鼻くそ が 溜まる。 猫に鼻くそが溜まる5つの原因!取り方は?鼻掃除の方法まとめ

鼻くそが溜まるのが早くて辛いです。一年前ぐらいからなのですが、...

鼻くそ が 溜まる

色 [ ] 色は、白色あるいは黄色が一般的である。 をひいた時の鼻糞は黄色くなるが、これはが風邪と戦って死んだ残骸が鼻水として体外に出されたものである。 濃い緑色をしているときは、のが産生されている証拠なので何らかのを起こしている可能性が高い。 喫煙者の場合の煙により、黒く変色してしまう場合がある。 また、血が混じっても黒く変色する。 除去 [ ] 鼻の穴に指を入れて鼻糞を除去する行為を「」という。 さらに、際に鼻糞が出ることもある。 と一緒に出る場合もある。 また、鼻糞を除去している際に鼻のを傷つけ、を誘発してしまう場合もある。 指を使っての鼻糞除去は鼻血や鼻の感染症を引き起こす可能性があるので、ほとんどのは指ではなくを使うことを薦めている。 ただし、指で鼻糞を取り除いても嗅覚には悪影響が及ばないと思われる。 これはにおいを感じる嗅上皮がある鼻腔の上部まで指が届くことはないからである。 名称 [ ] 目糞(目やに)は、耳糞(耳あか)は、歯糞(歯かす)はと呼ぶのが正式な用語とされるが、鼻糞には正式な用語がない、もしくは「鼻糞」自体が正式な用語であるとされる。 「」という言葉を嫌って、 鼻垢(ビコウ)などを正式な用語にすべきではないかとする意見がある [ ]。 東北弁など一部の方言では 鼻こび(鼻の垢の意)とも呼ばれている。 その他 [ ]• 「目糞鼻糞を笑う」というは、似た欠点を持つもの同士が自分を棚に上げて相手を笑う様をさす。 の一部の寺では、のの頃にを割ってにしたものを一年間の無病息災を祈願して、お釈迦様の「はなくそ」(漢字で「花供祖」「花供曽」など)として参詣客に配っている。 脚注 [ ] [].

次の

鼻くそが溜まるのが早くて辛いです。一年前ぐらいからなのですが、...

鼻くそ が 溜まる

そもそも「鼻くそ」とは何か? 鼻くそは上品に言うと「鼻垢(びこう)」と呼ばれていますが、やはり「鼻くそ」の方が一般的ですね。 私たちが吸い込んでいる空気中には、目には見えないほこりやウイルス、細菌などが沢山含まれています。 鼻は、それを鼻の入り口にある鼻毛、あるいはもっと奥にある粘膜でからめ取って、体内に入らないようにしています。 そのからめ取った粘膜とゴミが混ざったものを「鼻水」といい、鼻水が乾燥したものを「鼻くそ」といいます。 沢山の ほこりやウイルス、細菌などから私たちの体を守ったという証が「鼻くそ」というわけです。 鼻くそが多い原因は? 鼻くそが多い原因はこの「7つ」の可能性があります。 空気の悪さ• 鼻のいじりすぎ• 空気の乾燥• アレルギー性鼻炎• 蓄膿症(副鼻腔炎)• 粘膜の炎症 それぞれ見ていきましょう。 ネット上で鼻くそが多い人の声 鼻くそが多い!で悩んでいるのはあなただけではない! インターネット上でこのような悩みを見つけました。 鼻くそが毎日たまります 車通りが多い道を歩くようになってから、鼻くそが増えたような気がします。 空気が原因で鼻くそって 溜まりますか?? あとマスクで対処できますか? 車通りが多い道を歩くようになってから、鼻くそが毎日溜まってしまうようになったんですね。 鼻の粘膜や鼻毛は空気のフィルターなので、車の排気ガスを一生懸命体内の肺に入れないようにガードしてくれている結果、鼻くそが増えてしまったのだと思います。 もし私なら、マスクを使って空気の排気ガスの汚れをガードします。 鼻うがいもしたいですね。 一日も早く鼻くそが溜まらなくなると良いですね。 最後に 鼻くそが多い病気には、7つ原因があることが良く分かりましたね。 鼻くその量を減らすには ・空気の汚れた場所にいる時はマスクをする。 ・鼻をほじりすぎない。 ・空気が乾燥している時はマスクをする。 ・鼻風邪を引いている時は十分な睡眠を摂り免疫力を高める。 ・アレルギー性鼻炎や鼻の病気には耳鼻咽喉科を受診する。 以上のことが大切です。

次の

鼻くそが多い(たまりやすい)原因と治し方を知ろう!

