もしも アフィリエイト。 Amazonと楽天を併用するなら「もしもアフィリエイト」がおすすめ!

【必読】もしもアフィリエイトを全員に勧めない本当の理由 物販アフィリをする前に

もしも アフィリエイト

初心者がアフィリエイトを始めるにあたって、いくつか壁にぶち当たる局面があります。 例えばレンタルサーバーを借りたり、慣れない WordPress でブログを作ったり、最初の段階で挫折してしまう人も中にはいます。 パソコン操作に慣れていれば、ネットで調べてブログを開設するところまで漕ぎ着けることができるでしょう。 ここまで出来れば、準備できているようなものです。 スタート時点では、デザイン構成など満足いかない部分もありますが、肝心なのは「 見た目よりも中身」です。 いくら凝ったデザインにしても、内容が伴っていなければアクセス数を得ることもできず、無駄に時間を浪費するだけになります。 デザインの修正は、コンテンツが充実してから少しずつ自分の好みの色に染めていけば大丈夫です。 WordPress に限らず他のブログでも、デザインされたテーマが最初から存在します。 具体的なイメージがあれば、それに合わせたテーマを予め選んでおくのも1つの手段です。 情報を発信するための入れ物が用意できたら、まずは 記事を増やすことが第一優先になります。 と、その前に ASP を選ぶ段階で迷ってしまう方もいるでしょう。 どこに登録して何を始めたら良いのか分からない。 そんな人には、特に読んでもらいたい記事になっているので、ぜひ参考にしてください。 ASP は片っ端から登録したほうが良い? 単に ASP といっても、メジャーな会社からマイナーな会社まで数多く存在します。 ネットで調べればすぐに名前が挙がってくる ASP をいくつか列挙してみましょう。 リンクシェアも代表的ではありますが、管理画面が重い上に使い勝手も悪く、初心者にはおすすめできないので敢えて一覧から外しています。 上記の中では「もしもアフィリエイト」はマイナーな ASP に属しますが、どうして他の ASP の人気が高いのか簡単に説明しておきましょう。 案件豊富な A8. net 取り扱っている案件数が多いため、様々なジャンルに渡って広告を見つけられます。 逆に多すぎて未知の案件を探すのが大変なので、自ずと目的の案件を検索して見つけるといった使い方になります。 僕自身はレンタルサーバー(エックスサーバー)のセルフバック(自己購入)を利用するために契約しました。 今回紹介した ASP のサイトとしては、最も使い勝手が良いのが A8 です。 セルフバックとは 通常、アフィリエイトリンクを自身でクリックして購入することは禁止されています。 しかし自己購入しても成果としてカウントされる案件があり、各 ASP の専用サイト経由で購入することで、同様の成果を得られます。 また、セルフバックは案件を提携する必要がないので、成果を得るまでの敷居が低いのも特徴です。 老舗の安定感 バリューコマース A8 と共に2大巨塔とされるバリューコマース。 バリューコマースは日本で初めての ASP 業者となります。 短いアフィリエイトの歴史の中でも老舗とも言えるので、広告数も安定しており根強い人気があります。 大手携帯電話キャリアから WiMAX など、通信系を網羅しているのも特徴です。 他にも au、docomo、SoftBank の オンラインストアのセルフバックも用意されています。 アフィリエイトをやろうと思っているくらいネットに精通しているなら、スマートフォンの機種変更だってオンラインで済ませてしまいますよね?通信系に強いバリューコマースならではのお得な使い方なので、覚えておくと良いでしょう。 バリューコマースのおすすめポイント 楽天のセルフバックが行えるのがバリューコマースの良いところです。 通常、楽天アフィリエイトの自己クリック購入は禁止されています。 無い案件がここにある アクセストレード 案件が無いと思ったら、ここにあった。 そんな、大手には物足りない部分をカバーしているアクセストレード。 FX や証券といった金融系を推しています。 案件数が少ないため初心者向きではないものの、扱っているジャンルの特徴が分かれば必要性が自ずと見えてきます。 美容と言えば afb(アフィリエイトB) コスメ、サプリ、エステなど、美容系の案件が強いです。 女性向けに限らず、男性向けの案件も多数用意されています。 