内臓 脂肪 を 落とす 食べ物。 脂肪燃焼を促進する食べ物・飲み物一覧!皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは?脂肪燃焼野菜スープレシピもご紹介

1ヶ月で体脂肪率を落とす生活とは-ためない食事と燃やす運動

内臓 脂肪 を 落とす 食べ物

タンパク質はダイエット中に避けられがちな食べ物ですが、実は脂肪の燃焼に関わる栄養素です。 タンパク質ダイエットという方法も確立されているほど、タンパク質と脂肪とは大きな関わりがあるのです。 タンパク質が 内臓脂肪を減らす仕組みについて、ご紹介します。 内臓脂肪を減らす食べ物(体を作るタンパク質) 食べ物(タンパク質)でダイエットができるということをご存知でしょうか。 タンパク質ダイエットというダイエット方法もあるほど、 食べ物(タンパク質)はダイエットや 内臓脂肪の落とし方に大きく関わってきます。 通常、 内臓脂肪の落とし方や体重を落とすだけのダイエットでは、肉や魚を避け、野菜を増やすという食事制限が行われることが多いです。 食べ物(タンパク質)が不足することで、筋肉の量が減るので比較的早くに体重は落ちていきます。 そういった意味では、体重だけを落としたいのなら効果的なダイエットといえるでしょう。 しかし、筋肉を失うということは、体が生きていくために必要なものを失ったと認識してしまうので、足りない筋肉を脂肪で補おうとして 内臓脂肪や皮下脂肪などを貯め込もうとしてしまいます。 実は、短期間で体重が落ちたと思っていても、 食べ物(タンパク質)が偏ることで太りやすい体を作っているということもあるのです。 タンパク質ダイエットでは、 食べ物(タンパク質)の量を増やして筋肉を増やし、脂肪代謝を上げていこうというダイエットなのです。 食べ物(タンパク質)には動物性のものと植物性のものがあります。 このうち、動物性タンパク質は、卵や肉、魚、乳製品に多く含まれています。 スポーツ選手が筋肉を増やす時に意識して食べているのは動物性タンパク質の方で、必須アミノ酸の量が植物性に比べて豊富なので筋肉を作りやすいといったメリットがあるからです。 牛乳にはたくさんの動物性タンパク質が含まれていますが、摂取カロリーを抑えたい 内臓脂肪の落とし方に気を使っている人やスポーツ選手には低脂肪や無脂肪の牛乳がオススメです。 牛乳にはタンパク質を吸収するために、大切なミネラルという栄養素もたくさん含まれているので、効率よくタンパク質を吸収することができて、 内臓脂肪の落とし方の鍵になると言っても良いほど、筋肉を効率的に作るのに役に立ちます。 植物性タンパク質を摂るなら 納豆がオススメです。 発酵食品ですので、たくさんの酵素を含んでいて、カルシウムなどのミネラルも豊富ですから、 内臓脂肪を効率的に落としていく働きが強い食べ物です。 毎朝の食事に納豆を取り入れただけで内臓脂肪の落とし方に成功したという人もいるほど、日本人には相性の良い食べ物(タンパク質)になります。 内臓脂肪を減らす青魚(EPA(エイコサペンタエン酸)) 内臓脂肪は、中性脂肪が内臓の周囲に蓄積された状態です。 この中性脂肪が 内臓脂肪の憎い原因となるのですが、中性脂肪を作り出しているのが乳製品や動物性脂肪に含まれる飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸です。 飽和脂肪酸の摂取量が多いほど中性脂肪が溜まりやすい状態になりますが、青魚に含まれるEPAには飽和脂肪酸を不飽和脂肪酸によって抑制する働きがあります。 そのため、 体内に溜まった中性脂肪は生きていくために効率よく燃焼されるようになり、内臓脂肪の減少を加速させることになります。 血液をサラサラにする効果も高く、血流を良くする成分としても知られていて、 血行を促し脂肪を燃焼しやすい体作りにも効果があると言われています。 内臓脂肪に良好な食べ物!豚肉(L-カルニチン,ビタミンB群、アラキドン酸 豚肉に含まれる L-カルニチンや ビタミンB群、 アラキドン酸という成分には、 中性脂肪を燃焼させて悪玉コレステロールの増加を抑制する働きがあります。 アラキドン酸には脳に満足感をもたらす効果もあり、「肉を食べると満足する」という気持ちを満たすこともできます。 動物性の油脂は飽和脂肪酸と呼ばれ、中性脂肪の原因になると言われていますが、脂身の少ないロースの部分ならば脂肪の摂取を抑えて豚肉の持つ脂肪燃焼効果を取り入れることができます。 油を落とすために、網焼きにしたり湯にくぐらせたりする調理法でさらに脂肪が落ちて ダイエットには効果的です。 内臓脂肪の落とし方を気にする方に、おすすめの方法です。 内臓脂肪の落とし方は豆腐(大豆たんぱく質)で筋肉を作る 豆腐は、大豆のタンパク質をそのまま摂取できる健康的な食品です。 立派なおかずの一品にもなるので、ダイエット中の食卓にボリュームを出すこともできます。 タンパク質は、3大栄養素のひとつで、 筋肉のもとを作っている栄養素です。 スポーツ選手がタンパク質を積極的に取り入れて、筋肉を増やしていることを知っている人も多いことでしょう。 筋肉が増えるということは、体重もそれだけ増えていきますので、ダイエットとは相反するもののようです。 しかし、実は 筋肉が増えることで脂肪の代謝をあげていけるので、ダイエットには最適な栄養素でもあるのです。 タンパク質は主にアミノ酸で構成されていて、動物性のタンパク質と植物性のタンパク質とに分類されます。 豆腐は植物由来なので、配合されるタンパク質は すべて植物性タンパク質です。

