血液 サラサラ 飲み物。 血流を良くする飲み物・食べ物って?血流改善のための食習慣

紅茶で血液サラサラ!2つの成分の高い効果が理由

血液 サラサラ 飲み物

まず自らチェックを! 日常の食事や運動・睡眠・ストレスなどの生活習慣は、血液の流れにも大きく影響します。 生活習慣の乱れから引き起こされる糖尿病、脂質異常症、高血圧症といった、いわゆる生活習慣病の発症と、血液・血管のコンディションは密接に関係しているのです。 早速、あなたの血液の状態を下の『血液サラサラ判定テスト』でチェックしてみましょう。 ドロドロと判定された方は、何が原因になっているのかを確認して、生活習慣を見直すことが大切です。 また、サラサラの判定だった方も油断は禁物。 休むことなく全身を流れる血液の状態は、生活習慣によって常に変化しています。 血液サラサラ判定テスト 血液の成分とその働き 血管はただの管ではない 血管は単なる血液の「通り道」ではありません。 血液循環を滞らせないようにサポートするのが血管です。 血液循環のスタートは心臓です。 血管は、心臓から出る弾性に富んだ太くて強い動脈と、太い血管から枝分かれして細くなり、細胞組織で酸素や栄養素、老廃物などの受け渡しをおこなう毛細血管、役目を果たした血液が心臓に戻るための静脈の3種類があります。 血管のほとんどが毛細血管で、血液の大切な役割も、主に毛細血管でおこなわれています。 全身の血管を繋げるとなんと約9万km(地球2周余り)もの長さにもなります。 血液は「健康のバロメーター」 実際に、血液の流れをMC-FANという装置を使って見ることができます。 これは、人工的につくった毛細血管モデルに、採取した血液を流し、顕微鏡で2000倍に拡大しながら血流を見るものです。 血液の流動性を見れば、いまある疾患も、まだ健康診断結果に出ていないような小さな問題も一目瞭然。 それでは実際に画像を見てみましょう。 流れの悪いドロドロ血液とは、赤血球や白血球がうまく変形できず、毛細血管を通りにくくなったり、血小板が必要以上に凝集して詰まったり、白血球が粘着しやすくなった状態にある血液のことです。 MC-FAN画像 ドロドロでも状態はさまざま 血液のドロドロ状態は、食事や飲酒、過労、ストレスなどによって具合が異なります。 同じドロドロでも状態はさまざまです。 ネバネバ血液 血糖が増えると赤血球の膜に作用して、柔軟性が低下し、変形能が低下します。 すると、細い血管内をスムーズに通ることができなくなります。 また、本来はくっつき合わない性質の赤血球が、塊になることでネバネバに。 血糖値が高めの人は要注意です。 ベタベタ血液 過労や寝不足、ストレスが続くと白血球の粘着性が高くなり、白血球同士がくっついて血管壁につきます。 これが、血液の流れを悪くする原因に。 ザラザラ血液 アルコールや糖質のとりすぎは、血小板の凝集性と粘着性を高めます。 また、中性脂肪の燃えかすであるレムナント量が増えると、より血小板の凝集能を高めてしまいます。 血中脂質の値が高い人は要注意です。 これらは、生活習慣が密接に関係していて、とくに心疾患と脳血管疾患は、血管の老化、つまり動脈硬化によって起こる病気といっても過言ではありません。 本来、健康な人の血管は、柔軟性、伸縮性がありますが、それが失われて血管全体が硬くなったり、内腔が狭くなった状態が動脈硬化です。 基本は栄養バランスを考え、1日の適正エネルギーを守りながら3食きちんと、よく噛んで食べること。 主食・主菜・副菜・汁物の定食スタイルを取り入れると、バランスがとりやすくなります。 オススメは、1日の食事の中に、上手に取り入れて欲しい8種類の食品。 「オサカナスキヤネ」と覚えましょう。 そして、気をつけたいのが糖質の過剰摂取です。 ごはんやパン、お菓子、果物といった糖質のとりすぎは中性脂肪を増やします。 中性脂肪はメタボの元凶。 糖質は、総摂取エネルギーの50%程度を目安にし、適量を守りましょう。 血液サラサラ・血管ピチピチに役立つ8種類の食品 運動も忘れずに サラサラ血液、ピチピチ血管づくりには、運動を継続することも大切です。 ジョギングやウォーキングなどの20分以上の有酸素運動は心臓や肺の機能を高めたり、中性脂肪や体脂肪を燃焼してくれます。 おなか周りの体幹部の筋肉を刺激することで、おなかが引き締まり、消費エネルギーもアップします。 食事のアンバランス、運動不足など、わかっていながら不摂生な生活習慣を続けていると、血管の老化は静かに知らないうちに進行していきます。 本物の健康力を手に入れるため、今年は血液と血管に注目し、食事や運動習慣を見直してみてください。

