データの復元。 無料体験版

誤ってデータを削除してしまったときの復元手順 [Windows 10]

データの復元

共有フォルダーのデータを簡単に復元する PCでは削除したファイルは「ゴミ箱」に溜り、「ゴミ箱」を空にしない限りはいつでも戻すことができます。 しかしWindowsサーバーの共有フォルダーに置かれたデータは、削除するとその瞬間に消えてしまいます。 この場合、データを戻すには通常バックアップから戻すしかありませんが、これはシステム管理者にとっては大きな作業負荷となります。 もちろんバックアップがない場合は復元はできません。 このような問題に対応するために、Windowsサーバーには「シャドウコピー」の機能が標準装備されています。 シャドウコピーを利用すれば、クライアント側の簡単な操作でデータを復元することができます。 (シャドウコピーの機能はデフォルトでは無効になってるため、使用開始時には設定を行う必要があります。 詳しくはSIerにご相談ください) シャドウコピーの利用(クライアント操作) シャドウコピーのデータ復元操作はとても簡単です。 データが入っていたフォルダーを右クリックし、「以前のバージョンの復元」を選択します。 (下記はWindows 7の画面です) 「以前のバージョン」タブの「フォルダーのバージョン」から復元したい日時のフォルダーを選択します。 「開く」またはダブルクリックでシャドウコピーされたファイルが表示されますので、必要なファイルをローカルに保存すればOKです。 シャドウコピーの仕組み Windowsサーバーのシャドウコピーは一定の間隔でディスクのスナップショットを自動で保存する機能です。 ユーザーミスなどによるデータ消失の他、誤って上書き保存した場合や、ファイルが破損してしまった場合でも、シャドウコピー時点のデータまで戻すことが可能です。 シャドウコピーに使用する容量(最低300MB~)やコピーのスケジュールは任意に設定することが可能です。 ただし、 ・リアルタイムでのバックアップには対応していない。 ・データはシャドウコピーの利用領域によって古いものから自動削除される。 という注意点があります。 またハードディスクが破損した場合、シャドウコピーも失われますのでこの機能をバックアップの代わりに使用することはできません。 あくまで簡易的で手軽な復旧手段としてご活用ください。

