癪に障る 癇に障る 違い。 【気に障る】 と 【しゃくに障る】 と 【かんに障る】 と 【むかつく】 はどう違いますか?

癇に障ると癪に障る

癪に障る 癇に障る 違い

「癇に障る」について この 「癇に障る」は、口語では意味さえ知っていれば特に問題なく使えますが、漢字で表記する場合には少し問題がある言葉です。 「癇に障る」の意味とは 「癇に障る」は、 「かんにさわる」と発音してください。 この発音は聞いたことがある人も多いでしょう。 「癇」とは、人間の誰もが体の中にこの 「虫」を飼っており、これが刺激されることで怒りの感情が湧くと言われています 科学的な根拠はありません。 それに 「障る」 その虫が刺激される という意味の言葉で、 「腹立たしい」 怒る前兆の状態になった という意味で使います。 刺激される対象の 「癇の虫」 かんのむし は 「疳の虫」と表記されることがあり、 「癇に障る」も 「疳に障る」と書いても間違いではありません。 「癇に障る」の言葉の使い方 癇に障るは、腹立たしく思った時に使う言葉です。 「あいつの態度が癇に障った」などという使い方をよく見聞きします。 似たような意味の言葉も多いですが、比較的昔から存在している言葉で、前項の説明で挙げた 「癇の虫」も、その昔からの言い伝えだと考えてください。 尚、表記して使う場合、 「癇」、 「疳」の二文字共に常用漢字ではない為、 「かんに障る」と平仮名にされることも多いです。 「癇に障る」を使った例文 癇に障るを使った例文です。 「障る」 さわる は 「触る」と同じ意味ですが、 「癇に触る」は間違いなので、このように表記しないように気を付けてください。 「癇に障る」の例文1 「最終的に合意はしたが、こちらが譲らなくてはいけなかったのが癇に障るところだ」 合意の為に、自分たちの方が条件などを譲らなくてはいけなかったことが癇に障ったと言っています。 「癇に障る」は、多少拡大解釈して 「悔しく思う」という意味でも使える言葉で、この例文の場合はそちらの方で解釈し、 「〜が悔しいところだ」とするといいでしょう。 「癇に障る」の例文2 「いちいち癇に障る奴だ」 その人の言動全てが腹立たしいという使い方です。 実際にはそこまでいかなくても、腹の立つようなことを繰り返す人に対して使う基本的な形だと考えてください。 「癇に障る」の例文3 「あんなことを言われて、癇に障らない方がおかしい」 この 「障らない方が」という使い方もよく見聞きします。 「怒らない方が」と解釈してください。 この使い方から、それほどのことを言われたのだと分かる例文です。 「癇に障る」の類語や類義表現 癇に障ると似た意味の言葉です。 意味だけでなく、見た目もそっくりの言葉があるので注意が必要です。 「癪に障る」 しゃくにさわる 見た目が 「癇に障る」と大変似ているので、このように表記されているのを 「かんにさわる」と間違えて読んでしまうこともあるくらいです。 「癪」 しゃく は胸が苦しくなる病気の総称として使われる言葉です。 それが起こってしまうそうだと解釈し、 「腹立たしくてムカムカする」という意味で使います。 その為、意味もほとんど一緒です。 これが幸いして、 「癇に障る」と 「癪に障る」は、例え間違え使ってしまっても、意味だけは通るという点が面白いところです。 この2つを見分けるコツとして、 「癇」は 「間」という字が入っているので 「かん」と読めると覚えておくと便利です。 「イラっとする」 若者の間では、 「癇に障る」よりこちらの方が使われています。 意味は 「癇に障る」と同じだと考えて構いません。 このまま片仮名で使うことが多いですが、 「イラ」には 「苛」という漢字が当てはまります。 これを使って、 「苛つく」としても意味の同じ類語になります。