ジャンルによっては全て afb で賄えるケースがあるものの、逆に全く合わないといったことも起こり得ます。 僕の場合は後者なので、登録しても全く稼働していません。 余談ですが、提携したい案件が afb と他の ASP にあった場合、afb から他の ASP に貼り替えた途端、成果が発生したといった情報が散見されます。 セルフバックに関しても成果が上がらないなど、マイナス面の評判もいくつかあるため、afb でしか存在しない案件をどうしても利用したいと思わない限りは、おすすめできない ASP です。 物販系をひとまとめ もしもアフィリエイト Amazon、楽天、Yahoo ショッピング、セブンネットと、物販系大手を一気に登録できる もしもアフィリエイト。 とりあえず何か始めてみようと思う人には、とっつきやすい ASP です。 今回メインで紹介している ASP なので、初心者に向けておすすめするポイントについては、 後半に詳しく解説していきます。 慣れないうちは無理して登録しない 登録した ASP からは、ほぼ毎日のように新規広告のメールが配信されます。 最初からこのメールをいちいちチェックしていては、まともに手を動かす時間が減ってしまいます。 メールチェックしていて、このジャンルに手を出してみようと思うことも稀にありますが、思いつきだけで行動してしまうとなかなか成果を挙げられず苦労することが多いです。 上記の大手サイトの場合、 ジャンルを問わず目的の広告を見つけやすいので、利用する側にとっても勝手が良いです。 とは言え、これは明確に目指すべき方向性がはっきりしている場合に限ります。 とりあえずアフィリエイトをやってみようと考えている人にとっては、広告過多で逆に路頭に迷ってしまうのではないでしょうか。 先々のことを考えて、これら ASP に登録してマイナスになることはありません。 ただ、何かしら成果を得られる手応えを実感してから裾野を広げていったほうが、自分の中で計画を立てやすいのではないかと思います。 ASP に登録したらすぐに案件の申請をしよう 上記で紹介したような ASP にサイト情報を登録したら、すぐに何かしら案件を申請しておきましょう!ASP に自分のサイトの存在を知ってもらうことが、最初の第一歩です。 大切なのは、自身のサイトがどのような評価を得られるかを知ることです。 場合によっては、審査で提携を否認されることもあります。 逆にある程度の審査が通って提携済みの実績があれば、本来審査が必要な案件であっても、実際には 審査なく即時提携されるケースもあります。 とにかく、提携するための審査を通した実績を作るのが第一優先です。 ASP に登録したら、まずは案件の申請をすることもセットだと思ってください。 では、アフィリエイト初心者が、最初に何を始めれば良いのか考えてみましょう。 初心者が手軽に始められる物販アフィリエイト これは僕の経験上の話なので、一概に全ての人に当てはまらないかもしれません。 僕の場合、過去に書いたブログ記事に関連商品として Amazon の広告を貼ったところ、思いのほか簡単に収益が上がってしまったところからスタートしました。 簡単に言ってしまうと、ただのカメラで撮った画像を、Amazon の商品リンクに差し替えただけです。 大した金額ではありませんが、元々利益0円だったページから毎月500円くらいを安定して稼げるようになったので、これはもう少し意図的に狙っていけるのではないか?と思ったのです。 まずは成果が生まれないと何も学べない アフィリエイトの方法について、自分のやり方が正しいのか間違っているのかは、成果を出さないことには何も判断できません。 一向に成果が出ず、何ヶ月も売上0円のまま進んでしまうと迷子になりやすいので注意してください。 もう少ししたら芽が出るのか、諦めて別の方向性へ進むのか、初心者にはまず判断できないと思います。 場合によっては半年から1年以上掛けて、検索順位が上がってくる場合もあります。 でも初心者の状態からこの期間を待つのは、リスクが大きすぎます。 検索順位の動きについては、ある程度の経験があっても推測の域を出ないレベルなので、始めはもっと短いスパンで結果を得られるジャンルから始めるのが良いです。 物販アフィリエイト、いわゆる 商品紹介であれば自身の経験を活かすことができるので、メリットやデメリットも自分の観点から紹介することができます。 アフィリエイトを行う上で大切なのは、 どうしたら商品やサービスが売れるかを感覚的に知ることです。 