ゲーム オブ スローン ズ 進撃 の 巨人。 巨人

ゲーム・オブ・スローンズ【最終章】について思う6つのこと│今日も映画ですか?

ゲーム オブ スローン ズ 進撃 の 巨人

『進撃の巨人』の人気が止まらない。 諫山創氏の描く原作漫画の単行本は、累計発行部数が3600万部を超えた。 昨年放映されたアニメは、BD・DVD第1巻だけで、売り上げ10万枚を超える大ヒットとなった。 昨年のNHK紅白歌合戦に、アニメの主題歌を歌うLinked Horizonが登場したことも、話題となった。 来年には実写映画化も予定されている。 海外でもこの作品の人気は相当高い。 【アニメ『進撃の巨人』のクオリティーの高さに驚く】 米ニュースサイト『デイリー・ドット』に掲載された記事では、それまであまりアニメを観てこなかった筆者が、『進撃の巨人』のアニメと出会って感じた驚きが、ありありとつづられている。 筆者は、映画、SF、ホラー、そしてポップカルチャー全般のファンであり、一度腰を据えて、(映画やOVAではなく)TVシリーズのアニメを試すのが、自分のために当然だと感じていたという。 2話ぐらいなら続けて見ることができるだろうと考えて、『進撃の巨人』を見始めたところ、途中でやめられず、2晩で全25話を一気に見てしまったとのことだ。 美しく映像化されていて、筋のしっかりした、大人向きなテーマのホラードラマが、アニメというパッケージに包装されているのを見出して、びっくりした、と筆者は語る。 そしてこれは、アニメのベールに覆われた『ウォーキング・デッド』だ、とアメリカで人気のあるテレビドラマを引き合いに出す。 【人気テレビドラマとの類似点に、人気の秘密の一端が?】 このような比較は、ソーシャルニュースサイト『ガーディアン・リバティー・ボイス』の記事でも行われている。 こちらでは、テレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』との類似点がいくつか並べられている。 その中で、最も重要なのは、両作品では、たとえどれほど重要な役どころであっても、登場人物が簡単に死ぬ点だという。 『進撃の巨人』は、第1話からしてもう、悲劇的で絶望的な状況に満ち満ちている。 そのトーンから、この作品は『ゲーム・オブ・スローンズ』のアニメ版であるという考えにいざなわれるという。 番組ファンは、お気に入りの登場人物が、次回も生き延びられるかどうか、絶えずハラハラさせられるという。 【アニメを見ていない人にこそ見てほしい『進撃の巨人』】 このように、2つの記事はどちらも、アニメ『進撃の巨人』の魅力を語ろうとして、テレビドラマを引き合いに出す。 このアニメは、一般的に人気のある他のコンテンツと、同等の魅力を持っている、という論法だ。 アニメを楽しむのはまだ一部の特別な人たちだ、という認識が、アメリカの世間一般にはあるようだ。 『デイリー・ドット』の記事はそのことを踏まえて、そういう認識を持つ人たちにこそ語りかけている。 この頃では、子供が楽しむものを(大人が)楽しむことは、恥ずかしがるようなことではないでしょう、と筆者は読者に同意を求めている。 自分は、年取った男でありながら、恥ずかしさを感じずにアニメを観ることができる。 一流の娯楽は一流の娯楽だ、と断言する。 そして、「自分の前に開かれていく、楽しめるコンテンツの新しい世界にワクワクしている」とアニメを称賛する。 「もしもあなたがアニメファンではなく、アニメ・漫画やSF作品が特に好きではなかったとしても、自分のためだと思って、少なくとも『進撃の巨人』はチェックしてほしい」「自分がとても楽しんでいることに驚く羽目になるかもしれない」と記事は結んでいる。 【これがコスプレ? セルビア人のなりきりコスプレイヤーが見せたものとは】 コスプレイヤーの間でも、『進撃の巨人』の人気が高いことは、『デイリー・ドット』でも触れられているが、その衝撃的な例が、ゲーマー向け情報サイト『Kotaku』に紹介されている。 Naumovskiさんによると、エロ系二次創作に着想を得て、このコスプレをしたとのことだ。 『Kotaku』は、これはエルヴィン団長の、かなりおもしろい解釈の仕方だと述べている。 もちろんNaumovskiさんは、服を着たエルヴィン団長のコスプレ姿も発表している。