次の

血液をサラサラにする飲み物!手軽に摂れる飲み物4選

血液 サラサラ 飲み物

血管の修復のため、血小板が集まって血液の流れが滞っている。 血液中の脂質や糖質が増えてしまっている。 血液の成分が変形してしまい、血液が上手く流れていない。 など、様々なパターンから ドロドロの血液=血流の悪い状態になってしまいます。 血液がドロドロだと、何がいけないの? 自分の血液がドロドロだと自覚していても、何が悪いのか分からない。 ぼんやりと健康に悪いのは分かっているけど… …と、そのまま後回しにしている人も多いと思います。 ここで、血液がドロドロだと、自分の体にどのような影響があるのか説明していきますね。 血液がドロドロになる原因はこちらでまとめています 体の不調が出る 血流が悪くなることによって、 体のすみずみに「酸素や栄養素を運ぶ」という大切な 血液のはたらきが阻まれます。 そのため、• 肩こり• 手足の冷え• 疲労感 など 体の不調が起こります。 恐ろしい病気の原因になる 先程の体の不調が出るだけでも日常に差し支えますが、もっと怖いのが 病気の原因になるかもしれないということ。。 よくいわれているのが脳梗塞や心筋梗塞といった命を脅かすような病気。 ここで伝えておきたいのが、血液がドロドロというだけでは、太い動脈の流れを悪くすることはないということです。 けど、なぜ動脈をつまらせてしまう原因となるかお話しします。 悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪などが増えると動脈の内膜に張り付きやすくなり、コブのようなものができます。 その結果、血管内膜は厚くなります。 血管は狭くなり、動脈硬化が進行していきます。 このコブは破れやすいためその傷を修復しようと血小板が集まると、 さらに血管は狭くなり、血栓(血小板のかたまり)となり血管を詰まらせる原因となります。 この 血小板が固まりやすい状態が、血液ドロドロの状態なのです。 このような事態になってしまっては、手遅れになってしまいます。 かといって明日から全く違う生活習慣にするというのも、難しいですよね。 そこで、今回は手軽に始められる飲み物に着目して、ご紹介していきたいと思います。 血液をサラサラにする飲み物(コンビニ編) ほとんどがコンビニなどでも手に入るものなので、 お昼ごはんのお供やおでかけの際に参考にしてみてください。 お水 一般的に血液をサラサラにするのに効果的だと言われているのがお水です。 水分不足に陥ると、血液中の水分も足りなくなりドロドロとした血液になってしまいます。 こまめに摂取するようにしましょう。 とはいってもどんなお水でも良いというわけではありません。 夏場は冷たいお水を飲むと気持ちがいいですが、これは体を冷やしてしまいかえって体の調子が崩れる危険が! コンビニなどで購入した際は少しおいて 常温に戻してから、飲むようにしましょう。 お水を買うのは…と抵抗のある方は、一度やかんなどで沸騰させたお水を冷まして飲んでみましょう。 少し温かい白湯の状態で飲むと、体も温まり血行が良くなるなどの美容効果ものぞめます。 また、余談ですがお水をこまめに摂取することは、 尿管結石の予防にもなります。 暑い夏だけでなく、冬もこまめに摂取するようにしましょう。 お茶 お茶の中でもそれぞれ違ったはたらきを持っています。 どのような働きから血液をサラサラにしてくれるのか、詳しく説明していきます。 緑茶 緑茶に含まれるポリフェノールの一種「 緑茶カテキン」には抗酸化作用があります。 そのカテキンが、血中の善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)のバランスを整えてくれます。 その結果、血中の脂質のバランスを正し、血栓を出来づらくするという働きがあります。 麦茶 麦茶って独特の香ばしいにおいがありますよね。 