超速 グランプリ ハイパー ダッシュ。 【ミニ四駆超速グランプリ】モーターの種類とおすすめ改造

ミニ四駆の最強モーターはどれ?

超速 グランプリ ハイパー ダッシュ

バンダイナムコエンターテインメントの新作スマートフォンアプリ『ミニ四駆 超速グランプリ』が1月15日より配信開始となりました。 リアルなセッティングで自分だけのオリジナルマシンが作れるのです。 ボディやシャーシ等の各種パーツはいわゆる「ガシャ」から手に入れるのですが、ちょっと回しただけでも「ミニ四駆」直撃世代の胸を焦がすような、熱い単語がいっぱい!あまりにもテンションが上がったので、無限に引き直しできる初回10連ガシャを回しまくって、出てきたパーツを当時のエピソードとともに振り返ります。 あの頃、僕は確かにレーサーでした。 」の星馬兄弟に習う形で、始めに「ソニックセイバー」を購入しました。 (もちろん、弟は「マグナムセイバー」) 始めは和気藹々と遊んでいたのですが、周囲の友人から 「お前のソニック、なんか黄ばんでね?」と言われるようになってから状況は一変します。 確かにソニックセイバーのボディはマグナムセイバーの白と比較して、若干乳白色を帯びていました。 今思えば些細なことではあるものの、「黄ばんでる」とからかわれては、どうしても気になります。 そんなモヤモヤを救ってくれたのが、「ブラックセイバー」でした。 」における初代悪役(後に改心)、「ブラック黒沢」の愛機。 リアウイングが可変するという独自の機構が、筆者の心を鷲掴みにしたのです。 「もう黄ばんでるなんて言わせない…!」 しばらくぶりにブラックセイバーの姿を見た時、あの頃の悔しかった気持ちが色鮮やかに蘇ってきました。 「僕はブラックセイバーで一番になるんだ」なんて言ってた気がします。 「僕も壁走りをするんだ!」と学校の廊下を蹴飛ばしては、担任の先生にめちゃんこ怒られてました。 申し訳ございませんでした。 シャフトの軽量化や駆動周りのパーツを買い換えることが、もっとも手軽かつスピードアップにつながる改造であると気付いたのは、しばらく経ってからのことです。 でも限られたお小遣いでミニ四駆を遊ぶと、こういう地味目なパーツよりゴテゴテしたパーツや新しいボディを優先して買いたくなったりするんですよね。 新しいボディといえば、思い出深いのが「ビークスパイダー」。 」において、前述のトライダガーXを切り裂くという衝撃的な登場をしました。 当然、筆者も浮気してビークスパイダーを購入したのですが、蜘蛛の巣を表現した網目模様のシールが綺麗に貼れなかったのです。 とても不恰好になってしまい、一人で泣いていました。 辛かった。

