アーロ と 少年 歌。 アーロと少年に日本語の歌をつけるとか間違ってますよね?海外のをそのままも...

少年ケニヤ

アーロ と 少年 歌

概要 [ ] のを舞台に、孤児になった日本人少年ワタルが仲間のの酋長やジャングルの動物たちと冒険をする物語。 からまで「産業経済新聞」(現:)に連載されていた。 『少年ケニヤ』は大人気となり、映画化、化、、アニメ映画化なども行われた。 その人気ぶりに『少年ケニヤ』は週1回の掲載から毎日の連載になり、「産業経済新聞」が一時は「ケニヤ新聞」と言われたほどだったという。 山川惣治にとっては『少年王者』に次ぐ大ヒット作品であり、代表作ともなった。 にがアニメ映画化した際にはからでリバイバルされて、全20巻が復刊された。 公式には輸入が禁じられていたのでも、の形で出版されて人気を博した。 ストーリー [ ] 12月、日本はを攻撃。 米英と交戦状態に入った。 日本のとして英国植民地のに駐在している村上大介と10歳になる息子のワタルは敵国人として拘束されるのを恐れ、自動車で奥地へと逃れた。 途中、ワタルは父とはぐれ、ひとりぼっちとなるが、マサイ族の酋長のゼガやケートと呼ばれる不思議な美少女と出会い、彼らの助けも得ながら冒険の旅を続けて、最後は父親に巡り合う。 キャラクター [ ] ワタル 幼いときにケニヤで父とはぐれたが、たくましく成長し、父を探す冒険の旅を続ける少年。 村上大介 ワタルの父親。 勃発の混乱のさなかで生き別れたワタルを探し続け 戦争の終結も知らぬまま、密林をさまよう。 ケート 原始人の部族から「白い神」と崇められている美少女。 実は赤子の時にさらわれてきたイギリス人。 お転婆ぶりと寝相の悪さでは誰にも負けない。 ワタルと共に両親を探して旅をする。 ゼガ の酋長。 ダーナ ワタルたちのピンチに現れるワタルの守護神的な大蛇。 ちなみに連載時、兜町ではダーナが登場した日は株価が上がると言われていた。 ナンター の群を率いる巨大なアフリカ象。 ワタルの味方。 ワタル達の迷い込んだ地底世界にいた大恐竜。 ケートに惚れ込み、地上世界まで追いかけてきて暴れまわりダーナと死闘を繰り広げる。 この恐竜のビジュアルは後に山川の弟子であった絵物語作家であるがデザインしたの形態にヒントを与えたという説もある。 ラジオドラマ [ ] この節のが望まれています。 少年ケニヤ ジャンル テレビドラマ 原作 山川惣治 監督 出演者 製作 制作 NET 放送 放送国・地域 放送期間 1961年5月4日 - 1962年2月8日 放送時間 木曜18:15 - 18:45 放送分 30分 回数 41 1961年5月4日から1962年2月8日までNET(現:テレビ朝日系)で放送。 放送時間は木曜日18時15分 - 18時45分。 四部作、全41話。 制作は。 『』の後番組として放送された。 提供は『ナショナルキッド』と同じく一社。 予算は『ナショナルキッド』の一本当たり100万円を上回る130万円がかけられ、このことはマスコミに大々的に宣伝された。 原作と異なり本作の時代設定は1961年で、村上大介も原子力科学者で、国際アフリカ資源調査団の一員と改められた。 主演のは一般公募により1800人の中から選ばれており、芸名も本作に主演するためのものであった。 の主演スターだった、が出演しており、後に中山は、特撮ドラマ『』でキリヤマ隊長役を演じるが、子供向けのテレビドラマへの出演は本作品が最初であった。 本作は1本当たりの制作費が130万円ほどで、当時の通常のドラマ制作費の約2倍の予算だった。 撮影所のオープンセット以外でのロケ撮影はや、の雰囲気を出していた山林のあった などで行われた。 アフリカへのロケも行われたが、その関係で制作が遅れ、前作『ナショナルキッド』が急遽放映を延長することになった。 