疫病神 人。 (きっと)日本最強のお札:日本の疫病神信仰と元三大師

貧乏神は本当にいる!身近な「貧乏神」につかれた人の特徴と対策

疫病神 人

黒川博行の「疫病神シリーズ」読むべき順番は?直木賞受賞作「破門」あらすじネタバレ 黒川博行の「疫病神シリーズ」映画化!読むべき順番は? 黒川博行(くろかわひろゆき)は、著作が、2016年から続けて映画化されている作家です。 2017年1月には、佐々木蔵之介と横山裕のダブル主演で、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」が公開されます。 黒川博行作品の中でも特に人気の高い疫病神シリーズの最新刊で、2014年に直木賞も受賞している「破門」。 疫病神シリーズは、刊行順に「疫病神」「国境」「暗礁」「螻蛄」「破門」の5作があります。 それぞれ独立したテーマを扱っていますので、どれからでも楽しめますが、できれば、刊行順に読むべきでしょう。 黒川作品の魅力にどっぷりつかれること請け合いです。 黒川博行「疫病神シリーズ」の直木賞受賞作「破門」あらすじネタバレ 黒川博行作品で、2017年1月28日から映画が公開される直木賞受賞作、疫病神シリーズ「破門」のあらすじをご紹介します。 「破門」の主人公は、やり手ヤクザの桑原と、さえない建設コンサルタントの二宮。 映画製作に出資した大金を、詐欺師の小清水に持ち逃げされてしまいます。 桑原と二宮は小清水を追い、あの手この手で金を取り戻しますが、それが桑原を窮地に追い込むことに。 小清水を追う中で、格上の「組」の構成員と衝突する桑原。 再起不能なまでにやり込めてしまったことで、組同士の抗争にまで発展してしまいました。 ネタバレすると、なんと桑原は、「組」から「破門」されることに。 ヤクザの世界でしか生きられない桑原が破門されてしまうという驚愕の結末に、シリーズの続きが気になるばかりです。 黒川博行おすすめ小説「後妻業」あらすじネタバレ!映画化キャストは? 黒川博行のおすすめ小説「後妻業」あらすじネタバレ! 黒川博行のおすすめ小説は疫病神シリーズだけではありません。 2016年に、「後妻業の女」として映画化された小説「後妻業」は、刊行当時にこの小説を彷彿とさせるような事件が起きただけに、かなり注目されました。 ここで、小説「後妻業」のあらすじをご紹介しましょう。 小夜子は、老い先短い資産家と入籍し、遺産を搾り取る後妻業で荒稼ぎをしています。 結婚相談所所長の柏木と組んで、これまで9人の老資産家と入籍。 10人目となるターゲットの耕造が病に倒れますが、耕造の娘が小夜子の存在を怪しみ、探偵・本多に探らせます。 柏木と小夜子の悪事を暴いた本多は、それをネタに2人から金を引き出そうとしたため、柏木と小夜子は、小夜子の弟の博司を使って本多殺害計画を企てますが……。 ネタバレすると、本多の殺害計画は失敗。 小夜子は博司に殺され、それを隠そうとした柏木も警察に捕まるという結末を迎えます。 黒川博行の話題作「後妻業」が映画化!豪華すぎるキャストは? 黒川博行のおすすめ小説「後妻業」映画版のキャストは、後妻業で荒稼ぎする小夜子に、存在感たっぷりの演技が魅力の大竹しのぶ。 小夜子とグルの結婚相談所の所長を演じたのは豊川悦司で、小夜子に父の遺産を横取りされそうになる娘を尾野真千子と長谷川京子が演じました。 