そのために手っ取り早く経験を積めるのが、物販アフィリエイトではないでしょうか。 そこで僕が一押しする ASP が、タイトルにある通り「 もしもアフィリエイト」なのです。 Amazon アソシエイト• 楽天アフィリエイト• Yahoo ショッピング 大抵の商品は、いずれかのサイトから購入されます。 Amazon が定番と思われがちですが、楽天カードは一般利用者の普及率が高く、ポイントを集めている人にとっては楽天を優先的に利用する人も居ます。 Yahoo ショッピングの場合は特にポイント沼に陥る人が多いので、なかなか他のサービスを利用しない傾向にあります。 つまり人によって購入先が偏る傾向にあるため、それぞれのサービスと提携しておくことが重要になります。 実際に3つのサービスを併用したほうが、売上アップにつながった実績もあります。 この3社のサービスを利用するには、それぞれ広告を載せるサイトの審査が必要になります。 そして一般的には、 ASP を通して申請したほうが審査を通りやすい 実態があります。 この理由の1つとして、そもそも「もしもアフィリエイト」を利用するための審査を受けていることが挙げられます。 申請時にはある程度のきちんとした記事数が必要になるものの、ASP の審査が通っている、つまり一次審査は通過している状態なので、その信頼がサイトの評価につながっているのでしょう。 なお、余程のことがない限りは、ASP の審査が通らないようなことはないので安心してください。 (規約違反やコンテンツ不足には注意が必要です。 簡単に説明すると次のようなイメージです。 同じ案件であれば、上記で紹介した ASP も基本的には報酬額が同じです。 そうなると、将来的に多方面へ展開したときに「もしもアフィリエイト」を使っていてよかったと思えるようになります。 【理由3】振込最低金額1,000円、手数料0円 Amazon と楽天の振込に関して、直接両社のサービスを利用した場合、次のルールが適用されます。 楽天アフィリエイトの報酬支払い• 毎月3,000円分までは楽天ポイントで付与• 3,000円を超えた差分は楽天キャッシュ付与• 楽天キャッシュの付与には の契約が必要• 楽天銀行未開設の場合、楽天キャッシュ分は無効扱いになる• 3ヶ月連続で月間5000ポイント以上の成果報酬がないと口座振込ができない Amazon は銀行振込の選択肢が予め用意されています。 一方の楽天は、現金振込までのハードルが高すぎます。 楽天ポイントや楽天キャッシュを付与されたところで、 楽天で買い物をしなければいけない前提になるので、紹介者としてのメリットはかなり薄くなります。 しかし、これら Amazon と楽天の商品紹介を「もしもアフィリエイト」経由で行った場合、次の待遇を得られます! もしもアフィリエイトの報酬支払い• 銀行振込の 最低報酬は1,000円以上• 銀行問わず、 振込手数料0円 アフィリエイト初心者は、最初に振込最低金額に到達するまでの道のりが険しいので、より最低金額が低い ASP を選び、 支払いに対する達成感を得ることで、長く継続するためのモチベーションにつながります。 【理由4】検索順位から おすすめ広告を紹介してくれる 運用しているサイトの記事数が増えてくると、もしもアフィリエイトの方から週1回・月1回、 登録サイトに合う広告を紹介してくれる「 自動マッチング」によるメールが送られてくるようになります。 つまり、広告を載せるつもりがなく投稿していた記事に、アフィリエイト広告を載せられる可能性があることを提案してくれるのです。 これぞまさに「棚からぼたもち」ではないでしょうか。 該当するページに広告を載せるつもりがなくても、 どんなキーワードで上位表示されているか知ることで、考えの幅が広がります。 僕自身も、このマッチングからの紹介メールは必ず目を通しています。 特に新しいジャンルに展開しようと思った時のヒントになるため、今となっては欠かせない ASP になっています。 【理由5】プレミアム報酬制度による追加報酬がある 最後に紹介する理由は、初心者アフィリエイターのやる気を持ち上げてくれるサービスです。 ある広告の月内確定金額が 初めて10,000円を超えた場合、プレミアム報酬制度により上乗せで 10,000 円から最大 30,000 円のボーナスが支給されます。 これはプロモーション毎に設定されたもので、支払われるのは一度のみです。 