喉 違和感 ポリープ。 喉ポリープ悪性良性の違いと見分け方

口の中のポリープのようなものについて

喉 違和感 ポリープ

喉頭炎 ウイルス、細菌、アレルギー、喫煙などさまざまな原因により喉頭に炎症が起きている状態の総称です。 急性喉頭炎では声のかれ、咳、痛み、発熱などが、慢性喉頭炎では声のかれ、咳などが主な症状ですが、喉頭が空気の通り道であるため、炎症によって喉頭の腫れが強くなると呼吸が苦しくなることもあるので注意が必要です。 治療は急性喉頭炎では原因、症状に合わせて、声や全身の安静、薬の全身あるいは局所投与(吸入)などが、慢性喉頭炎では、原因の除去、薬の局所投与などが選択されます。 喉頭炎にはこの他、、急性声門下喉頭炎など急激に呼吸困難となる病気や喉頭結核など、一般的治療では効果のないものもあります。 急性喉頭蓋炎 呼吸が苦しくなる原因はたくさんありますが、大事な疾患の一つが急性喉頭蓋(がい)炎です(矢印)。 この存在に気づくのが遅くなると息が詰まり直ちに命にかかわる可能性があります。 発熱、のどの痛みなどの他に息がしづらい、物をのみこみにくいなどの症状が出てきたときは、急いで耳鼻咽喉科を受診して下さい。 空気の通り道にある喉頭蓋が強く腫れて窒息の恐れがある場合は、まず、声帯の下方にある気管に首の皮膚から直接穴をあけ(気管切開)、呼吸の道を確保する必要があります。 喉頭蓋の腫れには抗菌薬やステロイドの投与を行います。 順調に経過すれば、通常は1~2週間ほどで急性喉頭蓋炎は改善し、首に開けた穴も塞ぐことができます。 声帯ポリープ・声帯結節 声がかれる、あるいは出しにくいといったとき、声帯に何らかの異常が起きている可能性があります。 声帯ポリープ・声帯結節(けっせつ)は声の乱用や炎症、喫煙などによって本来は直線的な声帯の辺縁が突出し声の変化が起きる病気です(矢印)。 炎症を抑える治療や発声訓練で改善しない場合は手術治療も行われます。 ここで大事なことは、やその他の悪性腫瘍により声がかれることもあるという事実です。 したがって、声の調子がおかしくなったときは、まず診断を確定するために、耳鼻咽喉科を受診する必要があります。 胃食道逆流症 食道と胃の境目は飲食物が食道から胃に向かって通るときに開きますが、通常は閉じていて胃の内容物は食道へ逆流しない仕組みになっています。 しかし、何らかの原因で胃の内容物が食道へ逆流する病態が胃食道逆流症(逆流性食道炎)で、胸やけや胃の内容物が逆流する感覚(呑酸:どんさん)、さらには咳や声のかれ、のどの不快感など喉頭炎に似た症状がでることもあります。 本来は胃のなかにだけある胃酸により、食道やのどの粘膜が炎症を起こすためです。 治療は胃酸の分泌を抑制する薬の内服が代表的です。 その他、刺激のある食べ物を避ける、寝る直前は食べない、上半身を軽く挙げて眠るなどの生活指導も行われます。 気管支異物 通常、口から食べた物は食道に入りますが、誤って喉頭から気管、気管支へと入ってしまったものを気管支異物といいます。 喉頭には、異物が入ってきたときにそれが気管に入らないように咳を出して防ぐ仕組みがありますが、幼児ではこの働きが弱いために気管支異物になりやすいと考えられています。 気管支異物は3歳未満の乳幼児に多く、ピーナッツなどの豆類が最も多く見られます。 乳幼児が豆を含む菓子を食べていて、突然せき込んだり、その後もせきが続くような場合には、気管支異物を疑う必要があります。 診断には、聴診、胸部X線検査などを行います。 治療は全身麻酔をかけて、内視鏡を用いて異物を摘出することになります。 内視鏡で摘出できない場合には、開胸手術が必要になることもあります。 小さいお子さんには、気管支異物になりそうなかたい豆類を食べさせない、お子さんの手が届くところに豆類を置かないようにするなどの注意が必要です。 食道異物 食道異物は乳幼児と高齢者に見られることが多く、乳幼児ではコインやボタン電池、玩具など、高齢者では入れ歯や錠剤の包装(PTPという硬い台紙)などが見られます(矢印)。 また、魚や肉の骨、大きな肉の塊などが食道にひっかかって異物となることもあります。 小さい子どもがいるおうちでは、お子さんの手が届くところにお金や口に入りそうな小さなおもちゃを置かないようにすることが必要です。 成人の場合には異物を飲み込んでしまった自覚やのどの異物感、痛みなどから食道異物を疑うことができますが、小児の場合には何となく様子がおかしいという程度の症状しかない場合があり注意が必要です。 診断にはエックス線検査や内視鏡検査を行います。 異物は、多くの場合胃カメラ用の内視鏡を用いて摘出できますが、入れ歯の金具が食道粘膜に刺さって引っかかっているような場合には、硬性内視鏡による摘出術や頸部切開による摘出が必要になることがあります。 喉頭がん 喉頭がんは頭頸部にできるがんの中で最も多く、男性に多く見られ、喫煙が発生に大きく影響するがんです。 声帯にできるがん(声門がん)が多く、声門がんでは初期から声がかれるため比較的早期に診断されます(矢印緑)。 がんが進行すると、声がれだけでなく息苦しさなどの症状が現れてきます。 一ヶ月以上声がれが続く場合には、喉頭がんの疑いがありますので、必ず耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。 これに対して、声帯以外の部分から発生する喉頭がん(多くの場合声門の上方から発生する声門上がん)では、のどのいがらっぽさや異物感、違和感などの症状が見られますが、声がれの症状が出にくく、声門がんにくらべて進行した状態で診断されることがほとんどです(矢印赤)。 また、頸部のリンパ節に転移しやすい特徴があり、首が腫れてから気づかれることもしばしばです。 声門がんは、多くの場合放射線治療で治癒しますが、声門上がんの治療は、放射線、抗がん剤、手術を組み合わせて行います。