鼻くそ が 溜まる

健康管理士のSAYURIです。 実は近年増加傾向にあるのが、鼻くそが大量に出るドライノーズ(乾燥性鼻炎)。 ドライアイは多くの人が知っている症状ですが、ドライノーズはまだ知らない人も見かけますね。 今回はドライノーズについてご紹介します。 ドライノーズの症状6つ (1)大量の鼻くそ 鼻腔(鼻の穴)の粘膜が乾燥することで、本来なら粘液で外部から侵入したホコリなどを洗い流す働きをする鼻水が乾燥して、鼻くそになります。 (2)鼻をかむとティッシュに血が付く 鼻をかんだときに、鼻血ほどまとまった量ではありませんが出血がみられることが頻繁に起きます。 これも鼻腔内の粘膜が乾燥することで 表皮に亀裂が入りやすくなってしまいます。 (3)鼻水が出ていないのに鼻をかみたくなるようなムズムズ感がある これも鼻腔の乾燥でムズムズしたり、ピリピリするような感覚がするために、頻繁に鼻をかみたくなるという症状がでます。 (4)かさぶたや炎症が起こる ドライノーズになると鼻の中が乾燥した状態になるため、傷つきやすくなってしまいます。 それによりかさぶたができてしまい、 雑菌が繁殖し臭いを感じることも。 また、このかさぶたができて雑菌が繁殖するということを繰り返していると、粘膜が炎症を起こしてしまうこともあります。 (5)感染症にかかりやすくなる 粘膜の乾燥は鼻の中のバリア機能の低下を引き起こします。 こうなるとウイルスの侵入を許すことになってしまうため、早めの対処が必要になるでしょう。 風邪なども引きやすくなってしまうはずです。 (6)頭痛を引き起こす 主に頭の中心部分に痛みがある場合も、ドライノーズの可能性があるといわれています。 鼻の奥から頭にかけて、強い痛みに悩まされることもあるようです。 関連記事: ドライノーズの原因5つ (1)空気の乾燥 ドライノーズの原因としてまず挙げられるのは、空気の乾燥です。 エアコンのきいた冬場の室内の湿度は、 加湿を怠ると20%台になるほど乾燥してしまいます。 小中学校のエアコンの導入の増加とともに、子どものドライノーズの罹患者が増えているという調査結果もあるほどです。 (2)点鼻薬の過剰な使用 点鼻薬の過剰な使用も見逃せません。 花粉症の時期に点鼻薬を使う人も多いですよね。 しかし点鼻薬は鼻の粘膜から吸収され、毛細血管を収縮させることで炎症を抑制し、腫れた粘膜を薄くすることで鼻の通りを良くする効果があります。 これを過剰にしようすると鼻の中に過度な湿度をもたらし、ウイルスやホコリの侵入を防ぐ働きをする 鼻水の分泌が抑えられすぎてドライノーズになってしまうことも。 また、点鼻薬には離脱プログラムが確立されているほど依存性もあるため、花粉症のつらさを緩和するために使っていた点鼻薬のはずが年中手放すことができなくなり、それがドライノーズの原因となるケースもあります。 (3)水分を取らない 1日に摂取すべき水分は1. 5〜2L程度と言われていますが、これより少ない水分しか摂取していない場合、ドライノーズになる可能性があります。 水分を取る場合には、 コーヒーなど利尿作用を高めてしまうものを避けるようにした方がいいでしょう。 (4)シェーグレン症候群 シェーグレン症候群30〜50代の女性に多く見られる疾患で、女性ホルモンの働きなどが関係して症状が現れると言われています。 鼻はもちろん、全身の粘膜が乾燥してしまうという症状があるため、目などに乾燥を感じた場合も病院を受診した方がいいでしょう。 これは国の難病指定を受けており、 治療法も確立されていないようです。 (5)老人性鼻炎 老人性鼻炎は、老化が進むことによって 鼻の粘膜機能が低下してしまうことで引き起こされる鼻炎のことです。 こちらも根本的に治療する方法はないと言われているため、鼻の粘膜を乾燥させないようにするなどの対処で症状を軽減させることになるでしょう。 関連記事: ドライノーズの治療法 ドライノーズには、それを完治させる治療法というのはないとされています。 