例えばプロモーション A でプレミアム報酬を受け取っても、他のプロモーション B で条件を満たせば、改めて報酬をもらうことができます。 このプレミアム報酬額は前月の全てのプロモーションの確定金額によりランクが決められ、9段階に分類されています。 ランクが上がると提供されるサービスも増えていきます。 なお楽天や Amazon など、一部のプロモーションは対象外となります。 プレミアム報酬に対応したプロモーションは、検索画面で抽出することができるので、自分のサイトにあったものを探してみてください。 【理由6】特単条件が明示されている 特単とは、特別単価のことです。 例えば、通常時の成果が1,000円だったとして、その案件に特単が摘要されれば、1,000円以上の報酬が得られるようになります。 なお案件によっては、特単により 成約1件あたりの報酬が2倍以上になることもあります。 特単は、好調な案件において ASP 側の担当者から提案されたり、こちらから成果実績を元に特単を交渉するのが一般的です。 しかし、もしもアフィリエイトの場合、一部の案件において、月々の実績が特定の件数を超えれば特別単価がいくらになるなど、具体的に特単の条件が書かれているのです。 詳しい内容は書けませんが、他の ASP と違って 特単までの道のりが見えているのは凄いことなのです。 数字が見えれば目標になるし、達成すればそれに見合った報酬が得られます。 交渉不要でも特単が得られるのは、もしものサービスの強みとも言えるでしょう。 成果の発生は記事の量ではなく質で決まる 商品のリンクを貼って、早ければ1ヶ月以内に成果が発生するでしょう。 ただし注意すべき点は、闇雲に商品リンクを大量に生成するのではなく、コンテンツとしてきちんと成立しているもの、つまり 購買意欲を引き出す内容で発信していく必要があります。 自分が書いた文章を客観的に読んで、 商品に対する魅力を感じなければ意味がありません。 記事としての価値を高めることは、Google 等の検索サイトにも評価されやすいので、コンテンツの品質を高めることが結果的に売上と直結するのです。 僕が 文章で購買意欲を沸かせるために、何度も読み返している本があるので参考として載せておきます。

次の

もしもアフィリエイトの9つのメリット・デメリット【まとめ】

もしも アフィリエイト

もしもアフィリエイトを経由するメリット・デメリット ここでは、 Amazonと 楽天を使用する物販アフィリをする場合を考えて「もしもアフィリエイト」という両者を仲介できるASPを取り上げていきます。 他のASP 「A8. net」等の大手も仲介可能ですが、紹介料率が本家より低いので除外して考えます。 面倒かもしれませんが、「 利益」に関わる事項なので最後まで読み、理解してから登録リンク貼り変えをすることをおすすめします。 Amazonともしもアフィリエイトの 紹介料比較 まず初めに誰もが確認する、利益の部分「紹介料」を確認していきます。 もしもアフィリエイトを通した場合と、直接Amazon・楽天で提携した場合を比べていきます。 もしもアフィリエイトを通してAmazonと提携した場合 念のため両方のデータを書き出しました。 目を凝らし比べてみたと思いますが、そうです。 Amazonに関しては紹介料はどちらもまったく同じです。 もしもアフィリエイトのW報酬制度 もしもアフィリエイトでは報酬の10%を上乗せしてくれる「W報酬制度」というものがあります。 残念ながらAmazon. jpは対象外ではありますが、楽天や他提携先の売り上げの10%上乗せはかなり大きいです。 楽天アフィリエイトともしもアフィリエイトの比較 まず、楽天アフィリエイトは結構複雑で、一概に比べるのは難しい。 簡単に説明します。 楽天と直接提携した場合の紹介率 楽天アフィリエイトにおける紹介率(楽天内では料率という名称)は、Amazonのジャンル分けとは違い、各ショップが設定出来るためその率が違います。 そしてパートナー(アフィリエイター)の「料率ランク」というものが存在します。 Sランク:1億以上• Aランク:1000万以上 1億未満• Bランク:100万以上 1000万未満• Cランク:5万以上 100万未満• Dランク:5万未満 以上のように、前月の売り上げ額によってランク付けされます。 