レットイットビー ピアノ 楽譜。 楽譜がまったく読めなくてもピアノで「レット・イット・ビー」が弾ける本 コードから始めるピアノ入門 (CD付) (リットーミュージック・ムック)

楽譜がまったく読めなくてもピアノで「レット・イット・ビー」が弾ける本 コードから始めるピアノ入門 (CD付) (リットーミュージック・ムック)

レットイットビー ピアノ 楽譜

yachu はじめまして。 1949年生まれの男です。 若いころビートルズの音楽にはまり、ギター等でコピーなどして一人で楽しんでましたが、あのレットイットビーはやはりピアノでないと雰囲気が出ないと思い、最初は安いオルガン、そして頑張って縦型ピアノを月賦で 笑 当時はレコードでしたから何度も何度も音だけを頼りにキーを探して、、完全なる独学。 もちろん楽譜はまったく読めない。 それでもそれなりにイマジン、レットイットビーをなんとか弾き語りまで行けたつもりでしたが、社会人になり仕事が忙しく全く弾く事はありませんでした。 ですが現在この年齢になったらなぜかしらないが無性に弾きたくなり思い出しながらやってみたものの、やはり独学だったのでなんか変? そこでいまさらながら、ピアノのコードもしっかり覚えたいと思って探してたらここにたどり着きました。 ほんとに解りやすくて助かりました。 これから何度も何度もしっかりしたキーの押え方を覚えて、孫たちの前でお披露目する目的ができました。 ほんとにありがとうございました。

次の

楽譜がまったく読めなくてもピアノで「レット・イット・ビー」が弾ける本 コードから始めるピアノ入門 (CD付) (リットーミュージック・ムック)

レットイットビー ピアノ 楽譜

楽譜が読めないのに楽譜書くんですか?? ・・・ドレミ(カタカナ)で細かいタッチまで伝えられませんよ。 市販の楽譜でさえ、誰かが耳コピしたものです。 不完全です。 よく間違いもあります。 ヤッツケでテキトウなものはしょっちゅうです。 私は自分でレコード音源もポールのソロのライヴ音源も 全て耳コピーしました。 随分違う弾き方をしていて、とても面白いです。 挑戦してください。 自分でコピーしたら、 部分的に自分の好きな配列に和音を直したり 音を少し足したりしたほうが楽しいし満足できます。 本音が、耳コピがちゃんとできない面倒だ、 とゆうならば、特に言うことありません。