次の

ゲーム・オブ・スローンズ/超残酷ファンタジー 衝撃シーン編TOP5(第1~5シーズン)

ゲーム オブ スローン ズ 進撃 の 巨人

このアニメにはヒーローはいません!恐れることなく敵に向かっていき、すべての邪悪な者を殺す勇敢な人はいません。 ここには、自分自身の恐怖と戦っている人がいます。 敵は巨人ではありません!アニメの中の人物がここまでリアルに描かれているのは、やはり私達の国の文化とは違うのだなと感じます。 私の国では、エンターテインメント作品は常に英雄的でかっこよく、我らがヒーローはピンチを乗り越え、最終的には必ず(そう、必ず!)敵を打ち倒します(これで私が何人かわかりましたね?)。 しかし、『進撃の巨人』では勝利ははるか遠く、常に絶望と隣り合わせです。 そんなリアルな状況だからこそ、私は物語に感動するのです。 まるで『ゲーム・オブ・スローンズ』のよう 私の国では、みんなが話すアニメタイトルはたいてい『ナルト』『ブリーチ』『ワンピース』『ドラゴンボール』そして『進撃の巨人』です。 『進撃の巨人』とその他のアニメの違いは何ですか?アメリカで人気を博した他の超長編アニメと同じくらい、いやそれ以上に『進撃の巨人』は人気があるのです。 おそらく、 これまでのアニメにはなかったサスペンス要素が大きいのではないでしょうか。 私がこれまでに観てきた少年アニメには、アクションはあったのですが、肝心のサスペンス要素は全くありませんでした『進撃の巨人』は、 次の展開が気になってついつい先を観てしまいます。 まるで『ゲーム・オブ・スローンズ』のようです。 私たちと巨人では、何がそんなに違うのですか? 80年代の『機動戦士ガンダム』、90年代には『ドラゴンボールZ』、そして『新世紀エヴァンゲリオン』。 日本のアニメは傑作を生み出し続けました。 2000年代には、『鋼の錬金術師』がマンガからアニメ化された作品の頂点に立ち、『コードギアス』と『デスノート』は新しいアンチヒーローのジャンルを確立しました。 私は日本という国については何も知りませんが、日本のアニメはずっと追い続けています。 そして2013年に、『進撃の巨人』は業界を再び揺るがしました。 私はこれまで数多く、日本のアニメが提供する最高のものと最悪のものを見てきました。 なので、私はあなたと同じように、マンガとアニメに非常に精通しています。 そのような経験と知識のおかげで、私は非常に自信を持って言うことができます。 『進撃の巨人』は、少なくとも過去10年間であらゆる観点から制作されたタイトルの中で、最高のアニメシリーズです。 エレンは伝統的な主人公ではありません。 典型的なヒーローは、道徳、名誉、誇りを持ち、世界をすべての人にとってより良い場所にしたいという大きな使命感にかられています。 エレンはそのようなステレオタイプを取り去り、それを押しつぶします。 母親を亡くしたエレンは、とても個人的な理由で軍隊への参加と巨人の根絶を決意します。 世界を改善したいという彼の血に飢えた欲望には、とても個人的な動機が隠されているのです。 彼が壁の外の世界を見たいと言っていることは事実ですが、母親が死ぬまでは彼が実際に行動を示しませんでした。 エレンの特徴は、彼が主人公であるにもかかわらず、戦闘能力はかなり弱いということです。 それはエレンという人物を非常にリアルにしています。 彼は圧倒的な主人公ではありません。 彼は人間です。 ある種の神ではなく、無敵からはほど遠い、人間です。 悲劇と復習の物語.

