進次郎 不倫。 小泉進次郎氏、週刊文春の不倫報道について語る

小泉進次郎 不倫した女子アナは海外にもいるの?昔から女子アナ好き?

進次郎 不倫

小泉進次郎環境相は27日の閣議後会見で、週刊文春に報じられた、独身時代の不倫報道について問われ、「個人の事柄と政治資金の事柄があると思うが、個人の事柄については、私からお話しすることはありません」と、答えた。 文春の報道では、不倫相手とされる女性と密会する際に使ったホテルの代金が、政治資金から処理されたのではないかとの指摘も出ているが「政治資金の使用はないと理解しています。 事務所にも確認し、法令に従って適正に処理していると認識している」と、用意した紙を見ながら答えた上で、「継続して確認していきたい」と、加えた。 会見のいちばん最後にも再び、文春の報道について問われた。 記者から「政治資金について、法的な問題がなかったとしても、ベストの取り扱いではなかったとは考えていないのか」「もちろん政治家にもプライベートは認められるべきだが、小泉大臣は、家族のあり方や働きながらの子育てを含めて、社会変革や生き方を発信し、社会にも大きな影響を与えている。 ならば、自身の家族や先方のご家族にどういう責任を果たすのか、どんな行動を取ったのかを話す責任もあるのではないか」と、指摘を受けた。 しかしながら、進次郎氏は前回の質問時と同じ答えを繰り返すにとどまり、年内最後の会見を終えた。 進次郎氏は今年8月、タレントの滝川クリステル(42)と電撃的に結婚。 発表時、すでに滝川は妊娠中で、夫妻の間には来年1月、第1子が誕生する予定。 9月の内閣改造で、大臣に初めて就任した進次郎氏は、環境相としての3カ月を振り返り「本当に濃密でやりがいがあった。 3カ月には思えないほど、やりがいのある期間を過ごさせてもらった。 環境政策は腹の底から重要だと、違和感なく自分の中に入ってきた」と述べ、「記者の皆さんにも、さまざま鍛えていただいた。 来年、この3カ月をさらに伸ばしていけるようにしたい」とも語った。

次の

小泉進次郎が滝川クリステルと離婚危機!?政治資金で不倫ホテル代と幽霊会社に発注の件

進次郎 不倫

つまり不倫相手と会っていたときのホテル代は、 政治資金から支出されていることになります。 証拠メールを提供したのは、不倫相手の元夫 週刊文春に情報提供したのは、Aさんの元夫(現在は離婚済み)のようです。 元夫がAさんの携帯を見て、彼女の不倫に気づき大激怒。 周りの人に相談するも怒りが治まらず、文春に情報提供したとされています。 提供された証拠メールの数は、「 およそ96通」。 96通もの大量メールは、Aさんの携帯から抜きとったと推測されます。 この点から、元夫の怒りが相当なものであったことが垣間見えます。 不倫相手は滝川クリステルさんの友人 不倫相手であるAさんは、夫と子供がいる既婚者。 進次郎さんの妻である滝川クリステルさんと、友人関係にあるとのこと。 妻である滝川さんにとってかなり重い内容です。 2020年1月現在、滝川さんはコメントを発表していません。 出産直後の不倫疑惑とあって、内心穏やかではいられないでしょう。 世間の反応 証拠メールの公開直後から、ネット上ではさまざまな反響がありました。 そのうち4つを以下にご紹介します。 シンジロー、虚偽答弁か!? 優秀な探偵さんだねぇ、文春は。 — 但馬問屋 wanpakuten 総理にしたい政治家No. 1だった小泉進次郎が不倫報道から人気急落だが、今度は政治資金の個人的流用が疑われている。 党首が法を無視してやりたい放題だから、党員も感覚が麻痺してくるのだろう。 政治資金規正法違反だ。 私たちがあんたの不倫代を税金で負担するなんて「そりゃいくらなんでも、いくらなんでも」勘弁してくれ。 — 俵 才記 nogutiya いまネット上ではA子さんが批判の矢面に立たされています。 夫も子もいる身で小泉氏と関係を持ったA子さんにも非はありますが、結婚や妻の出産のようなプライベートを積極的に発信している小泉氏が、自分に都合の悪い事実を隠し続けていることに違和感を覚えます。 — ナショナルキッド NationalKid2 どれもきびしい声が多いですが、中には心配する声もあります。 また偶然にも芸能界で不倫問題が起きており、厳しい声が上がっていた時期であることも、少なからず影響していると思われます。 東出昌大さん・杏さん夫婦との類似点 不倫といえば、ほぼ同時期に発覚した東出昌大さんの不倫問題が挙げられます。 進次郎さんとの類似点は、大きくわけて3つ。 出産直後で奥さんが大変な時期に不倫発覚• 不倫相手とは年単位の付き合い• 男性側はあまり家に帰らなかった 上記のように似た状況ですが、東出さんは多くのバッシングを受けているのに対し、進次郎さんはそれほど騒がれていません。 しかし、政治資金を利用したかもしれない分、進次郎さんの方が大きな問題といえるでしょう。 東出昌大さんの不倫問題については、以下の記事を参照してください。 なぜ東出さんや進次郎さんのような有名人の不倫は、大きな話題になるのでしょう? 理由として、「イメージを裏切った」という点が挙げられます。 好感度の高い人ほど不倫が発覚したときのショックが大きく、注目されやすい傾向にあります。 そしてポイントなのが、不倫は証拠が残りやすいこと。 本人が周りの人にグチや相談をするため、証拠を押さえやすくなるんです。 だから、有名人の不倫問題は話題になりやすいんですね。 まとめ 証拠メールの件をまとめると以下のようになります。 文春に提供されたメールは96通• 提供元は不倫相手の元夫• ホテルの領収書や政治資金収支報告書も含む 「育児休業」の取得で話題になった進次郎さん。 女性の支持が得られそうでしたが、それも証拠メール公開でわからなくなりました。 今後どうなっていくのか、注目したいと思います。 (ライター:あすけ).

