お悔やみ 申し上げ ます 返し。 香典返し 辞退》書き方/例文/文例/金額/失礼/お礼状/住所/連名

言葉遣いは?返信は?お悔やみメールの文例・マナー|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

お悔やみ 申し上げ ます 返し

お悔やみの言葉として知られている、「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」には違いがあるのでしょうか。 「ご愁傷様です」というお悔やみの言葉はいつまで使えるのでしょうか。 もし訃報を知らせる電話が入った時、とっさにどのような受け答えをしたら良いのでしょうか。 「ご愁傷様」とのお悔やみの言葉の返し方を知っていれば役立ちますね。 お悔やみの言葉は、故人の死を悼み悲しむ気持ちをこめて述べる言葉になります。 弔問・通夜・葬儀・告別式の時に、遺族にどんなお悔やみの言葉をかけたら良いのか迷ったことはありませんか。 一番大切なことは遺族の気持ちを考えることですが、自分の立場をわきまえた適切な挨拶をすることが大切です。 まず、訃報を受けたら、通夜・告別式の日時・時間・宗派を忘れずに確認することが大切です。 弔電は、葬儀や告別式の前日までにNTTの「115」に申し込みます。 弔問・通夜・葬儀・告別式では、忌み言葉を使わないように気をつけます。 次に、お悔やみの言葉を使うシーン・お悔やみ申し上げますとご愁傷様ですの違いは?・ご愁傷様ですはいつまで使える?・ご愁傷様のお悔やみの言葉への返し方、などの紹介をします。 お悔やみの言葉を使うシーン 「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」の違いを分かるために、お悔やみの言葉の使い方例を紹介します。 お悔やみの言葉と述べるシーンは、訃報を知らせる電話の時・弔問にかけつけたときになります。 会社の上司や同僚や知人の通夜、葬儀、告別式のときや、ご近所のお通夜、葬儀のときにお悔やみの言葉を使います。 通夜・葬儀・葬式に参列するときに、受付でお悔やみの言葉を述べて香典を出します。 通夜の席で遺族に対面する機会があれば、丁寧にお悔やみの言葉を述べます。 お悔やみの言葉は、「お悔やみ申し上げます」・「ご愁傷様です」の他にもあります。 「ご冥福を心よりお祈り申し上げます」・「哀悼の意を表します」・「心中お察しします」もお悔やみの言葉として使われています。 次に、お悔やみ申し上げますとご愁傷様ですの違い・ご愁傷様ですはいつまで使える?・ご愁傷様のお悔やみの言葉への返し方、などの紹介をします。 「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」の違い 通夜、葬儀、告別式のときのお悔やみの言葉として、「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」はよく使われています。 「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」の使い方に 違いがあるのでしょうか。 「この度はご愁傷様です」や「この度はご愁傷様でございます」などと使います。 「お悔やみ申し上げます」も「ご愁傷様です」もお悔やみの言葉としての違いはありません。 「ご愁傷様です」のお悔やみの言葉に違和感があるときに「お悔やみ申し上げます」で良いのではないでしょうか。 「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」を両方使うケースもあります。 両方使う例では、 「この度は御愁傷様です、突然のことで驚いております、心からお悔やみ申し上げます」などです。 次に、ご愁傷様ですはいつまで使える?・ご愁傷様のお悔やみの言葉への返し方、などの紹介をします。 ご愁傷様への返し方 「お悔やみ申し上げます」と「ご愁傷様です」の違いは特にありません。 「ご愁傷様です」などのお悔やみの言葉はいつまで言っても良いのだろうかと悩む人も多いと思います。 お悔やみの言葉は四十九日を目安にすればよいのではないでしょうか。 お悔やみの言葉を述べる期間は自分と相手との関係で異なってきます。 ご愁傷様などのお悔やみの言葉への返し方も悩んでしまうこともあります。 「ご愁傷様です」などのお悔やみの言葉へ返す言葉には、 ・「お心遣いありがとうございます」 ・「ご丁寧にありがとうございます」 ・「痛み入ります」 ・「恐れ入ります」などがあります。 返す言葉が出てこない場合は、黙礼だけでも問題はありません。

