同期 の サクラ きく お。 【全話まとめ】同期のサクラ(第1話から最終回)最新話の見逃し全話フル全視聴率!DVDとブルーレイ・原作情報のまとめ!!

同期のサクラ3話ネタバレ感想!居場所を求める百合にブス連発3年目|ENTAMENOTE

同期 の サクラ きく お

映画、ドラマジャンル問わず、動画オタクのボクリズムです。 ドラマ、[同期のサクラ]が2019年秋ドラマとしてスタートしています。 若者から大人まで共感性高いと話題を呼んでいる、今年の視聴率ドラマと言われているのでしょう。 あの「過保護のかほこ」を演じた女優:高畑 充希主演を筆頭にたくさんの俳優が集結。 北野 桜役 高畑 充希 木島 葵役 新田 真剣佑 項目名役 ここに説明文を入力してください。 清水 菊夫役 竜星 涼 火野 すみれ役 相武 紗季 他にも、黒川 森雄役を演じる 椎名 桔平さんなどの豪華俳優陣たちがキャスティングされているドラマとなります。 サクラのような一風変わった存在がクセになるドラマといえます。 展開が読めないところが、このドラマの見どころかもしれない。 目次コンテンツ• 同期のサクラに共感を呼ぶ人続出! 今更ながら同期のサクラというドラマがなかなかに面白い。 😊 発達障害とかアスペルガーとか言われてる中、わりと共感できてしまう自分がいる。 😅 結構大事なことだと思うんだ!僕! とにかく高畑充希が良い、ひじょーに良い。 サクラの意識が戻ると信じて見舞いに訪れた菊夫 きくお (竜星涼)は、「自分にしか出来ないことをやるよ」と話しかけ、社会人2年目のある出来事に思いを馳せていた……。 サクラは花村建設人事部で社会人2年目を迎えていた。 その忖度できない性格は相変わらず。 修羅場中の隣人カップルに空気を読まないクレームを入れたり、社内エレベーターで大声で電話する管理職風の上司に堂々と注意したり……。 そして、「故郷・美咲島に橋を架ける仕事に関わる」というブレない夢も持ち続けていた。 【引用:日テレ公式チャンネル】 同期のサクラ第1話ダイジェスト 日テレ新水曜ドラマ「同期のサクラ」 第1話 あらすじ 病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野桜 きたのさくら (=サクラ)(高畑充希)。 知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合 ゆり (橋本愛)、葵 あおい (新田真剣佑)、菊夫 きくお (竜星涼)、蓮太郎 れんたろう (岡山天音)だった。 大手ゼネコン・花村建設の新入社員となったサクラは入社式に急いでいた。 通行の邪魔をする若者にも忖度しない。 「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」珍しい建物を見つけると、時間を忘れて,写真を撮る。 ギリギリ間に合った入社式でも、社長(西岡德馬)のスピーチに「話が長いと思いました」など立場をわきまえない発言をして周囲を唖然とさせる。 人事部長・黒川 くろかわ (椎名桔平)のフォローで空気が和らぐものの、サクラの超マイペースな性格は、同期の皆に強烈な印象を残す。 最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

