法事 準備するもの。 新盆(初盆)を控えている方へ。お盆の法事・法要の準備、全てを紹介します|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

神道にも法要がある!神式の法事の進め方|樹木葬辞典

法事 準備するもの

【もくじ】 ・ ・ 法事・法要当日までに必要な準備 当日までの事前準備として、一か月前にはすべて終えられるよう予定しておきましょう。 参列者やご僧侶の都合もあるので、早めに準備を開始します。 日時については、多くの方に集まってもらうために、法要日以前で最も近い土日に設定されることが多いようです。 また、法事の引き出物を用意する予定がある方は、「法事の引き出物の選び方や渡し方」の記事を参考にしてください。 他の家の法要と重なる場合、早くに連絡した方が優先されるので、日程が決まったらすぐに連絡をすることを心がけましょう。 お付き合いのあるお寺がない方は、 定額・低価格のお布施でご僧侶をお手配するサービスがございます。 詳しくはこちらをご覧ください。 案内状については「法事・法要の案内状を送る時期と例文」の記事をご覧ください。 お布施に関しては「法事・法要のお布施金額について」の記事を参考にしてください。 主要な法事・法要 初七日法要 初七日は亡くなってから7日目に行う法要で、重要な追悼法要です。 初七日は葬儀が終わってから期間が短いため、葬儀が終わったらすぐに参列者やご僧侶の予定をおさえるようにしましょう。 最近では葬儀と同日に初七日法要を行う形で供養を行うことがほとんどです。 詳しくは初七日法要についての記事がありますので参考にしてみてください。 四十九日法要 故人の魂は49日目に閻魔大王に裁かれ、極楽に行けるかどうかが決まります。 そのため、四十九日の法事は故人・ご遺族にとって大きな意味を持ちます。 詳しくは「四十九日法要に向けて準備すること」という記事で説明しています。 また、四十九日法要にあわせて納骨も行われるのが一般的です。 納骨に関しては、「お墓に納骨をする納骨式の流れと準備」を参考にしてください。 万全の供養のために準備は一か月前から ご僧侶や参列者の都合も考慮して、早めに準備をすすめましょう。 そうすることによって、多くの方に参列していただけるでしょう。 法要に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 法要に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

法事・法要の当日までに必要な準備

法事 準備するもの

四十九日の法要に準備するものは何がありますか?家族だけの法事でも喪服なのでしょうか? 父の四十九日ですが、お寺さんへの連絡は済ませました。 当日は家族と家族のような親戚の方数人のみで自宅で行います。 精進料理は仕出屋さんにお願いするので、それも自宅です。 このような場合でも、やはり家族は喪服が原則なのでしょうか? また、お供え物、お花なども用意するのか? お寺さんには御前料か仕出屋さんで折り詰を用意してもらうかどちらか検討中で、他にお供え物もお渡しするんですよね? このお供え物はいくらくらいのものをお渡しするのでしょうか。 また、このお供え物は親戚の方にもお分け出来るように、家族の分、親戚の方の分、お寺さんの分と3つに分けたら良いのでしょうか。 そうなると、例えば洗剤を入れるとしたら洗剤を3つ用意するということでしょうか。 この辺がよく分からず、母に聞いてもよくわからないとのことなのでおたずねしました。 地域によって違うと思いますが、関東で宗派は浄土真宗東です。 よろしくお願いします。 坊さん@浄土真宗・関東都市部です。 家族だけの四十九日の法要は何度かお伺いしています。 ご自宅の場合、服装はケースバイケースで、必ずしも喪服で無い家もあります。 喪主だけ喪服というのが多いでしょうかね。 四十九日法要はご自宅のお内仏(仏壇)で行ないますので、本山からいただいたご本尊前に打敷を付けて五具足を配置します(小さい仏壇なら三具足(花瓶・土香炉・蝋燭立て)を用意し、焼香をするなら焼香用の炭と香・香盒。 または焼香セットも用意します。 お供えの仏花も当然に用意します。 当日はご飯を焚きお仏飯を供えます。 あとお供えは、穀物から出来たお菓子と果物です。 お膳は皆さんと共にするのならお斎をご用意されれば良いですが、土日などでは時間が取れませんのですぐに失礼するケースも多く、その場合には「御膳料」を包みます。 折り詰を用意していただいても持ち帰る際に次の家に回るので、場合によっては帰寺後は賞味期限切れで食べれません。 無駄です。 あとは寺からの外出料という意味合いの「御車代」です。 皆さんで送迎してもお車代は必要です。 供え物を分ける習慣は関東にはありません。 ご実家等の地方習慣です。 地方出身者さんからもらうケースはありますが、普通は無いです。 あと宗派名はきちんと書きましょう、浄土真宗東って?東京の浅草に本山・東本願寺のある新しく出来た「浄土真宗東本願寺派」ですか?昔からの「真宗大谷派」(京都。 真宗本廟・通称・東本願寺)という江戸時代以前からの宗派でしょうか?.