次の

声帯ポリープ(喉ポリープ)の症状,原因,治療と手術費用|写真付

喉 違和感 ポリープ

喉頭炎 ウイルス、細菌、アレルギー、喫煙などさまざまな原因により喉頭に炎症が起きている状態の総称です。 急性喉頭炎では声のかれ、咳、痛み、発熱などが、慢性喉頭炎では声のかれ、咳などが主な症状ですが、喉頭が空気の通り道であるため、炎症によって喉頭の腫れが強くなると呼吸が苦しくなることもあるので注意が必要です。 治療は急性喉頭炎では原因、症状に合わせて、声や全身の安静、薬の全身あるいは局所投与(吸入)などが、慢性喉頭炎では、原因の除去、薬の局所投与などが選択されます。 喉頭炎にはこの他、、急性声門下喉頭炎など急激に呼吸困難となる病気や喉頭結核など、一般的治療では効果のないものもあります。 急性喉頭蓋炎 呼吸が苦しくなる原因はたくさんありますが、大事な疾患の一つが急性喉頭蓋(がい)炎です(矢印)。 この存在に気づくのが遅くなると息が詰まり直ちに命にかかわる可能性があります。 発熱、のどの痛みなどの他に息がしづらい、物をのみこみにくいなどの症状が出てきたときは、急いで耳鼻咽喉科を受診して下さい。 空気の通り道にある喉頭蓋が強く腫れて窒息の恐れがある場合は、まず、声帯の下方にある気管に首の皮膚から直接穴をあけ(気管切開)、呼吸の道を確保する必要があります。 喉頭蓋の腫れには抗菌薬やステロイドの投与を行います。 順調に経過すれば、通常は1~2週間ほどで急性喉頭蓋炎は改善し、首に開けた穴も塞ぐことができます。 声帯ポリープ・声帯結節 声がかれる、あるいは出しにくいといったとき、声帯に何らかの異常が起きている可能性があります。 声帯ポリープ・声帯結節(けっせつ)は声の乱用や炎症、喫煙などによって本来は直線的な声帯の辺縁が突出し声の変化が起きる病気です(矢印)。 炎症を抑える治療や発声訓練で改善しない場合は手術治療も行われます。 ここで大事なことは、やその他の悪性腫瘍により声がかれることもあるという事実です。 したがって、声の調子がおかしくなったときは、まず診断を確定するために、耳鼻咽喉科を受診する必要があります。 胃食道逆流症 食道と胃の境目は飲食物が食道から胃に向かって通るときに開きますが、通常は閉じていて胃の内容物は食道へ逆流しない仕組みになっています。 しかし、何らかの原因で胃の内容物が食道へ逆流する病態が胃食道逆流症(逆流性食道炎)で、胸やけや胃の内容物が逆流する感覚(呑酸:どんさん)、さらには咳や声のかれ、のどの不快感など喉頭炎に似た症状がでることもあります。 本来は胃のなかにだけある胃酸により、食道やのどの粘膜が炎症を起こすためです。 治療は胃酸の分泌を抑制する薬の内服が代表的です。 その他、刺激のある食べ物を避ける、寝る直前は食べない、上半身を軽く挙げて眠るなどの生活指導も行われます。 気管支異物 通常、口から食べた物は食道に入りますが、誤って喉頭から気管、気管支へと入ってしまったものを気管支異物といいます。 喉頭には、異物が入ってきたときにそれが気管に入らないように咳を出して防ぐ仕組みがありますが、幼児ではこの働きが弱いために気管支異物になりやすいと考えられています。 気管支異物は3歳未満の乳幼児に多く、ピーナッツなどの豆類が最も多く見られます。 乳幼児が豆を含む菓子を食べていて、突然せき込んだり、その後もせきが続くような場合には、気管支異物を疑う必要があります。 診断には、聴診、胸部X線検査などを行います。 治療は全身麻酔をかけて、内視鏡を用いて異物を摘出することになります。 内視鏡で摘出できない場合には、開胸手術が必要になることもあります。 小さいお子さんには、気管支異物になりそうなかたい豆類を食べさせない、お子さんの手が届くところに豆類を置かないようにするなどの注意が必要です。 食道異物 食道異物は乳幼児と高齢者に見られることが多く、乳幼児ではコインやボタン電池、玩具など、高齢者では入れ歯や錠剤の包装(PTPという硬い台紙)などが見られます(矢印)。 また、魚や肉の骨、大きな肉の塊などが食道にひっかかって異物となることもあります。 小さい子どもがいるおうちでは、お子さんの手が届くところにお金や口に入りそうな小さなおもちゃを置かないようにすることが必要です。 成人の場合には異物を飲み込んでしまった自覚やのどの異物感、痛みなどから食道異物を疑うことができますが、小児の場合には何となく様子がおかしいという程度の症状しかない場合があり注意が必要です。 診断にはエックス線検査や内視鏡検査を行います。 異物は、多くの場合胃カメラ用の内視鏡を用いて摘出できますが、入れ歯の金具が食道粘膜に刺さって引っかかっているような場合には、硬性内視鏡による摘出術や頸部切開による摘出が必要になることがあります。 喉頭がん 喉頭がんは頭頸部にできるがんの中で最も多く、男性に多く見られ、喫煙が発生に大きく影響するがんです。 声帯にできるがん(声門がん)が多く、声門がんでは初期から声がかれるため比較的早期に診断されます(矢印緑)。 がんが進行すると、声がれだけでなく息苦しさなどの症状が現れてきます。 一ヶ月以上声がれが続く場合には、喉頭がんの疑いがありますので、必ず耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。 これに対して、声帯以外の部分から発生する喉頭がん(多くの場合声門の上方から発生する声門上がん)では、のどのいがらっぽさや異物感、違和感などの症状が見られますが、声がれの症状が出にくく、声門がんにくらべて進行した状態で診断されることがほとんどです(矢印赤)。 また、頸部のリンパ節に転移しやすい特徴があり、首が腫れてから気づかれることもしばしばです。 声門がんは、多くの場合放射線治療で治癒しますが、声門上がんの治療は、放射線、抗がん剤、手術を組み合わせて行います。

