ジャン ツォン ジャン レシピ。 中華料理用語種類別

中華料理用語種類別

ジャン ツォン ジャン レシピ

エクソダス( Exodus )、それは旧約聖書の出エジプト記。 第12章8節:「That night, they are to eat the meat, roasted in the fire; they are to eat it with matzo and maror. 」(その夜、その肉を食べる。 肉は火で焼き、種を入れないパンと苦菜を添えて。 )・・・この「種を入れないパン」は酵母(イースト)を使わないパンのことで、イスラエルではマッツォと呼ばれます。 マッツォは聖書に54回言及されているパンで、イスラエルのみならず世界中のユダヤ人の大事なパンなのです。 このあまりに偉大なパンは、実はおつまみクラッカーに最適で、小さく作っておつまみと添えて出すにも最適なレシピです。 オーブンを最高温度で余熱開始。 クッキングシートをオーブン庫内のサイズに切っておく。 強力粉と薄力粉をザルでふるってボウルに入れ、泡立て器で均一になるように混ぜておく。 打ち粉となる薄力粉(分量外)を作業台に出しておく。 強力粉と薄力粉が入ったボウルに水を80mLほど入れ、すばやくひとまとめにし、おおまかにまとまった生地を作業台に乗せ、すばやくこねる。 麺棒でちぎれず伸びる柔らかさになるように水を少しずつ加えて、すばやくこねる。 生地を5等分にし、打ち粉をしながら綿棒を使って縦横20cm以上の広さに薄く伸ばし、クラッカー状に薄く伸びたら一片20cmの正方形に切り出し、クッキングシートに乗せ、フォークで表面に穴模様をつけてオーブンに入れる。 最初反ってくるので1分くらい焼いたら取り出してひっくり返し、裏面を焼く。 裏面にクラッカーとして美味しそうな焼き色がついたらもう一度ひっくり返し、表面も同様に焼く。 残りの4つの生地も同様に延ばして焼く。 余った切れ端をひとまとめにして麺棒で伸ばし、同様に焼いて、6枚焼けたら、できあがり。 Enjoy! 材料と調理のこつ :• 水を加えてから18分が経過すると生地の発酵が始まるとされ、本式には水を加えてから18分以内に調理を完成するものとされています。 よって、生地をこねたり延ばしたりする工程をすばやく行うと良いです。 焼けたあとは水分が飛ぶように網の上などに置いておくと、カリっとしたクラッカー状になります。 今回は6枚焼くことができましたが、加える水の量によって生地の総量が変わるため、必ずしも6枚焼かなくても構いません。 Tips about cuisine• 通常記されるヘブライ語では母音を明記しないが、通常「マッツォ」または「マッツァ」と呼ばれる。 収穫された時から特別な監督下にあった穀物を使って作るマッツォは特に「シュムラマッツォ」(直訳:監視されたマッツォ)と呼ばれる。 日本で普通に入手する小麦粉を使う場合はシュムラマッツォにはあたらない。 マッツォを粉砕すると「マッツォミール」という粉になり、ほかの料理の材料として使われる。 読んでくれた方が実際に作って下されば嬉しいですし、料理の背景やTipsなど、世界の料理情報の共有を目的として、大事に作成しています。 【 出典URL付記や リンクを貼れば小規模な範囲でOKなこと】 ・ご自身のサイト、ブログ、FacebookやTwitterにおける情報の小規模な引用や紹介。 【 事後連絡でもよいのでお寄せ下さい(楽しみにしています)】 ・学校や大学の宿題や課題で当サイトを活用してくれた児童・生徒・学生さん。 【 ご遠慮ください】 ・大々的なコピペや読み込み、出版物への無断転載。 ・商用非商用ならびに営利非営利を問わず、個人、団体、企業等の活動や出版等での無断使用。

次の

【業務スーパー】姜葱醤(ジャンツオンジャン)のアレンジレシピは?