次の

Xperiaデータをバックアップ・復元する方法

データの復元

ファイルを「切り取り」で移動すると、元のフォルダから移動したデータは消えてしまいます。 ところが、「移動先のメディアが故障」したり「手元にない」などの理由で、移動元のメディアからファイルを復旧・復元したい事もあるでしょう。 この様な時は、 データ復旧ソフトを利用する事で比較的簡単に復旧・復元する事が可能です。 ただし、データを復旧できる確率は利用頻度に大きく左右されます。 逆に、頻繁にデータの書き込みや、上書き保存を繰り返した場合は、復元できる確率がどんどん下がってしまいます。 ですから、一刻も早くデータ復旧作業を行った方が確率は向上します。 ここでは、無料で利用できるフリーソフトを使って、「切り取り」で移動してしまったファイルやフォルダのデータを元に戻す方法を詳しく紹介します。 また、移動先のデータが手に入るのでしたら、ファイルをコピーすれば良い訳です。 復旧方法2 データを切り取りで移動した先のメディアが手元にない場合、データ復旧ソフトを利用して復元作業を行います。 データの移動元が「OSのインストールされたドライブ」、「その他のドライブ」によって復旧方法が異なります。 ご自分の環境に合わせて復旧作業を進めてください。 OSがインストールされたドライブの場合 OSがインストールされたドライブに、データ復旧ソフトをダウンロード&インストールすると、データ復旧確立が下がってしまいます。 接続した後は、下記の「」の復旧手順に進んでください。 USB変換コードは¥2,000円前後で手に入れる事ができます。 PCを分解する必要があるので、不安な方はCDから直接パソコンを起動するタイプの復旧ソフトを利用しましょう。 ただし、CDから直接起動するタイプのフリーソフトは存在しないので、市販の復元ソフトを購入する必要があります。 CDから起動出来るデータ復旧ソフトはが使いやすくておススメ。 購入する前に、があるので、こちらをダウンロードしてデータ復元できるのか確かめ、復元できるようならソフトの購入を検討してみてはいかがでしょうか? その他のドライブの場合 ここでは無料で利用できるフリーソフトを用いてデータ復旧を行います。 「切り取り」で移動したファイル・フォルダの復元は、正しい手順で復旧作業を行うことで復旧確率を高める事ができます。 焦らず一つ一つの作業を確かめながら作業しましょう。 データ復旧ソフトで対応する 復旧作業には無料で利用できるフリーソフトを使います。 ソフトは復旧するメディアにはダウンロードしないように注意しましょう。 スポンサーリンク• ソフト配布先:Piriform Ltd. ライセンス:フリーソフト このソフトは、通常版とポータブル版の2種類あります。 基本的に性能は同じなので、どちらを選んでも復旧作業に差し支えありません。 ここでは ポータブル版を選び、データ復旧作業を行う事にします。 ここで注意しなければならない事は、 復元するデバイスにデータをダウンロードしてはいけない事! これさえ守ればダウンロード先はどこでもOK デスクトップなど、分かりやすい場所にダウンロードすると良いでしょう。 ダウンロードが完了すると「rcsetup139. zip」というファイルがダウンロードされるので、展開しましょう。 「rcsetup139. zip」というファイルがダウンロードされるので、展開します。 ファイルの展開方法は、展開したいファイルを右クリックして、「すべて展開」を選択します。 (下の画像は新しいフォルダ. zipを展開する例です。 ) 展開ウィザードが開くので「次へ」を押します。 すると、圧縮ファイルの展開先を指定する画面が出ます。 基本的にダウンロードしたフォルダと同じ場所で大丈夫なので、そのまま「次へ」を押します。 以上で展開は完了です。 新しく「rcsetup139」というファイルが出来ていると思います。 この中に、データ復旧ソフトが入っています。 「Recuva」と「Recuva64」の2種類のソフトが入っています。 今使っているパソコンのOSが64ビットなら 「Recuva64」をダブルクリックし、OSが32ビットなら「Recuva」をダブルクリックします。 もし分からなければ試しにどちらでもいいので起動します。 わざと間違った方を選択しまして見ましたが、エラーで停止するだけで壊れる事はありませんでした。 ソフトを起動すると、この画面が出ます。 まずは「Cancel」ボタンを押します。 このような画面が出ると思います。 右側の「Options」ボタンを押します。 