次の

のどの違和感(声帯結節・ポリープ)|長久手市池田のかおる耳鼻咽喉科・アレルギー科

喉 違和感 ポリープ

喉の奥に何かが詰まっているような感じ!考えられる原因は? まずは、喉の奥に何かが詰まっているような感じがする場合に考えられる原因を挙げていきます。 必ずしもどれかに該当しない場合もあるので、あくまで目安として見てくださいね。 咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう) 別名: 「ヒステリー球」とも呼ばれる ストレス性の症状で、主に30代~50代の女性が更年期障害とともに発症することが多いそうです。 実はコレ、私も経験があるんです。 喉の奥に何か球のようなものが詰まっている間隔が、特に何もしなくても続くのが特徴。 最近では、30代~50代の女性だけではなく、男性や20代の女性の 発症率も大きく上がっているので、年齢や性別によって安心はできない現状です。 もし過度のストレスや、更年期障害に近し症状が現れている場合には、疑ってみる必要がありそうです。 嚥下障害(えんげしょうがい) ものが 飲み込みづらい・吐き気がある・むせるなどに加え、継続した喉の奥の違和感があります。 さまざまな病気のサインであるともいわれ、ガンや食道・脳の異常および疾患のサインの可能性もあるとか。 痛みが大してないのに違和感が続き、食事の時にさらに強く違和感を感じるというような場合には、疑う必要があります。 甲状腺の異常 喉の違和感に加えて、 全身がだるい・動悸や息切れがある場合には甲状腺の異常が考えられます。 喉仏の下に甲状腺は位置していて、外から触れば腫れているかどうか確認できるので、風邪のときなどによく触診されますね。 逆流性食道炎の可能性もあるので、痛みを伴うような場合には早めに受診しておきましょう。 喉頭異物症 今まで挙げた3つの症状もこの中に含まれますが、病名として診断される可能性があるのがこの喉頭異物症です。 噛み砕いて言うと、• 消化器官や 舌根の肥大など、さまざまな理由から発生する 局所的要因• 自律神経失調症や 鉄欠乏性貧血などによる 全身疾患的要因• うつ病や 神経症などによる 精神的要因 などが原因とされています。 乾燥 口や喉が乾燥することにより、なんだかものが詰まっているかのような異物感を感じることがあります。 とくに無意識に 口呼吸になっている場合や、 乾燥する季節などに多く見られるので、少しの水分を複数回に分けてこまめに摂取することで改善されることが多いです。 炎症によるもの 逆流性食道炎に限らず、喉や気管支などが炎症を起こすことによって喉に異物感を感じることがあります。 根本的な原因が解消されれば次第に治っていくので、まずは根本の治療が必要です。 Sponsored Links スポンサードリンク 喉の奥にできものが!考えられる原因は? こんどは、「喉の奥のできもの」について見ていきましょう。 膿栓(のうせん) 別名: 「くさい玉・におい玉」と呼ばれるもので、喉の奥の甲状腺のあたりにできることが多いです。 その名のとおり、強烈な臭いがする 白血球と細菌の死骸の塊で、何かの拍子にコロッと出てきたりします。 歯磨きをしても口臭がひどいような場合には可能性を疑ってみる必要があります。 