ジャン ツォン ジャン レシピ

業務スーパーで買える調味料。 今回は「姜葱醤(ジャンツオンジャン)」編です。 見た目は生姜の酢漬けみたいな感じで味が想像できません。 ただ実際は生姜のネギ油漬けといった感じです。 風味は強いですが、味自体は強くないのでかなりいろんな料理に合わせやすいと思います。 姜葱醤(ジャンツオンジャン)とは? 業務スーパーで買える調味料です。 名前に生姜の文字があり、透明な液体なので最初は生姜の酢漬けっぽいイメージです。 開けるとこんな感じ。 なめてみると生姜のネギ油漬けといった感じでした。 中身は• 植物油脂• ネギ油• しょうが• チキンエキス... などです。 生姜はいちいちミジン切りにしたりすりおろすのは面倒ですから、この姜葱醤で代用すると結構らくちんです。 手につかないようにしましょう。 早めに使い切るようにしましょう。 といったところです。 姜葱醤(ジャンツオンジャン)のアレンジレシピは? たいていのものにあうと思います。 ここでは実際に試したものを中心に紹介していきます。 焼きそば まずは普通にマルちゃんの焼きそばに挑戦です。 油、そば、肉に加え、姜葱醤も早めに投入。 下の写真で、生姜のところはすべて姜葱醤です。 あとはそのまま焼きそばを作るだけ。 食べてみると、かなり生姜の風味が押し寄せてきます。 味は多少甘みが流れ出ているかなという感じはしましたが大きくは変わりません。 なので、 味変まではいきません。 しかし普段の焼きそばがかなり「風味変」で食べれます。 肉団子トースト 肉団子トーストは、総菜コーナーで売られている肉団子をトーストにはさんで食べるというものです。 手軽でめちゃくちゃおいしいのでうちではよく食べています。 今回はバターをパンにぬるかわりに、姜葱醤を塗るやり方をしてみました。 生姜と肉団子の相性はよかったので、結果的には全然おいしかったです。 チャーハン 油をひき、そこに姜葱醤を少量加えます。 量はお好みですが、最初は入れすぎないほうがいいと思います。 せっかくなので味付けは業務スーパーのチャーハンの素を利用。 あとは卵とご飯を加えて仕上げます。 チャーハンとの相性もいいです。 おすすめ。 鶏のから揚げ 今回は下味に使用... ではなく、出来合いのとりからを購入してきました。 姜葱醤をポン酢に入れ、とりからをつけて食べました。 鶏のから揚げは生姜ともともと相性がいいですし、十分いける使い方です。 下味で使ってもかなり時短になると思います。 カツオのたたき カツオのたたきといえば生姜醤油が定番です。 生姜醤油のかわりに、姜葱醤と醤油でカツオのたたきをいただきます。 姜葱醤の油分が気になるかと思ったらそういうことはありませんでした。 普通に生姜醤油のような感じでおいしいです。 生姜をいちいちすりおろおすのが面倒!... という場合には姜葱醤ですませてしまうのはありだと思います。 タコ飯は、炊飯釜に米・酒・白だし・姜葱醤・水も投入。 あとは「たこぶつ」を数つまみ入れて炊飯すればOKです。 これは手軽でおいしそうですね。

次の

レシピ記事リスト一覧

ジャン ツォン ジャン レシピ

米焼酎ではなく日本酒を使っても良いのですが、日本酒、とくに 醸造アルコールの入った料理酒を使うと甘みがですぎて美味しくできないので、できれば米焼酎を使いましょう。 レシピ• 挽肉とニンニクを油で炒めます。 挽肉に火が通ったら油葱酥をたっぷり入れ、さらに醤油膏と白酒を入れて煮こみます。 弱火でじっくりと煮詰めていきます。 水気が少なくなったら適宜、水を足します。 十分に煮込まれたら、砂糖と八角で味を整えます。 以上です。 他にも色々と具材を足したりすれば別ですが、基本となる調理法では ほとんど包丁も使いません。 僕が魯肉飯を作るときは、チューブ入りニンニクを使うので、包丁すら使いません。 こちらは大同電鍋でつくったお粥に魯肉飯と青菜を乗せた朝食です。 コツ 僕が何度か作るうちに気をつけるようになったのは以下のことです。 日本酒ではなく米焼酎を使う• 味は濃い目に作る• 油葱酥はたっぷり使う 白いご飯かお粥にかけて食べることが多いので、味は濃い目に作ってしまいます。 料理酒を使うと甘みが出るので米焼酎を使いましょう。 とりあえず油葱酥がたっぷり入っていれば、それっぽい味になります。 参考書籍 僕が台湾料理にはまったのは、10年以上前に台湾人の知人から色々食べさせてもらったからなのですが、実際にはどうやって作ればいいのやら色々と苦労しました。 ところが、2018年のはじめに下記の本に出会ってからは、一気にレシピの幅が広がりました。

次の