相撲 番付 給料。 力士の給料

相撲の番付ごとの給料格差に驚愕した!その違いを解説します!

相撲 番付 給料

この記事の目次• 力士の給料について予備知識 力士それぞれの褒賞金額や年収をご紹介する前に、予備知識をいくつかご紹介しておきましょう。 給料を貰えるのは「関取」以上 まず大前提として、給料を貰えるのは「関取」になってからです。 「力士」と「関取」は同じ意味ではないの?と思われる方もいるかもしれませんが実は違いがあります。 「力士」は序ノ口から横綱まですべてのお相撲さんのことを指しますが、 「関取」は十両以上の力士のことを指します。 ということで、 給料はこの十両以上である「関取」に対してのみ支払われています。 相撲協会から支給される この給料ですが、所属する相撲部屋から支給されるのではなく 相撲協会からの支給になります。 実は、すべての 力士は相撲協会の所属であり、各相撲部屋は 協会から委託された力士に対して指導と養成を行う場という位置づけなんですね。 この関係性は力士だけではなく、親方から行司や呼出などの裏方まで、すべてが相撲協会に属しており相撲協会から給料を頂いています。 給与と手当、そして力士褒賞金 関取に対しては規定の給与から各種手当のほかに、成績に応じて計算される 「力士褒賞金(りきしほうしょうきん)」と呼ばれる相撲界独特の支給方法があります。 「給金(きゅうきん)」という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、これは力士褒賞金の旧称で、いまも親しまれて使われている俗称なのです。 力士褒賞金の算定方法 ここでは簡単にご説明いたします。 褒賞金は本場所の成績に応じて加算されていくもので、勝ち越し星(勝ち数ー負け数)ひとつにつき50銭(0.5円)、平幕力士が横綱に勝つ金星の場合は10円、幕内優勝で30円、全勝した場合には50円が加算されます。 このように算定された金額のことを 支給標準額と呼びます。 スポンサーリンク 現役力士報奨金一覧(関取経験者) さて、お待たせいたしました。 まずは現役力士たちの力士褒賞金(給金)はいくらなのかを一覧表でご紹介いたします。 対象は関取経験のある力士です。 なお、算定した金額や点数などは各力士の成績から独自に計算したもので、公式に発表されたものではありませんのでご了承ください。 基本的には地位と連動しているようにも見えますが、中には意外な力士が上位に並んでいることも分かります。 しかし、一番目につくのはやはり白鵬の飛び抜けて高い支給標準額ではないでしょうか。 同じ横綱の鶴竜に比べても6倍以上の開きがある白鵬の支給標準額。 史上最多の勝ち星を誇り、幕内だけでも1000勝を超えている白鵬ですから勝ち星だけでも相当な積み上げになりますが、それ以外にも大きな理由があります。 それは優勝の回数が多いことです。 なにせ優勝1回で30円、全勝優勝で50円という配分ですから、史上最多の優勝回数を誇る白鵬はそれだけで他の力士を大きく引き離す支給標準額となるわけです。 スポンサーリンク 関取の年収と収入内訳一覧(令和2年1月場所の番付による) さて、次はいよいよ関取の年収発表です。 とは言っても番付によって月給や手当に違いがあり、その番付も場所ごとに変わっていくのが相撲の世界。 ここでは 「令和2年1月場所の番付のまま1年間いたとしたら?」という前提でご覧ください。 また、懸賞金による収入もあるはずですがここでは除外しております。 四股名 推定 年収 懸賞金除く 褒賞金収入 6場所分 給料+手当 月給 ボーナス 本場所 手当 出張手当 力士 補助費 褒賞金実額 (1場所) 支給 標準額 番付 最高位 所属部屋 いかがでしょうか。 前述したようにここでは懸賞金が含まれていませんから、実際にはこれ以上になる力士が多いでしょう。 その反面、幕尻力士は十両陥落によってこれ以下のこともあるでしょうし、十両下位の力士に至っては給料が一気に「ゼロ」になる可能性もはらんでいます。 シビアな大相撲の世界です。 懸賞の金額や力士別懸賞金ランキングなどはこちらをどうぞ。 さて、力士ごとの力士褒賞金や年収はこれでお分かり頂けたかと思います。 今回の記事では紹介しきれなかった地位による月給や手当については別の記事で詳細に解説しております。 ぜひご覧ください。