次の

「同期のサクラ」AIスピーカーが話題!どこで買える?価格は?|話題の口コミ福めぐり

同期 の サクラ きく お

2019年夏、眠り続けて3ヶ月が経つサクラ(高畑充希)の病室に訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた。 その夜、両親がラーメン店を営む実家に帰宅した蓮太郎は、生き生き働く両親と店を手伝う大学生の弟の仲良し家族ぶりにすら嫌気がさしていた。 翌日のコンペのための設計図作りにも行き詰まり、何もかもうまくいかない蓮太郎は、部屋にこもって仕事と家族への愚痴をネットの掲示板にぶつける。 スポンサーリンク 4年目の近況 2012年9月になり、社会人4年目のサクラ。 2011年の震災の影響でサクラの故郷の美咲島に架ける橋の着工が延期になってしまった。 土木部に異動して故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のいてしまったが、社史編纂室に飛ばされながらも、仕事にはいつも全力で取り組んできたサクラは一年ぶりに人事部に復帰することになる。 メンタルヘルスケアプロジェクト 再び人事部長の黒川とすみれの下で働くことになったサクラはメンタルヘルスケアのアンケートの回収を依頼される。 なぜメンタルヘルスケアプロジェクトをする必要があるかわからなかったサクラだったが必要性がわかり、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを各部署にアンケートを回収しに向かう。 ますます絶好調で調子良く働く都市開発部の葵、密かにサクラに好意を抱きつつ震災以来ボランティアに力を入れている営業の菊夫、 と、同期の元を回っていくサクラ。 そんな中、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。 社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる。 翌朝、サクラはアンケートを回収するため蓮太郎を待ち伏せする。 しかし、サクラと同期たちが自分の噂話をしているのを見た蓮太郎は、逃げるように立ち去ってしまう。 同僚の嫌がらせ その日の午後、設計部の前で蓮太郎を捕まえたサクラは同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと話しているのをサクラと蓮太郎は立ち聞きしてしまう。 自分を笑い者にしている同僚たちの会話を聞いた蓮太郎は、悔しさから頭に血が上りそばにあったカッターを手に取って設計部に乗り込もうとする。 そして、慌てて止めようとしたサクラを振り払おうとした時、誤ってカッターがサクラに当たってしまい手から血を流すサクラを前に動揺した蓮太郎は、なんとその場から逃げ出してしまうのだった。 蓮太郎の部屋へ その日、蓮太郎の家を訪ねたサクラは、蓮太郎から「もう会社にはいかない」と聞かされ。 設計の仕事は好きだが、プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎。 同期たちの力を借りて蓮太郎を説得しようとするサクラだが、無断欠勤を続ける蓮太郎にはクビが迫っていた。 同期の仲間と サクラはいつもの喫茶店に蓮太郎以外の仲間を集めて、どうにか蓮太郎を説得しようと協力をお願いする。 菊夫と百合は同意してくれたが、葵は面倒くさいようでとりあえずサクラと菊夫と百合で蓮太郎の自宅へ向かう。 そして蓮太郎の部屋の前で蓮太郎に各々語りかけるのだ。 サクラが語りかける 蓮太郎に誰が掛け合っても返事もスマホで返ってくる始末。 サクラは出会った当初の話をして当時、サクラの島の橋の設計を何度も何度も書き直して素晴らしい設計をしてくれたと話し出す。 そして、遅咲きでもいいじゃないか!というのだった。 しかし連太郎は自分の設計はダメだって思っただろ?と言ってもう設計をやめるとコンペの資料を丸めて投げつけた。 その資料を拾い上げたサクラはこのまま部屋に引きこもってネットの中で愚痴ってそうやってずっと生きていけばいいと捨てゼリフを吐いて帰宅する。 自分の長所 その夜、じいちゃんからいつものFAXが届く。 蓮太郎のことをムカつくと送ってきたじいちゃんだが、「辛い時こそ自分の長所を見失うな」とのメッセージが。 そして、翌日来なければ首となってしまう蓮太郎。 連太郎はその日も引きこもってテレビゲームをやっていた。 ふと携帯にサクラから大量の着信履歴が残されていることに気づく蓮太郎に百合から着信があり電話に出ると、サクラが設計部に乗り込んで行ったとの連絡が。 そして慌てて会社へ向かう蓮太郎。 到着すると同期がサクラの様子を見守っているところであった。 サクラは昨夜蓮太郎が投げ捨てたコンペの資料を設計部の部長に見るようにお願いしていた。 実は蓮太郎はサクラに見せて注文をつけられた箇所を訂正して新し資料を作っていたのだった。 そしてその資料をみて仲間が各々の専門分野でのアイディアを出してまとめたものをサクラは設計部長に見てもらおうと必死になっていた。 部の人がサクラを追い出そうとしたその時、蓮太郎が部長の元へ。 そして一連の問題を謝罪するのだった。 そしてまたもう一度働かせてください。 とお願いしこと無きを得るのだった。 悪い知らせ 仕事熱心なサクラを褒める人事部部長の黒川。 いつか俺がサクラを希望の土木にいかせてやると言ってくれるのだったが、黒川はサクラの島に架ける橋の工事が無期限延期との知らせを受けショックを隠しきれないでいた。 スポンサーリンク 同期のサクラ4話ネタバレ感想 同期のサクラ4話のネタバレを含む感想を書いています。 4話ネタバレ感想 4話は蓮太郎がメインとなってストーリーが展開されていきました。 自分のことを否定してばかりで自信が持てなくなってしまう気持ちってすごくわかります。 そんな蓮太郎がそこまで追い込まれてしまっていたのを未然に気がつけてたら・・・なんて思ってしまいますね。 サクラは人を動かす力を持っているので確かに黒川部長の言うように人事部に骨を埋めても良いかもしれない!と思ってしまいますが、夢はかなってほしいですよね。 美咲橋の工事の無期限延期。 再開はあるのでしょうか?いつあるのか気になりますね。 辛いときは自分の長所を見失うな! なのに、橋が…えええぇぇ~? じいちゃん、どうすんだて? そんげこと言うなてぇ~! コロッケ食わんねねっかね! — にじいろ nanonijiiro28 「私には夢があります!」 初回に聞いたときは、なんてこっぱずかしい台詞なんだと思った。 それが回を重ねるごとに、だんだんと心にズシンと来るようになって、今回は不覚にも涙が。 どんどん取り込まれていってるな〰。 きくおくんじゃなければ、 — 瑜伽クン🍓🇨🇳 V9jZy2 自分の弱さや短所に向き合いながら、乗り越えていく姿を描いてるけど、 周りの人のサポートって重要だなと思った。 自分のことを気にかけてくれる人がいるって幸せなことだよな。 — 芸能の糖 geinonoto スポンサーリンク 私も毎週楽しみにしているドラマです。 初回から泣きましたが、多くの人に勇気を与えたり言葉が胸に沁みたり、人との関わりの大切さを改めて教えてくれる素敵なドラマ。 涙する人も続出しているのがよくわかりますね! 同期のサクラ4話ネタバレ感想!引きこもりの蓮太郎をどう救う?まとめ 今回は「同期のサクラ4話ネタバレ感想!引きこもりの蓮太郎をどう救う?」と題して、同期のサクラの第4話ネタバレと感想記事をお届けしてまいりました。 クビの危機が迫る蓮太郎を救うことはできるのか?仲間五人が纏まることはできるのか? ますます目が離せない展開となりそうですね! それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