次の

【慣用句】「癪に障る」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

癪に障る 癇に障る 違い

癪に障るの類語や使い方の例文 「癪 しゃく に障る」とは、「 不快で腹が立つ」という意味の言葉です。 「癪 しゃく 」は、胸やお腹のあたりが急に痙攣して激痛が走ることを言い表しています。 腹を立てて、胃がムカムカする時に、胸やお腹が痛くなったりますよね。 このことから、このように言い表すようになったのです。 そして、「障る」は、「触る」と同じ言語ではあるのですが、「癪」は体の一部ではないので、触れることができませんよね。 「癪」自体、 病気になることを表しているので、「 癪に障る」という言語になりました。 「癪に障る」の類語は「癇に障る」です。 こちらの意味と違いについては後ほどご紹介します。 癪に障るの使い方 「癪に障る」の使い方として、いくつか例文をご紹介します。 このように、 自分が怒りを感じた時や 不快だと感じた時に使用する言葉として用いられています。 相手の癪に障るようなことは、なるべく避けたいですよね。 穏便な生活も、たまには癪に障ってしまうかもしれません。 波風立てずを気にするのではなく、相手との良い距離感で接することで、癪に障ることはなくなるのではないでしょうか。 癪に障る人の特徴 ご近所付き合いや親族、友人、勤め先や取引先等で出会う、様々な方々の中に、時折「この人癪に障る言い方するんだよな~」や「立ち振る舞いが何か癪に障る」という人がいませんか。 「癪に障る人」とは具体的にどんな人のことを表すのか、特徴をまとめました。 例えば、職場の上司に指示されたことをなかなか進めることが出来ず、手間取ってしまい、「すみません!」と進行状況を報告したとします。 一般的な方でしたら「もっとペースを上げてくれ」や「なんでこんなに時間がかかるんだ」と返しますよね。 しかし、 癪に障る人は違います。 「相変わらずマイペースだね。 君みたいに悠長でのんびりと仕事が出来たらストレスもたまらないだろうね。 」 というように、ストレートに言わずに、チクチクと言ってきます。 また、「私なんかいつも時間を気にしてるから羨ましいよ」等付け加えたりもします。 皮肉やイヤミを言うことで、相手の気持ちをより傷つくようなことを言うのが、癪に障る人の特徴です。 例えば、職場の同期と自分に、同じ上司から別々の仕事を任されたとします。 同期ですので、あなたとは対等な立場なはずですよね。 しかし、その同期は「自分はこの仕事があるから、これもやっといて」と仕事を押し付けるのです。 これは、自分よりも相手が下だと感じているから出る言動です。 実際には上下関係ではないにも関わらず、「自分はあなたよりも上ですから」と人を見下すような言動をするのが、癪に障る人の特徴です。 上から目線とは 男性女性問わず、「上から目線」な人っていますよね。 「上から目線」とは、相手より... 例えば、友人同士で旅行へ行く為に「旅のしおり」を作ったとします。 参加するみんなのことを考えて作ったしおりですので、まず初めはお礼を言いますよね。 しかし、癪に障る人はお礼は一切言いません。 それどころか、しおりの隅から隅まで細かくチェックをし、間違いを探しては「ここが違うよ!」「え?何、ここ。 どこ?」と間違いを指摘するのです。 日程や場所、時間等の、集団行動に支障が出る項目での指摘は大変ありがたいのですが、それ以外の言葉じりでしたり、表現の仕方にメスを入れたりします。 誰もが「そこはいいでしょう」と言うところを、わざわざ見つけて指摘するのが、特徴と言えます。 生理的に合わないや、会話をしても噛み合わない等を重ねることでその症状が出てしまうようです。 しかし、日常生活において、一緒に過ごさなくてはいけない時が多々ありますよね。 なるべく一緒にいないように避けたいと思っても避けられない。 諦めて一切付き合わない!と割り切っている方も多いかと思いますが、そういうわけにもいかないと優しい気持ちで接する人も多いですよね。 そのうち自己嫌悪になってしまったり・・・。 一見すると普通に見えるのですが、時折見せる言動で蓄積され、相手を「どうしてもイライラしてしまう!」という症状にさせてしまうのも、特徴です。 これも 癪に障る人の特徴です。 「やれば出来るのにやらない」という言動が、周りを腹立たせてしまっているようです。 それも、周囲を腹立たせてしまう 癪に障る人の特徴です。 明らかに自分で犯した失敗も、他の人に擦り付けていたりしませんか。 まずは自分で犯した失敗であれば、謝るのが先ですよね。 しかし、 癪に障る人は謝らない人なので、「相手の怒りの矛先をなんとか自分から他人に移そう」と考えるのです。 これでは周囲からの反感は買いますし、周囲を腹立たせてしまいます。 癪に障る言い方や発言 癪に障る人の特徴はお分かりいただけたかと思いますが、中でもその感情が芽生えるのは その人の発する言葉や 言い方に原因があるようです。 癪に障る言い方をまとめました。 」や「私ならこうしたのにな。 」、「もっとこうすれば良かったんじゃない?」等です。 アドバイスを欲しい時は、その意見はとても貴重ですが、ただ普通に会話をしている時にその話をされてしまうと、 これ以上話をしたいという気持ちがなくなってしまいますよね。 「自分は一言余計に喋ってるな」と感じたら、注意して話すようにしましょう。 全く違う意味であっても、勝手に話を終わらせてしまうので、そこも 癪に障る点です。 気をつけましょう。 それどころか「えー?マジでー?ありえないんだけど!」と大笑いしたりします。 何かを一緒に共感して欲しいと思っても、共感しようとしないので、周囲を腹立たせてしまっているようです。 