恐 羅漢 エコロジー キャンプ 場。 恐羅漢エコロジーキャンプ場/恐羅漢スノーパーク

ぽちたまアウトドア日記:恐羅漢エコロジーキャンプ場

恐 羅漢 エコロジー キャンプ 場

先週末、天気がよかったので、広島県の最高峰3座を征服しようとキャンプ道具を積んで妻と二人で車で出かけました。 目指す山は、冠山、十方山、そして恐羅漢山の3座です。 そして、利用したキャンプ場は、恐羅漢山のすぐ下にある恐羅漢エコロジーキャンプ場です。 早朝自宅を出発、いつも貸切状態の中国自動車道で吉和ICまで走り、まずは潮原温泉近くの冠山登山口へと直行です。 山道を上がって行くと、途中から未舗装の林道になり、普通車だと少々気を遣う路面状態となります。 行き止まりまで登ると、登山口と書いた橋が見つかりました。 数台の車が停められそうでしたが、誰もいません。 汐谷コースを上ります。 午前8時10分、登山口をスタートです。 渓流沿いの整備された道をしばらく歩きます。 途中、林道を作っていました。 将来、ここまで車で上がってこられるようになるのでしょうか? 工事現場を過ぎ、ようやく少し登り斜面になってきました。 新緑が眼にまぶしい明るいブナ林の中を歩きます。 広島の山はこのような広葉樹林帯を歩くことができるので、何とも魅力的です。 秋の紅葉は勿論、新緑の季節もいいですよ。 9時55分、冠山山頂に到着です。 登山口から1時間40分あまり、のんびり、ゆっくりハイキングコースを楽しみながら登ることができました。 ただ、残念なことに、山頂からの眺望は開けていません。 風が強いので、山頂での昼食を断念、広場のあるかなり下の方まで戻りました。 下山時は、国体ルートの方を回り、クルソン岩を見学しましたが、このルートは岩を過ぎてからは急斜面となっているので、登りの際に通るとかなりしごかれることになります。 無事下山終了、距離は長いですが、登山道はよく整備されたトレッキングルートとなっています。 秋にもう一度登りたい山となりました。 しかし、不思議だったのは、結局下山するまで誰一人登山者に出会わなかったことでした。 熊やダニの事件で登山者が減っているのかなあ? さて、本日の宿泊は恐羅漢エコロジーキャンプ場です。 一応、予約の電話を入れておきましたが、この時期の利用はほとんどないものと思われます。 戸河内の小さなスーパーで食料、飲料を調達し、県道252号線を通ってキャンプ場へと向かいましたが、いくらショートカットになるとは言え、この道路は狭い山越えの道なので、二度と通りたくはありませんでした。 セロー君だったらなんともない道なのですが、やはり4輪だと離合が気になります。 午後2時前にキャンプ場に到着、このキャンプ場は広くて、オートキャンプができるサイトやフリーサイトなど、3種類あって料金もかなり違います。 今回は、広いサイトが貸切状態となるフリーサイトをお願いしました。 受付で申し込み、説明を受けてゴミ袋等をもらい、一番下まで降りた所がフリーサイトでした。 フリーサイトは2段になっていましたが、当然駐車場に近い下の方、東屋と炊事場の中間地点に設営することにしました。 きれいな芝地でフラット、トイレを覗いてみると、きれいに掃除されていました。 これで2人1泊で800円とは安い! 私が汗水垂らして設営している間、妻はちょっと登ってくると言って、明後日最終日登山予定の恐羅漢山直登ルートに行きました。 まあ、私はすでにこの山に登ったことがあり、今回はパスしてもいいと思っていたので・・・。 夕食を済ませ、辺りが暗くなっても、結局誰もやってきませんでした。 オートサイトの方は、1組だけの利用だったようです。 このキャンプ場は標高千メートル、かなり冷え込むのではと思っていましたが、予想ほどではなく、震えることなく無事夜を過ごすことができました。 翌朝午前6時前に起床、朝食を済ませて十方山登山へと向かいます。 このキャンプ場のチェックアウトは午後1時、登山から帰ってきて撤収作業を行っても、十分間に合うので、簡単な片付けだけでテントはそのままにして出かけます。 2泊の予定でしたが、昨日2座登ってしまったので、十方山に登ったら引き上げることにしました。 十方山登山では、4つの登山コースがあるようですが、今回はキャンプ場から最も近いシシガ谷コースからのアタックです。 このコースは、登山口が十方山林道入り口にあり、普通車ではちょっと厳しいので、30分以上林道を歩くことになります。 セロー君だったら、あっという間に到着して、登山口に停めておけるのですが残念! 渓流沿いの道をのんびりと歩きます。 なんとも快適な林道です。 30分ちょっとで登山口に到着しました。 十方山林道は、通行止めのようです。 残念! 7時55分に登山口を出発、しばらく平坦な道が続きますが、途中、登山道が大きくえぐられた場所や、恐そうな枝を重ねた橋(?)があったり・・・。 さらに、登山道がガレ道となったり、前日の整備された歩きやすい冠山とはガラリと変わり、野趣溢れるバラエティに富んだ登山道でした。 9時15分、無事山頂に到着です。 この十方山の魅力は、なんと言っても広々とした山頂と360度の大パノラマ、回りはすべて山、山、山、本当に山の中だあ・・・。 昼食の用意もしていましたが、あまりに早い時間なので、山頂を堪能した後すぐに下山、キャンプ場に戻って撤収作業完了、昨夕に続き、再度温水シャワー(3分100円)を利用して、汗を流しました。 帰りに無料の聖湖キャンプ場も見てみました。 ここもなかなかいいキャンプ場のようでした。 次回は、セロー君にキャンプ道具を積んで、キャンプ場泊、広島県の林道や山を楽しむことにしましょう! にほんブログ村ランキングに参加しています。