あの 香ばしいにおいに、血液サラサラの秘密が! 香ばしいにおいの元になっているのは、「 アルキルピラジン」という成分。 この成分が血液の流れを良くする働きをもっているのです。 また、麦茶に含まれる「 GABA」という成分は、動脈硬化の原因となる中性脂肪やコレステロールを減らす働きがあります。 烏龍茶(ウーロン茶) 烏龍茶には、「 ウーロン茶ポリフェノール」が多く含まれています。 このウーロン茶ポリフェノールが血中のコレステロールを抑制したり中性脂肪の燃焼を促すはたらきをもっています。 お酢 お酢には、「 クエン酸」が含まれています。 このクエン酸は、赤血球の変形能を高めてくれる働きがあります。 変形能が高いと、狭い血管でも通り抜けるサラサラとした血液であることを指します。 また、お酢に含まれる「 酢酸」には内臓脂肪を減少させる機能もあるため、肥満が気になる方のダイエット飲料としてもおすすめです。 お酢は苦手な方が多いと思いますが、昔と違いリンゴ酢やブルーベリー酢など、飲みやすい飲料も沢山販売されています。 自分に合ったお酢を探してみるのも、楽しそうですね。 こちらはコンビニよりスーパーの方が種類も豊富だと思うので、買い出しのついでにお酢コーナーを覗いてみてください。 ココア ココアには、チョコにも含まれている「 カカオポリフェノール」が含まれています。 この成分は、血管をしなやかにしたり、悪玉コレステロール(LDL)の酸化を防ぎ動脈硬化の予防をする働きがあります。 また、ココアは体を温めてくれるので、寒い時期や冷え性の方にもおすすめです! しょうが しょうがに含まれている「 ショウガオール」という成分が、体をあたためて血流を促してくれます。 このショウガオールはしょうがを加熱することで増える成分です。 とはいっても、しょうがを手軽に摂るのは難しそうですよね… そんなあなたにおすすめしたいのが、「 生姜ココア」です! レシピはこちら! <材料>• ココア• 生姜(刻み・すりおろし・チューブどれでも可)• 水 ただ、砂糖を沢山いれてしまうと本末転倒なので、入れすぎないように注意して下さい! 豆乳 大豆には「 サポニン」という成分が含まれています。 サポニンは血栓ができるのを抑えるはらきがあったり、コレステロールの除去にも効果的です。 ちなみに、このサポニンはお肌の新陳代謝を促したり、シミ・シワ予防、ニキビ防止にも効果があるため、女性や美容に関心のある男性にもおすすめです。 血液サラサラを早く実感したい方は「大正DHA・EPA」がオススメ 大正製薬の高品質カプセル「大正DHA・EPA」 こちらはコンビニなどで市販はされていませんが、中性脂肪の低下の働きを期待できます。 飲み物では摂取の難しい「 EPA、DHA」を手軽に摂ることのできる商品! このEPA、DHAはイワシやサバのような青魚に含まれている栄養素で中性脂肪を低下させる働きがあります。 しかし、魚を毎日摂取するのは難しいですよね。 魚の匂いが気になったり、調理や後片づけが大変だったり… 魚好きな私でも食卓に並ぶのは、2日1回ほど。 その点、こちらは 1日にたった5粒飲むだけでOK! 5粒飲むだけで、中性脂肪を低下させる作用のあるDHA、EPAを合わせて600mgも取ることが出来ます。 ドリンクタイプのものも見かけますが、旅行やお出かけの時にかさばってしまったり、荷物が重たくなってしまうことがありますが、こちらは個包装になっていて、 かさばらないので外出時にも持ち出しやすいのが特徴です。 1日分が1つの袋に入っているので、飲み忘れを防ぐことができるのも人気のポイントのようです。 早く効果を実感したい• 有名メーカーのものを飲みたい• 青魚が苦手• 手軽に飲みたい• 面倒くさがり こんな方におすすめのカプセルです。 血液ドロドロになってしまう飲み物 先程は血液サラサラに効果的な飲み物を紹介しました。 