ビューティフルライフ 1話 視聴率。 木村拓哉の人気ドラマNo.1は?名作たちの視聴率ランキング!

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~の視聴率とは?出演者の各作品も解説!|vodzoo

ビューティフルライフ 1話 視聴率

ドラマ「ビューティフルライフ」の主な出演者 沖島 柊二(おきしま しゅうじ) 演: 有名店に勤める美容師で腕は良いが人気はあまりない。 町田 杏子(まちだ きょうこ) 演: 図書館司書。 難病に冒され、10年以上車椅子での生活を送っている。 田村 佐千絵(たむら さちえ) 演: 杏子の同僚で親友。 美山 耕三(みやま こうぞう) 演: ボランティアスタッフ。 杏子に気がある。 岡部 巧(おかべ たくみ) 演: 柊二の職場の後輩でアシスタント。 小沢 真弓(おざわ まゆみ) 演: 柊二の同僚で元恋人。 川村 悟(かわむら さとる) 演: 柊二と同期の人気美容師。 店長 演: 美容室の店長。 町田 正夫(まちだ まさお) 演: 杏子の兄。 町田 雄一 演: 杏子、正夫の父。 町田 久仁子 演: 杏子、正夫の母。 さつき 演: 柊二の予備校時代の同級生。

次の

ビューティフルライフ フル動画を1話〜最終回まで公式無料視聴する方法!

ビューティフルライフ 1話 視聴率

2000年に放送された 『ビューティフルライフ』は、当時のキムタクブームも手伝ってか、1月にスタートした第1話でいきなり31. 8%という歴代1位の初回視聴率をマークし、その後もほとんどの回で30%以上をキープしていたモンスタードラマです。 今では考えられない数字ですが、さらにすごいことになったのがその最終回の視聴率です。 ドラマを見守っていた視聴者は感情移入も激しく、テレビ局に「ヒロインを殺さないでほしい」という要望まで寄せられていたそうですが、ストーリーは柊二(キムタク)に看取られながら息を引き取るという最後になりました。 ヒロインの亡がらに柊二(キムタク)沖島が涙を流しながら死化粧を施すシーンでは、その後13年間にわたり歴代1位となる瞬間最大視聴率41.3%を記録しました。 このキムタクの号泣シーンに日本中の視聴者がもらい泣きをしたわけですが、この号泣演技について本人がラジオで語っていました。 拓哉くんの泣き顔って初めて見た気がします。 杏子が死んだシーン、木村くんの涙は自然に出てきたものなのでしょうか」 という質問が来ていました。 それに対してキムタクは。。。 「今さら何言ってるんですかね、このリスナーさんって。 ホントに。 誰だと思ってんすかね、僕のこと。 もうブゥ~ってどんどんどんどん出ちゃうね。 もうあんまり差しすぎてね、のどの奥から目薬たれてきちゃって苦くて苦くてもう、あのシーンは大変でしたね~。 ・・・って言うのは全部ウソなんですけども。 」 いいですね、まずこのフリ。 これ読んだとき「だよね~」と思ったんですけども(笑 本人も思わぬところでスイッチが で、真相はと言うと、 「これ無理かなと思ってたの、最初は。 」 「できるかなぁと思ってたの、ホントに。 これ無理だったら無理で、もうNG出してもいいからやろうと思って。 いざ本番入ってやってみたら、お母さん役の人が靴を持ってくるんですよ、赤い靴を。 で、『天国に行ったらちゃんと、歩けるようにね』って、『これも一緒に入れてあげましょうね』って赤い靴持ってきて。 ところがどっこい、違うスイッチが入っちゃってさ。 中略) お母さん役の人があの部屋を出て行って、で、柊二と杏子ふたりっきりになったんですよ。 で、そのお母さんが退室して、扉をパタン・・・って閉めた瞬間に、あれっ?って思うぐらい、なんっかやるせなくなっちゃってぇ。 止まんないの、それで。 」 泣けないと思ってたのに、こんな風に思わぬところで泣きのスイッチが入ったんですね~。 すごい感情のこもった号泣シーンでしたが、これ知っておくともっと泣けちゃいそうですね。 ところで、そのお母さん役の人が気になって調べてみましたら、大森 暁美(おおもり あけみ)さんという1936年生れの女優さんでした。 写真見ると、あ~!この人みたことある!って思いませんでした?結構いろんなドラマに出演されてる女優さんですよね。 品のあるお母さん役がピッタリな方だと思います。

次の

ビューティフルライフの動画を無料視聴!PandoraやDailymotionにある?