耳鼻科等でも、ドライノーズとして診断を受けることもまれで、 点鼻スプレーをこまめに使うように渡される程度ということも少なくないようです。 まずは生活習慣を整え、乾燥から鼻を守ることが重要と言えるのではないでしょうか。 関連記事: ドライノーズの対策7つ (1)加湿器を使う 室内に加湿器を置くなどして、湿度を保ちましょう。 湿度の目安は 50〜60%程度で、これより大きく下がるようであれば加湿器が必須といえます。 ただし、あまり湿度を高くしすぎると今度はカビなどが発生する恐れが出てくるため、過度な使用はやめましょう。 可能であれば、乾燥しやすい職場のオフィスなどでも使うようにしたいものです。 (2)マスクを使う マスクをするだけでも乾燥を防ぐことができます。 冷たい空気を直接吸い込むことは乾燥にとって大敵。 冬場の外出時はマスクに 湿らせたガーゼを挟むことでより効果を高めることもできるでしょう。 加湿器を使うのは面倒で億劫だという人はこの方法を試してみてください。 (3)お風呂に長く入る お風呂は室内が湿気で充満しているため、乾燥対策にはうってつけの場所です。 最低でも10分程度お風呂につかることで、鼻の中をじっくりと潤わせることができるはず。 意識的に 鼻で呼吸するようにすると、より効果的でしょう。 (4)市販薬を使う 薬局などでは、ドライノーズのための市販薬も販売されています。 スプレータイプであれば、症状が気になったときに手軽にシュッとすることで保湿することができます。 また、ジェルタイプの薬もあるため、状況や症状に応じて使い分けるようにするといいでしょう。 (5)生理食塩水の点鼻や鼻うがい 鼻の乾燥だけでなく、ウイルスを洗い流すことにも効果があるのが鼻うがい。 生理食塩水を鼻の周りにスプレーするという使い方もいいでしょう。 市販のドライノーズスプレーなどは、この生理食塩水と同じような成分だと言われています。 生理食塩水の作り方と使用方法 生理食塩水は 0. 9%の濃度の食塩水のことで、ぬるま湯(36〜37度)1Lに対して食塩9gを溶かして作ります。 普通の水で鼻うがいをすると痛みが出ることもありますが、これは体液と同じ浸透圧の液体でありその心配がありません。 この生理食塩水を鼻から吸い、口からゆっくりと吐き出します。 吸い込むときには前屈みになり、飲み込まないようにしましょう。 これを1回あたり2〜3度、1日2回行うようにすると症状が改善していくかもしれません。 (6)ワセリンを塗る 鼻の粘膜に、ワセリンを直接塗るのも保湿には効果的。 刺激が少なく、肌の保護効果が高いため、すでにドライノーズでかさぶたができていたり炎症を起こしていたりするときにも使えるでしょう。 (7)耳鼻科に行く 明確な治療法はありませんが、 症状が悪化するまえにまずは耳鼻科へ行って診断を受けるのもいいかもしれません。 間違った対処をしてさらに悪化させたり、ドライノーズと思っていたら違う病気と誤解していたりということを防ぐこともできるでしょう。 関連記事: ドライノーズになったとき注意すべきこと ドライノーズになってしまい症状が悪化すると、鼻の中にかさぶたができたり、乾燥が進むことで鼻粘膜で捕まえるはずのウイルスや細菌が直接喉へと侵入してきたりする危険性があります。 抵抗力が弱まっているときや、幼児・高齢者などがドライノーズになると、病気へ感染しやすくなるため特に注意が必要です。 空気中のチリやホコリも肺に入りやすくなっており、 呼吸器系の疾患を持つ人も気をつける必要があると言われています。 関連記事: まとめ ドライノーズの原因や対処法などについて紹介しました。 自覚症状がない人も多く、知らず知らずのうちにドライノーズになっていることもあり、治療法がないことからも対処が難しいものと言えます。 悪化することで思わぬ症状にみまわれることもあるため、適切に対処し、できるだけ快適な状態を保つようにすることが先決です。 まずは、手軽にできる予防法から試してみてはいかがでしょうか。

次の