次の

恐羅漢エコロジーキャンプ場 : そらいろ

恐 羅漢 エコロジー キャンプ 場

中四国初! ジップライン・アドベンチャー、新登場!! 今、世界中でブレイクが始まっているエキサイティング・アクティビティー ZIPLINE(ジップライン)! いままで体験したことのない空中のエコツアーに飛び出しましょう。 青空高く飛び出す醍醐味! 約5m~7mと空高くジャンプし、浮遊感が味わえるアトラクション。 お子様から大人まで幅広く楽しめます。 営業期間:4月21日~11月3日(期間中無休) 受付:恐羅漢レストハウス 料金:1,000円/ 10分• 「恐羅漢 DE pizza」ふき味噌のピザ作り体験ができます。 地元安芸太田町産の食材がたっぷりのピザを自分で作って見ませんか? ふきのとうを使ったふき味噌を塗ったピザの味は格別ですよ。 所要時間は約90分間(ジップラインアドベンチャーと同じくらいの時間です)。 最初に生地をしっかり練って、 (最初は大人の方1人いれば大丈夫です) 生地を発酵させます。 生地の発酵中はその場にいなくてもOKです。 生地が発酵したら、 (ここからは複数人で…。 女子会でも、恋人同士でも、お子さんと一緒でもOKです) ワイワイ楽しくピザの形を自由に作って、盛り付けして、 最後はドラム缶で焼き上げます。 ピザ作り体験は、3,500円 (ドラム缶レンタル代、薪、食材費など) (Lサイズ3枚分くらいの量です)• オプション:見浦牛ゲタカルビ +1,000円 用意するのは飲み物のみ! (もちろん、ビールやジュースなど飲み物の注文もできますよ) 食材は切ってありますし、火もバーナーで付けますので、手ぶらで来て、焼いて食べたら、食器は元の入れ物に入れて返却するだけ。 食器を洗ったりする必要はありません。 この看板が、広島県最高地にある恐羅漢エコロジーキャンプ場の入場口です。 キャンプ場内には、川が流れていて、自然が豊かです。 広葉樹林に囲まれて夏でも涼しいのが特徴です。 見学をご希望の方は、ご自由にどうぞ。 キャンプ場の受付を行なっています。 トイレ、売店、自動販売機、コイン温水シャワーがあります。 販売品は、インスタント食品、調味料、お菓子、ジュース、洗剤、電池、ガスカートリッジ、氷、虫除け、着火剤、薪、炭、恐羅漢オリジナルTシャツ、恐羅漢ネーム入りパーカーなど。 センターハウス前は、駐車場となっています。 季節に応じて、山菜天ぷら、山菜天ぷらうどん、フライドポテト、フライドチキンなども販売しています。 すぐに泊まれる便利なケビンは、小さなロフト付の丸太の建物。 キッチンやトイレはキャンプ場内のを利用します。 毛布の貸し出しはセンターハウスで行なっています。 もっと知りたい人は、「」もご覧ください。 