テポドン 勇介。 テポドン吉満勇介(半グレ)が恐喝で逮捕 本名は籠池勇介と判明

吉満勇介の現在について調査!気になる半グレについても調べてみた!

テポドン 勇介

大阪府警によると、6月に顔面を殴って鼻を折るなどけがをさせた男性を脅して示談に応じさせた疑いで、飲食店経営・テポドンと、兵庫県・飲食店従業員の少年(19)の2人を逮捕したという。 男性が警察署に被害届を提出しようとしていた矢先の示談の強要事件だったようだ。 「テポドンが再逮捕される噂は広がっていました。 どちらかというと、暴力性は相良さんの方が上で、テボドンは頭脳派というイメージでした。 目立ちすぎたということです。 その頃から、僕らもいつかテポドンは警察にパクられると思っていたのですが、やられるなと思っていたらすぐに逮捕されました。 それで出て来る時間的な余裕もない逮捕ですから。 まだまだ警察も時間を掛ければ色々と逮捕理由ができると思います。 これくらいの事件はミナミでは毎日のように起こっていますから」(大阪半グレ幹部) NHKスペシャルで放送された際の反響の凄まじさはトカナでも報じた通りだが、その放送直後の8月26日にテボドンは恐喝未遂の疑いで逮捕されている。 恐喝内容は、テポドンが、自身の経営する飲食店の店員に対して「100万円持って来い、持ってこないと殺すぞ。 周りを動かすぞ」等、脅しの言葉を繰り返し、十数万円の金を恐喝した疑いだった。 警察幹部はそんな危険な男を特集したNHKに激怒しているとの一部報道もあったが、今回の逮捕で調子に乗った彼らもおとなしくなるのだろうか。 ですから、今回のテポドンの逮捕で彼らがおとなしくなることは無いでしょうね」(前出大阪半グレ幹部) ミナミは準暴力団の大物1人の逮捕でも街の姿は変わらず賑わいを続けている。 編集部.

次の

籠池勇介の顔画像やフェイスブックインスタは?ミナミの半グレテポドン恐喝で逮捕!

テポドン 勇介

平成に衰退した暴力団に代わって、勢力を拡大させた犯罪集団「 半グレ」。 振り込み詐欺や脱法ドラッグ販売など、さまざまな闇ビジネスを展開するために離合集散を繰り返す暴走族出身者などを指す言葉だ。 半グレは暴力団と異なり、構成員も曖昧で、事務所などの明確な根城を持たず、暴力団対策法や暴力団排除条例による規制もきかない。 彼らのほとんどが犯罪集団とカタギの2つの顔を持ち、高学歴者も多数存在。 彼らの知識を取り込みながら、ネットを使った詐欺など、さまざまな闇のビジネスモデルを構築し、そこで儲けた金を土地や株などの正業に投資してさらに肥大化させている。 そんな半グレの最前線を取材して話題となったのが「NHKスペシャル」だ。 特に、大阪の拳月(ケンムン)こと相良正幸氏と、 テポドンこと 吉満勇介氏はネットでも大きな反響があった。 拳月こと相良正幸氏は某月刊誌で特集を組まれたので、トカナではテポドンこと吉満勇介氏について大阪の半グレ関係者の声を聞いて実像に迫りたい。 だけど、いつの間にか上に上がってきて、今では準暴力団「アウトセブン」のナンバー2に収まりました。 確か、テポドンは「強者」がごたついていた時は刑務所に入っていたはず」(大阪半グレ関係者A) かつての大阪では、すでに解散した「強者」が半グレ界のトップに君臨しており、その地位を脅かすグループは出なかった。 それは「強者」の高い結束力のほかに、ミナミという地の利を生かしつつ、様々な暴力団関係者との接触もあったからである。 そんな「強者」だったが、準指定暴力団指定される直前、幹部らが多くの事件を引き起こし解散に追い込まれてしまった。 その解散後に分散した者が集まってできたのが、今大阪を代表する半グレの「アビス」や拳月率いる「アウトセブン」などだ。 「「アビス」は比較的若いグループでしたが、「アウトセブン」は拳月氏の個性や人柄で付いて行った年長者が集まったグループです。 そんな「アビス」は昨今、色々な暴力団に利用され、当時リーダーだった20歳の子もどこかに消えてしまいましたが、「アウトセブン」は拳月さんの個性で生き残っています」(前出A).

次の

【半グレ!!】衝撃! テポドンこと吉満勇介とにかくヤバすぎる!!

テポドン 勇介

籠池勇介恐喝未遂容疑で半グレ逮捕のニュースの詳細は? 飲食店の売上金をめぐり店の関係者を脅したとして、捜査4課は26日、恐喝未遂の疑いで、大阪市浪速区幸町の飲食店経営、籠池勇介容疑者(32)を逮捕した。 府警によると、大阪・を拠点に活動する半グレ集団の幹部とみられる。 逮捕容疑は7月上旬、店の売上金を預かっていた府内の20代男性に対し「金返さんかい。 殺すぞ。 息のかかった店で働け」などと電話し、現金100万円以上を脅し取ろうとしたとしている。 府警によると、籠池容疑者は「違います」などと容疑を否認している。 引用:産経新聞 大阪・ミナミを拠点にする半グレグループの32歳の男が、自分が経営する飲食店の店員から現金を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂の疑いで警察に逮捕されました。 逮捕された当初、容疑を否認していたということです。 逮捕されたのは、大阪・ミナミで飲食店を経営する籠池勇介容疑者(32)です。 警察によりますと、籠池容疑者は先月上旬、経営するミナミの飲食店の20代の男性店員に電話をかけ、男性が売上金およそ100万円を持ち逃げしたと主張したうえで「金を返せ。 周りを使って動かなあかんようになるぞ。 殺すぞ」などといって、現金を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂の疑いが持たれています。 男性は預かっていた店の売り上げ、数十万円をなくしたということで、警察に相談していたということです。 籠池容疑者は、暴力団に属さずに繁華街などで違法な行為を繰り返しているとみられる「半グレ」と呼ばれるグループの一員で、ミナミでは「テポドン」と言う名で知られています。 逮捕された当初、容疑を否認していたということです。 引用:NHK 籠池勇介容疑者は、お店を経営してるようですね。 そのお店の売上金を従業員が数十万円紛失していて、そのお金を取り返そうとしてたようです。 紛失したお金を弁償なりしてもらうのはいいかもしれませんが、そのやり方がまずかったようです。 また、半グレグループの幹部ということで、警察にも目をつけられていたのかもしれません。 籠池勇介が本名ですが、吉満勇介と名乗り、テポドンとも呼ばれていたようです。 スポンサーリンク 籠池勇介の顔画像やフェイスブックインスタは?.

次の