自己 pr 例文 高校生。 面接で話す自己PRの例を紹介【例文5選】|採用担当者に響く効果的な回答例のポイント

高校受験の面接 自己PRの例文【元高校教師からのアドバイス】

自己 pr 例文 高校生

高校生の自己PRの3つの書き方 採用側に評価されやすい自己㏚の書き方とは、どのように書くことでしょうか? ここでは、高校生向けの自己㏚の3つの書き方について詳しく説明していきます。 この書き方を参考にして評価されやすい、自己㏚を作成してみて下さい。 強調したいアピールポイントを初めに書く 自己の㏚を最初に書くべきことは、強調したいアピールを初めに書くことです。 その後から続く文章はアピールポイントに関わることを書いていきます。 そして、強調したいアピールはコンパクトにまとめましょう。 アピールポイントが長すぎてしまうと、採用側に分かりづらくなる可能性があります。 また、誰が見ても分かりやすい書き方をすることがポイントです。 学校生活をエピソードとして活用する 学校生活での部活や文化祭、体育祭の学校行事などを活用するとはどういうことでしょうか。 それは、自分自身が興味を持ったことを具体的化させることです。 自分自身がどのように目標を立て、取り組んで結果はどうだったのかを分かりやすく説明することが大切です。 学校行事以外でも、自分がどのようなことに取り組んだのかを思い出してみましょう。 言い切る言葉で締める 言い切るとは、書き出しで弱気の言葉を使用すると、文章が全体的に弱く見える可能性があります。 自己PRは自分のアピールしたいことを強く書くことです。 ですので、自信がないのにアピールポイントを書いているのではないかと思われてしまいかねません。 自己PRは魅力のある書き方をすることも大切です。 したがって、「私の強みは~と思います」などの言葉を連呼すると。 魅力のない自己PRになってしまいますので注意しましょう。 関連相談• 【職務経歴書】高卒就職の自己PR例文 私は飲食店でのアルバイトを経験しました。 主にホールスタッフの業務に従事して参りました。 それだけではなく、後輩のアルバイトの教育やシフト管理なども行ってきました。 マネジメントを行う立場として、いかに他のスタッフが働きやすくなるのかを考えてきました。 周囲のスタッフに声掛けや、面談の機会を月に1回するなど、全員とのコミュニケーションを大切にしていました。 これらのアルバイトの経験で積んできたコミュニケーション能力を活かした仕事にチャレンジしたいと考えています。 コミュニケーション能力が高いですとは書かずに、どのようにコミュニケーション能力が高いのかを採用担当者に分かりやすく伝えるのがポイントです。 関連相談• アルバイトの面接の自己PR例文 面接は誰でもが緊張してしまいがちです。 そこで、アルバイトの面接のときに採用担当者に長所の質問をされたときの回答を説明します。 ここでの解答を参考にしてみて下さい。 あなたの長所は何ですか? 私はとても責任感が強く、困難があってもくじけずに乗り越える性格です。 所属する野球部の試合の際、自分がケガをして試合に出られなくなったことがあります。 しかし、代役を務めてくれた仲間のサポートをできるだけしました。 私の行動をメンバーも認めてくれ、感謝されました。 責任感が強いからこそ、できたことだと感じました。 ケガをしても仲間のサポートをする責任感の強さを伝えることがポイントです。 また、メンバーが認めてくれたことで、責任感の強さを強調しています。 関連相談• 高卒就職の面接の自己PR例文 高卒就職の面接での、学生時代に一番力をいれたことは何ですかの回答例を紹介していきます。 高卒就職では、学生のときのことをエピソードとして解答することがポイントです。 学生時代に一番力を入れたことは何ですか? 私が学生時代に一番力を入れたのは部活のバレー部の活動です。 バレー部の活動で最も力を入れたのは、練習メニューの考案です。 それまでの練習メニューは、決まったことだけをこなすだけになっていました。 この状況を打開してチームの底上げを図りたいと考えました。 強豪と言われているチームを分析し、どこを強化すべきか考えたのをコーチに伝えて実際に練習メニューに組み込んでもらいました。 その結果として、強豪チームを倒しリーグ優勝することができました。 この経験が目標から逆算し、そこからすべきことを考える大切さを学びました。