血液がサラサラになる飲み物があるということは、 反対に血液がドロドロになってしまう飲み物もあるんです! お酒 アルコールも少量なら、血行を促進してくれるので血液サラサラにも効果があると言われています。 しかし、 飲みすぎると肝臓に負担をかけることに… 肝臓は血中のコレステロールの量を調節してくれる機能があるためはたらきを低下させてしまう恐れがあります。 血行促進や、赤ワインのポリフェノールなどは確かに血液サラサラに効果的と言えますが、 他の飲み物でそのはたらきを期待したほうが安心ですね。 ジュース ジュースなどの 砂糖が沢山入った飲み物は要注意! 過剰に摂取された糖分は肝臓で中性脂肪として変換されてしまいます。 中性脂肪は動脈硬化の原因のひとつです。 血液をサラサラにしたいのであれば、避けるのが良いでしょう。 まとめ 意外と知らなかった、血液サラサラにする飲み物もありましたか? それぞれのはたらきにも特徴があるので、自分に合った飲み物を続けることが大切です。 自分の体のために、自分の大切な人のために。 血液をサラサラにしてくれる食べ物については、以下のページでお話しています。 血液サラサラにする飲み物!コンビニで見つかるものをピックアップ関連ページ 漢方では「体を温めること」をとても大事に考えるようです。 それが血液をサラサラにしてくれる効果があるからです。 薬剤師さんがおっしゃるには、「土の中で育つ野菜」は体を温めていいらしいです。 ゴボウや人参やレンコン、山芋、ネギ、ニンニク、生姜は毎日どれか少しずつでも食べて下さいと、よく言われています。 毎日の食事に少しでも多くの「血液サラサラ」にする食材を使うと食生活が改善され、健康な体を目指せるのではないでしょうか。 毎日手軽に作れるものといえば、みそ汁です。 まず、お味噌が発酵食品なので体にはよいものです。 ワカメとお豆腐のみそ汁は美味しくて簡単なのでおすすめです。 高血圧は自覚症状がほとんどないため、数値が高くても対策をしない方も多いようですが、実はじわじわと血管を蝕む恐ろしいものなので早めの対策が必要です。 毎日の生活に「酵素ドリンク」をプラスして「サラサラ血液」を目指してみませんか。 最近「血糖値が気になる」。 あるいは、かかりつけのお医者様に「このままでは糖尿病になってしまいますよ」などと言われた方、今、なにか努力されていますか?中々行動に移せない継続出来ないという方におすすめなのがダイエットにも最適のサラサラ飲み物「サラシア美健茶」です。 ささっとスライスした玉ねぎを軽く水にさらして、ポン酢をかけていただくという方法は口の中もさっぱりとして美味しい食べ方ですよね。 この玉ねぎとポン酢、実は共に血液サラサラの効果がある食材として人気があります。 玉ねぎにはアリシンという成分が含まれているんです 脳梗塞というのは朝や夏に多いと言われています。 どうしてなのでしょうか。 実はこれは水分量が不足しているからだそうです。 寝ている間や夏というのは知らず知らずのうちに身体の中から水分が蒸発して行きますので、血液に含まれているはずの水分量も減ってしまいます。 血液をサラサラにするのに効果的と言われている野菜の種類は沢山あります。 例えば、「セロリ+たまねぎ」、「小松菜+セロリ」、「たまねぎ+にんじん+生姜」、「チンゲンサイ+オレンジ」、「トマト+にんじん+りんご」などがあります。 血液サラサラに良い、サプリdhcについてですが、「さらっとサイクル」というサプリメントがお勧めです。 「香酢」、「ナットウキナーゼ」、「赤ワインエキス」、「イチョウ葉」、「クエン酸」が一度に摂れるのでお勧めです。 血液の検査値がどのくらいの場合に危険信号が出るかご存知でしょうか。 以下のような値の場合、血液がドロドロの可能性があります。 納豆というと昔は血液さらさらになるという印象が強かったと思いますが、一方で嘘ではないか、血液を固めるのではないかという話があります。 実際のところ効果はどうなのか、気になる真相についてお話ししていきます。

