サイバー セキュリティ 投信。 次世代のイノベーションを守るインフラ、サイバーセキュリティ|投資信託なら三菱UFJ国際投信

サイバーセキュリティ株式オープン|投資信託|大和証券

サイバー セキュリティ 投信

2020年06月19日 2020年06月10日 2020年05月26日 2020年04月17日 2020年03月27日 2020年03月19日 2020年03月10日 2020年03月06日 2020年03月06日 2020年02月12日 2020年01月24日 2019年12月25日 2019年12月17日 2019年12月04日 2019年12月04日 2019年12月04日 2019年11月20日 2019年10月31日 2019年10月30日 2019年10月30日 2019年10月30日 2019年10月29日 2019年10月04日 2019年10月02日 2019年09月10日 2019年08月27日 2019年08月21日 2019年08月08日 2019年08月01日 2019年07月30日 2019年06月21日 2019年06月13日 2019年06月07日 2019年06月06日 2019年05月24日 2019年05月20日 2019年05月17日 2019年05月07日 2019年04月24日 2019年04月19日 2019年04月08日 2019年03月06日 2019年02月08日 2019年02月04日 2018年11月26日 2018年11月13日 2018年11月01日 2018年10月19日 2018年10月12日 2018年09月14日 2018年08月09日 2018年07月26日 2018年07月25日 2018年06月05日 2017年09月25日 2017年08月23日 2017年08月10日 関連キーワード• 「設定来」選択時の「表示期間の騰落率」は、10,000円を起点として計算しています。 また、それ以外は開始日の基準価額を起点として計算しています。 分配実績がある場合は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。 実際のファンドでは、課税条件によってお客さまごとの騰落率は異なります。 また費用・税金等は考慮していません。 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入しています。 分配金実績(税引前) 決算日 基準価額 分配金実績(税引前) 2020年06月08日 17,533円 0円 2019年06月06日 14,356円 0円 2018年06月06日 13,244円 0円 設定来累計 0円• 上記は過去の実績・状況であり、将来の運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。 また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。 運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。 基準価額・基準価額 分配金再投資 ・分配金は、1万口当たりです。 基準価額・基準価額 分配金再投資 は、運用管理費用(信託報酬)控除後の値です。 基準価額 分配金再投資 は、分配実績がある場合には分配金(税引前)を再投資したものとして計算していますが、分配実績のない場合には基準価額を表示しています。 なお、単位型投資信託の場合、分配金は再投資されませんのでご留意ください。 過去1年の月報• 過去の運用報告書 全体版• ・募集取扱いを行うすべての販売会社が掲載されていない場合があります。 ・販売会社については当社のフリーダイヤルにお問い合わせください。

次の

投資信託のモーニングスター|スナップショット[サイバーセキュリティ株式オープン(H無)]

サイバー セキュリティ 投信

特色1 主として日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業 *の株式に投資を行います。 株式等への投資にあたっては、サイバーセキュリティの需要拡大および技術向上の恩恵を享受すると考えられる企業の株式の中から、持続的な利益成長性、市場優位性、財務 健全性、株価水準等を考慮して組入銘柄を選定します。 株式等の組入比率は高位を維持することを基本とします。 *当ファンドにおいては、サイバー攻撃に対するセキュリティ技術を有し、これを活用した製品・サービスを提供するテクノロジー関連の企業等をいいます。 特色2 株式等の運用にあたっては、アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ユーエス・エルエルシーに運用指図に関する権限を委託します。 アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ユーエス・エルエルシーは金融グループであるアリアンツ・グループの一員であり、テクノロジー株式の運用戦略について豊富な経験を有する資産運用会社です。 特色3 為替ヘッジの有無により、(為替ヘッジあり)、(為替ヘッジなし)が選択できます。 (為替ヘッジあり)は、実質組入外貨建資産について、原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減をはかります。 なお、為替ヘッジが困難な一部の通貨については、当該通貨との相関等を勘案し、他の通貨による代替ヘッジを行う場合があります。 為替ヘッジを行う場合で円金利がヘッジ対象通貨の金利より低いときには、これらの金利差相当分のヘッジコストがかかることにご留意ください。 なお、為替市場の状況によっては、金利差相当分以上のヘッジコストとなる場合があります。 (為替ヘッジなし)は、実質組入外貨建資産について、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替相場の変動による影響を受けます。 特色4 年1回の決算時(6月6日(休業日の場合は翌営業日))に分配金額を決定します。 分配金額は委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。 ただし、分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。 したがって、 投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 投資信託は預貯金と異なります。 ファンドの基準価額の変動要因として、主に以下のリスクがあります。 組入株式の価格の下落は、基準価額の下落要因となります。 また、より幅広い銘柄に分散投資する場合と比べてファンドの基準価額が大きく変動する場合があります。 なお、為替ヘッジが困難な一部の通貨については、当該通貨との相関等を勘案し、他の通貨による代替ヘッジを行う場合があります。 その場合、為替ヘッジ効果が得られない可能性や、円と当該通貨との為替変動の影響を受ける可能性があります。 為替ヘッジを行う場合で円金利がヘッジ対象通貨の金利より低いときには、これらの金利差相当分のヘッジコストがかかることにご留意ください。 ただし、為替市場の状況によっては、金利差相当分以上のヘッジコストとなる場合があります。 サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし) 組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を受けます。 新興国への投資は、投資対象国におけるクーデターや重大な政治体制の変更、資産凍結を含む重大な規制の導入、政府のデフォルト等の発生による影響などを受けることにより、先進国への投資を行う場合に比べて、価格変動・為替変動・信用・流動性のリスクが大きくなる可能性があります。 上記は主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。 ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリングオフ)の適用はありません。 収益分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益の水準を示すものではありません。 収益分配は、計算期間に生じた収益を超えて行われる場合があります。 投資者の購入価額によっては、収益分配金の一部または全部が、実質的な元本の一部払戻しに相当する場合があります。 ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。 収益分配金の支払いは、信託財産から行われます。 したがって純資産総額の減少、基準価額の下落要因となります。 ファンドは、ファミリーファンド方式により運用を行います。 そのため、ファンドが投資対象とするマザーファンドを共有する他のベビーファンドの追加設定・解約によってマザーファンドに売買が生じた場合などには、ファンドの基準価額に影響する場合があります。 30%(税抜 3. 00%)(販売会社が定めます) 信託財産留保額 ありません。 870%(税抜 年率1. 700%)をかけた額 その他の費用・手数料 監査法人に支払われるファンドの監査費用・有価証券等の売買時に取引した証券会社等に支払われる手数料・有価証券等を海外で保管する場合、海外の保管機関に支払われる費用・その他信託事務の処理にかかる諸費用等についてもファンドが負担します。 運用管理費用(信託報酬)および監査費用は、日々計上され、ファンドの基準価額に反映されます。 毎計算期間の6ヵ月終了時、毎決算時または償還時にファンドから支払われます。 上記の費用(手数料等)については、保有金額または保有期間等により異なるため、あらかじめ合計額等を記載することはできません。 なお、ファンドが負担する費用(手数料等)の支払い実績は、交付運用報告書に開示されていますのでご参照ください。 【留意事項】• 当ページは三菱UFJ国際投信が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。 投資信託をご購入の場合は、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 当ページの内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。 当ページは信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。 投資信託は、預金等や保険契約とは異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 銀行等の登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の補償の対象ではありません。 投資信託は、販売会社がお申込みの取扱いを行い委託会社が運用を行います。 【映像に関する留意事項】• 各映像は投資勧誘を目的とするものではありません。 投資信託をご購入の場合は、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 各映像の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。 各映像は信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。 各映像はイメージを含んでおります。 投資信託は、預金等や保険契約とは異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 銀行等の登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の補償の対象ではありません。 投資信託は、販売会社がお申込みの取扱いを行い委託会社が運用を行います。