次の

内臓脂肪を効果的に落とす方法【筋トレ・呼吸法・運動】

内臓 脂肪 を 落とす 食べ物

内臓脂肪を落とす効果がある食事レシピを紹介! 内臓脂肪がつきやすい原因としては、糖質の高いものだったりお酒の飲みすぎだったり、食事でのカロリー摂取のしすぎが上げられます。 内臓脂肪を減らすための食事メニューを考える際は、内臓脂肪の原因になりやすい食材を取り除いていく必要があります。 他にも脂質が高いものや添加物が多いものを避けると、身体に気をつけた食事が出来るのでおすすめになります。 内臓脂肪を落とす効果がある食事レシピをいくつか紹介していきます。 参考にしてみてください。 食物繊維たっぷりのスープ 低カロリーで脂肪を減らすことでき、便通を良くしてくれる効果のある食物繊維を取り入れたスープレシピです。 簡単に味付けをするならトマト缶やコンソメスープなどで作っていくのがおすすめになります。 エノキや舞茸、エリンギなど比較的食物繊維が多めのキノコをはじめ、低カロリーで人気な野菜を入れて煮込んでいきます。 根菜類は糖質が高いのでなるべく避けるようにしましょう。 また一緒にタンパク質であるタマゴや豆腐などを入れると、内臓脂肪の燃焼効果が望めるので取り入れていきましょう。 ボリュームが欲しい場合は、脂質が少なめの鶏肉を入れて一緒に煮込むのがおすすめになります。 ちゃんこ風味、ゆず味、キムチや塩など、スープのバリエーションを変えると飽きにくいです。 放っておくだけで作れる味付きサラダチキン 高タンパク質、低カロリーとダイエットをしている人の間で親しまれているのがサラダチキンです。 サラダチキンはコンビニでも購入できますが、家庭でも簡単に作れることができます。 最初に用意した鶏胸肉(ササミでも可)に穴を開けていき、密封された袋に入れます。 お酒を大さじ1、片栗粉、砂糖を小さじ1、塩を少々入れていきます。 家庭で作る場合は、好きな味付けをすることができるので飽きずにサラダチキンを楽しむことが可能です。 ハーブソルトや、ブラックペッパー、塩麹などあっさりしていて低カロリーのものをいれて揉み込みます。 1時間ほど冷蔵庫に入れたら、沸騰したお湯の中で4分茹で冷めるまで蓋をして放置したら完成です。 燃焼食材を詰め込んだグラタン タンパク質が多く、内臓脂肪を減らすのに最適な食材を詰め込んで作るグラタンもおすすめメニューです。 炭水化物は、内臓脂肪が作られやすいので入れずに水切りした豆腐(おからでもOK)をベースに敷き詰めていきます。 その上から玉ねぎやブロッコリー、鶏肉、ゆで卵、ほうれん草などタンパク質が多めのメニューをゴロゴロと炒めていきます。 炒めたものを豆腐の上からいれて、チーズをたっぷり乗せてオーブンで焼くだけで簡単にグラタンが完成します。 ホワイトソースは、豆乳に塩やコンソメで軽く味をつけていくと糖質も低めに作ることが出来るので便利です。 私はどうしてもダイエット中にイタリアン料理が食べたくなったら作るようにしている美味しいレシピになります。 内臓脂肪がつくと起きるデメリットとは? 