次の

ミニ四駆 超速グランプリのアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

超速 グランプリ ハイパー ダッシュ

ここから記事本編です! ここではシャーシとは何か、そしておすすめのシャーシやおすすめの改造方法について紹介していきます。 シャーシについて シャーシとはミニ四駆の土台となるパーツです。 種類によって性能は大きく変わります。 なのでコースにあった性能のシャーシを選ぶことがレースでの勝利に繋がります。 シャーシの種類についてです。 ・タイプ1シャーシ スタミナ耐久に優れたシャーシ。 ・タイプ2シャーシ パワーに優れたシャーシ。 ・タイプ3シャーシ タイプ1シャーシを軽量化しつつスタミナ耐久を維持するシャーシ。 ・FMシャーシ パワーとスタミナ耐久に優れたシャーシ。 しかしFMシャーシはFMボディとしか組み合わせられません。 またFMボディもFMシャーシとのみ組み合わせが可能です。 ・スーパー1シャーシ スラスト角が高くコーナー安定に優れたシャーシ。 スラスト角とはシャーシのスキルの数値です。 数字が大きいほどコースアウトの防止効果と減速効果が増します。 フロントにローラーを装着していないと意味がないので注意が必要です。 おすすめのシャーシについて 基本的にはタイプ2・3のシャーシをおすすめします。 どちらもストレートの適性を持っていてほかのどのシャーシと比べても速度がでます。 ゲーム序盤はスピード重視のマシンを作っていくことが基本なのでこの2つのどちらかがおすすめといえます。 また、マシンの安定性がなくコースアウトをしてしまう場合はスーパー1強化シャーシがおすすめです。 しかしスピードも落ちてしまうため、注意が必要になります。 シャーシごとにコース適正も違っているのでコースによってシャーシを選んでいくことも大切になります。 コースに合わせてシャーシを選ぶことで結果スピードアップに繋がり、それがレースの勝利に繋がります。 シャーシでかなりタイムを縮めることができるので、コースをよく観察をして適したシャーシを選びましょう。 おすすめの改造方法 シャーシの改造一覧です。 グリスアップ• 軽量化• 限界軽量化 2回• 電池落とし• 剛性補強 4回• ギヤ位置の調整 2回• 制振対策 4回• 超制振対策 2回 改造は一度おこなってしまうと別の項目に選ぶことはできないので注意が必要です。 おすすめの改造はギヤ位置の調整と限界軽量化の2つになります。 ギヤ位置の調整はこれといってデメリットもなく速度アップができる改造です。 特にコレ!という改造が決まっていなければ安定したこの改造をおすすめします。 限界軽量化はかなりの軽量化とスピードアップが見込める改造です。 しかしスタミナ耐久が下がってしまい長距離のコースには向きません。 短距離スピード勝負のコースの際におすすめの改造です。 あとはかぶったシャーシをリサイクルせず、複数同じシャーシを所持して用途に合わせて改造していくこともおすすめします。 コースに合わせてパーツを使い分けをしていくことが、どのレースでも勝利する鍵になります。 まとめ 今回はシャーシについて深く掘り下げてみました。 パーツ一つでも正直用途や適性を考えなければいけないのでセッティングに迷ってしまいそうです。 改造もいろいろ種類があり、選択が勝利の鍵になるので重要になります。 かなり奥が深いゲームになっていて夢中になれるゲームです。 この記事を少しでもプレイする際に参考にしていただけたら幸いです。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。 「ミニ四駆 超速グランプリ」のハイパーダッシュ・パーツピックアップについて 今回はハイパーダッシュについてとパーツピックアップについて触れていきたいと思います。 モーターのハイパーダッシュの性能や、ガシャのパーツピックアップについて紹介していきます。 ハイパーダッシュについて ハイパーダッシュとはモーターになります。 性能はこのようになっています。 ・性能• スピード:1900• パワー:1583• コーナー安定:0• スタミナ耐久:0• 重さ:17㎏ ・スキル• 長距離:3• しかし超速グランプリモードではハイパーダッシュの使用は禁止になっています。 なのでミニ四駆ワールドをサクサクプレイで進めていきたい場合はこのモーターをおすすめします。 パーツピックアップについて まずガシャについてです。 ・限定ガシャ 期間限定でおこなわれるガシャです。 イベントガシャやパーツピックアップガシャもこのガシャに含まれます。 毎回いくつかのパーツがピックアップされています。 また、スターコインで引くことが可能です。 1回で100枚のスターコインが必要で、10回で900枚の消費が必要です。 そしてこのパーツたちは、他のガシャでは入手できないパーツも含まれています。 ・常設ガシャ 常時おこなうことのできるガシャです。 1回に100枚のスターコインが必要になり、10回で900枚必要です。 ガシャにはゴールドガシャチケットが必要で、1回で3枚消費します。 パーツピックアップでは各パーツが期間限定でガシャで登場します。 パーツピックアップガシャについてです。 過去のパーツピックアップガシャでは先ほど紹介したハイパーダッシュや4:1スーパーカウンターギヤがピックアップされていました。 この他にも2020年3月開催のパーツピックアップガシャではゴールドターミナル・丸穴ボールベアリング・中空ステンレスシャフト・真中ピニオンギヤ・放熱フィン・中空軽量プロペラシャフトの6種類のパーツがピックアップされました。 しかしこのパーツピックアップガシャのパーツは他のガシャでも排出率は低いものの、普段のガシャからも排出されます。 また、このガシャを引くべきかどうかについてです。 パーツピックアップではピックアップされたパーツの排出率があがっていて、そのパーツが欲しい場合引くべきでしょう。 しかしスターコインが必要となるため無理のない範囲でガシャを回しましょう。 まとめ 今回はガシャについて、そしてハイパーダッシュモーターについて詳しく紹介させていただきました。 現在ハイパーダッシュが超速グランプリモードで使用不可なので、いつか使用可能になるといいなと思います。 チケットガシャはマップの周回などでチケットが入手できるので無課金でも比較的引きやすいガシャとなっています。 また、限定ガシャはスターコインが必要なため、課金が必要な場面も増えてきます。 無理のない範囲で自分の目当てのパーツを狙っていきましょう。 この記事をゲームをプレイする際に少しでも参考にして頂けたら幸いです。 また、このゲームに少しでも興味を持っていただけたらぜひ「ミニ四駆 超速グランプリ」をプレイしてみてください!.