その際、実際に聞いた話よりも、話を大きくして話すのも特徴的です。 特に、それが人から羨むような話であれば更にです。 例えば、自分の好きなアーティストのライブチケットを他人から「手に入った」と聞いたとします。 すると、「羨ましい!」という感情がまず出て、次に「ずるい!」という感情が出てきます。 それには、「自分だけ羨ましいと思いたくない」「他の人からも妬まれて欲しい」という気持ちから出る言葉なのでしょう。 癪に障る人への対処法 そんな少し厄介な「 癪に障る人」とは、どのような関係性を築き、対応したら良いのでしょうか。 話すだけでも不快な気分になってしまうのであれば、なるべくは話をしない方が良いと思いますが、なかなかそういうわけにも行きません。 そこで、露骨に避けるのではなく、 さりげなく距離を置くという方法を使ってみてください。 相手も少し気付いてくれるかもしれませんよ。 癪に障る人だからといって、全てが「悪い」わけではありません。 「口うるさい人でも、相手のことを思って言ってくれているのだ。 」と、一つの物事に対して、全て「良いところ」だと思うようにしてみましょう。 すると、相手の態度や言葉も気にならなくなりますし、関係性もスムーズになります。 時々あう人であればまだ良いのですが、毎日会う同僚や職場の人だったり、学校の友達だったりすると、嫌でも顔を合わせなくてはいけません。 そんな感情を毎日抱いてしまっては、体にもよくありません。 余計に相手のことを嫌ってしまう可能性もあります。 そうならない為にも、好きな趣味等に没頭して、ストレスを発散してください。 少しでも意識の中から追い出すことで、心身ともにリフレッシュできるでしょう。 」の原因を追求してみましょう。 すると、「ある時をきっかけにそうなってしまった」や「あの言葉が原因だ」等が見えてきます。 そうなれば、その原因を作らないように今後気にすれば良いのです。 これには、相手の協力も必要ですが、ストレートに伝えてしまうと関係は悪化しますので、 さりげなくそうならないように仕向ける方法を使って、対処しましょう。 それを繰り返し行うことで、 癪に障ることは減っていくかもしれません。 癪に障る人にならないために気を付けること 癪に障る人にならないためには、自分の言動を見直すことから始めましょう。 「自分は相手にどのような印象を持つ言い方をしているのか。 」 「相手にはどのように聞こえているのか。 」 「相手の表情は変わっているか。 」等、 細かい箇所かもしれませんが、 相手のことを思って気にしてみましょう。 決して、 自分はこう思うからという 自分本位な考えで見ないでください。 人間関係において、 相手にどのように思われているかがとても重要になります。 自分のことばかりではなく、相手のことを思いやる言動をしましょう。 そして、相手を 羨ましいと思うことはあっても 妬ましいとは思わないようにしましょう。 「羨ましい」から「妬ましい」への変化はすぐです。 変化に気付いたらら、「羨ましい」に留めるまでにしようと心がけてください。 「妬ましい」は必ずと言って良いほど、周りに出てしまい、周囲を腹立たせてしまう原因ですから。 それを繰り返すことで、「羨ましい」から「妬ましい」の変化がなくなります。 注意深く心がけてください。 癪に障ると癇に障るの違いは? 「癪に障る」とは「不快で腹が立つ」という意味であり、「怒りから来る体内の変化」であるとお話しましたが、「癇に障る」との違いはあるのでしょうか。 一般的には、同じ意味で用いられる言葉です。 しかし、その言葉の使い方に少しだけ違いがあります。 「癪に障る」は「思い通りにならずに腹を立てる」というように「 自己発信」に寄って引き出される傾向があります。 つまり、「自己中心的な人」を表す言葉として、「癪に障る人」を用いているのです。 それに対し「癇に障る」は「その言い方が気に入らない!」というように「 相手発信」に寄って引き出される傾向があります。 つまり、「感情的で怒りやすい人」を表す言葉として、「癇に障る人」を用いています。 「癇」と「癪」を合わせた言葉が、「癇癪」と言いますが、こちらの意味合いとしても、「癇」=「人にイライラする」・「癪」=「胃がムカムカする」という、双方の合わせて爆発的に起きること「癇癪を起こす」という言葉で表しています。 このように、同じ意味を持っている言葉でも、発生源がどちらなのかで、使い分けることが出来るのです。 「癪に障る人」かもしれない? 「癪に障る」「癪に障る人」について解説いたしましたが、皆さんはいかがでしたか。 「自分は癪に障る人かもしれない。 」と思われた方も中にはいらっしゃるかもしれません。 そのように思われた方は、これからの自分と向き合えることが出来ると思いますので、これを機に、一つひとつを注意深く見て行動してみてはいかがでしょうか。 やはり、人それぞれ、言動が異なります。 いつもはそんなに気にならない話し方をする人なのに、どういうわけか、この話題になると「癪に障る言い方」をするんだよな。 という方は、多数いらっしゃいますよね。 それに自分自身も当てはまっていたりもします。 そういう時は、やはり、「原因追求」が重要です。 「何故そうなったのか。 」 「何故そのような言い方しか出来ないのか。 」 「どこにその原因があるのか。 」 を追求することで、自分自身と相手自信を認め、直していくことが出来るようになります。 自分だけの原因かもしれませんし、相手も含めての原因かもしれません。 それはそれぞれ異なる原因ですので、各々が答えを探さなければ解決出来ません。 面倒だなと感じるかと思いますが、今後の良い関係性を築く為にも、行ってみてください。 そして、自分自身の今後の為にも、努力しましょう。