次の

自己PRは高校時代の内容でもいいの?エピソードの探し方とアピール方法

自己 pr 例文 高校生

家が近い・学校から近いから 家から近く、学校帰りや休日も通いやすいので勉強とアルバイトの両立も無理なくできると考え、応募しました。 こちらのお店は以前から私も利用しており働く環境もお店の方の接客も気持ちがいいと感じていましたので、是非働きたいと思いました。 稼ぎたいから(生活費や学費のため) 今、私は一人暮らしをしており、親に頼っている生活費や学費の負担を少しでも軽くしたいと考えたからです。 このまま親に負担をかけるのは申し訳ないと感じています。 アルバイトで稼いで少しでも親の役に立ちたいと思っております。 稼ぎたいから(旅行、PCなどの学業上の投資など、目的のため) <旅行のため> 旅行が趣味で、さまざまな土地で人に出会うのが自分の糧になると考えています。 そのための費用を自分で稼ぎたいと考え、応募しました。 <買い物のため> 学業上で必要なパソコンや機器をそろえるためにお金がかかる為です。 稼いだお金は学業へ活かしたいと考えています。 またこちらで働くことは社会勉強にもなると思い応募しました。 興味のある仕事 以前から接客業に興味があり、特にカフェなどの素敵な空間に憧れがありました。 こちらのカフェにもいつも通っており、気持ちのよい接客をしてくださるので私も是非ここで働いてみたいと思い、応募しました。 知り合いを増やしたいから 日頃から、もっと人脈が増えれば生活がより豊かになるのではないかと思っておりました。 アルバイトを通して様々なことを一緒に語れる仲間を増やしたいと考えております。 就活に役に立ちそうだから 今は大学1年生ですが、就職活動にさきがけて社会人としてのマナーや責任感を身につけたいと応募しました。 就職活動にこちらで働いた経験を活かしていきたいと考えています。 コンビニでのバイト経験 以前コンビニでのアルバイトを経験したことがあります。 レジ担当、商品補充、発注や棚卸しのお手伝いなど幅広く任せていただきましたので、その経験を活かして、こちらのスーパーでもお役に立てるのではないかと考え応募しました。 飲食店でのバイト経験 もともと人と接する仕事が好きで、以前ファミリーレストランでのアルバイトをしていました。 幅広い年齢層のお客様と接する中、お店に来られた人を笑顔にする仕事にやりがいを感じました。 こちらの居酒屋でもこの経験が活かせると考え応募しました。 コツコツマイペースの努力できることをアピール 細かい作業が得意で、特にコツコツと積み重ねるような仕事に自信があります。 プライベートではパソコンで毎日欠かさずお金の入出金を管理しています。 マイペースに努力を重ねられるのが私のPRポイントです。 ずっと続けてきたこと(趣味や習い事)のアピール 一度決めたら途中で投げ出さないのが私の長所です。 実は留学するのが目標でこの5年間、毎日英語の勉強を続けています。 どんなに小さなことでも地道に継続する力には自信があります。 部活やサークルでのリーダー経験をアピール 以前から部活やサークルでのリーダーに選ばれることが多く、みんなをまとめていくことが得意です。 所属しているフットサルのチームでは練習プランを立てたり、後輩にアドバイスをしたり、時には他大学のチームとの交流戦も企画します。 グループ全体を見渡して個々の意見をまとめ、調整できるところが私の強みです。 人に気を遣ったり、場を盛り上げるのが得意なことをアピール 私の長所は「人をもてなす心」です。 所属しているサークルの交流会では、100人を超えるメンバーの出欠管理や場所の手配、プログラム作りを担当しており、みんなが楽しんで参加してもらえることにやりがいを感じています。 人への気遣いや場を盛り上げることには自信があります。 コミュニケーション能力の高さをアピール 小学生のころから茶道を続けています。 教室では所作や和室でのふるまい方も習いますので、礼節をわきまえることは身についています。 また、小学生から80歳近いご年配の方まで幅広い年齢層の方と一緒に学んでおり、年齢を超えて誰とでも隔てなくお付き合いができるコミュニケーション力も私の長所の一つです。 冷静に物事を判断できることのアピール 以前、コンビニのレジを経験しました。 混雑している時でも正確にレジを打ち、手際よく袋詰めするなど、お客様を待たせない仕事の速さが求められました。 この経験を通してどんな時でも落ち着いて慌てず冷静に対応できる力が身についたと思います。