相当売り上げる猛者でない限りランクを上げるのは困難は金額のように見えますが、C〜Bあたりまでなら、真剣に取り組めば個人でも不可能な数字ではありません。 そして、料率はショップごとに異なりますが、基本的には「1%」が多いですが、中には5%〜50%なんてのもいろいろあります。 そして、ランクが上がればその%が上がる仕組みになっています。 また、仮に料率が1. 「一生懸命説明文書いて、料率高いとこ選んだのに!」と思っても、消費者は安いところで買うのが常であり、楽天のcookieは30日有効なので違うページで買われる可能性もより上がる、というような場合もあるのです。 複雑かつ面倒です。 もしもアフィリエイト経由で楽天と提携した場合の紹介率 固定で「1%」です。 固定です。。。。。 1%です!!! ここは憶測ではありますが、「もしもアフィリエイト」さんはお小遣い程度を稼ぐ個人アフィリエーターの大きな見方で、それを束ねることで「もしも」さんの売上額が増えて料率ランク(売り上げランク)が高くなる+料率の差額も発生する、ここで利益を多く上げているのではと思います。 「素晴らしい」と見るか、「損だな」と見るかは、 アフィリエーターの稼ぐ金額やスタイルで大きく変わってきます。 もしもアフィリエイトに登録すると審査が特になくボタン一つですぐに楽天と提携が出来ます。 Amazonもボタン一つで提携申請できますが、審査期間を要します。 ここは一つのポイントです。 何故かと言うと、面倒な事を全て排除してくれるので 「もしも」さん側は楽天で稼ぎたいから、そのようなハードルを下げもしもに登録するメリットとしているのが理由ではないかと推測します。 また、 AmazonはW報酬対象外なのに対し、 楽天ではW報酬対象になっている事も 一つのポイントです。 (詳細は下記で) A8. netは紹介料率でマージンを抜く、もしもアフィリエイトは楽天の紹介料の差とランクを一気に上げる事により利益を上げる。 このようにどこかを通すとそれなりのメリットとデメリットが存在するのです。 もしも・楽天・ Amazon支払い条件などの詳細比較 紹介料の説明をしましたので、そこでのマージンの差がどのようになるか大まかに理解出来たと思います。 さて、支払い関係や条件等一気に比較していきます。 楽天に関しては少し複雑です。 かなりトリッキーなので少し補足します。 手間だと思う方もいるかもしれませんが、まず 楽天銀行口座を開設する必要があります。 (報酬支払いの前月末まで口座開設が完了している場合)• (報酬支払いの前月末まで口座開設が完了していない場合)• 100万売り上げたら翌月にランクも上がります。 これが手元に入るキャッシュ収入になります。 しかしここでも問題があります。 楽天キャッシュを換金するにあたり、楽天プレミアムというものに入会する必要があり、それは楽天のクレジットカードを作って、 年会費3,900円 税込 を支払う必要があります。 いちいち面倒くさいです。 楽天さん。 月間成果報酬が10万ポイントになれば全額現金化可能と書いてますが、ここでも問題が。 弊社のサイト審査を通過した方 3. 審査通過後、所定の本人確認書類及び同意書を期限内にご提出いただいた方 報酬10万円ってかなりですよね。 しかもそれが3ヶ月。 もう、ここまでされると手軽には出来ませんね。 「企業のみを相手にして個人は相手にしない」というようなスタンスに見て取れます。 それを踏まえて考えた時にどちらがいいのかという事にもなってきます。 もしもW報酬込みの利益比較 【楽天で10万売り上げた仮定で1%だった場合】 3000pt分は抜きで考えた場合です。 10万はだいたい2500円を月50個くらい。 10万だとランクが上がるので、翌月、仮に楽天が平均2%だったら• もちろん企業対企業なのでAmazonと「もしも」には何かしらのマージンなど利益が発生しているかと思いますが、以上を踏まえて表面上だけで見たとしても Amazonではアフィリエイター側に金銭的メリットがあるのに対し、 楽天では金銭的ではなく作業的メリットがあるのが分かります。 もしもアフィリエイトは情報系のアフィリエイトなども色々あり、私個人としては登録しておいて損は無いおすすめASPです。 考察 検索してサイトを見て回ると「もしもアフィリエイトにすべき」と皆同じように口を揃えて言いますが、実際は全てがそうではありません。 まぁ、紹介料目当てでしょう。 