『同期のサクラ』高畑充希に「イラつく」「不快」と酷評噴出…橋本愛の迫真演技が台なし

同期 の サクラ きく お

2019年夏、眠り続けて3ヶ月が経つサクラ(高畑充希)の病室に訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた。 その夜、両親がラーメン店を営む実家に帰宅した蓮太郎は、生き生き働く両親と店を手伝う大学生の弟の仲良し家族ぶりにすら嫌気がさしていた。 翌日のコンペのための設計図作りにも行き詰まり、何もかもうまくいかない蓮太郎は、部屋にこもって仕事と家族への愚痴をネットの掲示板にぶつける。 スポンサーリンク 4年目の近況 2012年9月になり、社会人4年目のサクラ。 2011年の震災の影響でサクラの故郷の美咲島に架ける橋の着工が延期になってしまった。 土木部に異動して故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のいてしまったが、社史編纂室に飛ばされながらも、仕事にはいつも全力で取り組んできたサクラは一年ぶりに人事部に復帰することになる。 メンタルヘルスケアプロジェクト 再び人事部長の黒川とすみれの下で働くことになったサクラはメンタルヘルスケアのアンケートの回収を依頼される。 なぜメンタルヘルスケアプロジェクトをする必要があるかわからなかったサクラだったが必要性がわかり、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを各部署にアンケートを回収しに向かう。 ますます絶好調で調子良く働く都市開発部の葵、密かにサクラに好意を抱きつつ震災以来ボランティアに力を入れている営業の菊夫、 と、同期の元を回っていくサクラ。 そんな中、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。 社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる。 翌朝、サクラはアンケートを回収するため蓮太郎を待ち伏せする。 しかし、サクラと同期たちが自分の噂話をしているのを見た蓮太郎は、逃げるように立ち去ってしまう。 同僚の嫌がらせ その日の午後、設計部の前で蓮太郎を捕まえたサクラは同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと話しているのをサクラと蓮太郎は立ち聞きしてしまう。 自分を笑い者にしている同僚たちの会話を聞いた蓮太郎は、悔しさから頭に血が上りそばにあったカッターを手に取って設計部に乗り込もうとする。 そして、慌てて止めようとしたサクラを振り払おうとした時、誤ってカッターがサクラに当たってしまい手から血を流すサクラを前に動揺した蓮太郎は、なんとその場から逃げ出してしまうのだった。 蓮太郎の部屋へ その日、蓮太郎の家を訪ねたサクラは、蓮太郎から「もう会社にはいかない」と聞かされ。 設計の仕事は好きだが、プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎。 同期たちの力を借りて蓮太郎を説得しようとするサクラだが、無断欠勤を続ける蓮太郎にはクビが迫っていた。 同期の仲間と サクラはいつもの喫茶店に蓮太郎以外の仲間を集めて、どうにか蓮太郎を説得しようと協力をお願いする。 菊夫と百合は同意してくれたが、葵は面倒くさいようでとりあえずサクラと菊夫と百合で蓮太郎の自宅へ向かう。 そして蓮太郎の部屋の前で蓮太郎に各々語りかけるのだ。 サクラが語りかける 蓮太郎に誰が掛け合っても返事もスマホで返ってくる始末。 サクラは出会った当初の話をして当時、サクラの島の橋の設計を何度も何度も書き直して素晴らしい設計をしてくれたと話し出す。 そして、遅咲きでもいいじゃないか!というのだった。 しかし連太郎は自分の設計はダメだって思っただろ?