特撮専門誌『』でのスタッフへのインタビューに拠る アフリカロケは、大草原などの風景や動物を撮影するために行われ、日本で撮影されたドラマ部分に挿入されて臨場感を出している。 では第1話が何度か放送された事がある。 長年第2話以降のポジフィルムは行方不明になっていたが、後に東映から全話分のポジフィルムが発見され、2017年に全話収録されたDVDボックスが発売されているものの、東映チャンネルでは現在でも全話の放送はされていない。 1990年頃に、TBS『』で最終回のオープニングとラストシーンの映像が放送された。 ラストシーンは空港。 ワタルは父親と再会し日本に帰国することとなり、ケートもイギリスに帰国する。 ワタルはケートに自分の吹いていたピッコロをお別れにプレゼントすると、再会を約して機上の人となる。 キャスト [ ]• ワタル -• ゼガ(マサイ族の元酋長) -• 村上大介博士(ワタルの父) -• ロンダ(マサイ族の少女) -• ガルゴ(三魔神) -• オンドン(三魔神) -• センゲ -• ポンコ -• マサイ族 - 、、• タリタリ小僧 - (現・谷隼人)• トスネ -• ジョジョ -• バジャー国王 -• クレオ姫(バジャー国王妃) - 萩京子• 女官長エンマ -• ベラ(エンマの腹心) -• 女官ブード -• 女官アンナ -• チョウの配下 - 、• 村上博士夫人 -• ジョンソン -• マリヤ夫人 -• ナイロビの医師 -• キャサリン大尉 -• アルマス -• カラホ -• コマロ -• インテラ - 古賀京子• 伊藤タケオ -• アナウンサー -• スタッフ [ ]• 監督:仲木睦• 企画:中井義• 構成・脚本:松浦健郎• 脚本:朝島靖之助• 撮影:中町武• 照明:吉岡伝吉• 録音:大家忠男• 美術:有隅徳重• 助監督:柳生六弥• 特殊撮影:常田弘之• 編集:山口一喜• 記録:小橋菜菜• 進行:竹内源三郎• 音楽:• 主題歌:「少年ケニヤの歌」「父を探して」• 作詞:井田誠一、作曲:いずみたく、歌:児童合唱団() 放送局 [ ] 同時ネット• NET• 時差ネット• :日曜 11:00 - 11:30• (1963年に放送):土曜 17:35 - 18:05• (1963年に放送。 本放送当時は未開局):日曜 8:00 - 8:30• 映像ソフト化 [ ] にベストフィールドより全話が収録されたデジタルリマスター版のDVD-BOXが発売。 画はが担当。 同時上映は『』。 原作者の山川自身がオープニングとラストシーンの実写映像に出演した。 そのオープニングは山川が語る後ろに挿絵が流れていくというものだったが浮いているような山川の全身と輪郭の家具という大林ワールドが炸裂している。 監督にはこれまでに角川映画で3作品を監督して来た実写畑のが起用され、大林は商業用アニメ映画でありながら、さまざまな実験的・前衛的な手法を取り入れた。 さらに大林は「アマチュアの感性も取り入れたい」とも発案し、アニメーターが一般公募され、これにまだ高校生だったやらが合格。 細田は不参加だったものの、実際にうるし原がアニメーターとして作画に参加している。 ケートは12歳の少女と設定されている が、1コマだけを露出するシーンがあり、当時の角川特番では「監督のささやかなイタズラ」と称して紹介された。 テレビドラマ版の主演を務めた山川ワタル(沓名信夫)は、本作の興行について『』に完敗であったと証言している。 上映後にビデオ化され2003年にDVD化され2008年に再発された。 その露出と惨敗のせいかレンタルはビデオのみでDVDは非レンタルである。 上映前にシナリオの決定稿と絵コンテとスチールで構成された角川文庫「シナリオ少年ケニヤ」が発刊された。 