見た目には現れにくく、危険視されにくいですが内臓脂肪がついてしまうことによって起きるデメリットはかなり多いです。 見た目には出ないからと言って、あまり気をつけていない人もいますが皮下脂肪よりも実は危険が高い脂肪と言われています。 そこで内臓脂肪がつくことによって起きる身体への異常、デメリットについて紹介していきます。 内臓脂肪が多いという人は、デメリットをしっかり知っておくことで生活を見直して病気を防いでください。 高血圧や高脂血症の原因になる 内臓脂肪は、臓器の周りに脂肪がつきやすいので血液の中に中性脂肪が増えていきます。 中性脂肪が増えると高脂血症が起きやすく、動脈硬化の原因に繋がるのもこの病気です。 内臓脂肪が多いだけでなく、タバコを吸う人やストレスが溜まりやすい人もこの病気になりやすいです。 高脂血症だけでなく、高血圧も内臓脂肪によって起きやすく同じく動脈硬化が起きてしまいます。 動脈硬化により、脳梗塞が起きる可能性も高くなるので注意が必要です。 糖尿病の原因になる 内臓脂肪が増えることによって、身体の中を流れている血液の糖分が高くなると言われています。 内臓脂肪によりインスリンと呼ばれる血糖値を調整してくれる機能が正常に動かなくなるので、糖尿病が置きやすくなります。 糖尿病の人がインスリンを注射しているのは、弱ったインスリン機能が低下しているのが理由です。 お米やパンなどの炭水化物や甘いスイーツを多く食べている人は、より糖尿病になりやすいので注意が必要です。 糖尿病は手足がしびれたり、頻尿や目のかすみを起こしたりと日常生活に支障が出やすいです。 さらに合併症が引き起こることにより、腎臓の機能が低下したり心筋梗塞が起こりやすくなったりする危険性もあります。 合併することで危険な病気を引き起こす 高血圧や高血糖など、身体にとって危険な状態が続くと命に関わる病気になることもあるのが内臓脂肪です。 身体に危険な原因が揃うと合併症が起き、血管が固くなって引き起こる心臓病や、脳の血管が詰まることによって起きる脳卒中なども置きやすいです。 合併症は特に初期症状が分かりにくく、発見が遅れると後遺症が残ったりする場合もあり内臓脂肪が起こす病気はかなり危険です。 健康診断で高血圧や高脂質、高血糖などの異常が見られた場合は内臓脂肪が原因になっていることもあるので注意しましょう。 普段から気をつけておくことで、防ぐことができる病気なので日頃から内臓脂肪の量を意識しておく必要があります。 私も血圧が高いことが続くなあと思ったら、食事を改善するように心がけています。 まとめ 中々見た目に出ない部分の健康からは目をそらしがちですが、危険な内臓脂肪は日頃からケアが大切です。 特に引き起こる合併症は、生活に支障が出たり命の危険にさらされたりすることもあります。 日頃からお酒をたくさん飲んでいる人、外食、偏った食生活をしている場合は見直しが大事です。 私も脂肪が増えてきたなと思ったらヘルシーな内臓脂肪を落とすメニューを取り入れることで調整しています。 普段から自炊しない人でも簡単に作れるメニューばかりなので、食生活を改善したい人は挑戦してみてください。