次の

サイバーセキュリティクラウド (4493) : 組入投信 [Cyber Security Cloud]

サイバー セキュリティ 投信

特色2 株式等の運用にあたっては、アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ユーエス・エルエルシーに運用指図に関する権限を委託します。 ・運用の指図に関する権限の委託を受ける者、委託の内容、委託の有無等については、変更する場合があります。 特色3 為替ヘッジの有無により、 為替ヘッジあり 、 為替ヘッジなし が選択できます。 なお、為替ヘッジが困難な一部の通貨については、当該通貨との相関等を勘案し、他の通貨による代替ヘッジを行う場合があります。 特色4 年1回の決算時 6月6日 休業日の場合は翌営業日 に分配金額を決定します。 ただし、分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。 また、世界情報技術株式は指数のトータルリターンを基に算出しています。 パフォーマンスは各銘柄のトータルリターンの単純平均を使用して算出しています。 売上高成長率は各銘柄の年成長率の単純平均です。 また、為替・税金・手数料等を考慮しておりません。 また、税金・手数料等を考慮しておりません。 組入銘柄は? サイバーセキュリティの需要拡大および技術向上の恩恵を享受すると考えられる企業の株式の中から、持続的な利益成長性、市場優位性、財務健全性、株価水準等を考慮して組入銘柄を選定します。 日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業の株式が投資対象です。 したがって、個別銘柄の推奨を目的とするものではなく、当ファンドにおいて上記銘柄を組み入れることを保証するものではありません。 テクノロジー株式の運用戦略について経験豊富なアリアンツ・グループに運用指図を委託 株式等の運用にあたっては、アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ユーエス・エルエルシーに運用指図に関する権限を委託します。 アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ユーエス・エルエルシーは金融グループであるアリアンツ・グループの一員であり、テクノロジー株式の運用戦略について豊富な経験を有する資産運用会社です。 サイバーセキュリティ関連企業とは、当ファンドにおいては、サイバー攻撃に対するセキュリティ技術を有し、これを活用した製品・サービスを提供するテクノロジー関連の企業等をいいます。 上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。 また、組入有価証券の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の影響を受けます。 これらの運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。 したがって、投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 投資信託は預貯金と異なります。 主な変動要因は、価格変動リスク、特定のテーマに沿った銘柄に投資するリスク、為替変動リスク、信用リスク、流動性リスク、カントリー・リスクです。 上記は主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。 くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。 <ファンドの費用> 購入時 購入時手数料 購入価額に応じて下記の率を乗じて得た額 1億円未満:3. 30%(税抜3. 00%) 1億円以上:1. 65%(税抜1. 50%) 換金時 信託財産留保額 ありません。 保有期間中 運用管理費用(信託報酬) 日々の純資産総額に対して、年率1. 870%(税抜 年率1. 700%)をかけた額 その他の費用・手数料 監査費用、売買委託手数料、外国での資産の保有等に要する費用、その他事務処理にかかる諸費用等を信託財産からご負担いただきます。 これらの費用は売買条件等により異なるため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。 なお、ファンドが負担する費用(手数料等)の支払い実績は、交付運用報告書に開示されていますのでご参照ください。 <課税関係> 課税上は、株式投資信託として取扱われます。 個人投資者については、収益分配時の普通分配金ならびに換金時および償還時の譲渡益に対して課税されます。 NISA(少額投資非課税制度)およびジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)の適用対象です。 税法が改正された場合等には、変更となることがあります。 投資信託をご購入の場合は、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 銀行等の登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の補償の対象ではありません。

次の