キャスト [ ]• ワタル -• ケイト -• ゼガ -• シュタイン博士 -• 村上大介 -• 村上葉子 -• フォン・ゲルヒン -• ワカギ(マサイ族) -• グレ(ポラ族) -• アゲラ(トカゲ族) - スタッフ [ ]• 製作:、• プロデューサー:田宮武• 監督:• 共同監督:• 脚本:、、• 音楽監督:• 編曲:• 撮影監督:福井政利• 美術監督:田中資幸• 作画監督:我妻宏• 作画監督補佐:、山本福雄、敷島博英、八島善孝• 原画:、、、、 ほか• 編集:花井正明、大林宣彦• 製作担当:関良宏• アニメーション制作: 主題歌 [ ]• 「」(作詞:、作曲:、編曲:) 出典 [ ]• 三谷薫、中村圭子編『山川惣治 「少年王者」「少年ケニヤ」の絵物語作家』河出書房新社、2008年、pp. 4,72-83。 101。 文化放送公式サイト内• 「宇宙船」VOL. 10、1982年、朝日ソノラマ。 「ビデオコレクション1982」1981年、東京ニュース通信社、「週刊TVガイド」臨時増刊12月2日号• 64 - 65。 C0676。 C0076。 最終回」(アントレックス 2017年8月)p. 8 - 11• 真鶴町は「」のロケ地でも有名な所だった。 『』1961年5月4日 - 1962年2月8日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1961年10月19日 - 1962年2月8日付朝刊、テレビ欄。 『』(マイクロフィルム版) 1961年(昭和36年)6月、テレビ欄。 『福島民報』1963年7月6日 - 12月14日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1963年10月6日 - 1964年7月12日付朝刊、テレビ欄。 2017年3月23日閲覧• 小黒祐一郎「」WEB 2009年8月11日• 『マイアニメ』1983年12月号、秋田書店。 タライふゆ 「」 WEBアニメスタイル 2006年6月19日• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - の紹介ページ.

次の

アーロと少年のラストは泣ける!ネタバレと感想と評価

アーロ と 少年 歌

が翻訳した「」とは異なります。 0億円 前作 次作 『 アーロと少年』(アーロとしょうねん、原題: The Good Dinosaur)は、2015年公開のの3D・コメディ・アドベンチャー映画である。 概要 [ ] 製作で、 監督は、脚本はによる。 のが起こらなかった架空の世界を舞台に、見知らぬ土地をさまよっていたのアーロ(Arlo)とまだ言葉を持たない原始人の子供との出会いと冒険を描く。 出演は、、、、、、、ら。 監督は、2013年8月までを制作を提案したが任め、2014年10月以降ピーター・ソーンが新しく就任。 『』と並び、同年に映画が2本公開されるのは史上初である。 2015年11月10日にで初演され、続いて2015年11月25日にで公開された。 では2016年3月12日に公開されている。 (ピクサーでは2002年に公開された『』以来14年ぶりの3月公開となる)。 同時上映は『』。 キャッチコピー [ ]• あなたの、初めての友達は誰ですか?(特報・ティザーポスター)• 初めて、誰かを守りたかった—。 (予告編・ポスター)• ありがとう。 ボクの初めての友達。 () ストーリー [ ] 6500万年前、地球に近づいていた隕石は衝突することなくその真上を通り過ぎ、恐竜たちは絶滅を免れた。 それから数百万年後、彼らは進化を続け、言葉や文化を持つようになっていた。 ギザギザ山の麓でを作って暮らすアパトサウルスの夫妻 ヘンリーと イダの元に、3匹の子供が産まれる。 末っ子の アーロは兄 バックや姉 リビーより小柄で、なおかつ臆病な性格なのを姉兄からからかわれていた。 しかし、アーロも両親の愛情を精一杯受けてすくすくと育ってゆく。 家族は冬を越すべくトウモロコシのを築き、そこに夫婦の足形を付ける。 ヘンリーは、やるべきことを成し遂げれば子供達の足形も付けると言い、家族の印が全て揃う日を待ち望んでいた。 