小夜子たちの悪事を暴いて金を引き出そうとする探偵に扮したのが永瀬正敏です。 実力派の豪華キャストそろい踏みで、黒川博行作品「後妻業」の世界を再現して見せました。 黒川博行の書く関西弁が魅力的すぎる!直木賞に5度落選していた! 黒川博行作品は、立て続けに映画化されています。 黒川博行が描く作品世界は、主に関西が舞台です。 映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の原作である疫病神シリーズでも、主人公のヤクザ桑原と、腐れ縁の建設コンサルタント二宮が、大阪弁で丁々発止のやりとりを繰り広げており、作品の魅力の1つとなっています。 映画版でW主演を務める佐々木蔵之介と横山裕も関西出身であるばかりか、ヤクザの桑原を演じる佐々木蔵之介は、もともと原作のファンだったとか。 「黒川さんの小説は声に出したくなる。 関西弁をしゃべる役者にとっては、珠玉のせりふがつづってあるんです」と、黒川博行作品の魅力を語っています。 黒川博行が書く関西弁にこれだけの魅力が宿るのは、やはり黒川博行も関西育ちだからなのでしょう。 黒川博行は、6歳で大阪に引っ越してから、ずっと関西暮らし。 なんと大学は、京都市立芸術大学美術学部彫刻科に進んでいます。 彫刻という、小説とはかなりかけ離れた世界で学んでいた黒川博行。 卒業後は、スーパーに就職しますが、水が合わずに退職し、学生結婚していた妻が美術教師をしていたことから、自らも高校の美術教師に転職しています。 ちなみに、妻である日本画家・黒川雅子とは同じ大学で学んでいますが、出会いは大学ではなく、大学近くの雀荘で、はじめは麻雀仲間でした。 黒川博行は、かなりのギャンブル好きだということですが、妻の黒川雅子も負けず劣らずで、「学生時代以来、夫とはずーっと戦い続けてきた。 麻雀、将棋、花札、トランプ、チンチロリンとか。 いつも真剣勝負」とのこと。 ちなみに、勝率は、「麻雀、将棋は6割、夫のほうが勝っています」だとか。 それだけ2人は気が合うのでしょう。 黒川博行作品に流れるのは、読者を飽きさせないスピード感や、先の読めない展開、読者の予想をひっくり返してくれる爽快感、一癖も二癖もある登場人物です。 これらは、相手と駆け引きし、常に頭をフル回転させるギャンブルの世界で、黒川博行自身が体感し、得てきたものがあるのかもしれません。 無類のギャンブル好きという一風変わった美術教師だった黒川博行は、暇つぶしではじめた小説「二度のお別れ」で、1983年に、サントリーミステリー大賞佳作を受賞。 佳作を受賞したことで、さらに上を目指す意欲を持ち、「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞を受賞しました。 これにより、黒川博行は、教師を辞めて小説に専念することになります。 ハードボイルドな世界観と、洒脱な大阪弁のやりとりで読者を魅了していき、人気作家としての地位を確立した黒川博行。 順調な作家生活を送っていきますが、なぜか直木賞には何度も候補にあがりながらも落選が続きました。 落選すること実に5回。 2014年に、「破門」で、見事直木賞を受賞しますが、6度目の正直はさすがに辛かったとみえて、「もう候補にならないのが一番ありがたい」とコメントしています。 無事に直木賞も受賞し、思い煩うことも減ったはずですから、ますます面白い作品を書き続けてくれることでしょう。