次の

「ご愁傷様」の意味と使い方・返事の方法|お悔やみ申し上げます

お悔やみ 申し上げ ます 返し

お悔やみメールを送る時の考え方 現代ではメールやSNSは生活から切り離せない メールやSNSは気軽に気持ちを伝えられるツールとして、近年日常的に使われることが多いため、お悔やみの言葉をメールやLINE・FacebookなどのSNSメッセンジャーで送っても良いのかと不安な方も多いようです。 しかし、考えようによっては、送り手にも受け手にも、マナーさえ守ればメリットは多いツールです。 お悔やみの言葉をメールで伝えるということ それでは、どのように「お悔やみの言葉」を、メールで伝えればよいのでしょうか。 ここでは様々な、メールでの弔意の伝え方・文例をご紹介します。 お悔やみの言葉とは まずはじめに、お悔やみの言葉とは、故人の死を悼み悲しむ気持ちをこめて、遺された人々に対して述べる言葉のことです。 LINE ライン やSNSでお悔やみを伝えても大丈夫? 数年前までは、メールでお悔やみの言葉を述べるなど非常識だといわれていました。 しかし現在、LINE ライン やメールは伝達事項だけなく、気持ちを伝えるツールとして多くの人々に親しまれています。 現在でも、相手との関係性によっては、目上の方や仕事関係の相手には避けた方が賢明です。 しかし、これらを含め、親しい間柄では、きちんとした「形式」以上に、素直な「気持ちを伝える」ことを、重要視するべきでしょう。 【合わせて読みたい】 略式の方法であることを念頭に置いた上であればOK 本来、お悔やみの言葉は直接会って伝えるものであり、やはりメールで述べるのは、あくまでも「形式」の上では正式なものではないことは念頭に置いたうえで活用することをおすすめします。 また、お悔やみメール以外にも、弔電や供花を送るという選択肢もありますので、こちらもご参考にしてみてください。 お悔やみメールのメリット・デメリット メリット お悔やみをメール等で伝えることで考えられるメリットは下記の通りです。 メッセージ 気持ち、想い をすぐに送ることができる 普段からメールに慣れている方や、親しい間柄の方々にとっては、伝えたい気持ちを、伝えたい時に、 すぐに届けることができます。 受け手 遺族 が都合の良い時に読むことができる 遺族の方はそれぞれの弔問客への応対や、儀式の準備などに追われています。 通夜や葬儀などの一連の儀式の進行の妨げとならずに、遺族が読みたい時に読むことができます。 ねぎらいの言葉をかけやすい メールというツールだからこそ堅苦しくならず、「大変だったね」「なんでも力になるよ」などの、慰めの言葉、励ましの言葉も伝えやすいです。 どんな言葉を送るかは、送り手 あなた と受け手 遺族 の間柄・関係性が、おのずと反映されてくるでしょう。 デメリット 考え方や年代・関係性によっては下記のようなデメリットも考えられます。 形式の上では正式なものでない お悔やみメールを送っていいのかどうか。 それは、送り手 あなた と受け手 遺族 の関係性がたいへん重要で、その親密さに関しては第三者に判断できるものではありません。 そして、本来は直接会って伝えるものであるお悔やみの言葉を、メールで伝える以上、いくら親しい間柄といえど、「親しき仲にも礼儀有り」です。 最低限のマナーは守りましょう。 メールで伝えたからと言って完了せず、次に顔を合わせる機会には改めて気遣う言葉をかけることも配慮のひとつです。 お悔やみメールのマナー まず、当然のことですが、親しい間だからこそ利用できるメールであっても、通常の「お悔やみの言葉」を伝える上で注意しなければならないこ言葉は、メールも同様です。 