次の

小泉進次郎 不倫した女子アナは海外にもいるの?昔から女子アナ好き?

進次郎 不倫

セクシー発言から激しいバッシングへ 大きな期待を背負い、小泉氏が環境大臣に任命されたのが昨年9月。 就任当時、「仕事をします」「しっかり働きたい」と意気込みを語っていた。 38歳という若さで閣僚に抜擢され、小泉環境相もやる気に満ちていたはずだ。 しかし、国連の気候行動サミットに出席するためニューヨークを訪問した小泉環境相は、「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ」と海外メディア向けに発言し、大きな物議を醸した。 それまでは「将来の総理大臣候補」として持ち上げられてきた小泉環境相だが、このセクシー発言からバッシングをされ始める。 小泉環境相の発言は、何を言いたいかその本質が掴めないため、ポエムと揶揄され、ネット上では「小泉進次郎構文」などという言葉まで生まれてしまった。 何が言いたいのかわからない。 「小泉進次郎構文」とは? ここで小泉環境相の過去の発言をいくつか取り上げてみよう。 ・「約束は守るためにありますが、約束を守るために全力を尽くします」 ・「毎日食べたいということは、毎日でも食べているというわけではないです」 ・「今のままではいけないと思います。 だからこそ日本は今のままではいけないと思っている」 改めて並べてみるとやはり意味不明。 「だから何が言いたいの? 」というようなコメントばかりだ。 23日、ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也が、緊急事態宣言下で外出した事実を問われ、「世間は不要不急と言うかもしれませんですけど、僕としては不要不急ではなかった」と回答し、SNS上では「手越が小泉進次郎構文で話した」と話題となったが、まさに同じパターンのコメントだ。 セクシー不倫で女性層からの人気がガタ落ちに 環境問題について、「セクシーに取り組むべきだ」と発言後、「あれ? 」となり始めた小泉環境相だが、そのバッシングが決定的となったのは、やはり昨年末の不倫スキャンダルだろう。 小泉環境相が過去に人妻実業家と不倫をしていたと一部週刊誌に暴露されたのだ。 逢瀬に使っていたホテル代を政治資金から支払っていたという疑惑まで生じ、小泉環境相のイメージは地に落ちた。 巷では「セクシー不倫」と揶揄され、相手女性とのメールまでさらされてしまう。 そのメールの文面や使っていた絵文字が「おじさん」くさいと、女性人気がガタ落ちとなった。 小泉環境相は不倫報道について「個人の事柄について話すことはない」とし、政治資金の流用についても、「法令にのっとり適切に処理していると認識している」とかたり、普通の政治家のような釈明に終始。 かつての歯切れの良さはどこかへ行ってしまう。 これ以降、小泉進次郎の名をほとんど聞くことはなくなってしまった。 小泉進次郎と渡部建の「不倫報道」を比較 そういえば、不倫報道で地に落ちた芸人が最近いた。 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建である。 女優・佐々木希を妻に持ちながら、複数の女性とたびたび不倫をしていたという渡部は、多目的トイレで不貞行為を繰り返していたことが明らかになり、激しいバッシングを受け、芸能活動自粛に追い込まれた。 相方の児嶋一哉や妻の佐々木が謝罪をしたものの、未だ本人の口から直接の謝罪はない。 そこで、小泉環境相と渡部を不倫という観点から、さまざまな点で比較してみる。 すでに報道されている内容をもとに作成してみた。

次の