次の

ビートルズ 名曲 Let it be(レットイットビー)♪歌詞はこちら♪

レットイットビー ピアノ 楽譜

概要 [ ] 名義はだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。 ポールは当初からこの曲を風に仕上げることを考えていたようでは「『ゴスペルっぽくするにはどうしたらいい?』とポールに質問された」と述べている。 そしてビリーのアイデアを基にゴスペル風のオルガンとコーラスを取り入れたという。 において第20位を記録した。 映画『レット・イット・ビー』のサウンド・トラック盤『レット・イット・ビー』(ビートルズのラスト・アルバム) に収録されている曲。 ビートルズが分裂しつつあるのをポールが悲観している頃に亡き母メアリー・マッカートニー が降りて来た際に述べた「 あるがままを あるがままに(全てを)受け容れるのです」との囁きを元に書いたと言われている。 ポールの母であるメアリー・パトリシア・モーヒン(1909年9月29日 1909-09-29 -1956年10月31日 1956-10-31 )は「子供達が大きくなるのを見たかったわ」と言い残し満47歳で死去している。 ポールはこの楽曲においてピアノを演奏しているので、がでベース・パートを演奏している。 ポールは1979年 1979 以降、やソロコンサートでこの曲を演奏し続けており、現在ではポール・マッカートニーのレパートリーのひとつになっている。 また、参加時にはこの曲をした。 録音 [ ] この楽曲は1969年 1969 の以前から存在しており、『』セッション中の1968年9月19日 1968-09-19 には、リハーサル演奏が行なわれていた。 その数か月後の1969年1月3日 1969-01-03 にトゥイッケナム・スタジオでリハーサルが行なわれた。 なお、このリハーサルの時点ではマルチトラック録音は行なわれず、アップル・スタジオでのセッション時より開始された。 に第1テイク 、に9テイク録音されたのち、と1970年1月4日 1970-01-04 にのがオーバー・ダビングされた。 これにより、ギターソロが2パターン存在することとなった。 ミキシング [ ] 「レット・イット・ビー」はシングル・ヴァージョンが、アルバム収録ヴァージョンがのプロデュースによるミックスダウンだが、元々は同じテイクから作られたものである。 両者の大きな違いは、下記の通りである。 ラストのサビの("Let it be, let it be... "と繰り返す部分)がシングル・ヴァージョンよりアルバム・ヴァージョンの方が1回多い。 シングルでは1969年4月30日 1969-04-30 にオーヴァー・ダビングされたジョージのリードギターを、アルバムでは1970年1月4日 1970-01-04 にオーヴァー・ダビングされたジョージのリードギターを採ってミックスダウンされている。 またアルバムでは、間奏後、ポールのヴォーカルに戻って以降エンディングに至るまで、1970年1月4日 1970-01-04 録音のリードギターが前面にフィーチャーされている。 オーケストレイションとコーラス。 また、ヴォーカルのエコー、ドラムのハイハットのエコー、ステレオの定位、個々の楽器のバランスなど、細部における違いも多い。 また、映画および『ネイキッド』で使用したのは別テイクで、映画版のソロとほぼ同じ。 映画版の3ヴァースにはシングル盤・アルバム盤、ネイキッドのテイクにはない歌詞"There will be no sorrow"という一節が含まれている。 の『』(Billbaord)誌では初登場6位で、これは当時のビルボードHOT100初登場最高位で、これはが1996年に発売した『スクリーム』(初登場5位)まで破られなかった。 1970年4月11日にチャート第1位を獲得。 ビルボード誌1970年年間ランキングは第9位。 アメリカだけで200万枚以上のセールスを記録している。 イギリスでは、「ミュージック・ウィーク」誌で最高位第2位を獲得し、30万枚以上のセールスに留まっている。 日本では138万枚以上 [ ]の売り上げを記録し、国内で発売されたビートルズのシングルの中では最大のヒット作となった。 B面は「」。 また、マスター・テープ到着前に発売したので日本盤のみ、ジャケットにステレオ表記があるにもかかわらず、モノラル・ヴァージョンで発売された(後にジャケットのステレオ表記は削除された)。 但し、モノラル・ヴァージョンは公式には作られておらず、このシングルに収録されている物は、ステレオ・ヴァージョンをそのままモノラル化したものである。 演奏 [ ] ビートルズ• — 、、• — コーラス、• — コーラス、• — 外部ミュージシャン• — 、• 演奏者不明 — 、 収録アルバム [ ]• 『』 カバー・バージョン [ ]• — 1970年 1970 の『』に収録。 — 1970年 1970 のアルバム『Fireworks』に収録。 オリジナルズ — 1970年 1970 のアルバム『Naturally Together』に収録。 — 1970年 1970 のアルバム『Patches』に収録。 — 1971年 1971 のシングル。 ビルボード誌最高位第47位を記録。 — 1971年 1971 のアルバム『』に収録。 — 1972年 1972 のアルバム『GARO2』に収録。 — 1973年 1973 のアルバム『Presenting... Nana Mouskouri... Songs From Her TV Series』に収録。 — 2012年 2012 のアルバム『Beautiful World』に収録。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• の『レット・イット・ビー』は写真集付のボックス・セットとして発売された後に廉価版が発売された。 をと解釈する人が多いがポール本人は「僕の母・メアリー=マッカートニー」とインタビューに回答。 一方で「この曲を聴いた人が聖母マリアと解釈するのは当然だ。 この曲で信仰心を高めてくれれば光栄。 」とも語っている。 なぜ当然かというと、 のマリアの言葉 成りますようにの箇所は、英語で let it be というためである。 そこでマリアが言った、「わたしは主のはしためです。 お言葉どおりこの身に成りますように」。 そして御使は彼女から離れて行った。 どうしようもない状況を暴力的に変えようというのではない。 さりとて、それに従えとか満足せよというのでもない。 そういう状況の中でも自棄(やけ)を起こさず希望を捨てないというのである」と書いている。 この時の音源は発売の『ザ・ビートルズ ホワイト・アルバム 50周年記念エディション』に収録。 この時の音源は発売の『』に収録。 出典 [ ]• 2009年. 2009年4月10日閲覧。 1988. The Beatles Recording Sessions. New York:. 156. The Beatles Bible 2007年. 2018年12月8日閲覧。 Winn, John C. 2009. That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966-1970. New York: Three Rivers Press. 254. (2006年2月22日時点の) [ ]• 外部リンク [ ] thebeatles. com• — SONGS 先代:.

次の