注意すべき言葉• 遺族に故人の死因を尋ねることは避ける• 「重ね重ね」、「まだまだ」、「つくづく」、「いよいよ」など不幸が重なることを想起させてしまう重ね言葉の使用は避ける• 「これからも」、「この先も」、「追って」、「続く」など、繰り返すことを想起させてしまうような言葉の使用は避ける• 「死亡」、「死去」、「亡くなった」などは「ご逝去」などに言い換え、「ご存命」、「生きていた頃」などは、「ご生前」「お元気な頃」などに言い換えることで、生死に対する直接的な表現は避ける• 「死」、「苦しみ」などを想起させる言葉、あるいは数字の「4」、「9」などの使用、また、「消える」、「大変なことになる」といった不吉さを想起させる表現は避ける 次に、メールならではの注意点・マナーを並べます。 メールでの注意点・マナー• 件名で「お悔やみメール」だと分かるようにする 件名には簡潔に、用件がわかるように表記しなければなりません。 また、迷惑メールやウイルスメールは年々増えています。 「大丈夫?」、「心配だよ」など、迷惑メールと疑われるような紛らわしい件名は、できるだけ避けましょう。 丁寧な言葉遣いを意識する お悔やみメールは、略式であるとはいえ、お悔やみの言葉として弔意を示すためのものであることに違いありません。 メールなので、手紙のように極端にかたい文章を書く必要はありませんが、故人や遺族の方への敬称など、普段とは違う、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。 本文をだらだらと書かない 件名と同じように、本文も簡潔に伝わりやすさ、読みやすさを意識して書きましょう。 数行ずつで区切り、空白行を入れたりなどすると読みやすくなります。 また、相手に余計な時間を取らせないよう、時候の挨拶などの前置きは必要ありません。 もちろん素直な気持ちが最優先ですが、送る前に一度、客観的に読んでみましょう。 機種依存文字は使わない 丸で囲んだ英数字や、㈲や㈱などの省略文字、ローマ数字、単位記号、数学記号などの機種依存文字 パソコンの種類や環境に依存し、異なる環境で表示させた場合に、文字化けや機器の誤作動を引き起こす可能性のある文字のこと は、一部の文字が文字化けします。 絵文字は注意して使う 親しい間柄であれば、絵文字を使いたくなるかもしれません。 ウイルス問題 当然のことながら、メールである以上、インターネットを介することは大前提です。 ウイルス感染しているパソコンからメールを送信すると、受け手のパソコンにもウイルスが感染してしまう可能性があります。 お互いの安全のため、そしてもちろん余計な負担を与えないため、適宜ウイルス対策を行っておきましょう。 メールが届かないこともある こちらに関しては非常に稀かもしれませんが、落雷、停電、プロバイダートラブル、サーバートラブル、通信回線トラブルなどにより、メールが届かない可能性が、無いとは言い切れないことを、頭に入れておきましょう。 【合わせて読みたい】 さらに弔意を表したい場合は弔電や供花・供物を送る 相手との関係性によっては、メールだけでなく、なにかして差し上げたいという気持ちもあるでしょう。 故人と直接面識がなくても、大切な方を亡くされた友人に対して弔意を示したい場合は、弔電や香典、供花・供物を送るという方法があります。 お悔やみメールの例文 ではさっそく次に、お悔やみのメールの一般的な例文を、いくつか並べてみます。 件名:〇〇より お悔やみ申し上げます 本文:このたびはご主人様 奥様 のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 家族を支えなければ、と無理をされていないか心配です。 きちんと食事を取れていますか?今はまだ辛いと思うけど、どうか気を落とさず、子供達のこと、自分のことを考えて、くれぐれも身体をいたわって下さい。 安らかなご永眠をお祈りいたします。 