次の

【ゲーム・オブ・スローンズ】巨人を演じた高身長俳優・ニール・フィングルトンが死亡【出演EPまとめ】

ゲーム オブ スローン ズ 進撃 の 巨人

eiga-8. 放送開始時はちょうどアメリカにて前半部分をほぼリアルタイムで鑑賞、後半はスターチャンネルで鑑賞し終わりました! ものすごく不安だったのがまだ3話までしか観ていないのにネットの評価が凄いことになっていて。 どうやら5話あたりでファンの批判を買ってしまい、署名運動にまで発展しているのだとか。 感想 まず初めにド直球で私の感想を書いてしまうと、 全体的に超アッサリ。 好きだったキャラが嫌いになるし、本当にこれで終わりで良いの?? 前半部分を観ている時点で最終話まで放送されていたので、ネタバレは受けていないのですがネットの評価はバッチリ観てしまったんですよね。 だからもう最後どうなってしまうか不安で不安で。 そしたら案の定5話始めくらいから物語の手綱をとれなくなったのか、制御の利かなくなったロボットのように物語が暴走。 「あれ?これ大丈夫?」ってなりましたよねw シーズン7の時点で展開の進み方がびっくりするほど速くなっていたので予想はしていましたが、ここまでとは。 じっくりじっくりキャラを育ててきた前半シーズンに比べてシーズン6以降はキャラの印象がコロコロ変わっていきますね。 せっかく良いキャラばかりだったのに残念や…。 てことで最終章なのに、これまでで一番酷かったシーズン8。 私の感じた不満点をつらつらいきますね。 スポンサーリンク 最終章のここがダメ! 夜の王とはなんだったのか 個人的にこの物語のラスボスだと思っていた 「夜の王」。 サーセイは協力する気がありませんでしたが、なんやかんやで協力してくれるものかと。 そんなに甘くなかったのね。 まぁそれはいいですよ!別にサーセイがラスボスでも。 でも前半3話で夜の軍団を一掃してしまうなんて誰が思ったでしょうか。 めちゃくちゃアッサリ終わって拍子抜けです。 直前の考察記事を読むと「夜の王」はブランが過去をいじくったせいで産まれた怪物だとか書いてあって、スターク家と因縁があったりするのかぁと思いを巡らせていたワケですが…。 蓋を開けてみると何のこたぁない!ただのモンスターでしたw 結局壁を超えてきた理由は何だったんだろう。 何故三つ目のカラスを狙っているんだろう。 いろいろ伏線を回収しきれていない気もしますが、合戦シーンは面白かったのでそこは忘れましょう。 夜の王が強すぎる 「夜の王って結局なんだったの?」って話よりも、おそらく劇中最強であるモンスター軍団を開始3話で倒してしまったのは痛い。 どう考えても不死身の軍団より強いものなんてないでしょ?どんなにラニスター軍が強くても、あくまで人間。 サーセイも悪いヤツだけど人間。 強いて言うならマウンテンが人間超えて強いけど、一人きりだし…。 最強の敵を倒した後に、それより弱い敵と戦う。 これほどつまらないことはありません! なんかもう3話で終わっても良いじゃないかなぁと思いつつ、デナーリスとサーセイの戦いを見届けます。 暴君になるデナーリス 恐らくこれが一番批判の対象だったんじゃないでしょうか。 シーズン8は全6話。 デナーリスがサーセイへの恨みから民衆を虐殺してしまうのは第5話。 あと1話で終わるってわかっているだけに、 最終回一歩手前でめっちゃ強い敵になっちゃったやん!って思わずにはいられません。 そして出てきたとしても後1話しかないから90分以内に死ぬんだなと簡単に予想がついてしまう。 あ~暴走なんてさせなきゃよかったのに。 おかげで好きだったデナーリスもグレイワームにも良い印象を抱けず。 中盤めちゃ活躍したんだから良い終わり方が良かったな。 勝手に死ぬサーセイ ジョフリー並みに視聴者のヘイトを集めていたであろうサーセイ。 中盤以降は デナーリスVSサーセイの構図でストーリーが進んできたから、どっちが勝利するにせよキッチリと終わるものかと。 