小野小町モンスト。 2018.10.11 【激・獣神祭 開催!】激・獣神祭の新限定キャラクター「小野小町」が初登場!各種キャンペーンも!|モンスターストライク(モンスト)公式サイト

【モンスト】小野小町(おののこまち)の最新評価!適正神殿とわくわくの実

小野小町モンスト

曖昧さ回避• の人物をモデルにした、の登場人物の一人。 の登場人物の一人。 の登場人物。 の主人公。 のキャラクター モンスター。 生涯について詳しいことは明らかになっていないが、絶世のであったとの伝承が残る。 そのため、生誕の地がいくつか地方にあったり、言葉は悪いが彼女が野たれ死にをし、朽ち果てていくまでの絵画がいくつか残されている。 でもあり、やに彼女のが採録されている。 出生地は当時の出羽国、現在の湯沢市とされる。 「」、秋田県を中心に作付けされるの品種「」はこれに由来する。 ・と並び「世界三大美人」の一人、日本においての代表とされる。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

小野小町(モンスト) (おののこまち)とは【ピクシブ百科事典】

小野小町モンスト

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに… 概要 のプレミアムガチャイベント 『激獣神祭』で登場した火属性の女性型キャラクター。 モデルは世界三大美人にも謳われるの、。 担当声優は。 性能的には進化も神化もWアンチギミック持ちで、進化はサポート寄り、神化は火力寄りの性能をしている。 進化は攻撃力の高さとアビリティの恩恵で直殴りが強い一方で、新友情の 「状態異常回復ブラスト」と相手をHP吸収状態にするSSでHPを回復するサポート能力も併せ持っている。 神化は毒状態の相手に対し特攻の効果を持つ 「毒キラー」と、最も近い敵の中心に対して貫通弾を発射する新友情 「クロススティンガー」を持っており、攻撃寄りの性能となっている。 進化・神化比較• その正体は、 歌人に憧れて人の姿となったの。 進化前は蜘蛛が糸を紡ぐように歌を紡いで歌人としての生を楽しんでいる姿。 との特徴が混ざった独特の服装をしている。 進化後は自分を敵視し襲い来る相手を、余裕の佇まいで迎え撃つ姿。 首に巻いた反物を自在に操り、鋭く尖った武器のような形状や、蜘蛛の網のような形状へと変形させ、空間一帯を自分の巣として展開する。 こうして捕らえた敵を無慈悲に屠りながら恍惚の表情を浮かべるのだった。 神化後は雪降りしきる中、絡繰仕掛けの蜘蛛の使い魔を従え、しんと静まり返る虚空に向かって歌を詠む姿。 彼女の歌に呼応するように、透明な蜘蛛の腹中に次々と文字が浮かび上がり、漂っている。 この蜘蛛の使い魔は、かつて自分に熱烈に求愛し、百夜通いの末に命を落とした深草少将の生まれ変わりの姿である。 苦手なものが()となっているのは、薄荷の油が防虫剤として用いられるほどに虫にとって毒であることが考えられる。 関連リンク 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【モンスト】声優一覧とキャラまとめ【ソロモン/マナ/イシュタル】

