないように出来ています。 全く勝てる要素が無く、すぐにやめるべきです。 これは全く連荘しない感覚になれる数字です。 設定1は勝てる要素が無いのですぐにやめましょう。 -スポンサーリンク- あとがき 今回は スーパーミラクルジャグラーの設定6から設定1のグラフを比較して 特徴と設定差をお伝えしました。 ホールの中で一番多い台は設定2、次に設定1と思います。 また、ホールの営業体力も弱くなっており、見せ台に設定3を使っている店が多いです。 設定3はなまじ連荘するので後追いすると一番負ける設定です。 グラフと一緒に判別要素も使い精度を上げる事もポイントです。 ホールはほとんど低設定ですので是非グラフを何度も見てくださいね。 最後までご覧いただきありがとうございました。 よろしければこのサイトをシェアしていただければ幸いです。 も合わせてご覧ください。

次の

スーパーミラクルジャグラー プレミア演出・フリーズ確率と恩恵まとめ

スーパー ミラクル ジャグラー ツール

導入からしばらく経ちましたが、スーパーミラクルジャグラーはどうでしょうか? 私自身、あまり打つ機会がないかなと思っていたところ、意外にもお世話になる機会が多いです。 今作のスーパーミラクルジャグラーは、前作のミラクルジャグラーとはボーナス確率も違い、少し難しい印象をお持ちではないですか? 今回は、そんなスーパーミラクルジャグラーの設定判別について詳しくご紹介していきます。 —スポンサーリンク— スーパーミラクルジャグラー 設定判別!設定6を掴むための立ち回りについて さて、みなさんが一番最初にどこを見ていきますか? もちろん、一番大切なことはホール選びですがそこはしっかりと出来ているとしてお話ししていきます。 ジャグラーの優良ホールを見つけていないという方は「」こちらの記事からご覧ください。 スーパーミラクルジャグラーの設定判別につきましては、下記の3点について詳しく確認していきましょう。 REG• ぶどう• ボーナス合算 REG確率について ジャグラーシリーズでは、お馴染みの項目ですね。 しかし、今作のスーパーミラクルジャグラーでは、ちょっと変則的な確率となっています。 下記の表をご覧ください。 7 一番REG確率が軽いのが設定5、続いて設定6、設定4となっています。 従来のジャグラーシリーズでは、基本的に高設定になるにつれて順にREG確率も軽くなる傾向にありましたが、今作のスーパーミラクルジャグラーに関しましては、少し変則的になっていますので注意が必要です。 しかし、高設定になるほどREG確率が軽くなるという点に関しては同じと思っていただいて構いません。 02 上記数値はアプリ100万Gでの実践値のようです。 まだ正式な数値は公表されていませんが、上記の表を参考に立ち回りましょう。 設定1~4まではほとんど差がないと思っていただいていいかと思います。 設定6に関しては、ぶどう確率がすば抜けていいですので、しっかりとぶどうは数えるようにしましょう。 やはり設定6はぶどうもある程度回すと安定してきます。 3000G回しても低設定域の数値の場合は設定6の確率が極端に低くなると思っていてください。 途中から狙う台は、座る前にぶどう確率の計算をしていきましょう。 「」こちらの記事の中で解説していますので、ご一読ください。 2 今作のスーパーミラクルジャグラーは、他のジャグラーシリーズに比べ、BIG確率にも比較的大きめな設定差が設けられています。 同時に設定5よりも設定6の方がREG確率が重いため、設定6は合算は良いがREG確率が悪いという状況に陥りやすい傾向にあります。 通常、ジャグラー(特にマイジャグラー)などは、REGのみ(ぶどうはもちろんですが)を主に重点を置き設定判別をしていきますが、今作のスーパーミラクルジャグラーは、それと同じくらいボーナス合算にも重点を置く必要があります。 まとめ:スーパーミラクルジャグラー 設定判別!設定6を掴むための立ち回りについて 3つほど注目するポイントを挙げましたが、設定6を狙う場合、すべて設定6に近い数値を探す必要があります。 ボーナス合算がよくぶどう確率がある程度いいというのが設定6を探す上での最低条件と考えましょう。 もちろんぶどう確率が悪かったからと言って設定6の可能性が消えるということはありませんが、ある程度自分が設定6を見切る数値とタイミングを身に着けていく必要があります。 これは単純に他人に教わって身につくものではないですので、何度も低設定、高設定を打ってトータル的な数値を加味したうえで、感覚として覚えていく必要があります。 前述した通り、ぶどうはどのジャグラーシリーズを打つ上でも確認必須な項目です。 打つ際には必ず数え、途中から履歴を見て座る際には、コイン持ちの計算をする癖を身に着けましょう。 私の場合、履歴打ちをする際、ジャグラーは合算やREG確率が良くてもコイン持ちが計算上悪い場合は、まず打ちません。 設定6を掴むための立ち回りをする際、あなたが本当に勝ちに徹したい場合は、コイン持ちは悪いけど合算がとても良いから打ってみようかな。 という妥協した台選びはしないようにしましょう。 もちろんホールの状況や設定配分にもよりますが、妥協した台を打つくらいなら打たないという選択肢を選べる打ち手が本当に稼げる打ち手だということを覚えておいてください。

次の