このオプション画面で言語を選択できるので、日本語にしましょう。 日本語を選択したら、「OK」ボタンを押してから、いったんソフトを終了させます。 もう一度ソフトを起動させると日本語になっていると思います。 「次へ」を押します。 データ復旧させたいファイルの拡張子を選択出来ます。 「切り取り」で移動したデータの中にワードやエクセルなどのドキュメントファイルしか入っていない時は「 ドキュメント」を選択します。 同じように写真しか入っていない時は「 ピクチャ」を選択。 色々なデータが混ざっている場合は「その他」を選択します。 ファイル復旧するデータがの格納場所を選択します。 「その他の場所」を選択し、「参照」からデータ復旧する記録メディアのドライブを指定します。 これで準備ができました。 開始を選択しましょう。 画面にも書いてありますが、ドライブの容量が大きいとかなりの時間を要します。 データスキャンが終了すると、データのプレビューが表示されるので、データ復旧させたいファイルをダブルクリックして選択。 画面右下の「復元」を押すと、ファイル復元先のフォルダを選択するように求められます。 復元先はデータ復旧するドライブ以外ならどこでもOK。 逆に復旧するドライブを指定してしまうと、復元しながらデータを上書きしてしまう事になるので 絶対にやってはいけません。 最後に復旧したデータを確認して復元されているようなら完了です。 データを消去してすぐなら高確率で復旧できます。 お疲れ様でした! ただ、上の画像のように、「プレビューはありません」と表示されているファイルの データ復旧はこのRecuvaでは難しいようです。 しかし、まだあきらめる必要はありません。 もし、このフリーソフトで目的のデータが復旧でき無い場合、を試してみてください。 市販ソフトなので復旧確立はかなり違います。 もしソフトで復旧ができない時は機器そのものが破損している可能性があるので、データ復旧業者に依頼することをおすすめします。 業者に依頼する時は、「」を参考にしてください。 寄付・開発支援について コンテンツのデータ復旧を実証する機材は基本的に個人で調達して記事を書いております。 記事がお役に立ちましたら、ブログ運営をサポートしていただけると大変助かります。 是非ともご協力いただけたら幸いでございます。 サポートしてくださった皆様、こちらからメッセージが送信できませんので、この場をお借りしてお礼いたします。 ご購入下さった製品はコンテンツ運営の為、大切に使わせていただきます。 ご支援、本当にありがとうございます。 関連記事 バックアップのススメ パソコンやスマホのデータは意外と簡単に消えてしまうので、可能な限りバックアップを取ることが重要です。 バックアップさえとっていれば、衝撃や水濡れなどで重篤なシステム障害になってしまっても簡単にデータを取り戻すことができます。 私は、を使い、データは2か所に保管するようにしています。 さらに、定期的に手動でバックアップを取っていますから、データ障害が起きてもデータそのものが消えてしまうことはありません。 データ復元できない時は? データが復元できなかった場合、闇雲に操作するとデータ復旧確率が下がってしまいます。 必ず成功するとは限りませんが、今できる最善の方法について紹介しますので、是非参考にしてください。 「」参照 悪徳データ復旧業者に注意 現在、一部のデータ復旧業者による利益を重視した営業活動が問題となっております。 こうした業者は積極的にメディアに露出する 広告費をかけている 為、一見して信頼できる業者に見えますが、 単純にぼったくり価格を提示するだけでなく、返品されたHDDに傷が付いていたというブログ記事も発見しました。 業界内でも嫌われており、この業者が復旧作業を行ったデバイスは復旧拒否する企業も少なくありません。 「データ復旧成功の鍵」参照 データ復旧メニュー• 11 パソコンのファイルが消失してしますと、頭が真っ白になり、どんな事をすればよいのか分からなくなってしまいます。 しかも、正しくデータを復元したり、パソコンを復旧させたりする為には、パソコンの情報保存の仕組みや、データが消えてしまう仕組みをよく理解しなければなりません。 やみくもにパソコンを操作しても、データが元に戻る事はありませんし、下手な事をすると復元可能なはずのファイルでさえ、復元不可能になってしまうのです。 逆に、なぜ消えてしまうのかという事や、データ復元の原理を理解していれば、簡単に復元させる事は可能! 万一、大切なデータやファイルを消去してしまったら、このサイトを参考にデータ復元にトライしてみませんか?.