兄と姉は畑仕事に尽力し、足形を付けさせてもらえるが、アーロは何をやっても上手くいかない。 そこでヘンリーはアーロにサイロの見張りを任せ、仕掛けた罠に何かがかかったら叩き潰すよう命じる。 しばらくして食べ物を盗りに来た人間の少年が罠にかかるが、恐れをなしたアーロは獲り逃してしまう。 それを見たヘンリーはアーロを咎め、彼を連れて河辺にあった人間の足跡を追うことにする。 しかしその道すがら、天気はどんどん悪くなり、遠くには落雷も見える。 ヘンリーは無理矢理連れ出したことをアーロに謝り、家へ戻ることにするが、そこへが襲ってくる。 ヘンリーはアーロを高台に放り投げた後、鉄砲水に呑まれて命を落としてしまう。 後日、アーロはサイロの中に以前見た少年がいるのを見つける。 父の恨みを晴らすべくその少年を追うが、今度はアーロが少年と共に川へ転落してしまい、見知らぬ場所へ流れ着く。 そこで再び少年と出会うが、言葉が通じないながらも徐々に打ち解け、僅かに見えるギザギザ山を目指して行動を共にする。 その少年もまた、家族を失って一人で生き延びていたのである。 途中、様々な哺乳類を味方に付けてひっそりと暮らすスティラコサウルス ペット・コレクターと出会い、様々な能力を持った人間の子供も欲しがる。 彼は仲間に変な名前を付けており、先に名付けに成功した方が人間を貰うという条件を提示するが、少年が反応したのはアーロが言った「 スポット」だった。 その後も旅は順調かのように思えたが、嵐に巻き込まれた際に雷を見たアーロはで一目散に川から離れ、ギザギザ山も見失ってしまう。 嵐で荒れ果てた周囲をみて絶望にくれるアーロは、助けを求めるべく、飛んでいた翼竜を呼び止める。 ところが彼らを率いる イナズマドカンは、嵐の度に怪我をした動物を探し、助けるふりをして捕食していたのだ。 「自分に怖い物は何もない」と脅迫してくるイナズマドカンは、ギザギザ山の場所を教える代わりにスポットを引き渡すようアーロに言い寄る。 アーロはスポットを連れて逃げるが、近くにいた一家の ブッチ、 ラムジー、 ナッシュに助けてもらい、何とか命拾いする。 放牧していた牛が嵐で行方不明になったというTレックス一家に、アーロはスポットの嗅覚を使って牛を探すことを提案する。 スポットを追ってゆくと、草原の真ん中で牛を発見するが、そこには牛泥棒もいた。 Tレックス一家は身軽な泥棒達に苦戦を強いられるが、アーロは勇気を出してそこへ立ち向かい、見事泥棒退治に成功する。 その晩、彼らはアーロに困難を越えて生き延びてきた武勇伝を話して聞かせる。 翌朝、アーロが牛追いの手伝いをしていると、遂にギザギザ山を発見する。 Tレックス一家と別れ、ギザギザ山を目指すアーロとスポットだが、道中、二足歩行をする動物と出会い、スポットもそれに反応するが、スポットを家に連れて帰りたいアーロは、彼を連れて先へ進む。 ところが、急襲してきたイナズマドカンにより、スポットを連れ去られる。 アーロも為す術なく崖下に落ち、気を失い、父親の夢を見る。 父親の言葉に鼓舞されたアーロはすぐに目覚め、河辺の枯れ木に追い詰められたスポットを発見する。 増水する中でアーロは次々と翼竜を打ちのめし、遂にイナズマドカンも追い払うが、鉄砲水が既にスポットの目前まで迫っていた。 彼らは濁流に巻き込まれるが、アーロは滝の下に落ちながらもスポットを救出することに成功する。 アーロの家も目前となったとき、再び二足歩行の動物と遭遇する。 近付いてきた彼らは、人間の家族だった。 スポットとは髪の色や目の色も違っていたが、その人間はスポットを家族の一員に迎え入れ、アーロもそれを受け入れて一人で家に帰ることを決める。 アーロは、イダが夫と見紛うほどにしっかりとした足つきで家へ戻り、家族との再会を果たす。 一段と成長したアーロは、ようやくサイロに自分の足形を付けさせてもらえることとなり、遂に5匹分全ての家族の印が揃ったのであった。 