次の

内臓脂肪を効果的に落とす方法【筋トレ・呼吸法・運動】

内臓 脂肪 を 落とす 食べ物

「 女性は生まれたときから皮下脂肪が多く、男性とくらべて内臓脂肪がなかなかつきません。 これは、女性ホルモンであるエストロゲンのおかげです。 エストロゲンには、内臓脂肪の分解を促して、 皮下脂肪に変える作用があるからです。 また、エストロゲンには血圧を下げたり、動脈硬化を防いだりする働きもあり、生活習慣病から女性を守ってくれています。 閉経をむかえると女性ホルモンが少なくなるため、女性にも内臓脂肪が付いてきます。 しかし、若い女性も油断できません。 脂肪を摂取し過ぎれば年齢にかかわらず内臓脂肪が増えます。 また、 意外に多いのが無理なダイエットです。 じつは、女性ホルモンは、卵巣だけでなく、女性に多い皮下脂肪でも作られています。 そのため、 ダイエットし過ぎて皮下脂肪を落としてしまうと、女性ホルモンが減って内臓脂肪が増えてしまうのです」 増えた体重のうち、6割が内臓脂肪の重さだといいます。 もし20歳以降に10キロ増えたとしたら、6キロは内臓脂肪なのです! 内臓脂肪がつきやすい人、つきにくい人の違いは? これはずばり、食事の内容と運動習慣の違いです。 「まず、 早食いをしないこと。 早食いをすると脳の満腹中枢が働く前に必要以上に食べてしまい、肥満につながります。 食物繊維が多い野菜、海藻、キノコ、豆類などの食品はしっかり噛まないと飲み込めず、噛むことで満腹中枢を刺激できるので、先に食べると早い段階で食欲にストップをかけられます。 また、噛む習慣がある程度身につくことも期待できます。 野菜は大きめに切るのが、早食いしないコツ。 食べにくく、噛む回数を増やすことができます。 次に、 お腹がすいていなければ食べないこと。 今の時代には、普通に食べていれば栄養不足になることは考えられません。 朝食を食べないほうが体調がいいなら、無理に食べなくても構いませんし、あとでお腹がすくのを心配して、先回りして食べる必要もありません。 体にはエネルギーの備蓄があるので、健康な大人であれば、一食くらい食べなくても問題ないのです。 食べているうちに満腹を感じたら、そこでやめるのも大切です」 内臓脂肪はすぐに減らせるのか? 「 内臓脂肪も皮下脂肪も1キログラムにたくわえているエネルギーは同じ7000キロカロリー(kcal)ですが、 内臓脂肪は皮下脂肪とくらべて、 脂肪の分解と合成を活発に行っています。 食べ過ぎるとすぐ付いてしまう一方で、 体内でエネルギーが不足すると、すぐに分解されて体のエネルギー源になります。 つまり、効果的に取り組めば皮下脂肪より先に落ちるのです。 このことから、 内臓脂肪を「出し入れしやすい普通預金」、皮下脂肪を「出し入れしにくい定期預金」にたとえることがあります」 内臓脂肪がついたとしても、食事と運動の見直しで、必ず減らすことができるのです。 内臓脂肪をなくすために、いますぐやるべき10のこと 最後に、今日からすぐにできる、内臓脂肪を減らすための10のアクションをご紹介します。 特に青魚に多く含まれるDHAとEPAは中性脂肪を減らすことで内臓脂肪をつきにくくしてくれます。 とくにDHAとEPAが多いのが背中の青い魚、サバ、サワラ、イワシ、サンマ、あとブリと鰻です。 今が旬のサンマの塩焼きなら、一皿でEPAとDHAを2日分以上摂取できます。 肉、乳製品を控える 肉と牛乳、乳製品は脂肪が多く、内臓脂肪が付きやすいうえに、これらの食品に含まれる脂肪はコレステロール値を上げやすいという欠点があります。 同じ部位に含まれる脂肪の量は牛肉>豚肉>鶏肉なので、可能なかぎり、牛肉を鶏肉に代えてください。 調理法の工夫も大切です。 できあがった料理に含まれる脂肪の量は、揚げる>焼く>煮るの順で少なくなります。 大豆製品を毎日一品食べる 内臓脂肪の蓄積は小さな習慣の積み重ねです。 内臓脂肪1kgにはエネルギーが7000kcalたくわえられているため、これだけで、一年後には約4. 2kg脂肪が落ちる計算になります。 果物より野菜、海藻を食べる 果物には、糖の一種である果糖という成分が多く入っていて、この果糖は肝臓で中性脂肪に変化します。 とくに日本の果物は甘いので、野菜の代わりにはなりません。 ビタミン、ミネラルは野菜から、食物繊維は海藻から摂るのを優先させてください。 アルコールは週に5合まで アルコールは肝臓で分解されるときに、飲んだ量に比例して脂肪が作られます。 また、食欲を高める作用もあります。 アルコール飲料による違いはなく、一週間の合計で日本酒なら5合が限度です。 (エチルアルコールの量にもとづいて換算すると、日本酒1合がビール/発泡酒中びん1本、焼酎0. 6合、ワイン4分の1本、缶チューハイ1. 5缶に相当) 8. 食生活は一週間単位で考える.

次の