広告を全部張り替えて疲れた〜と書かれている方も見受けられますが、Amazonメインまたは、物販アフィリに力を入れていない、楽天の売り上げをそこまで見込んでいない方なのだと思われます。 楽天でお小遣い程度の微々たる収入しか見込んでいない場合• Amazon収入が多く楽天はカバーする程度• 細かいのが面倒で、売り上げが落ちてもまとめてくれた方がいい• 広告数は少ないが、他にも広告をまとめて載せたい このような場合は、もしもアフィリエイトにするべきでしょう。 「素晴らしい」「初心者の向け」「個人アフィリエイター向け」という見方をする場合はこのような理由で、「もしも」をおすすめする理由は正しくなります。 楽天とAmazonを一括にまとめて受け取る事ができ、管理も簡単、現金化のハードルが低い、などの理由で 初心者、ライトアフィリエーターには向いています。 なので物販アフィリで Amazonだけ見れば「もしもアフィリエイト」の登録は必須でしょう。 もし本腰をいれて楽天でも稼ぎたい、長い目で見て稼げるようにしたいと考えた場合はかなりの損なので、手間を惜しまずやれる方は 楽天は楽天で提携した方がよいでしょう。 とにかく楽天は面倒なのがお分かりかと思います。 楽天の為にSEOを頑張ってサイトを作り上げても疲れるだけ、とも言えます。 簡単に言えば「真剣にパートナーしてくれなきゃ、まともな報酬出さないよ」ってことですね。 以上を踏まえた上で、次はAmazonや楽天、もしもアフィリエイトの登録方法から、両方を同時に使う為に使用する「カエレバ」の説明をしていきます。

次の

アフィリエイト初心者に ASP もしもアフィリエイトをおすすめする6つの理由

もしも アフィリエイト

もしもアフィリエイトの始め方と準備するもの もしもアフィリエイトを始めるには ブログと メールアドレスが必要です。 銀行口座は後からで大丈夫ですが出来れば早めに用意しておきましょう。 無料ブログでも審査に通りますのでからアフィリエイト利用可能なサービスを選んでください。 自由に使えるメールアドレスが無い方はもしくは、を参考にフリーメールを準備して下さい。 銀行口座はまだお持ちでない場合はネットバンクがオススメです。 中でも 楽天銀行は入出金の手数料が安いのでお得ですよ。 お急ぎの場合は近くの銀行に走るのが一番早いです。 では準備ができたら次へお進み下さい。 もしもアフィリエイトの登録方法から審査 それでは登録方法をお伝えします。 まずはサイトにアクセスしてください。 「無料で新規登録」をクリック。 メールアドレスを入力して「確認メールを送信」をクリック。 このような画面が表示されますので入力したメールをチェック。 本登録用のURLをクリック(有効期限が24時間なのでこのまま一気に最後までやってしまいましょう) アカウント情報を入力します。 【メールアドレス】初めから入力されています。 【ユーザーID】半角英数字4~16字で入力しましょう。 【パスワード】4~16字の半角英数字で入力。 【パスワード確認】上記パスワードと同じものを入力。 入力出来たら「次に進む」をクリック。 ユーザー情報を入力していきます。 ちなみに私は ブログアフィリエイトで人生が激変しました。 もし現状が不安な方はぜひ私の稼いでいる秘密をご覧ください。 後藤の稼いでいる生の情報や裏ワザ的なノウハウもお伝えしております。 【お名前フリガナ】カタカナで入力。 【会社名】任意なので空白でOK。 【住所】郵便番号と住所を入力します。 【電話番号】電話番号を入力。 入力できたら「次に進む」をクリック。 内容を確認して問題なければ「利用規約に同意して登録する」をクリック。 この画面が表示されたら本登録完了です。 会員情報の審査期間が1~5日程あります。 時間の無駄にならないように書き3点を行っておきます。 【1日でも早く稼ぐために】• もしもアフィリエイトにサイトの登録• 銀行口座の登録• ブログの強化(日々) 本登録完了の案内が届いているのでメールを開いて下さい。 「もしもアフィリエイト」のURLをクリック。 このページはすぐに開けるように お気に入りやブックマークに登録しておきましょう。 それでは絶対にやっておくべきこと一つ目「サイトの登録」を行っていきます。 もしもアフィリエイトのサイト登録方法 上部メニューの「サイトを管理する」から「サイトを追加する」をクリック。 サイト情報を順番に入力していきましょう。 【サイト名】サイト名を入力します。 【URL】サイトURLを入力します。 