口内炎 「喉の奥に口内炎?!」と思われるかもしれませんが、口内炎は実は喉の奥にも出来てしまうのです。 ビタミン不足、歯ブラシなどで突いてしまう、魚の骨が引っかかって傷になるなど、栄養面もしくは外傷面での原因がほとんどです。 白いできものができるので、もし目に見える範囲であれば色も確認してみてください。 ポリープ 声が掠(かす)れる、喉が異常に渇いて、張り付くような感じがひどい場合にはポリープの可能性も。 過度のストレスや喫煙などが原因になる場合もあるので、心当たりがある場合には原因の解消をしたいところです。 実際には、自然に治るものからガンまでさまざまなので、まずは受診しておく方が安心ですね。 血腫(けっしゅ) いわゆる内出血で、血豆のようなものができるのが 血膿(ちうみ)です。 見える範囲であれば、赤くできものができていれば、おそらく血膿でしょう。 自然に治っていくことが多いですが、これも気になるようであればきちんと受診しておくと治りが早くなることが多いようです。 風邪・花粉症 風邪や花粉症によって喉にできものができる場合もあります。 炎症・乾燥などから違和感が強く出ることもあるので、原因をはっきりさせてそちらの治療と平行していきましょう。 扁桃炎(へんとうえん)・咽頭炎(いんとうえん) 扁桃炎や咽頭炎の場合にも、喉にできものができて違和感を感じる場合があります。 リンパの腫れや発熱を伴う場合もあるので、そのような症状がある場合には治療することが大事です。 Sponsored Links 喉の奥の違和感・不調!受診するなら何科? それでは最後に、喉の奥の違和感や不調は、何科を受診したら良いのかをチェックしておきましょう。 内科に行けば、おおかたどこが悪いのか・何が原因なのかが大体絞れてきます。 もちろん内科に行って呆気なくほかの科を受診するように言われる場合もありますが、それは専門家にとってすぐに判断できるレベルの分かりやすい原因が見つかったということなので逆に安心してくださいね。 おそらく内科で処理できない場合には、 耳鼻咽喉科・婦人科・消化器科・精神科などに紹介されると思います。 婦人科と精神科はともかく、できることなら耳鼻咽喉科と消化器科が併設している(総合病院など)と、あちこち行かなくても済みますね。 ただし内科で済んでしまう場合もあるので、近所の通いやすい内科にまず行ってみて指示を仰ぐという形でも良いでしょう。 喉の奥の違和感!侮るべからず 喉の奥の違和感は、単純な心配のないようなものから、重大な疾患までその原因はさまざまです。 明らかに「おかしい…」と思った場合や、 症状がなかなか改善されないような場合、 ほかの症状に悩まされている場合には、ぜひ内科に足を運んでみてください。 自分の体を守れるのは自分だけなので、おかしいなと思えば受診しておけば安心もできるでしょう。 身体の異常に関しては、心配性くらいがちょうど良いのかもしれませんよ!(と、心配性の私の意見ですが…) サイト内検索 この記事が人気です• 19,987件のビュー• 13,519件のビュー• 12,350件のビュー• 8,771件のビュー• 8,682件のビュー• 8,204件のビュー• 6,573件のビュー• 5,075件のビュー• 4,653件のビュー• 4,367件のビュー カテゴリー• 最近の投稿•

次の