ビューティフルライフ 1話 視聴率

主人公の美容師役、沖島柊ニを演じるのは、当時、主演を務めれば間違いなく高視聴率を獲得していた、木村拓哉さん、そして、難病で車いす生活をおくるヒロイン町田杏子を演じるのは、明るくて可愛くて当時とくに好感度が高かった女優の常盤貴子さんでした。 この二人が主演だというだけで、もうドラマ自体は成功だと言っても過言ではなかったのですが、このドラマは、その期待以上のものを残した気がします。 よくある、明るくてドタバタのコメディ系ではなく、根底には健常者と障害者との恋愛という重く難しいテーマがあります。 しかし、主人公二人は不器用にもがきつつ、悩み苦しみながらも、手と手を取り合って、二人で自分たちの夢を実現しようと、前を向いて歩いていくのです。 そんな姿と、近づきそうで近づかない二人の距離、まっすぐな思いや、どこか、不器用なラブシーンに、なんどキュンキュンさせられたことでしょう。 特に好きなシーンは、やはり最終回ですね。 見てもらえればわかりますが、最終回の常盤貴子さんの演技は秀逸でした。 彼女がその役を演技しきれなければ、このシーンは台無しになってしまうからです。 当然ですが、木村拓哉さんも良かったですね。 こんなに美しくてせつないラストシーンは、なかなかないと思います。 心を洗われたい方、涙活したい方に、ぜひオススメしたいですね。 私はドラマ「ビューティフルライフ」を観て、「障害があっても前向きに生きる姿」と「ままならない二人の恋の行方」が特に印象に残りました。 まず、障害があっても前向きに生きる姿についてです。 このドラマでは、美容師の男性と図書館で働く女性との恋模様が描かれます。 女性は、足が不自由であり車椅子で日常生活を送っています。 車椅子では思うように動くことができず、困難も多く立ちはだかります。 それでも、自分の身体的障害に引け目を感じることなく、日々を明るく楽しく生きる女性の姿が輝いていて、元気と勇気をもらいながら観ていました。 次に、ままならない二人の恋の行方についてです。 時にぶつかり合いながらも次第に魅かれあっていく二人ですが、男性の仕事が忙しくすれ違ってしまったり、女性に病気の可能性があることが発覚したりと、二人の行く手には様々な困難が待っています。 お互いに全力で真っすぐに相手を愛しているのに、なかなか関係性を進展させることができない姿に、もどかしさを感じながら観ていました。 また、困難な状況でもお互いに支え合おうと懸命に努力する二人の姿から、お互いにどれだけ相手を必要としているかがひしひしと伝わってきて、二人に報われて欲しいと願いながら観ていました。 2000年放送、木村拓哉さん主演のドラマです。 当時の木村さんの人気は絶大で、社会現象をうみだすほどの影響力があったドラマのひとつだと記憶しています。 このドラマをきっかけに「カリスマ美容師」「バリアフリー」という言葉が一般化したのではないでしょうか。 ドラマのあと、しばらくは将来美容師になりたいと言うこどもも増え、また、原宿の人気美容院の予約がちっともとれない、なんてことにもなりました。 家族や友人から愛され大切にされ、感謝はしているにもかかわらず、腫れ物に触るように扱われることに不満を感じている杏子の気持ちが、常盤貴子さんの表情ひとつで伝わってきて、観ているこちらまで、苦しくなるような、なんとも言えない気持ちになったことを覚えています。 杏子の周囲の人々のなかでも、渡部篤郎さんが、不器用ながらに、常に杏子を案じ、幸せになることを心より願っているお兄ちゃんを演じていたのが印象的でした。 実際にいたら煙たいかもしれないけれど、こんな兄がいたらいいのに、と感じました。 もちろん、何をしてもかっこいい木村拓哉さんがはさみを握る姿も、惚れ惚れと観ていました。 最終回の視聴率が40%超えの大人気ドラマ、みなさん1度はみていただきたいと思います。 ビューティフルライフは放送当時、再放送から視聴しましたが、気に入って何度も見てしまうくらい、好きなドラマでした。 俳優さんが好きという理由で見るのもありだと思いますし、美容師になりたいからという理由で視聴するのもありだと思います。 私は当時高校生でしたが、周囲で前髪を自分で切るのが流行っていたことと、常盤貴子さんの髪型が可愛いと思ったこと、 図書館が好きなことがきっかけで視聴しました。 また、車いすの役に挑戦する、という常磐さんの記事を読んだことも理由の一つであるし、主題歌のビーズさんの曲とバックに流れる映像も好きだったので、毎回楽しみでした。 常磐さんが着用していた赤いべストのような衣装も、好きでした。 木村さんが主演のドラマは、相手に気持ちを伝えたりする場面はどこか照れくさそうな緊張感があるのが共通だと思います。 そして、登場する相手役の女優さんもどこか気が強いのが共通していて、寅さんのマドンナ的な存在なのも面白く、何故か飽きないのが良いです。 このドラマで驚いたところは、木村さんが勤める美容室でいじめのようなバチバチ感があったことです。 原沙知絵さんが木村さんにつっかかるような役だったので、驚いてしまいました。 また、私は高校生だったからか、好きな仕事をしたり、大人になればいじめはなくなるものだと思っていたからです。 なので、視聴する世代や自分の年齢によっても、感じ方が異なるだろう部分も面白いと感じます。 そして、一番好きな場面は、常磐さん演じる主人公が亡くなった後のシーンです。 悲しいのに好きな理由は、木村さんが「化粧をしたい。 」と無言で淡々とお化粧を施していくのがまた新鮮な場面だからです。 普通なら葬儀屋さんがする仕事のイメージだけど、美容師さんがするのっていいなと思えます。 プライベートまで仕事かよとつっこむよりも、「好きな相手だからこそ、化粧をして美人なまま見送ってあげたい。 」と思えます。 イケイケな美容師と車椅子の女性という世界が違う二人の恋を、感動あり、笑いありで描いていて、とても素晴らしいドラマです。 なんといってもヒロインを演じている常盤貴子さんが全盛期という感じで、天真爛漫な様子で可愛すぎます。 そして、車椅子生活という状況の中でも健気な感じで強く生きていて、好感が持てると思います。 また、車椅子でも車を運転できるということが印象的に描かれていて、希望がありますね。 木村拓哉さんは、いつもの木村さんという感じが炸裂していて、期待を裏切らないと思います。 そして、あまりにも違う二人ということで、案の定色々と上手くいかないこともありますが、二人で協力して乗り越えていく感じが感動的でした。 また、共演者の方も水野美紀さんや渡部篤郎さんなどが出演されていて、見所が多いと思います。 特に、渡部篤郎さんは常盤貴子さんの兄役を優しい感じで演じていて、クセの強さもあってとても良いです。 西川貴教さんが木村拓哉さんのライバル役の美容師を演じているというのも面白いと思います。

次の