次の

「癇に障る」とは?意味や使い方を解説

癪に障る 癇に障る 違い

癪に障るの類語や使い方の例文 「癪 しゃく に障る」とは、「 不快で腹が立つ」という意味の言葉です。 「癪 しゃく 」は、胸やお腹のあたりが急に痙攣して激痛が走ることを言い表しています。 腹を立てて、胃がムカムカする時に、胸やお腹が痛くなったりますよね。 このことから、このように言い表すようになったのです。 そして、「障る」は、「触る」と同じ言語ではあるのですが、「癪」は体の一部ではないので、触れることができませんよね。 「癪」自体、 病気になることを表しているので、「 癪に障る」という言語になりました。 「癪に障る」の類語は「癇に障る」です。 こちらの意味と違いについては後ほどご紹介します。 癪に障るの使い方 「癪に障る」の使い方として、いくつか例文をご紹介します。 このように、 自分が怒りを感じた時や 不快だと感じた時に使用する言葉として用いられています。 相手の癪に障るようなことは、なるべく避けたいですよね。 穏便な生活も、たまには癪に障ってしまうかもしれません。 波風立てずを気にするのではなく、相手との良い距離感で接することで、癪に障ることはなくなるのではないでしょうか。 癪に障る人の特徴 ご近所付き合いや親族、友人、勤め先や取引先等で出会う、様々な方々の中に、時折「この人癪に障る言い方するんだよな~」や「立ち振る舞いが何か癪に障る」という人がいませんか。 「癪に障る人」とは具体的にどんな人のことを表すのか、特徴をまとめました。 例えば、職場の上司に指示されたことをなかなか進めることが出来ず、手間取ってしまい、「すみません!」と進行状況を報告したとします。 一般的な方でしたら「もっとペースを上げてくれ」や「なんでこんなに時間がかかるんだ」と返しますよね。 しかし、 癪に障る人は違います。 「相変わらずマイペースだね。 君みたいに悠長でのんびりと仕事が出来たらストレスもたまらないだろうね。 」 というように、ストレートに言わずに、チクチクと言ってきます。 また、「私なんかいつも時間を気にしてるから羨ましいよ」等付け加えたりもします。 皮肉やイヤミを言うことで、相手の気持ちをより傷つくようなことを言うのが、癪に障る人の特徴です。 例えば、職場の同期と自分に、同じ上司から別々の仕事を任されたとします。 同期ですので、あなたとは対等な立場なはずですよね。 しかし、その同期は「自分はこの仕事があるから、これもやっといて」と仕事を押し付けるのです。 これは、自分よりも相手が下だと感じているから出る言動です。 実際には上下関係ではないにも関わらず、「自分はあなたよりも上ですから」と人を見下すような言動をするのが、癪に障る人の特徴です。 上から目線とは 男性女性問わず、「上から目線」な人っていますよね。 「上から目線」とは、相手より... 例えば、友人同士で旅行へ行く為に「旅のしおり」を作ったとします。 参加するみんなのことを考えて作ったしおりですので、まず初めはお礼を言いますよね。 しかし、癪に障る人はお礼は一切言いません。 それどころか、しおりの隅から隅まで細かくチェックをし、間違いを探しては「ここが違うよ!」「え?何、ここ。 どこ?」と間違いを指摘するのです。 日程や場所、時間等の、集団行動に支障が出る項目での指摘は大変ありがたいのですが、それ以外の言葉じりでしたり、表現の仕方にメスを入れたりします。 誰もが「そこはいいでしょう」と言うところを、わざわざ見つけて指摘するのが、特徴と言えます。 生理的に合わないや、会話をしても噛み合わない等を重ねることでその症状が出てしまうようです。 しかし、日常生活において、一緒に過ごさなくてはいけない時が多々ありますよね。 なるべく一緒にいないように避けたいと思っても避けられない。 