登場キャラクター [ ] この作品では、は言葉を話すことができるが、は言葉を話すことができない。 主人公 [ ] アーロ(Arlo) 本作の。 一家の末っ子で11歳。 全長5. 75メートル。 姉兄と比べて臆病な上、家族の役に立とうとして毎回失敗してしまうため劣等感を感じている。 父であるヘンリーを亡くしてから数日後、川に落ちてスポットと共に見知らぬ土地に流されてしまう。 始めはスポットと反発していたものの徐々に打ち解けていき、共に家を目指して冒険の旅を始めることとなり、その冒険を通して成長していく。 生まれる前の卵のサイズは姉兄よりも一番大きかったが、生まれた時の体の大きさは一番小さかった。 スポット(Spot) まだ言葉を持たない時代の人間の子供で6歳。 身長70cm。 アーロたちの食料貯蔵庫を荒らしていた。 「スポット」という名は旅の途中でアーロに名付けられた(英国や米国において、日本語の「ポチ」のような犬の名前の定番である)。 体は小さいが勇敢な性格で、必死にアーロを守ろうとする。 嗅覚が優れており、大好物の虫などを見つけるのが得意。 日本のみで展開されたサブストーリー『アーロと少年 エピソード0』で、イナズマドカンたちによって実の両親を殺害されたという悲しい過去が明かされた。 アーロの家族 [ ] の一家。 ギザギザ山のふもとで農場を営み、を栽培しを育てている。 ヘンリー(Henry) アーロの父親。 アーロからは「パパ」と呼ばれる。 末っ子のアーロのことを特に気にかけ、一人前になれるよう優しく見守り続けていた。 食糧を食い荒らしていたスポットを捕まえようとアーロと共に山に向かった際にに飲まれて死んでしまうが、その後もアーロに勇気を与え続ける。 イダ(Ida) アーロの母親。 アーロからは「ママ」と呼ばれる。 愛情深く頭の回転が速い。 ヘンリーの死をひどく悲しむが、彼に代わってアーロの成長を優しく見守り続ける。 バック(Buck) アーロの兄。 3兄姉の中では2番目に生まれ、生まれてすぐに木の棒を振り回す。 アーロより力が強いが、やや粗暴でやんちゃな一面があり、毎回失敗するアーロをいじめることもある。 リビー(Libby) アーロの姉。 3兄姉の中では最初に生まれる。 与えられた仕事を要領よくこなすが、いたずら好きでわがままな一面もあり、よく弟たちをからかっている。 Tレックス一家 [ ] アーロとスポットがテロダクティルたちから逃れた時に助けてくれたの一家。 を放牧しながらのような生活をしている。 見た目は強面だが、3頭とも根は優しい。 ブッチ(Butch) ラムジーとナッシュの父親。 顔の左半面には若い頃の群れと戦ってついた古傷があり、下顎には今でもワニの歯が食い込んでいる。 子供たちからも頼りになる父親として尊敬されている。 タフで強面な外見故に恐怖とは無縁そうに見えるが、怖さを受け入れ乗り越えることが大切だとアーロに教える。 ラムジー(Ramsey) ブッチの娘でナッシュの姉。 一家の中では一番スマートで、凸凹した背中の鱗が特徴。 かつて牛に襲われたときに岩に挟まった尾を自ら噛み千切って生還した武勇伝を持つ。 明るくお喋りなおてんば娘だが度胸のあるしっかり者で、まだ子供のアーロとスポットを群れで襲ったテロダクティル達に憤るなど優しい一面もある。 ナッシュ(Nash) ブッチの息子でラムジーの弟。 でっぷりした体型が特徴。 かつて自分より大きなと戦って、右足に大きな古傷を負っている。 好奇心旺盛だが、大切な牛の群れを逃がしてしまったりなど間の抜けた一面もある。 テロダクティル [ ] 嵐の後にアーロが出会ったたちで、本作の。 救助隊を装い嵐の後に身動きできなくなった小動物を捕食する。 終盤でアーロ達を再び襲った際にスポットを誘拐するが、彼を助けるために立ち上がったアーロによって全滅させられる。 