通常のお悔やみの言葉と同様、夫を亡くした方は、長年連れ添った伴侶の訃報にたいへん心を痛め、また一家の大黒柱を失った家族の不安の大きさは、想像に難くありません。 妻を亡くした方も、伴侶不在の慣れない日常生活を前にして、悲しみと共に体調を崩す方が多いといいます。 食事などの生活面に関する一文を添えると良いです。 人生の伴侶に先立たれ、一人残される遺族の方の、不安や寂しさを察した文面を意識しましょう。 父親・母親を亡くされた場合 件名:〇〇より お悔やみ申し上げます 本文:お父様 お母様 のご逝去を知り、とても驚いています。 遠方のため、駆けつけてあげられず申し訳ありません。 今は突然のことで何も考えられないとは思うけど、あまり気を落とされないように。 何かあったらいつでも連絡くださいね。 送り手であるあなたが、故人である受け手のご両親と、顔見知りだったケースもあるでしょう。 大切な人を亡くした悲しみを、自分のことのように捉えてしまうかもしれません。 ですがそこはぐっと堪え、感情的にならないよう、メールだからこそ落ち着きましょう。 また、今すぐにでも駆けつけ、そばで支えてあげたいといった思いの一文を添えると良いでしょう。 祖父・祖母を亡くされた場合 お悔やみ状や弔電を送る際には、故人と遺族の方との続柄に応じた、敬称を用いるのが慣例です。 以下に代表的なものを、いくつか並べてみます。 送り手 あなた と受け手 遺族 の方のおつき合いの度合いによって、どの程度の丁寧な言葉使うべきか、敬称を使用するかどうか、あくまでも相手の立場を考えて選ぶことをおすすめします。 お悔やみメールのメリットとして以下の三つを先述しました。 ・メッセージ 気持ち、想い をすぐに送ることができる ・受け手 遺族 が都合の良い時に読むことができる ・ねぎらいの言葉をかけやすい それに対し電話の優れている点は、即時性をもって双方向のコミュニケーションを成立させるということです。 あなたの伝えたい気持ちを、言葉を、あなたの声で伝えることができます。 手紙でお悔やみの言葉を述べる場合、お悔やみの手紙、お悔やみ状というものがあります。 何らかの事情で通夜や葬儀、告別式に参列できない場合、弔問へ伺う代わりとして送るもので、基本的には手書きが良いでしょう。 香典を同封して送ることもできます。 手書きの場合、あなたの伝えたい気持ちを、自筆の文字に託すことができるというのも大きいでしょう。 メール、電話、手紙、一概にどれが良いということはできません。 この判断は、たいへん重要です。 遺族の方は多くの弔問客への応対、儀式の準備や諸々の手続きなどに追われて大忙しのこととは思いますが、もちろん、メールによるお悔やみの言葉に対する返事もしていかなくてはいけません。 しかし、あまりの慌ただしさや、環境の急変にまぎれて遅れてしまったり、後回しになってしまうこともあるでしょう。 故人へのご供養、諸々の手続き、家の中の事などを優先させるべきであり、まずは気にせず、やるべきことを進めていけば良いでしょう。 落ち着いたところで読むことができ、返事をすることができる。 これもまた、お悔やみメールのメリットの一つです。 まとめ 現代では訃報をSNSやメールで知る事自体も珍しくなくなりました。 お悔やみメールは、弔意を示す言葉である以上、簡潔に、丁寧にということさえ意識したマナーさえ守れば、状況・環境に適したメリットも多いです。 「お悔やみの言葉」の基本をきちんと踏まえた上で、電話でもなく、手紙でもない、メールならではの活用方法を意識してみてください。 あくまでも人と人とのおつき合いの延長に成り立つものです。 スマホやメール・LINEなど現代のテクノロジーの恩恵にあずかるのは、相手の気持ちを汲んだ心のやり取りのツールのひとつであるということを常に念頭におくことが大切です。