小野小町モンスト

小野小町の和歌について 「小野小町の和歌」に関しては議論があります。 『 古今和歌集 こきんわかしゅう 』に収録されているものは小町のものとするのが通説ですが、その他の歌集のものは疑義が生じます。 例えば、後世の『小野小町集』には小町の作とされる歌が多く収められていますが、正確な判別には難しいものがあります。 そこで、今回は古今和歌集の歌に限って選出し、私の意訳を付しました。 なお、歌の最初の文字の五十音順に並べてあります。 小野小町の和歌 17首 秋風に あふたのみこそ悲しけれ わが身むなしくなりぬと思へば 【現代語訳】 秋風に吹かれる田の実は本当に悲しいものです。 飽きられて私がむなしい身となってしまったことを思うと。 【補足】「田の実」と「頼み」を掛けています。 古今和歌集822 秋の夜も 名のみなりけり逢ふといへば 事ぞともなく明けぬるものを 【現代語訳】 秋の夜長というのも名ばかりですね。 想いの人に逢えばあっけなく明けてしまったのですから。 古今和歌集635 あはれてふ ことこそうたて世の中を 思ひはなれぬほだしなりけれ 【現代語訳】 「あはれ」という言葉こそ特に、世間とのつながりを断ち切れない妨げになっているのです。 古今和歌集939 海人のすむ 里のしるべにあらなくに うらみむとのみ人の言ふらむ 【現代語訳】 海人の住む里の道案内人でもないのに、なぜ人は「うらみむ」とだけ私に言うのでしょうか。 【補足】「浦見む」と「恨みむ」と掛けています。 古今和歌集727 いとせめて 恋しき時はむばたまの 夜の衣をかへしてぞ着る 【現代語訳】 どうしようもないほど恋しいと思うときには、夜の衣を裏返しにして着ます。 【補足】「むばたまの」は、夜の枕詞 まくらことば です。 古今和歌集554 今はとて わが身時雨にふりぬれば 言の葉さへにうつろひにけり 【現代語訳】 今はもう、私の身も時雨に降られた木の葉のように古びてしまったので、あなたの言葉も変わってしまいました。 【補足】「降りぬ」と「経りぬ」を掛けています。 古今和歌集782 色見えで 移ろふものは世の中の 人の心の花にぞありける 【現代語訳】 色に見えずに変わっていくのは、世の中の人の心の中にある花なのですね。 古今和歌集797 うたた寝に 恋しき人を見てしより 夢てふものはたのみそめてき 【現代語訳】 うたた寝をして恋しい人を見てからは、夢というものを頼みとするようになってしまいました。 古今和歌集553 うつつには さもこそあらめ夢にさへ 人めをもると見るがわびしさ 【現代語訳】 現実では仕方がないこともあるでしょうが、夢の中でさえ人の目を気にしているのを見るはわびしいものです。 古今和歌集656 思ひつつ 寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを 【現代語訳】 思い続けながら寝入ったからあの人を見ることができたのでしょうか。 夢だと知っていれば目を覚まさなかったのに。 古今和歌集552 おろかなる 涙ぞ袖に玉はなす 我はせきあへずたぎつ瀬なれば 【現代語訳】 袖に玉となるくらいの涙はたいしたことありません。 私はせき止められずに激しい流れになっています。 古今和歌集557 かぎりなき 思ひのままに夜も来む 夢路をさへに人はとがめじ 【現代語訳】 限りのない思いのままに、夜も来るとしましょう。 夢の中で通うことまでは人もとがめないでしょう。 古今和歌集657 花の色は 移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに 【現代語訳】 花の色は、むなしくも色があせて変わってしまいました。 物思いにふけって長雨を眺めているうちに… 【補足】「長雨」と「眺め」を掛けています。 古今和歌集113 人に逢はむ 月のなきには思ひおきて 胸はしり火に心やけをり 【現代語訳】 想う人に逢う手立てのない夜には起きていても、胸を焦がす火に心が焼けてしまいます。 【補足】「月」と「つき 手段、方法 」、「起き」と「熾き 赤く燃える炭火 」を掛けています。 古今和歌集1030 みるめなき 我が身をうらと知らねばや かれなで海士の足たゆく来る 【現代語訳】 逢おうという気持ちが私にないのを知らないで、あきらめずに足が疲れても通って来るのですね。 【補足】「みるめ 海松布 」とは、海草の名前です。 古今和歌集623 夢路には 足もやすめず通へども うつつにひとめ見しごとはあらず 【現代語訳】 夢の中では足も休めずに通っていますけれど、現実に一目見た時のことには比べようもありません。 【補足】「一目 ひとめ 」と「人目」を掛けています。 古今和歌集658 わびぬれば 身を浮草の根をたえて さそふ水あらばいなむとぞ思ふ 【現代語訳】 侘びしい思いをしていて、この身は根のない浮草のようなので、誘う水があれば行こうと思います。

次の