【カテゴリ】サイトのジャンルに近いものを選択しましょう。 【月間ページビュー数】ページビューを選択します。 【おすすめプロモーション】掲載したくない場合はチェックを外します。 入力ができたら「登録内容を確認する」をクリック。 入力内容を確認して問題なけれは「この内容で登録する」をクリック。 これでサイトの登録が完了です。 複数運営している場合は上記を繰り返しましょう。 振り込んでもらう口座登録 実は私が稼げるようになった理由は美しいデザインや画像、文章力などの小手先のスキルを諦めて 「最短で稼ぐためのノウハウに集中して取り組んだから」です。 「サイトを管理する」から「登録情報の変更」をクリック。 上記を順番に入力していきましょう。 現在のパスワードを入力して「確認画面へ」をクリック。 内容を確認して問題なければ「上の内容で登録する」をクリック。 これで銀行口座情報の登録は完了です。 次は ブログの強化を行っていきます。 審査待ちの間にできるブログ強化対策 稼いでいくために ブログの強化は日々行っていく必要があります。 もちろん、ただ我武者羅に記事を書いてもアクセスは増えていきませんね^^ そこで検索順位を上げてクリック率と購入率を上げるためのポイントをまとめました。 【アクセスアップ術】 まずブログアフィリエイトの基本はアクセスアップです。 そのための 基礎はキーワード。 まだ ブログを始めたばかりの頃は3~5語のキーワードを組み合わせてお宝キーワードを狙っていきましょう。 具体的な方法はにまとめましたので是非参考にしてください。 【クリック率を上げる方法】 検索順位を上げるためにはクリック率も重要になってきます。 検索結果に表示されてもクリック率が低いと低品質なサイトと判断されて順位を落とす可能性が高いためです。 改善方法はにまとめておきました。 【購入率を上げるた方法】 アクセスが集まるようになっても、 記事の内容に魅力がなければ当然買ってもらうことはできません。 買ってもらえないどころか 直帰率が増えて検索順位を落とす原因にもなりかねません。 過去に書いたを参考にしてください。 もしもアフィリエイトの審査待ちの間にこれらをマスターしておきましょう^^ もしもアフィリエイトの審査基準 もしもアフィリエイトの審査基準を利用規約を見ながらまとめてみました。 下記内容に該当するサイトは ほぼ審査が却下されます。 もし審査に落ちてしまった場合は下記点に注意しながらブログを構築し直しましょう。 ここです 【審査に落ちるサイトのパターン】• 景表法に反するサイト• 薬事法に反するサイト• 著作権侵害の恐れのあるサイト• 誇大表現、ユーザーに誤解を与えるサイト• グロテスク、アダルトな内容を含むサイト• 公序良俗に反するサイト、行為• 第三者の名誉、プライバシーを侵害するサイト• SNSやコメント、メールによるスパム行為• 有害なプログラムをダウンロードさせるサイト• 反社会的、政治、宗教への勧誘サイト• マルチビジネス、ねずみ講への勧誘サイト• 他者のコンテンツを貼り付けただけの中身のないサイト これらに違反していなければまず審査には受かりますが、あまりにも内容が薄いサイトの場合は却下される場合もあります。 最低でも5~10ページはオリジナルの記事を投稿してから審査申請しましょう。 もしもアフィリエイト始め方まとめ もしもアフィリエイトは トップアフィリエイターも多く利用するメジャーなASPです。 でもトップアフィリエイター達は、 もしもアフィリエイトを使っているから稼げているというわけではありません。 アクセスの集まるブログを所有しているから稼げるのです。 当然ですが広告を貼っただけでは稼げませんね^^ ですので本文でもお伝えしたように、アクセスアップ、クリック率アップ、購入率アップ、この3つのポイントを同時に行っていく必要があります。 ASPの審査に合格してからやっとスタートラインに立てるという人も中にはいます。 1から稼げるブログを作っていきたい方はを参考にしてください^^ 最後までありがとうございました。 【追伸】 メタボ対策のため1週間、お米を抜いていましたが今日はとうとう解禁日です。 先ほど嫁が大量に牛肉を買ってきたので今日は焼肉&お米! 今からヨダレが止まりません^^ こんにちは、このブログを書いている後藤です。 12年のサラリーマン生活にピリオドをうちアフィリエイトで起業しました。 アホです。

次の