イナズマドカン(Thunderclap) テロダクティルのリーダー格で、に似たトサカをしている。 かつて嵐にさらわれるも、恐怖から解放されて怖いもの知らずになったと自負している。 嫌味で陰険な卑劣漢で、自分より弱そうな小動物のみを狙い、獲物は自分で独り占めするなど自己中心的な性格。 スポットを誘拐して捕食しようとするも、アーロの咆哮に怯んだところをスポットに翼を噛み千切られてしまう。 そしてパニックになり逃げようとしたところをアーロの投げた木が命中し、濁流に落ちて流されてしまった。 ドシャブリ(Downpour) イナズマドカンの取り巻きの1人。 群れの中では唯一の女性。 カンレイゼンセン(Coldfront) イナズマドカンの取り巻きの1人。 ピンクの首が特徴。 ラプトル [ ] かのような見た目をしたの集団で、本作のもう1つのディズニー・ヴィランズ。 Tレックス一家の牛を群れごと連れ去って自分たちのものにしようと企んだ。 ブッバ(Bubbha) ラプトルのリーダー格。 相手を小馬鹿にしたような口調で話す。 ラリーン(Lurleane) ラプトル達の紅一点。 ピンクの体が特徴。 パーヴィス(Pervis) ラプトルたちの中で一番騒がしい性格。 アール(Earl) ラプトルたちの中で一番凶暴な性格。 その他 [ ] ペットコレクター(Pet collector) 年老いた。 その名の通り、小動物や小鳥を育ててペットにしている。 放浪中のアーロとスポットに出会い、彼らにギザギザ山へ向かうよう忠告する。 キャスト(声の出演) [ ] 役名(吹替版) 原語版声優 日本語吹替 アーロ アーロ(幼少期) スポット 原語版流用 ブッチ ラムジー ナッシュ ヘンリー イダ バック バック(幼少期) リビー Maleah Padilla イナズマドカン ドシャブリ カンレイゼンセン Steven Clay Hunter ペット・コレクター ピーター・ソーン ブッバ デーブ・ボート ラリーン カリー・パフ アール パーヴィス カルム・マッケンジー・グラント スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:• 音楽:、 日本語吹替え版スタッフ [ ]• 翻訳:石山祐子• 翻訳監修:ジェームズ・ハバート• 演出:• 日本語版制作: 興行成績 [ ] 全米 [ ] 2015年11月25日公開。 オープニング興行収入は3919万2000ドルで、映画ランキングでは初登場2位となった。 日本 [ ] 2016年3月12日に全国380スクリーンで封切られ、初日2日間で動員数19万1696人、興行収入2億3705万0500円を記録し、映画ランキングでは初登場2位となった。 3週目となる3月28日には、累計興行収入10億円を突破した。 主題歌 [ ] 日本版エンドソング [ ]• 「」 受賞 [ ] 年 映画賞 賞 結果 2015年 アニメ映画賞 ノミネート 2016年 アニメーション映画賞 ノミネート アニメ映画賞 ノミネート 第27回賞 アニメーション映画部門 ノミネート 第43回 作品賞 ノミネート 脚注 [ ] []• Box Office Mojo. 2016年8月20日閲覧。 - 2017年10月29日閲覧。 ディズニー公式. 2020年5月15日閲覧。 com 2016年3月14日 2016年3月14日閲覧。 cinemacafe. net 2016年3月29日 2016年3月19日閲覧。 映画ナタリー 2015年12月11日. 2016年2月8日閲覧。 com 2016年1月6日. 2016年2月8日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年12月2日. 2016年2月8日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語)• (英語) [ ].