次の

相撲のルールって?力士の階級や給料は?決まり手と禁じ手も

相撲 番付 給料

この記事の目次• 力士の給料について予備知識 力士それぞれの褒賞金額や年収をご紹介する前に、予備知識をいくつかご紹介しておきましょう。 給料を貰えるのは「関取」以上 まず大前提として、給料を貰えるのは「関取」になってからです。 「力士」と「関取」は同じ意味ではないの?と思われる方もいるかもしれませんが実は違いがあります。 「力士」は序ノ口から横綱まですべてのお相撲さんのことを指しますが、 「関取」は十両以上の力士のことを指します。 ということで、 給料はこの十両以上である「関取」に対してのみ支払われています。 相撲協会から支給される この給料ですが、所属する相撲部屋から支給されるのではなく 相撲協会からの支給になります。 実は、すべての 力士は相撲協会の所属であり、各相撲部屋は 協会から委託された力士に対して指導と養成を行う場という位置づけなんですね。 この関係性は力士だけではなく、親方から行司や呼出などの裏方まで、すべてが相撲協会に属しており相撲協会から給料を頂いています。 給与と手当、そして力士褒賞金 関取に対しては規定の給与から各種手当のほかに、成績に応じて計算される 「力士褒賞金(りきしほうしょうきん)」と呼ばれる相撲界独特の支給方法があります。 「給金(きゅうきん)」という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、これは力士褒賞金の旧称で、いまも親しまれて使われている俗称なのです。 力士褒賞金の算定方法 ここでは簡単にご説明いたします。 褒賞金は本場所の成績に応じて加算されていくもので、勝ち越し星(勝ち数ー負け数)ひとつにつき50銭(0.5円)、平幕力士が横綱に勝つ金星の場合は10円、幕内優勝で30円、全勝した場合には50円が加算されます。 このように算定された金額のことを 支給標準額と呼びます。 スポンサーリンク 現役力士報奨金一覧(関取経験者) さて、お待たせいたしました。 まずは現役力士たちの力士褒賞金(給金)はいくらなのかを一覧表でご紹介いたします。 対象は関取経験のある力士です。 なお、算定した金額や点数などは各力士の成績から独自に計算したもので、公式に発表されたものではありませんのでご了承ください。 基本的には地位と連動しているようにも見えますが、中には意外な力士が上位に並んでいることも分かります。 しかし、一番目につくのはやはり白鵬の飛び抜けて高い支給標準額ではないでしょうか。 同じ横綱の鶴竜に比べても6倍以上の開きがある白鵬の支給標準額。 史上最多の勝ち星を誇り、幕内だけでも1000勝を超えている白鵬ですから勝ち星だけでも相当な積み上げになりますが、それ以外にも大きな理由があります。 それは優勝の回数が多いことです。 なにせ優勝1回で30円、全勝優勝で50円という配分ですから、史上最多の優勝回数を誇る白鵬はそれだけで他の力士を大きく引き離す支給標準額となるわけです。 スポンサーリンク 関取の年収と収入内訳一覧(令和2年1月場所の番付による) さて、次はいよいよ関取の年収発表です。 とは言っても番付によって月給や手当に違いがあり、その番付も場所ごとに変わっていくのが相撲の世界。 ここでは 「令和2年1月場所の番付のまま1年間いたとしたら?」という前提でご覧ください。 また、懸賞金による収入もあるはずですがここでは除外しております。 四股名 推定 年収 懸賞金除く 褒賞金収入 6場所分 給料+手当 月給 ボーナス 本場所 手当 出張手当 力士 補助費 褒賞金実額 (1場所) 支給 標準額 番付 最高位 所属部屋 いかがでしょうか。 前述したようにここでは懸賞金が含まれていませんから、実際にはこれ以上になる力士が多いでしょう。 その反面、幕尻力士は十両陥落によってこれ以下のこともあるでしょうし、十両下位の力士に至っては給料が一気に「ゼロ」になる可能性もはらんでいます。 シビアな大相撲の世界です。 懸賞の金額や力士別懸賞金ランキングなどはこちらをどうぞ。 さて、力士ごとの力士褒賞金や年収はこれでお分かり頂けたかと思います。 今回の記事では紹介しきれなかった地位による月給や手当については別の記事で詳細に解説しております。 ぜひご覧ください。