次の

黒川博行の「疫病神シリーズ」読むべき順番は?直木賞受賞作「破門」あらすじネタバレ

疫病神 人

元の時代に、德州市齊河県(現在の山東省の一部)に訾汝道という娘がいました。 母の高氏治は厳格だったが、訾汝道は礼儀正しくそばで献身し、母が病気の時も昼夜離れずに看病しました。 ある日、母は娘にこう言いました。 「普段から親孝行なお前さんには、何の貯蓄もない。 私がいなくなる前に、この金銀財宝を他の兄弟に取られないよう、しまっておきなさい。 」 訾汝道は泣きながら答えました。 「両親は苦しい中、家業を切り盛りし、今では家・田畑・家畜があります。 あなた方の恩に報いていないのに、どうして贈り物を受け取り、親不孝ができましょうか?」 母が亡くなり、訾汝道は悲しみに暮れ、喪中は酒と肉を口にしませんでした。 訾汝道もまた兄弟思いでした。 母の死後、良質な田畑や家は兄弟に譲り、早くに亡くなった二人の弟の子供を養いました。 村の貧しい人にも自分の田畑を分けました。 ある年、酷い疫病が発生しました。 訾汝道は、完治した人が発汗作用のある瓜を食べたと聞き、感染することを恐れずに、米と瓜を買い全ての家に送ったり、亡くなった人には安らかに眠れるよう棺を送りました。 こうしてでも、訾汝道は疫病にかからなかったので、人々は驚きました。 捨て身になって看病した瘐兗(ゆえん) 晋王朝のある年に、瘐兗の故郷で疫病が発生しました。 二人の兄は亡くなり、もう一人の兄は重病でした。 家族は感染しないために家を出、瘐兗だけが兄の看病をしました。 十日後、村の疫病は収まり、家族が家に帰ると不思議なことに、兄は回復し、瘐兗は全く感染していなかったのです。 年長者たちは感嘆して言いました。 歴史書にこんな記載があります。 「ある人は頭部から始まる。 目が充血し、顏と喉が腫れ、バタリと倒れる。 ある人は内臓が飛び出す。 ある人はそけい部から膿が噴き出し、高熱を引き起こして、2,3日以内に死んでしまう。 」 街頭には、裂けたり腐敗した死体があちこちにあり、埋葬する人がいなく、全ての人にいっそう恐怖を与えました。 死体は腹が膨れ上がったり、真っ赤な目をして、大きな口を開けたまま膿が流出し、腕を垂直に上げている者もいました。 コンスタンティノープル(現在のイスタンブール)の死亡者数は計り知れません。 政府は早くも埋葬地が足りなくなり、積み上げられた死体は、町全体を死臭でいっぱいにさせました。 ある時は、おしゃべりしている人が、互いに揺れ始め倒れたり、工芸品を作っている最中に、突然倒れる人もいました。 こんな中でもペストとは無縁な人たちがいました。 歴史書の記載には「感染者の家族と一緒に住んでいたり、さらには子供と両親が亡くなり、自分も一緒に感染して死のうと思い死者と抱擁しても、その病気は願いを無視するかのように、彼らは健在だった。 」とあります。 なぜ彼らは疫病に侵されなかったのか? 次の宋王朝の一つのお話で答えがわかるでしょう。 浙江省縉雲県の枢密院の副長官、管師仁は学生時に、年の初めに早く家を出たところ、背が高く顔つきが凶悪な何人かの鬼に出会いこう言われました。 「我々瘟鬼は元旦に人間界で疫病をまき散らす。 お前の家は大丈夫だ。 」 管師仁は不思議に思い、鬼に理由を聞きました。 「疫病を免れる者は、三代前の先祖が徳を積み善行を行った者、又はこれから一族が繁栄する者、又は牛肉を食べない者。 一つでもあれば、瘟鬼はその一家に侵入できない。 」管師仁の一家は先祖の善行によるものであり、悪行は止めに入り、善行は褒め称える事をしていました。 その一年は疫病が流行したものの、管師仁の一家は息災に過ごしました。 南宋の道士、路時中は疫病の原因をこう論述した。 「末期の今、人情は薄く、人心は壊れ、五情が入り乱れてる」なので瘟神が家に上がるのにも目的があります。 聖書の中でヨハネはこう記している。 「私たちの筆を揃えて、後世に伝えなければならない。 天が罰を与えるのは、私たちの罪の一部分にすぎない。 今の私たちの悪行が後世の人に恐ろしい災いをもたらす。 私たちのせいで不運な罰を受けた人々は、より賢明になり、将来、天の怒りと苦境から切り抜けれる。 」 つまり疫病が発生する根本の原因は、人心が堕落し、道徳に欠けたことです。 徳を重んじ善行を積むことで、災難を乗り切る機会があります。 《元史》巻197;元について書かれた歴史書 2. 《夷堅志(いけんし)》;中国南宋の洪邁が編纂した志怪小説集 3. 《斬瘟斷疫品》;路時中が人の病について解説したもの 4. 《晉書(しんじょ)》;晋王朝(西晋・東晋)について書かれた歴史書 (翻訳・淳萌) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の