水はけが良いように、芝生・スノコの土台があるテントデッキ(区画サイト)です。 キッチンやトイレはキャンプ場内のを利用します。 もっと知りたい人は、「」もご覧ください。 各区画に車一台を直付けできます。 車に荷物を入れたままキャンプできるので便利です。 林の中にあり、夏には葉が茂り、木陰があって、涼しいです。 テント1張、電源ありの区画が11区画 テント1張、電源なしの区画が19区画 テント2張、電源なしの区画が1区画 もっと知りたい人は、「」もご覧ください。 テント最大50張り可能なフリーサイト。 近くに駐車場、炊事棟、トイレがあり、とても便利です。 もっと知りたい人は、「」もご覧ください。 キャンプ場内には、炊事棟が3箇所、トイレが5箇所あります。 トイレはもちろん水洗で、とても綺麗です。 キャンプ場内には、釣り堀があります。 アマゴ1匹 400円 焼き代 200円 竿・エサ レンタル代100円• イベントとしてアマゴつかみ取りを開催している時もあります。 アマゴ1匹 400円 焼き代 200円です。 詳細は、をご覧ください。 益田市内から 国道191号経由 約1時間50分。 戸河内 ICから 国道191号経由 約35分。

次の

恐羅漢エコロジーキャンプ場に泊まってみた!: 旅の撮影日記

恐 羅漢 エコロジー キャンプ 場

大迫力のアトラクション「スノーラフティング」を家族みんなで楽しもう! 「恐羅漢スキー場」は、西中国山地国定公園内にあり、広島県の最高峰恐羅漢山(1346m)に広がるスキー場。 自然の地形に恵まれ、500メートルの標高差やコブやスロープなど、多彩な表情を見せてくれるゲレンデです。 頂上からは日本海までも見渡せ、一気に滑り降りればエキサイティングな気分に。 また、レストハウス前に位置したファミリー広場には、エアドームやウレタンアニマルがあり、小さなお子様が雪遊びを楽しめます。 平坦な広場とちょっとした斜面があるので、初めてスキーやスノーボードをする初心者の間でも人気のスペースとなっています。 スノーモービルでひっぱるエアボートに乗って横Gをたっぷり味わえる、大迫力のアトラクション「スノーラフティング」は大人も子どもも大興奮!3歳以上なら誰でも楽しめます。 (未就学児のお子様は保護者の方とご一緒にご利用ください) 《注意》スノーラフティングの開催日時は、積雪及び天候等により変更となる場合があるため、事前に確認してください。 また、グリーンシーズンにはキャンプやBBQ、登山、植物鑑賞、星空観賞など、めいっぱい自然を満喫できるスポットとなります。 ストライダーやアスレチックといったアクティビティも楽しめます。 お出かけ前に公式サイトなどの施設の最新情報をご確認下さい。 また、天候によっても営業時間が前後する場合がありますので、必ず公式HPをご確認下さい。

次の