次の

SG超速グランプリ一次予選

超速 グランプリ ハイパー ダッシュ

神速フェスが開催! 目玉パーツは「プロトセイバーEVO」! モーターの種類や特徴、どれを選ぶべきか、おすすめの改造などを紹介しているので、どのモーターを使うか迷った際に是非参考にしてください。 ギミックが多いステージはトルクチューン【 悩んだらコレ】 カーブや坂などのギミックが多いステージでは、マシンの最高速度に達する機会が少なく、何度も減速するため、再加速までの早さが重要になります。 トルクチューンは、加速に必要なパワーに優れているので、ギミックの多いステージではこのモーターを使いましょう。 MAP5までの攻略において出番が非常に多く、とりあえず悩んだらこのモーターを購入して改造を進めていきましょう。 現状ではモーターの基礎性能の良さから、多くのコースで好タイムを出せる優秀なモーターとなっています。 直線が長いステージはレブチューン 直線の多いステージは、減速する回数が少ないので、加速にかかる時間よりも最高速度が重視されます。 長い直線のあるコースではこのモーターを使用すると良いでしょう。 トルクチューンではパワー過剰になるコースや、長い直線のあるコースではトルクチューン以上の力を発揮できます。 持久力ならハイパーミニ、パワーを抑えたければノーマル 「ハイパーミニ」と「ノーマル」は、トルクチューンやレブチューンに比べると、活躍の機会が少ないモーターとなります。 しかし、全く活躍の機会がないわけではなく、ハイパーミニは持久力に優れ、ノーマルはパワーを抑えたセッティングをしたいときに有用です。 余裕があれば改造や強化を行なっておきましょう。 ハイパーダッシュが新登場! NEW 新たにハイパーダッシュモーターが新実装されました。 間違いなく、現状ナンバーワンの性能ですが 超速グランプリモードでは使用禁止となっています。 なので、今のところはMAP攻略が主な使い道になります。 序盤をサクサク進めたい、今後の強力なレーサーに備えておきたい、という方におすすめ。 なお、レギュレーションをかけていないエディットカップでは、使用可能となっています。 ウデマエ20でモーターを買い直す ウデマエ20に到達するまで、冷却ブレークインの改造は施すことができません。 かといってウデマエ20までの間ずっと改造しないのもMAPを進める上で効率的ではありません。 ですので、 ウデマエ20まではとりあえず他の改造を施して強化していき、ウデマエ20になったらいっそモーターを買い直してしまいましょう。 モーターはショップで交換 購入 できるので、そこまで大きな損失にはなりません。 改造がいまいちだった場合も、気軽にやり直しやすいパーツと言えるでしょう。 基本の改造は冷却ブレークインがおすすめ! ウデマエ20で解放される冷却ブレークインは、他の改造に比べて高い効果を発揮します。 トルクチューンならバランス重視、レブチューンなら回転数重視をそれぞれ優先的にスロットに加えていくのが良いでしょう。 それに次いで、3Vブレークインも優秀な改造となっています。 コースによって最適の改造が異なる? モーターの最適改造はコースによって異なると思われます。 コースによって最適となる改造は異なる、という点をふまえてにはなりますが、基本的にはスピードやギヤ負荷を中心に上げていきましょう。 【 番外編】デイリーミッションクリアに慣らし走行 デイリーミッションには、パーツ改造を成功させることがクリア条件になっているものがあります。 改造したいパーツがない場合は、改造がうまくいかなかったパーツの空きスロットで達成を行うのが良いですが、中でもモーターの慣らし改造は、モーター以外に素材が必要ないためおすすめです。 改造がうまくいかなかったモーターも、スロットが残っているものはミッション消化用に残しておくと良いでしょう。 パワーの低さが強みの一つなので、パワーにふるのはお勧めしません。 消費電力の低さで長期レース向きのモーターです。 超速グランプリでは、トップを目指す場合にそれなりの頻度で使用するので、スピード特化を作っておくのがおすすめです。

次の