次の

USBメモリで消したデータの復元方法

データの復元

ページを一回閉じてしまうと、一時的に記憶していたメモリーのデータが消えて 「元に戻す」の動作ができなくなってしまうので、必ずページを閉じる前に行います。 パソコンが壊れているなどでバックアップができない時には、代わりのPCから開いて行うか、 プロのパソコンサポート店やデータリカバリーサービスに問い合わせをして、 ファイルの回収作業の代行をしてもらわれることも推奨します。 ごみ箱を元に戻す 次に、ドキュメントの一つを間違えて削除した場合に後から元に戻す場合の手順について。 パソコンからInternet Explorerなどのウェブブラウザを開くか インストールしたユーティリティーを起動して 、OneDrive(SkyDrive)のページにサインインします。 次に、左側のメニューの下の方に「 ごみ箱」という項目があるので、こちらを開きます。 ゴミ箱に入っているファイルのうち、元に戻したい名称のチェックボックスにチェックを入れて、 上の横メニューか右クリックで表示される 「 復元」を押すと、OneDriveの「ファイル」などの以前にあった位置に戻ります。 削除したアイテムの復元 複数のファイルがごみ箱にある時は「 すべてのアイテムを復元」という表示に変わりますので、 全部まとめて元の領域に戻したい場合にはこちらのボタンを使います。 ごみ箱に移されてから30日を過ぎると自動的に完全に消去されるので注意してください。 更に詳しくはサインイン後のページの右上の欄にある ギアの形をしたアイコンをクリックして、 「ヘルプ」を開き、「一般」の項目にある「削除したアイテムを復元する」のページを開きます。 「ファイルやフォルダーを削除または復元する」のページにあるOneDrive Webサイトから、 または「Windows8. 1、WindowsRT8. 1、またはOneDriveのデスクトップアイコンを使った操作を開いて それぞれ使用したい方の動作に沿って作業を行ってみてください。 ファイルのバックアップ 次に、OneDrive上のデータをパソコンや外付けハードディスクやRAID、NASなどに保存して バックアップを取っておくと、いざという時のトラブルに対して安心です。 OneDriveの画面の上部メニューの項目をクリックすると、 ファイルの「保存」のメニューバーが下部に出て、コンピューターのフォルダー上に テキストや圧縮ファイルとしてバックアップする形で保存する事ができます。 ページ単体では「. txt」のテキストドキュメントの拡張子で保管されます。 「ファイル」の項目一覧から一つのフォルダーをまとめてバックアップするには、 該当するフォルダーのチェックボックスに印をつけて、保存します。 この場合は「. zip」の圧縮形式になります。 またウェブサービスに公開状態のページやフォルダのURLを貼り付けして紹介していくこともできます。 これで、もし間違えてテキストを別の内容に上書きして元に戻せなくなったり、 いつの間にかごみ箱に入れていて時間が経ってそこからも消えてしまった場合などに、 外付けHDD・RAIDやネットワークアタッチストレージ、家庭用サーバなどに バックアップしたファイルからデータを開いて復元させることができます。 クラウドストレージサービスへのアクセス ご訪問者の方から頂けた補則としまして、コンピューターを初期化した時は、システムの 再インストールや初期状態にリカバリーする場合については、自動同期が停止した状態で実行されます。 回復用のWindows PEが立ち上がっており、普段のシステムは起動していないため、 PCがまっさらになってもクラウドに影響がなく、 新しいシステムで同期を行うとクラウドからパソコンにファイルが書き戻されます。 普段のシステムが立ち上がった状態で誤操作やコンピューターウイルスによって パソコンのOneDriveのファイルが削除されると、その「削除操作」が ユーザーが意図した新たな変更であると認識されて、クラウドからファイルが削除されます。 その場合でもOneDriveのゴミ箱に移動されているので大抵の場合はまだ復元できます。 ファイルが上書きされた場合は、Microsoft Office関連のファイルはOneDrive上で世代管理が 行われているため、パソコンと同期しても数世代前の状態にデータを復元できます。 バックアップしたファイルを消去してしまった場合の復旧 しかしOffice以外のファイルで上書きやファイルの破損が起きた場合は OneDrive上でも新しい状態として上書き更新され、しかも世代管理もされていません。 Office以外のツールで上書き保存を行ってしまった場合は、差分バックアップを行える 他の製品の機能を使用するなどでしか通常、データの保護ができません。 バックアップした方の「. txt」や「. zip」の拡張子、 あるいは ExcelやWord、Access、PowerPoint、Publisher、Outlookなどで 共有などの目的で使っていたファイルをパソコンから誤って削除してしまい、 OneDriveの方でもすでに同じファイルを削除してしまった、といった場合は、 ファイルが消えてしまった保存先のハードディスクやSSD、メモリーカードに ひとまずそれ以上新しいデータを上書きしないように一旦機材から取り外します。 そしてその記憶媒体を専門のデータ復旧サービスに出して、 失ったファイルの復元作業を行ってもらわれることをおすすめします。 パソコン本体や外付けハードディスクドライブ、サーバーやNAS、RAIDといった電子機器内から喪失した拡張子ファイルを復旧させる方法を解説しています。 また、システムエラーやフォーマットなどの操作ミスによる消失のアクシデントの事例と、そのリカバリーによる対処の方法や拡張子の復旧の手段・故障の修理の手順など、コンピューター分野のお役立ち知識、データ修復サービスセンターの業者を紹介しています。 「データ復旧」とは、PCの内部のファイルの復元や、ハードディスクの回復、外付けHDDの復活、USBメモリからの回収、サーバーの復帰、ノートパソコンからの救出、RAIDからのコンピューターへの抽出、Windowsのリカバリー、NASのサルベージ、LANDISKからの取り出し、LinkStationの回復、TeraStationの故障時のレスキュー、といった対処方法を指します。 ファイルを保存したストレージに書き込みしていた拡張子やフォルダを誤って消してしまったり、中身の部品や周辺機器が故障してデバイスドライバから読み込みができず開けない時に、復元システムなどを使い修復を実行、または専用機器を分解してから取り出して別の記憶装置に移し変えて救出をしてもらうサービスセンターと、そのレスキューの作業にあたります。 ハードディスクドライブなどの部品といった、損壊したボリュームからデータファイルを抽出する際には、先にハードウェア機材・他コンピューター周辺機器の初期の検査による分析で、見てもらえます。 HDDやUSBフラッシュメモリなどの記憶装置内で消失したデータの救出サービスの業者様の方では、様々な故障からのサルベージに対応されています。

次の