次の

力士の給料

相撲 番付 給料

横綱力士(相撲取り)の歴代賞金(懸賞)ランキング 1991年以降の個人ランキングは下記の通り 1位:白鵬515本 2位:白鵬473本 3位:白鵬416本 4位:白鵬405本 過去においても、1991年以降最高なのが白鵬翔で、当然横綱でも圧勝記録です。 当然ですが、それより前は、現在より物価指数が異なるため、比較対象にはなりません。 横綱~序の口までの階級別力士褒賞金 力士褒賞金は、成績給的性格を帯びた金銭支給で、力士褒賞金の支給標準額に支給割合をかけた金額が年6回本場所ごとに十両以上の関取に支給される。 持ち給金となり、給金額は持ち越せるため、最終的に横綱になった場合などは、支給額が 1000円を超える事になる。 実質、その力士褒賞金に 4000倍をかけた金額が力士に渡される。 横綱白鵬の場合、序ノ口出世時~横綱での幕内最高優勝回数を含めると給金は、 1,789円になります。 階級別力士褒賞金については下記をご覧ください。 【力士(相撲取り)の仕事内容】 食事も力士の仕事で、およそ2時間くらいはかかるそうです。 本場所は15日間、前相撲の終了後、序の口の取り組みは始まります。 横綱は、原則居なくても大丈夫ですが、大関は原則、関脇や小結は、東西で少なくとも1名は居ないと場所は組めません。 番付は、前場所の成績によって、番付編成会議で決定します。 【力士(相撲取り)の一日の生活ってどんな感じなの?】 本場所のない巡業以外の日常は、各相撲部屋で、過ごし、関取、幕下力士も一緒に稽古を毎日しています。 起床は、取的が5時起床、関取が7時。 食事も力士の仕事で、およそ2時間くらいはかかるそうです 風呂、食事共に番付の低い方は後、起床は先になります。 自由時間は、昼寝30分間、夕食は5時くらいから始まります。 夕食後は自由ですが、門限がある部屋もあります。 優勝や敢闘賞、殊勲賞はどのくらいの賞金がもらえるの? 各賞金額は以下のとおりです。 優勝:十枚目(十両)200万。 その他幕の内以降は、1,000万円、三段目30万円、序二段20万円、序の口10万円。 殊勲賞、敢闘賞、技能賞の「三賞」は、それぞれ200万。 複数賞を一人の力士が受け取る例もあります。 力士(相撲取り)になるには? まず相撲部屋に入る条件として、義務教育を最低限終了した、新弟子検査日までが23歳未満の男子である必要があります。 身長は1メートル73センチ以上、体重は75キロ以上です。 入門したい相撲部屋の師匠の許可を得、師匠経由で、親権者の承諾書、戸籍謄本あるいは抄本、医師による健康診断書と力士届けを、日本相撲協会に提出します。 力士(相撲取り)の引退後ってどういう仕事をしてるの? 身体能力と巨漢を活かして、プロレスラーや、ちゃんこ鍋の料理の腕前と、賞金と給与の貯金で居酒屋を始めるなど、多彩です。 投資家に転向し、ビジネスを始める人も多いですね。 歌手になった方もいます。 しかし、所詮は初挑戦の素人商売といった感じのが多く、経営失敗はよくある話です。 統計では、引退後協会に残るのは43名程、生死不明は4名、520人は、スリッパ職人、家事手伝い、あとはアルバイトなどが多いそうです。 つまり、相撲引退後に華がある人生というのは、ごく一部の力士に与えられたものでしか無いといえます。 力士(相撲取り)のクチコミ年収 50代 業種元力士(序二段)無職 年収300万円 中学卒業後に角界目指して入門したので、根本的に社会的通念というか、一般常識にかけてる面があると自覚しています。 稽古もハードですが、恐ろしく競争社会なので、それなりに上下関係、同期でも、苦しむことは多く、それでいて土俵では、数秒で勝敗が決る世界。 結果が残せないと、歳をとるばかりで、相対的に体力や気力は失われていきます。 想像以上に、ハードで厳しい世界です。

次の