次の

お悔やみの言葉の返事例文|直接・電話・メール・手紙・英語|終活ねっと

お悔やみ 申し上げ ます 返し

1 そもそもお悔やみの言葉とは・・・ 親戚などある程度、遺族とかかわりがある弔問客以外、通夜・葬儀時に話す機会というのはほとんどありません。 言うならば、参列した弔問客は、短い挨拶時に「お悔やみ」の気持ちを遺族に表したいところなのです。 そういった場面で、「お悔やみ言葉」というのは端的に、遺族へ気持ちを伝えられる言葉として、多くの人に使われています。 この「お悔やみ言葉」のポイントとしては、故人の死を悼み、遺族を励ますという意味が込められています。 その「お悔やみ言葉」の中でも、いくつかマナーやタブーとされていることがあるので、この際一緒にポイントを押さえておきましょう。 1.長々と話し込むこと 遺族側は、さまざまな弔問客に対応したり、葬儀の進行などで何かと多忙です。 そんな中、引きとめて長々と話し込むのはタブーとされています。 煩わせないためにも、気持ちは端的に伝えましょう。 2.故人の死因について 遺族にとって、故人の死はやはり辛いものです。 いくら気になったとしても、故人の死因について詳細を根掘り葉掘り聞くことは非常に失礼です。 亡くなってしまったことに、純粋に哀悼の意をあらわしましょう。 3.重ね言葉について 「不幸がかさなる」という意味が込められてしまう、「重ね言葉」は葬儀の場には相応しくないとされています。 「たびたび」「ますます」などは避けて言葉を選びましょう。 また、重ね言葉ではないですが、「引き続き」など繰り返したり続きを思わせる言葉も、このような場には適当ではありません。 4.直接的な表現について 特に、生死に関しては直接的な表現は避けるべきでしょう。 「死去」ではなく「ご逝去」、「生きていた」ではなく「お元気な」「ご生前」というように配慮しましょう。 その他、不吉と思われる言葉を避けるなど、遺族が少しでも不快に思わないような気遣いが何よりも大事です。 2 返答の仕方 さて、一般的にはどういった返答の方法が適切なのでしょうか?参列者側はもちろん、前述したような言葉使いに細心の注意を払ってくれるでしょう。 こちら側としても、忌み言葉や重ね言葉は避けるのは当然のマナーでしょう。 その上で、返事を考えていきましょう。 【一般的な返答】 ・ありがとうございます 一番簡単で、返しやすいフレーズといえばこれでしょう。 しかし、トーンには気をつけましょう。 居ないとは思いますが、葬儀に相応しくないような元気なトーンでは、「嬉しさ」があまりにも出てしまいますね。 より良いのは「ご丁寧にありがとうございます」「お心遣いありがとうございます」などでしょう。 ・恐れ入ります これは、無難なフレーズとして覚えやすいでしょう。 もともと「恐れ入ります」は目上の人感謝の気持ちを表すことばなので、葬儀などの場でも相応しいです。 ・痛み入ります 少しかしこまった表現に「痛み入ります」という表現があります。 感謝の気持ちを表すというより、「恐れ入ります」などと同じ恐縮の意をあらわしたもので、より堅い表現でしょう。 あまり日常的に使わないので、言いたい場合は頭に入れておかなければ難しいかもしれません。 ・黙礼 言葉を発するほど気持ちの整理が付いていない場合は、黙礼することも決して失礼にはあたりません。 しっかりとお辞儀をすることで、その気持ちは相手に伝わりますので安心してください。 3 少しアレンジして、上記より長めに返答する場合もご紹介しておきます。 本日は、お悔やみをいただきまして、ありがとうございます。 本日は、ご多用のところ、足をお運びいただきましてありがとうございます。 生前は大変お世話になりました。 本日は誠にありがとうございます。 故人に代わりまして厚く御礼申し上げます。 早速のお悔やみをいただきまして、恐れ入ります。 突然のことなので気持ちの整理ができませんが、これも天命なのだと言い聞かせております。 少し長めに挨拶する場合、返答する場合は、その故人と弔問客との間柄を考慮して、言葉を選ぶと良いでしょう。

次の