と言ってもう設計をやめるとコンペの資料を丸めて投げつけた。 その資料を拾い上げたサクラはこのまま部屋に引きこもってネットの中で愚痴ってそうやってずっと生きていけばいいと捨てゼリフを吐いて帰宅する。 自分の長所 その夜、じいちゃんからいつものFAXが届く。 蓮太郎のことをムカつくと送ってきたじいちゃんだが、「辛い時こそ自分の長所を見失うな」とのメッセージが。 そして、翌日来なければ首となってしまう蓮太郎。 連太郎はその日も引きこもってテレビゲームをやっていた。 ふと携帯にサクラから大量の着信履歴が残されていることに気づく蓮太郎に百合から着信があり電話に出ると、サクラが設計部に乗り込んで行ったとの連絡が。 そして慌てて会社へ向かう蓮太郎。 到着すると同期がサクラの様子を見守っているところであった。 サクラは昨夜蓮太郎が投げ捨てたコンペの資料を設計部の部長に見るようにお願いしていた。 実は蓮太郎はサクラに見せて注文をつけられた箇所を訂正して新し資料を作っていたのだった。 そしてその資料をみて仲間が各々の専門分野でのアイディアを出してまとめたものをサクラは設計部長に見てもらおうと必死になっていた。 部の人がサクラを追い出そうとしたその時、蓮太郎が部長の元へ。 そして一連の問題を謝罪するのだった。 そしてまたもう一度働かせてください。 とお願いしこと無きを得るのだった。 悪い知らせ 仕事熱心なサクラを褒める人事部部長の黒川。 いつか俺がサクラを希望の土木にいかせてやると言ってくれるのだったが、黒川はサクラの島に架ける橋の工事が無期限延期との知らせを受けショックを隠しきれないでいた。 スポンサーリンク 同期のサクラ4話ネタバレ感想 同期のサクラ4話のネタバレを含む感想を書いています。 4話ネタバレ感想 4話は蓮太郎がメインとなってストーリーが展開されていきました。 自分のことを否定してばかりで自信が持てなくなってしまう気持ちってすごくわかります。 そんな蓮太郎がそこまで追い込まれてしまっていたのを未然に気がつけてたら・・・なんて思ってしまいますね。 サクラは人を動かす力を持っているので確かに黒川部長の言うように人事部に骨を埋めても良いかもしれない!と思ってしまいますが、夢はかなってほしいですよね。 美咲橋の工事の無期限延期。 再開はあるのでしょうか?いつあるのか気になりますね。 辛いときは自分の長所を見失うな! なのに、橋が…えええぇぇ~? じいちゃん、どうすんだて? そんげこと言うなてぇ~! コロッケ食わんねねっかね! — にじいろ nanonijiiro28 「私には夢があります!」 初回に聞いたときは、なんてこっぱずかしい台詞なんだと思った。 それが回を重ねるごとに、だんだんと心にズシンと来るようになって、今回は不覚にも涙が。 どんどん取り込まれていってるな〰。 きくおくんじゃなければ、 — 瑜伽クン🍓🇨🇳 V9jZy2 自分の弱さや短所に向き合いながら、乗り越えていく姿を描いてるけど、 周りの人のサポートって重要だなと思った。 自分のことを気にかけてくれる人がいるって幸せなことだよな。 — 芸能の糖 geinonoto スポンサーリンク 私も毎週楽しみにしているドラマです。 初回から泣きましたが、多くの人に勇気を与えたり言葉が胸に沁みたり、人との関わりの大切さを改めて教えてくれる素敵なドラマ。 涙する人も続出しているのがよくわかりますね! 同期のサクラ4話ネタバレ感想!引きこもりの蓮太郎をどう救う?まとめ 今回は「同期のサクラ4話ネタバレ感想!引きこもりの蓮太郎をどう救う?」と題して、同期のサクラの第4話ネタバレと感想記事をお届けしてまいりました。 クビの危機が迫る蓮太郎を救うことはできるのか?仲間五人が纏まることはできるのか? ますます目が離せない展開となりそうですね! それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

次の