ディスティニーガンダム hg。 HGCE デスティニーガンダム レビュー

【ガンプラ】HGUC ブルーディスティニー3号機 EXAM レビュー

ディスティニーガンダム hg

細身のプロポーションではありますがマッシブな印象もありフォルムのバランスは良好です。 成型色の色分けもしっかりとされておりカメラ部やツインアイ、一部の武器のマーキングだけアルミシール対応になっています。 専用のエフェクトパーツで再現されています。 普段は折りたたんで背中に搭載されています。 かなりデカイ剣です。 こちらも専用のビームエフェクトパーツが取り付けられます。 アロンダイトビームソード01 アロンダイトビームソード02 アロンダイトビームソード03 赤い羽根のエフェクトパーツと目の下にある赤いクマドリがダークヒーロー感をかもしています。 こちらも展開すると砲身が長く大きい武装となっています。 背中から引き出して構えさせることができます。 インジャ、ストフリなどSEED系ガンダムは武装が充実しています。 フラッシュエッジ2ビームブーメラン01 フラッシュエッジ2ビームブーメラン02 シードディスティニー 主役機3機そろい踏み HGインフィニットジャスティスが発売され素組みレビューした流れで、以前購入していたストライクフリーダムガンダム、ディスティニーガンダムを揃えて見たくなり連続でレビューしてきました。 並べるとたまりません! 3機そろい踏み01 インフィニットジャスティスガンダム&ストライクフリーダムガンダム ストライクフリーダムガンダム&ディスティニーガンダム HGCE系ガンプラの総評 3機連続でHGCEのガンプラをレビューしてきました。 とにかく出来が良くてスキがない。 確実に良キットと言えます。 改造や改修など手を加えたい人には物足りなさを感じるかもしれませんが、素組み派の方はとても満足のいくキット群であると思います。 キットの特徴としては…• HG系ガンプラの中でも力の入れようがちょっと違うのかなと思うぐらい良くできています。 できれば…この流れでプロビデンスガンダム、レジェンドガンダムもHGCE化をしてくれたらと…いうか前も言った気がする… 今回のレビューはここまで。 次回をお楽しみに! 定期的に更新していきますので良かったらフォローお願いします!.

次の

ガンプラ披露 HG ブルーディスティニー三号機EXAM ノーマル版

ディスティニーガンダム hg

価格は2,625円です。 付属品はビームライフル、シールド、ビームシールド、交換手首5つ(右持ち手、パルマ手、可動手)、スタンドジョイント、シンフィギュア それに各種ビームエフェクトが付属します。 リアリスティックデカールは各種ラインマーク、コーションマークの他ビームシールドもシールで補います。 RGで立体化されたデスティニー。 今までのRG同様多数のモールドが追加され、メカニカルなイメージが強調されています。 脛などは細くまとめられスラっとしたプロポーションですがちょっと足首が大きすぎる感じがします。 このぐらい脚が細いならもう1サイズ小さい方が好みでした。 色分けはさすがRGと言った所で武器の細かい色以外はパーツ分けで再現されています。 武器を装備させて。 合わせ目は羽部分にちょっとでるぐらいです。 S字気味に立たせれば問題なく自立出来ます。 バストアップ。 今回も白は2色使われていますが薄いライトグレーなので調度いいアクセントになっていると思います。 頭部アップ。 鋭い目つきでアンテナもシャープなので非常にカッコイイ出来栄え。 頬のダクトも開口されています。 胸部にはコクピット開閉ギミックがあります。 胸ダクトもフレームパーツのおかげで奥行きのある作りに。 可動手はいつもと同じような作り。 手首は手甲パーツごと交換します。 股関節は軸のスイングが可能。 腰にはライフルを取り付けできます。 背中のスラスターも細かく色分けされています。 背中と脛のスラスターはカバーなども可動します。 ウイングは画像のように大きく広げられます。 中心の小羽はそれぞれ連結されていて固定です。 可動範囲など。 いつものようにフレームパーツに装甲を組み付けていく作りです。 肘は肩が大きくせり出すのでアロンダイトの両手持ちも楽になっています。 脚は膝の可動部分がちょっと固いですが可動範囲は広いです。 脛や膝の装甲が可動にあわせてスライドするギミックもあります。 翼はある程度前後にもスイングできます。 ビームライフル&シールド ビームライフルは形状固定の持ち手で保持するので安定して持てます。 ライフル自体も上手な分割で合わせ目が出ません。 シールドは差し替えナシで展開します。 フラッシュエッジ2ビームブーメラン 肩から取り外してビームパーツを取り付けます。 サーベルタイプのビームパーツも付属。 造形も派手で良い感じです。 スタンドはアクションベース2のみに対応。 できれば3mm穴があるジョイントも欲しいですね。 ソリドゥスフルゴールビームシールドは無色のクリアパーツ。 シールで補うか塗装する必要アリ。 パルマフィオキーナ手。 太く迫力ある造形で申し分ナシ。 MGにあったようなエフェクトはありません。 高エネルギー長射程ビーム砲は差し替えなしで展開します。 三角形の赤色部分はシールで補う必要がありますが、合わせ目が出ない作りです。 結構窮屈ですけどしっかり構える事ができました。 アロンダイトも差し替えなしで展開。 ビーム砲同様合わせ目がでないような分割です。 手首はライフル持ち手が使えるので問題なく持てますが、肩のBJの保持力が不足気味で片手保持は厳しいです。 この部分は抜けグセもついてくるのでもう少ししっかり固定できる作りだと扱い易かった気がします。 MGやROBOT魂であった光の翼エフェクトがないので比べるとちょっと地味に感じますが RG用の光の翼はプレミアムバンダイで別途受注されています。 以上RG デスティニーガンダム レビューでした。 今までのRG同様扱いに気を使う繊細な部分があるものの、 合わせ目が殆ど無い凝ったパーツ分割と細かさはさすがRGですね。 今回はパネルラインの密度もくどくない程よいバランスに感じましたし頭部も文句なしのカッコ良さでした。 初期のRGによくあった腰アーマーのポロリもないので比較的安心して動かせるRGだと思います。 光の翼の方も注文してあるので組み合わせるのが楽しみです。

次の

HGUC MSZ

ディスティニーガンダム hg

改造箇所 改造箇所は以下の感じになります。 まずは頭部と胸部上面です。 頭部は顎部を削ってフェイスを小顔化したのが結構効いていますね。 下の写真は説明のモノになりますが、同様のポーズを取ってみてもかなりイケメンになっているのが分かると思います。 胸部中央を少しでっばらせたのおかげでバランスがかなり良くなっている感じがします。 胸部・腰部・腕部 プラバンやスジ彫りの追加・各部塗り分けで密度感がかなり上がっていると思います。 お次は腰部・脚部ですね。 MG デスティニーガンダム用のガンダムデカールを結構ふんだんに使っているのでにぎやかな感じかな? 後ろから見ても結構良いバランスですね。 武器も結構細かく塗り分けでいるので、密度感が損なわれていることは無いかと思います。 スポンサードリンク カテゴリー• 130• 177• 267• 113• 677• 208• 170• 3 スポンサードリンク.

次の