マン u 対 アストン ビラ。 マンU対アストンビラ 格安観戦チケット購入|2019マンUvs.アストンビラ|

マンU、リンデロフ今季初ゴールで一時逆転もアストンビラと2

マン u 対 アストン ビラ

だが、仮にそうだったとしても、それが「安心できる」と理解されるのが、サッカーのある日常に飢えていた母国民の心境だ。 感染死亡者は200名超、人種差別デモも。 英国内はプレミア再開の前々日から街中のショップも営業を始めていたが、依然としてコロナ禍の生活が続く。 ソーシャル・ディスタンスを前提として、レストランやパブは最短でも7月初旬まで営業再開が許されていない。 4万人台のウイルス感染死亡者には、再開前日の233名も新たに加わっていた。 ロンドン市内中心部で行われた人種差別抗議デモで100名を超す逮捕者が出る暴動騒ぎが起こったのも、再開の4日前。 悲しみと怒りが渦巻く異常な日常に戻ってきたプレミアは、有り難いほどに「いつもと同じ」だった。 『スカイ・スポーツ』の生中継2試合をテレビ観戦しながら、昼過ぎと夕刻キックオフの2試合を観る土曜日の気分になった国民も多かったに違いない。 6月の英国は夜10時頃まで暗くならない。 午後6時開始のビラ・パークでの1試合目はもちろん、午後8時過ぎに始まったエティハド・スタジアムでの2試合目も窓の外はまだ明るかった。 画面の向こうから、ビラ・パークでの入場前に流れる「ハイ・ホー・シルバー・ライニング」(ジェフ・ベックによる1960年代のヒット曲)が聞こえてくると、リズムに合わせて体が自然と動いてしまい、膝の上で寝ていた愛犬に嫌がられてしまった。 早くも手に汗をかいていることがバレて、隣に座る妻には笑われた。

次の

アストン・ヴィラFC

マン u 対 アストン ビラ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャルがシェフィールド・ユナイテッド戦でハットトリックを達成した。 ユナイテッドの選手がプレミアリーグでハットトリックを達成したのは7年ぶりであるという。 プレミアリーグ第31節、マンチェスター・ユナイテッド対シェフィールド・ユナイテッドが現地時間24日に行われた。 マルシャルのハットトリックの活躍でユナイテッドが3-0の勝利を収めた。 まず開始7分、FWマーカス・ラッシュフォードが右サイドを抜け出し、マイナスに速いクロスを供給。 ニアでマルシャルがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。 続く44分、マルシャルは右サイドを突破したアーロン・ワン=ビサカからのボールをダイレクトで合わせた。 さらに74分、ペナルティエリア手前でマルシャルが受け、ラッシュフォードとワンツー。 最後はマルシャルが浮き球でゴールネットを揺らした。 スポーツのデータを管理する『Opta』によると、ユナイテッドの選手のプレミアリーグでのハットトリックは7年ぶりであるという。 マルシャルの前にプレミアリーグでハットトリックを達成したのはロビン・ファン・ペルシ氏。 2013年4月22日のアストン・ビラ戦であった。 text by 編集部 外部サイト.

次の

マンチェスターユナイテッド vs アストンビラ

マン u 対 アストン ビラ

鮮烈なデビューだった。 2009年4月5日に行なわれたマンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラ戦。 ファーストチームで初のベンチ入りを果たした17歳のフェデリコ・マケダは、61分から途中交代でピッチに立った。 若きイタリア人ストライカーは、アストン・ビラのDFを鋭い切り返しでかわし、ゴール右隅に逆転弾を叩き込んだ。 劇的な決勝ゴールに沸くオールド・トラフォード。 デビュー戦で3-2の勝利に導いた青年は、一躍時の人となった。 次節のサンダーランド戦でも決勝弾を決め、マンチェスター・Uのサポーターは「スター誕生」と色めき立った。 当時の指揮官だった御大アレックス・ファーガソンも、「まさしくトップクラス。 ボックス内で素早く動き回り、ゴール嗅覚も優れている。 クリスチアーノ・ロナウドと同じように、スターへの階段を登っている」と上機嫌に絶賛した。 押されたのは、名将のいわば太鼓判だ。 だれもが明るい未来を思い描いた。 この2試合がマンチェスター・Uにおけるキャリアの頂点だった。 マケダの名は、次第に聞かれなくなっていった。 翌09-10シーズンのマケダはデビュー直後の勢いを失い、出場機会も限定的だった。 当時について本人は、「ユナイテッドでプレーしているだけで満足している自分がいた」と振り返る。 そんな有望株を見かねたファーガソンは、レンタルの武者修行に出すことを決意し、移籍先として「エバートンかサンダーランドのどちらかを選ぶように」と伝えた。 しかし、19歳のマケダ青年はファーガソンの指示を拒み、母国イタリアのサンプドリアへ行きたいと主張する。 この返答にファーガソンは激怒しながらも、「イングランド国内なら私の目が届く」と説得したが、マケダは最後まで首を縦に振らなかった。 このときの決断を「人生最大の過ち」と後のインタビューで語っている。 11年1月から半年所属したサンプドリアでは、エースとして期待されながらも無得点。 期待外れに終わり、クラブはセリエBに降格した。 「あの時、俺はまだ19歳。 自分が果たすべき責任を背負いきれなかった」と、今でも後悔の念に駆られているという。 翌シーズンはプレミアリーグのクイーンズ・パーク・レンジャーズにレンタル移籍する。 だが、ここでは足首の怪我に見舞われ、カップ戦を含め出番はわずか6試合と振るわず、翌12-13シーズンはシュツットガルトに貸し出されたもののノーゴール。 完全なスランプに陥っていた。 ドンカスター、バーミンガムとフットボールリーグ・チャンピオンシップ(FLC=イングランド2部) のクラブをレンタルで渡り歩いて迎えた14年。 契約満了に伴い、マンチェスター・Uが放出を決断する。 名門でのキャリアが、ついに終わりを告げた。 その後、カーディフ(FLC)、ノバーラ(セリエB)でプレーしたものの、いずれも17歳で放ったセンセーショナルな輝きは見せられなかった。 風向きが変わり始めたのは、ギリシャのパナシナイコスに移籍した2年前から。 加入直後からCFのレギュラーに定着し、昨シーズンは10ゴールをマーク。 今シーズンも好調を維持し、新型コロナウイルスの感染拡大で中断する3月1日までにギリシャ・リーグ2位の12ゴールを挙げている。 見えてきたのは、復調の兆しだ。 ファーガソンは09年当時、「マケダがまだ17歳なんて信じられない。 私の目には少なくとも28歳の選手のように見える。 出生証明をもう一度確認しないといけないな」と冗談交じりに語っていた。 そのマケダのいまの年齢が、28歳だ。 11年前に「神童」と謳われたイタリア人がいま、ギリシャの地で輝きを取り戻そうとしている。

次の