次の

一周忌法要の準備は何をすべき? 案内状やお寺、食事、引き出物、服装など

法事 準備するもの

[一周忌に行なわれる主な行事] お墓参りには決まった時期があるわけではありませんが、命日、祥月命日、お盆などの時期にお墓参りが行われます。 一周忌は亡くなって一年目の祥月命日であるため、お墓参りが行われることが多いようです。 納骨式は四十九日に行なわれる場合が多いようです(次に多いのが百箇日法要です)。 遅くとも三回忌までに納骨をします。 一周忌法要 このページで解説します。 お斎 (おとき) 法要の際に、僧侶による読経のあと焼香が行なわれ、最後に食事がふるまわれます。 この食事を御斎(お斎とも書く・おとき)と呼びます。 お斎は僧侶や参列者へのお礼の気持ちをこめたお膳であると同時に、一同で故人を偲ぶための行事です。 一周忌の服装と準備 [服装] ・ 遺族は、三回忌までは喪服が基本です。 七回忌以降は略式喪服や地味な色の服装で構いません。 ・ 参列者は、初七日〜四十九日法要は略式喪服を着用します。 一周忌以降の年忌法要の場合は略式礼服または地味な服装で。 七回忌以降は、地味であれば平服でも構いません。 [用意するもの] ・施主は引出物を用意します。 引き出物には、おもてなしの土産というほかに参列者が持参する香典に対するお返しの意味もあります。 僧侶に読経を依頼する場合には、お布施も用意します。 自宅で法要を行なう場合にはお布施の他にお車代なども用意します。 (準備や引き出物の手配など詳細は法事・法要のページにて) ・参列者は、御供物料、御仏前、 御香料などを持参します。 ・遺族、親族、参列者などがお供えや供花などを手配します。 年 忌 法 要 法要の名称 時期 法要の内容 (いっしゅうき) 満1年目 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 三回忌 (さんかいき) 満2年目 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 七回忌 (ななかいき) 満6年目 遺族、親族で供養するのが一般的です。 一般的に、七回忌の頃から、法要の規模を縮小していきます。 十三回忌 (じゅうさんかいき) 満12年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 十七回忌 (じゅうななかいき) 満16年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 二十七回忌 (じゅうななかいき) 満27年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 三十三回忌 (さんじゅうさんかいき) 満32年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 仏教では死者は33年目にはどんな人でも無罪になって極楽浄土に行くと言われています。 一周忌法事・法要の準備(遺族) 項目 一周忌に準備するもの 1. 日程を決める ・百か日までの追悼法要は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。 (例:三回忌は満2年) ・法事・法要の日程を決める際、 平日にあたる場合は、直前の土日に行なわれる場合が一般的です。 場所を決める ・自宅、お寺、ホテルなどのいずれの場所で行なうのかを決めます。 料理の手配をする ・読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。 必要に応じて仕出し料理やお店などの予約をします。 ・おめでたい伊勢海老や、鯛などの献立は避けた方がよいので、予約の際には「法事で利用します」と、利用目的を告げましょう。 お寺への連絡 ・場所、日時が決まったら、なるべく早く菩提寺に連絡をします。 ・菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺をさします。 霊園、墓地などを利用している御家庭では、葬儀の際に世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。 案内状の手配 ・親族・親戚だけで行なう場合には電話での連絡でも良いでしょう。 ・会社関係などで執り行う場合には、往復ハガキや返信用のはがきを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠をたずねます。 引出物の手配 引き出物には、おもてなしのお土産というほかに、参列者が持参する香典に対するお返しの意味もあります ・のしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・引出物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。 遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。 最近はカタログギフトも増えました。 ・引出物の金額相場 予算は@2,000〜5,000円程度が最多価格帯 (2,000円〜1万円くらいまでが一般的です。 一周忌に参列するのは、遺族、親族が中心となります。 会食)の予算は上記引出物とは別に考えます。 ・引出物ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 ・法事の後、おもてなしの席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。 につづく 御布施または御経料は、3万円程度。 お車代は、5千円〜1万円くらい。 御膳料は、5千円〜2万円くらい。 ・お金を入れる袋の表書きは薄墨ではなく普通の墨で書きます。 半紙の中包みに入れ、奉書紙で慶事の上包みの折り方をするのが最も丁寧な形ですが、市販の白い封筒で構いません。 郵便番号欄の無い無地の封筒を用います。 ・直接手渡しせず、小さなお盆などに載せてお渡しします。 お盆も用意しておきましょう。 墓石、墓地 一周忌法事と納骨を同じタイミングで行なう場合もあります。 お寺、墓地、石材店への手配と、日程を確認しておきましょう。 供花、お供え ・供花、お供えは遺族をはじめ、親族、参列者などが前日までに手配をします。 ・お供え、供花、花輪などは連名で贈ることもあります。 ・お供えは無難なお線香のほかに、一周忌法要が終わった後に参列者で分けられるものを選ぶことも多くなっています。 人気のあるお供え物は、お線香、果物、お花などです。 故人が特にお好きだった場合には、お酒、ビールなどをお供えすることもあります。 ・供花は前日までに葬儀社もしくは花屋に一周忌法要の時間と場所、目的を伝えて手配をしておきます。 法事・法要の流れ、法事の仕方 項目 法要の仕方、仏式の作法など 1. 僧侶入場 仏壇の前に僧侶の席をしつらえておきます。 遺族は故人との血縁の濃い人が前の方に席をとります。 仏壇中央の僧侶のすぐ後ろには施主が座ります。 僧侶が到着したら、仏壇前の正面中央に案内します。 施主の挨拶 (一周忌の挨拶) [施主挨拶の例] 「本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます。 (僧侶の方を向いて) それではよろしくお願いします。 」 というように、ごく簡単に挨拶をします。 僧侶の読経 4. 焼香 施主から順番に、前の方に着席している人から焼香をしていきます。 法話 6. 僧侶退場 僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事()に同席して下さる場合には、この時点での退場はありません。 お斎の後でお渡しします。 もし、僧侶がお斎での接待を辞退されたら、お布施、お車代、御膳料の3つを包みます。 お食事に同席される場合は、お布施、お車代の2つをお渡しします。 直接手渡しするのではなく、小さなお盆に載せて僧侶の方に向けて差し出します。 墓参り 墓地が遠い場合には省略されます。 施主の挨拶 (一周忌挨拶) 施主の挨拶のあと、会食(御斎)になります。 [施主の挨拶の例] 「本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。 おかげさまで母の一周忌の法要も無事終えることができ、母も安心していることと思います。 これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。 粗宴ではございますが、別室にてお膳をご用意いたしました。 お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。 本日はまことにありがとうございました。

次の