次の

血流を良くする飲み物・食べ物って?血流改善のための食習慣

血液 サラサラ 飲み物

サラサラの血液は水分補給から 実は「サラサラの血液」や「ドロドロの血液」という表現は、医学的には適切ではないと提唱している循環器系の医師が多くいます。 これは、サラサラの血液が赤血球や白血球などの血液の成分に問題がなく、血流が良い状態を意味している言葉だからであるというのが理由です。 つまり、医学的には「粘度が高いだけの血液」は問題がないとも言えます。 一方で、血液の粘度が高い状態を放置することは、血行不良につながることであり、血中のコレステロールの蓄積を招くおそれがあることが知られています。 そのため、放置するべきではありません。 そこで、サラサラの血液を目指すのであれば、まずは十分な水分補給を考えましょう。 サラサラの血液になるために水分補給をする場合は、次の飲み物が良いと言えます。 ミネラルウォーター• スポーツドリンク もちろん、水分補給ですからミネラルウォーターは言うまでもないでしょう。 また、スポーツドリンクはイオン調整がしてあり、体内にスムーズに吸収されるようになっています。 そのため、即効性がある飲み物と言えます。 成分ではカテキンが圧倒的 サラサラの血液を目指すとき、最も頼りになる成分は「カテキン」です。 単純に水分補給をするだけでなく、サラサラの血液になる成分を多く含んでいる飲み物を摂取したいのであれば、カテキンを豊富に含む飲み物を飲むことが良いと言えます。 カテキンは、一般的には「茶」に多く含まれています。 一般的には、次の飲み物などがあります。 クマザサ茶• タンポポ茶• 烏龍茶• 麦茶 緑茶には「カテキン」が豊富に含まれていることがよく知られています。 また、クマザサ茶はカテキン以外にも、葉緑素(クロロフィル)や食物繊維も豊富に含まれています。 葉緑素は解毒作用(デトックス効果)が高く、血液サラサラ以外の効果でも注目されています。 タンポポ茶はカテキンを摂取できるだけでなく、ノンカフェインで体に優しいことが特長です。 職場に女性がいる場合には、職場の飲み物として推奨すると喜ばれやすいと言えます。 烏龍茶には「ポリフェノール」も含まれており、このポリフェノールにも血液をサラサラにする効果があると期待されています。 そのため、かなり効果は高いと思われますが、胃弱の人には向いていないという面もあります。 麦茶には「アルキルピラジン」や「GABA(ギャバ)」も含まれています。 アルキルピラジンには、「血流改善」の効果があることが研究で発見されています。 また、ミネラルウォーターよりも効果的であると実証されています。 さらに、GABAが中性脂肪の数字を下げて血流を改善する効果は厚生労働省も認めており、トクホ(特定保健用食品)の中にもGABAを含む商品は複数あります。 コンビニなどでも簡単に購入できますし、麦茶にこだわってみるのも良いと思われます。 オレンジジュース• 梅ジュース• コーヒー• トマトジュース• スムージー(野菜ジュース)• ココア このような飲み物は、子どもや女性でも飲みやすいので、家族で楽しみながら血液サラサラを目指すことができます。 オレンジジュースには、抗酸化作用があります。 また、オレンジに含まれるビタミンCには血栓を防ぐ効果もあるため、血管の状態を良くできると考えられています。 そして、トマトジュースは「リコピン」を含んでおり、こちらに抗酸化作用があるので、同様の効果が期待できます。 同じような効果は、スムージー(野菜ジュース)でも期待できます。 トマト、ニンジンなどでリコピンを摂取できますし、オレンジなどの柑橘類を使えば、抗酸化作用が期待できます。 また、ほうれん草に含まれているビタミンKやカリウム、セロリに含まれるビタミンやミネラルや食物繊維、玉ねぎに含まれる「硫化アリル」などが、血液サラサラの効果が高いと言えます。 スムージーを作る際には上手に使いたい野菜です。 他には、梅ジュースに含まれる「クエン酸」が血液サラサラに効果的です。 お酢にも含まれているので、飲む酢などで摂取する方法もあります。 こちらは大人の女性に人気の方法です。 子どもと一緒に飲む場合には、オレンジジュースやココアがオススメです。 特にココアは「カカオポリフェノール」「ミネラル」などが豊富で血液サラサラに効果を発揮してくれますし、「テオブロミン」の効果で自律神経の乱れも改善してくれます。 このような効果が総合的に発揮されることで、末梢部位における血行不良を改善するためには適切な飲み物であるとされています。 大人の知識としては? 会社の同僚など、同年代で血液をサラサラにしたいと話題になっても、お茶を飲むくらいでは話も進みません。 そこで、大人同士の付き合いの中で使える、血液サラサラに効果的な飲み物を紹介しましょう。 ワイン ワインは、一見すると体に悪いイメージがあります。 特に血液サラサラとは無縁のような印象ですが、実際には効果があると言えます。 ただし、適量を摂取した場合のみです。 飲みすぎると体を壊す原因となるため、やはり注意が必要です。 ワインには「ポリフェノール」が多く含まれているため、適量であれば、血液がサラサラになると言えます。 しかし、飲みすぎは禁物です。 また、「血流改善」や「血栓の生成を阻害する」などの効果があります。 飲みすぎたり、同時に脂肪分の多い食品を摂取しすぎたりしてしまうと、逆効果になります。 その点に注意して、適量を摂取するのであれば、ワインは決して体に悪いとは言えません。 少し値段が高いですが、中性脂肪を下げるトクホの飲料もあります。 トクホは国から効果があると認められた食品です。 こちらも上手に活用してみましょう。 まとめ 血液をサラサラにする食材はたくさんあります。 しかし、時間がないときには、効果的な成分を多く含んでいる飲み物を飲むことが圧倒的に早いと言えます。 また、継続しやすいという点でも、飲み物は有効であると言えます。 ここでは血液をサラサラにする飲み物を紹介しました。 どれか一つにこだわってみるのも良いですし、周りの人と一緒に飲める飲み物を考えても良いでしょう。 とにかく、ここで紹介した飲み物の中に自分の好みの物があれば、それから始めてみるのが良いでしょう。

次の