諦めて一切付き合わない!と割り切っている方も多いかと思いますが、そういうわけにもいかないと優しい気持ちで接する人も多いですよね。 そのうち自己嫌悪になってしまったり・・・。 一見すると普通に見えるのですが、時折見せる言動で蓄積され、相手を「どうしてもイライラしてしまう!」という症状にさせてしまうのも、特徴です。 これも 癪に障る人の特徴です。 「やれば出来るのにやらない」という言動が、周りを腹立たせてしまっているようです。 それも、周囲を腹立たせてしまう 癪に障る人の特徴です。 明らかに自分で犯した失敗も、他の人に擦り付けていたりしませんか。 まずは自分で犯した失敗であれば、謝るのが先ですよね。 しかし、 癪に障る人は謝らない人なので、「相手の怒りの矛先をなんとか自分から他人に移そう」と考えるのです。 これでは周囲からの反感は買いますし、周囲を腹立たせてしまいます。 癪に障る言い方や発言 癪に障る人の特徴はお分かりいただけたかと思いますが、中でもその感情が芽生えるのは その人の発する言葉や 言い方に原因があるようです。 癪に障る言い方をまとめました。 」や「私ならこうしたのにな。 」、「もっとこうすれば良かったんじゃない?」等です。 アドバイスを欲しい時は、その意見はとても貴重ですが、ただ普通に会話をしている時にその話をされてしまうと、 これ以上話をしたいという気持ちがなくなってしまいますよね。 「自分は一言余計に喋ってるな」と感じたら、注意して話すようにしましょう。 全く違う意味であっても、勝手に話を終わらせてしまうので、そこも 癪に障る点です。 気をつけましょう。 それどころか「えー?マジでー?ありえないんだけど!」と大笑いしたりします。 何かを一緒に共感して欲しいと思っても、共感しようとしないので、周囲を腹立たせてしまっているようです。 その際、実際に聞いた話よりも、話を大きくして話すのも特徴的です。 特に、それが人から羨むような話であれば更にです。 例えば、自分の好きなアーティストのライブチケットを他人から「手に入った」と聞いたとします。 すると、「羨ましい!」という感情がまず出て、次に「ずるい!」という感情が出てきます。 それには、「自分だけ羨ましいと思いたくない」「他の人からも妬まれて欲しい」という気持ちから出る言葉なのでしょう。 癪に障る人への対処法 そんな少し厄介な「 癪に障る人」とは、どのような関係性を築き、対応したら良いのでしょうか。 話すだけでも不快な気分になってしまうのであれば、なるべくは話をしない方が良いと思いますが、なかなかそういうわけにも行きません。 そこで、露骨に避けるのではなく、 さりげなく距離を置くという方法を使ってみてください。 相手も少し気付いてくれるかもしれませんよ。 癪に障る人だからといって、全てが「悪い」わけではありません。 「口うるさい人でも、相手のことを思って言ってくれているのだ。 」と、一つの物事に対して、全て「良いところ」だと思うようにしてみましょう。 すると、相手の態度や言葉も気にならなくなりますし、関係性もスムーズになります。 時々あう人であればまだ良いのですが、毎日会う同僚や職場の人だったり、学校の友達だったりすると、嫌でも顔を合わせなくてはいけません。 そんな感情を毎日抱いてしまっては、体にもよくありません。 余計に相手のことを嫌ってしまう可能性もあります。 そうならない為にも、好きな趣味等に没頭して、ストレスを発散してください。 少しでも意識の中から追い出すことで、心身ともにリフレッシュできるでしょう。 」の原因を追求してみましょう。 すると、「ある時をきっかけにそうなってしまった」や「あの言葉が原因だ」等が見えてきます。 そうなれば、その原因を作らないように今後気にすれば良いのです。 