次の

ピクサー最新作「アーロと少年」日本版ED曲、Kiroroの「Best Friend」に決定

アーロ と 少年 歌

文句 おそらくそれほどヒットはしないでしょう。 映像がきれいで、ディズニーのブランドもあるので、それでもそこそこ売れるでしょうが、売れたとしても「」程度だと思います。 やっぱりディズニーは挿入歌がないとダメですね。 ストーリーは何の捻りもなく、その全てが予告動画に集約されています。 弱虫恐竜のアーロが迷子になって家族と離れ離れになり、人間の子供スポットと協力しながら故郷を目指す、という内容です。 故郷にたどり着くまでに文字通り山あり谷ありの展開がありますが、それもまた悪い恐竜が出てきたり、あるいは優しい恐竜が助けてくれたりするぐらいなもので、最後まで予想通りでした。 登場キャラクターも少ないし、セリフも少なめです。 恐竜たちが人間並の知識を持ち、言葉を話し、逆に人間が野生動物的で言葉は話せない、という設定で物語は進みます。 そのせいか恐竜が畑を耕したり、建物を建てたり、食料を蓄えたりといった文明を感じさせる生活をしていますが、その一方で戦いになると、普通に突進したり、噛み付くだけで、急に普通の「恐竜」に戻るのがちょっといまいちでしたね。 「とりあえず一旦座ろうか」とか言って、恐竜同士の戦いが話し合いで解決したら面白かったんですけどね。 夜になると恐竜たちが焚き火したりシュールで笑えるんですが、ところどころキャラクターたちが独自のSF世界のルールに則っていないような場面がちらほらありましたね。 また、子供向けにするために恐竜同士の戦いも残酷にすることができず、恐竜のくせに動物を食べるというシーンすらほとんどありません。 アーロが食べるのはせいぜい木の実か昆虫ぐらいなもので、あの図体の割には小食っていうのが、子供向け映画の限界を感じさせます。 一方で子供向け映画の路線を進みながらディズニーはこの映画で大きなミスを犯しました。 それはアーロと少年が腐った果物だか木の実だかを食べて幻覚を見るシーンです。 あれはドラッグを連想させてしまうため、アメリカでは批判が続出したそうです。 僕も見たときは「これ大丈夫なのかなあ」と心配になりましたが、案の定クレームが入ったようですね。 さて、ディズニー映画を久作から新作まで追って見ていくと、あるパターンに基づいているのが分かります。 おそらく彼ら独自の成功マニュアルがあるはずです。 その一つに主人公の自立と成長の過程を描くというのがあって、序盤に主人公の親が死ぬ、というのが一つのパターンになっていますね。 「」 この映画でも早い段階でアーロの父親が洪水に飲まれて命を落とします。 すると頼る人を失ったアーロは自立せざるを得なくなり、迷子になって家族と離れれば、自分でなんとか強くなるしかないという状況に迫られます。 それはライオンキングでもそうだし、もそうだし、もまた同じでしたね。 ただ、これだけ同じパターンを繰り返してもなお世界中の子供から大人までを引きつける魅力は一体なんなのか、という話です。 終盤にはちゃんとアーロと少年スポットの感動の別れのシーンを用意しているし、コテコテなんだけどストレートだから、多くの人たちは感情を揺さぶられてしまうんですよね。 ベイマックスのラストみたいな感じですかね。 あれで泣いた人はこの映画でも泣くはずです。 僕的にはラストで今までずっと四足の犬歩きをしていた少年スポットが急に二足歩行になった下りで爆笑しました。 進化するの速すぎって。 >> 関連記事 「」 「」.

次の