疫病神っているのでしょうか

疫病神 人

元の時代に、德州市齊河県(現在の山東省の一部)に訾汝道という娘がいました。 母の高氏治は厳格だったが、訾汝道は礼儀正しくそばで献身し、母が病気の時も昼夜離れずに看病しました。 ある日、母は娘にこう言いました。 「普段から親孝行なお前さんには、何の貯蓄もない。 私がいなくなる前に、この金銀財宝を他の兄弟に取られないよう、しまっておきなさい。 」 訾汝道は泣きながら答えました。 「両親は苦しい中、家業を切り盛りし、今では家・田畑・家畜があります。 あなた方の恩に報いていないのに、どうして贈り物を受け取り、親不孝ができましょうか?」 母が亡くなり、訾汝道は悲しみに暮れ、喪中は酒と肉を口にしませんでした。 訾汝道もまた兄弟思いでした。 母の死後、良質な田畑や家は兄弟に譲り、早くに亡くなった二人の弟の子供を養いました。 村の貧しい人にも自分の田畑を分けました。 ある年、酷い疫病が発生しました。 訾汝道は、完治した人が発汗作用のある瓜を食べたと聞き、感染することを恐れずに、米と瓜を買い全ての家に送ったり、亡くなった人には安らかに眠れるよう棺を送りました。 こうしてでも、訾汝道は疫病にかからなかったので、人々は驚きました。 捨て身になって看病した瘐兗(ゆえん) 晋王朝のある年に、瘐兗の故郷で疫病が発生しました。 二人の兄は亡くなり、もう一人の兄は重病でした。 家族は感染しないために家を出、瘐兗だけが兄の看病をしました。 十日後、村の疫病は収まり、家族が家に帰ると不思議なことに、兄は回復し、瘐兗は全く感染していなかったのです。 年長者たちは感嘆して言いました。 歴史書にこんな記載があります。 「ある人は頭部から始まる。 目が充血し、顏と喉が腫れ、バタリと倒れる。 ある人は内臓が飛び出す。 ある人はそけい部から膿が噴き出し、高熱を引き起こして、2,3日以内に死んでしまう。 」 街頭には、裂けたり腐敗した死体があちこちにあり、埋葬する人がいなく、全ての人にいっそう恐怖を与えました。 死体は腹が膨れ上がったり、真っ赤な目をして、大きな口を開けたまま膿が流出し、腕を垂直に上げている者もいました。 コンスタンティノープル(現在のイスタンブール)の死亡者数は計り知れません。 政府は早くも埋葬地が足りなくなり、積み上げられた死体は、町全体を死臭でいっぱいにさせました。 ある時は、おしゃべりしている人が、互いに揺れ始め倒れたり、工芸品を作っている最中に、突然倒れる人もいました。 こんな中でもペストとは無縁な人たちがいました。 歴史書の記載には「感染者の家族と一緒に住んでいたり、さらには子供と両親が亡くなり、自分も一緒に感染して死のうと思い死者と抱擁しても、その病気は願いを無視するかのように、彼らは健在だった。 」とあります。 なぜ彼らは疫病に侵されなかったのか? 次の宋王朝の一つのお話で答えがわかるでしょう。 浙江省縉雲県の枢密院の副長官、管師仁は学生時に、年の初めに早く家を出たところ、背が高く顔つきが凶悪な何人かの鬼に出会いこう言われました。 「我々瘟鬼は元旦に人間界で疫病をまき散らす。 お前の家は大丈夫だ。 」 管師仁は不思議に思い、鬼に理由を聞きました。 「疫病を免れる者は、三代前の先祖が徳を積み善行を行った者、又はこれから一族が繁栄する者、又は牛肉を食べない者。 一つでもあれば、瘟鬼はその一家に侵入できない。 」管師仁の一家は先祖の善行によるものであり、悪行は止めに入り、善行は褒め称える事をしていました。 その一年は疫病が流行したものの、管師仁の一家は息災に過ごしました。 南宋の道士、路時中は疫病の原因をこう論述した。 「末期の今、人情は薄く、人心は壊れ、五情が入り乱れてる」なので瘟神が家に上がるのにも目的があります。 聖書の中でヨハネはこう記している。 「私たちの筆を揃えて、後世に伝えなければならない。 天が罰を与えるのは、私たちの罪の一部分にすぎない。 今の私たちの悪行が後世の人に恐ろしい災いをもたらす。 私たちのせいで不運な罰を受けた人々は、より賢明になり、将来、天の怒りと苦境から切り抜けれる。 」 つまり疫病が発生する根本の原因は、人心が堕落し、道徳に欠けたことです。 徳を重んじ善行を積むことで、災難を乗り切る機会があります。 《元史》巻197;元について書かれた歴史書 2. 《夷堅志(いけんし)》;中国南宋の洪邁が編纂した志怪小説集 3. 《斬瘟斷疫品》;路時中が人の病について解説したもの 4. 《晉書(しんじょ)》;晋王朝(西晋・東晋)について書かれた歴史書 (翻訳・淳萌) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の