特にサーセイはデナーリスにとっ捕まってドラゴンの炎で生きたまま焼かれる最期になると思っていましたが、待っていたのは瓦礫に巻き込まれて圧死するサーセイw いや、せめてデナーリスにとどめを刺させてやってよ!全然スッキリしないじゃん! 間接的にデナーリスが殺したんだけどさ、彼女はサーセイの死体をどうしたんでしょうね。 一応確認くらいはしたのかな。 あの感じだとシーズン1でジョフリーがネッドにしたように「さらし首」してもおかしくない空気だったけど。 まさかのブランが王座に サーセイとの闘いも終わり、デナーリスもあっけなく死んだら「誰が王座に座るの?」って話になりますよね。 事前の考察だとデナーリスかジョン・スノウのどちらかって声が多かったから、全然別の人物がなるような気もしていましたけどブランとは。 もはや 「誰も予想してないヤツを王座に座らせようぜ!」みたいな制作者の悪ノリが伝わってくるようなラストですね。 ブラン結構好きですよ?好きだけど彼は三つ目のカラスだし、玉座はなんとしても断るタイプじゃん? ただその前のティリオンの演説は彼らしくて好き。 ナイツウォッチいる? デナーリスを殺し、グレイワームに捕まったジョン・スノウ。 処刑されるかと思いきや、家族たちのお願いで生かされ壁流しに。 つまり古巣であるナイツウォッチに戻ったんですね。 と、ここで一つ疑問が。 ナイツウォッチ要らなくね?? 元々野人と夜の王から北部を守るために存在していたナイツウォッチですが、野人はお友達になり夜の王は死にました。 果たして彼らは何から壁を守っているのでしょうか? 「進撃の巨人」でいう調査兵団みたいなもんになったのかな?巨人に値する脅威はないけど。 もはや野人たちとの仲良しパーティとなったナイツウォッチにジョンの居場所はあるんですかね。 署名運動について ということで、かなり悲惨な出来だったシーズン8。 私は原作も読んでないにわかファンですし、このドラマに対して人生をかけるほど思い入れが強いわけでもありません。 だからこそどんなラストが来ても作り直しを求めたりとか、署名運動に参加したりとかするつもりはないんですが、ファンたちの不満も理解できます。 まぁこれほど人気の高いドラマですからね。 ファンの期待に応えようとして、ちょっと期待とは違う道に行ってしまうことは良くある話なわけで。 何やっても少なからず批判されるって状況はあると思うんですよ。 人気なら特にね。 そう思うとファンの望むところを的確に突いて、裏切ってくる『アベンジャーズ』なんかはめちゃくちゃ良く出来てるなと。 今後の『ゲーム・オブ・スローンズ』の動きとしては、スピンオフ作品が何個か予定されているらしい。 観るかどうかはその時によるけど、それまで楽しみにしてます! まとめ 最終章はちょっと残念な出来ではありましたが、全体的に観てもやっぱり『ゲーム・オブ・スローンズ』は面白い!! 映像面で観てもこれほどのクオリティーをテレビドラマで出せる凄さに感服です! 今後これ以上面白いドラマシリーズはマジで出てこないんじゃないかと思うほど、好きなシリーズだったので終わるのは寂しい。 eiga-8. まず夜の王がブランを狙ったのは彼が世界の物語を知っているから。 夜の王にとっての死とは、存在しなかった事になるという事。 ブランは未来に物語を紡ぐ存在となる為に真っ先に狙った、と私は理解しました。 ティリオンも最終話で牢屋にぶち込まれた時に夜の王と同じ結論に至ります。 人類に必要なものは権力などでは無く物語であると、だからブランを王に推しました。 そしてデナーリスvsサーセイを描く展開も面白いとは思いますが、8-5で描かれたのはもっとスケールの大きなものでした。 言うなれば正義vs正義。 デナーリスの正義、サーセイの正義、そしてジョンの正義でした。 キリがないのでここらへにして、最終章を酷評する記事が多いですが、全くそんな事ありません。 是非頭を空っぽにして見ることをオススメします。

次の