次の

高卒で就職するための自己PRの例文と書き方

自己 pr 例文 高校生

自己PRに高校の部活経験を記載することは採用ポイントアップ 就職活動している学生の悩みの種になっているのが自己PRです。 大学でサークル活動をしていたのならば、それも記載しても良いですし、サークル活動していた経験が就職活動でも生かされることでしょう。 それでは面接官から見た場合はどうなのでしょうか。 大学生のサークル活動や部活をどのように思っているのか、何人かの採用担当者に聞いたところ、自己PRに サークル活動や部活の記載は大きなメリットだという意見がほとんどでした。 学生時代の活動なんてものは社会人に比べれば大したことがなく、仕事に直接的関係あることではないと思っているかもしれませんが、実は大きなメリットだったのです。 体育会系の部活をしている人なら、結果を残していなかったとしても、部活を続けていたという事実が評価されます。 辞めずに一つのことを取り組んだという事実が良いことだと思われているとのです。 それに長く取り組んでいる人ほど、会社に入ってからも仕事に挫折することなく長くやっていけることが多いと考えられており、それは本人の能力より重要視されます。 自己PRに高校での部活経験で学んだことを記載することが重要 大学生であっても、高校時代の部活経験を自己PRに書いてしまってかまいません。 部活は、社会で必要とされるスキルを身につけるのに適した環境であるため、会社としては高校時代の経験だったとしても、部活で学んだことを重要視してくれます。 面接官から、高校での部活はどうだったのか質問してくることもあるくらいです。 どのような部活であっても、先輩・後輩の上下関係がありますし、協調性を育むことができるでしょう。 そこで注意点なのですが、部活の種類はなく、部活を通して学んだことを記載してください。 部活で何を学んだかは個性や長所につながっているので、その人ならではの強みを知るために何をしたのか必ず質問されます。 また、部活を通して学んだことは 協調性など 社会性だけに限る必要はありません。 忍耐力や勝負の世界の厳しさ・楽しさ、それから負けん気や計画性、積み重ねることで得た知識や競技の特性など自分が感じて学んだものを用意しておきましょう。 実際の面接で、部活で何を得たのか聞かれたら、それはあなたの長所を確かめようとしていると思って間違いありません。 期待がないと行われない質問なので、それを踏まえて自身を持って答えていきましょう。 自己PRで高校の部活経験を語るときのアピールの仕方 実際に自己PRを考えていきましょう。 たとえば高校では野球部に所属していたとしましょう。 そこで、集団生活でのコミュニケーションスキルを得たという社会性を得たという視点で考えていきます。 野球部では多くの仲間たちがいて、仲間たちとコミュニケーションを取ったり困難を乗り切ったりしてきたことでしょう。 そのことから集団生活での空気の読み方を学んだと言って良いです。 それから自分の頑張ったこと、そのプロセスと結果をしっかり考えていきましょう。 集団生活でのコミュニケーションスキルを得たとあなたが言えば、面接官は必ず芋づる式に質問が返ってきます。 それは本当に経験したことなのか確かめる意味もありますし、もっと詳しくあなたを知ろうという意味もあります。 芋づる式に質問されたときに迷うことなく回答できるようになるには、あらかじめプロセスを思い返しておくしかありません。 どのような経験をして、どのような結果になったのか、なるべく具体的に振り返っておきましょう。 部活を頑張った、部活が辛かった、そのように簡単に答えては面接というせっかくの機会を活かせません。 部活での結果ではなく、プロセスを話すことが一番のアピールポイントなので、必ず思い返しておきましょう。 自己PRで高校の部活経験を記載する時の大事なチェックポイント 実際に自己PRを書くときにチェックポイントがあります。 自由に書いてもらって構わない自己PRですが、ちょっとした決まりを守ることで読みやすい文章になります。 分かりやすさのために結果を先に述べる、聞いている人がイメージしやすいように数字を使う、仕事に活かせるポイントをピックアップしてアピールする、その3点を守るようにします。 吹奏楽部に所属していたと考えて、以下のような例文があります。 わたしは忍耐強く努力してきました。 高校生になって初めてトランペットを始めて週2回練習してきました。 最初は練習にも付いていけず30名から選抜して20名で行われる定期演奏会のメンバーにも選べませんでした。 悔しい思いをして、1年間継続して練習して、さらに毎日2時間自主練習を追加して、2年目で定期演奏会に選ばれたときは嬉しかったです。 そのようなことがあったので、仕事でも粘り強さを活かしていきたいと思います。 以上のようにまずは結果から書き出します。 しかしいきなり結果は思いつかないものなので、部活でしたことを書いてから後で結果を先頭に持ってくる方法をおすすめです。 そして「週に2回」や「30名から選抜して20名」というように具体的な数値を忘れないようにしましょう。 そして例文のように「仕事でも〜」というように締めることで仕事に活かせることをアピールできます。 自己PRで高校の部活経験を記載する時の注意点 企業としては部活自体には興味はありません。 リクルートが調査した「就職白書」によると企業が採用するのに重視するのは、人柄が1位、企業への熱意が2位、今後の可能性が3位です。 それらは少なくても全企業の70%以上が重視していることですが、部活やサークルを重視している企業は11%しかいません。 それに部活の経験がそのままビジネスになるわけではないので、企業は部活自体を重視せず、あくまであなたはどのような人なのか、どのような可能性がある人なのか知ろうとします。 部活で自己PRを書こうとすると部活のことばかり書いてしまう人は結構多いです。 たとえば部長として活躍したとして、チームが優勝しましたとか、チームの指揮が上がって全体で取り組めましたとか、そういうことでは上手くアピールできていません。 自己PRではあなた自身のことを書くのです。 あなたが何をしたのか書いてください。 たとえば先の例のように、部長として活躍したのならば、 「わたしは部長としてみんなの力が発揮できる声かけを欠かしませんでした」 「わたしは5人の初心者の部員を指導して4人を入賞に導きました」 など、そのように「わたしは〜」から始めることで自分のことを書きやすくなることを覚えておきましょう。

次の