これには、相手の協力も必要ですが、ストレートに伝えてしまうと関係は悪化しますので、 さりげなくそうならないように仕向ける方法を使って、対処しましょう。 それを繰り返し行うことで、 癪に障ることは減っていくかもしれません。 癪に障る人にならないために気を付けること 癪に障る人にならないためには、自分の言動を見直すことから始めましょう。 「自分は相手にどのような印象を持つ言い方をしているのか。 」 「相手にはどのように聞こえているのか。 」 「相手の表情は変わっているか。 」等、 細かい箇所かもしれませんが、 相手のことを思って気にしてみましょう。 決して、 自分はこう思うからという 自分本位な考えで見ないでください。 人間関係において、 相手にどのように思われているかがとても重要になります。 自分のことばかりではなく、相手のことを思いやる言動をしましょう。 そして、相手を 羨ましいと思うことはあっても 妬ましいとは思わないようにしましょう。 「羨ましい」から「妬ましい」への変化はすぐです。 変化に気付いたらら、「羨ましい」に留めるまでにしようと心がけてください。 「妬ましい」は必ずと言って良いほど、周りに出てしまい、周囲を腹立たせてしまう原因ですから。 それを繰り返すことで、「羨ましい」から「妬ましい」の変化がなくなります。 注意深く心がけてください。 癪に障ると癇に障るの違いは? 「癪に障る」とは「不快で腹が立つ」という意味であり、「怒りから来る体内の変化」であるとお話しましたが、「癇に障る」との違いはあるのでしょうか。 一般的には、同じ意味で用いられる言葉です。 しかし、その言葉の使い方に少しだけ違いがあります。 「癪に障る」は「思い通りにならずに腹を立てる」というように「 自己発信」に寄って引き出される傾向があります。 つまり、「自己中心的な人」を表す言葉として、「癪に障る人」を用いているのです。 それに対し「癇に障る」は「その言い方が気に入らない!」というように「 相手発信」に寄って引き出される傾向があります。 つまり、「感情的で怒りやすい人」を表す言葉として、「癇に障る人」を用いています。 「癇」と「癪」を合わせた言葉が、「癇癪」と言いますが、こちらの意味合いとしても、「癇」=「人にイライラする」・「癪」=「胃がムカムカする」という、双方の合わせて爆発的に起きること「癇癪を起こす」という言葉で表しています。 このように、同じ意味を持っている言葉でも、発生源がどちらなのかで、使い分けることが出来るのです。 「癪に障る人」かもしれない? 「癪に障る」「癪に障る人」について解説いたしましたが、皆さんはいかがでしたか。 「自分は癪に障る人かもしれない。 」と思われた方も中にはいらっしゃるかもしれません。 そのように思われた方は、これからの自分と向き合えることが出来ると思いますので、これを機に、一つひとつを注意深く見て行動してみてはいかがでしょうか。 やはり、人それぞれ、言動が異なります。 いつもはそんなに気にならない話し方をする人なのに、どういうわけか、この話題になると「癪に障る言い方」をするんだよな。 という方は、多数いらっしゃいますよね。 それに自分自身も当てはまっていたりもします。 そういう時は、やはり、「原因追求」が重要です。 「何故そうなったのか。 」 「何故そのような言い方しか出来ないのか。 」 「どこにその原因があるのか。 」 を追求することで、自分自身と相手自信を認め、直していくことが出来るようになります。 自分だけの原因かもしれませんし、相手も含めての原因かもしれません。 それはそれぞれ異なる原因ですので、各々が答えを探さなければ解決出来ません。 面倒だなと感じるかと思いますが、今後の良い関係性を築く為にも、行ってみてください。 そして、自分自身の今後の為にも、努力しましょう。

次の