太田 母 斑 と は。 太田母斑(おおたぼはん)

太田母斑について語る

太田 母 斑 と は

[どんな病気か] 太田は、目のまわりを中心に、(ほお)、額(ひたい)や鼻に生じる褐青色から灰青色調の母斑(ぼはん)()です。 通常は顔のにできますが、両側の場合もあります。 また、生まれたときからすでにある場合と、小児期やにできて徐々に拡大する場合とがあります。 さらに、皮膚だけでなく眼球結膜(がんきゅうけつまく)や口腔(こうくうねんまく)にも青色斑をともなうことがあります。 色をもったが皮膚の深部(真皮(しんぴ))にあるため、青みをおびてみえます。 なお、同様のあざが肩から上腕(じょうわん)にみられることがあり、これは伊藤母斑(いとうぼはん)と呼ばれます。 [治療] 以前からドライアイスの圧抵療法(あっていりょうほう)が行なわれ効果をあげてきましたが、近年は治療(Qスイッチ・ルビーレーザー、Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー、Qスイッチ・YAGレーザーなど)にとってかわり、きわめて高い効果をあげています。 レーザー治療は、レーザー光線を皮膚にあてるものですが、皮膚の表面にはダメージをあたえず、その下にある色素細胞を選択的に(しょうしゃく)することができます。 およそ3か月の間隔で、少なくとも5~6回の照射が必要です。 ふだんの生活では病変部にカバーマークを使用します。 治療の時期ですが、小児の場合は全身麻酔が必要なため、3歳ごろから開始するのがふつうですが、より早期から開始するほうがレーザーの効果が高いといわれています。 なお、レーザー治療は以前、健康保険が使えませんでしたが、1996年4月から健康保険の適応になりました。 どんな病気か 頬部 きょうぶ を中心とした顔面(眼の周囲がほとんど)の片側、時に両側に青色からやや褐色の小さい点が集まって斑をつくっています(上)とくに女性に多くみられます。 出生直後から目立つ場合と、思春期ころに目立ってくる場合とがあります。 時には眼球にも青色のがみられます。 日本人に比較的多くみられるタイプです。 たまに肩から上腕部に同じような青色の斑がみられる場合もあります( 伊東母斑 いとうぼはん )。 治療の方法 部位や皮疹の様子から診断は容易です。 見た目が気になることが多く、化粧品(カバーマーク・資生堂など)で隠す、ドライアイスをあてる、薄く 削 けず るなどの方法がありましたが、最近ではレーザー(Qスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザー)照射でかなり色調が改善し(消失例もある)、レーザーのよい適応疾患になっています(下)。 太田母斑に対するレーザー療法は健康保険が適用されます。 眼球の色素斑はレーザー照射ができないので、現在は治療法がありません。 病気に気づいたらどうする 小児期~思春期で顔面に青あざができればこの疾患とみてよいでしょう。 整容面(見た目)の問題が主になるので、気になる場合はレーザーを設置している施設で相談してください。 小さいうちのほうがレーザーの効果は高いのですが、治療には痛みも伴うので相談してください。 安田 浩.

次の

太田母斑とはどのようなものか詳しく知りたい|ハテナース

太田 母 斑 と は

アスクドクターズ監修医師 この記事の目安時間は3分です 太田母斑とは?どんな症状? 「太田母斑(おおたぼはん)」は、顔などにできる青アザの一種です。 アザの大きさは人によってバラバラで、小さな点のようにしか見えないものもあれば、大きな青いアザができることもあります。 多くの場合、アザができる部位は額・頬(ほほ)・目の周辺・鼻の周りで、通常は右側か左側のどちらか一方です。 まれに両側にできることもあります。 通常は青っぽいアザですが、多くの場合褐色の部分が混在しています。 太田母斑の原因 太田母斑の色の原因は、一般的なシミと同じメラニン色素ですが、シミと違って紫外線などの外的刺激が原因で現れるわけではなく、生後1年ごろから思春期にかけて皮膚の下の層である「真皮」にメラニン色素を作る細胞が過剰に増殖してきます。 その結果メラニン色素が皮膚に沈着してアザとなります。 メラニン色素を作る細胞が過剰に増殖する原因についてはまだよく分かっていませんが、最初は小さな点だけだったのが少しずつ広がり、最終的に太田母斑となります。 外的刺激との関連や発症年齢だけではなく、 メラニン色素が普通のシミより深い部分にできる点も、太田母斑がシミと大きく違う点です。 メラニン色素が深い部分にあることで、色がやや青みがかって見えますが、メラニンのできる深さが人によって若干異なってくるというのもあり、必ずしも青っぽく見えるとは限りません。 比較的浅い部分に沈着すると褐色のような色になります。 太田母斑の治療にレーザーを使う 太田母斑はアジア人に多い病気であるということもあり、古くから様々な治療法が試みられてきましたが、皮膚を削って除去したり、皮膚を移植したりするような外科手術的なものが多く、皮膚にかなり負担をかけるものでした。 「凍結療法」と呼ばれる治療では、太田母斑にドライアイスを当てて、メラニン色素周辺の細胞を壊死させるという手法もありました。 しかし、現代ではこれらの方法はほとんど使われません。 シミ・そばかすの治療にもレーザーが使われますが、太田母斑はレーザー治療で治療します。 レーザーは、光の一種なので物にあたると熱を持ちますが、 太田母斑に使われる「ルビーレーザー」や「アレキサンドライトレーザー」というものは、メラニン色素に反応して熱を生むように作られています。 この熱が、メラニン色素を含む小さな構造物だけに、作用してピンポイントに破壊します。 破壊された構造物は、体の修復機能によって自然に除去されるため、徐々にきれいな色に戻ります。 太田母斑の治療ではメラニン色素を含む小さな構造物のみを破壊して、その周辺の組織には影響しない様に設計されたレーザーを用います。 診療は、保険が使えます。 3か月から6か月の間隔で数回治療を行うことで、アザはほぼ完全にわからなくなりますから、医師と相談しながら根気よく治療をすすめる必要があります。 太田母斑の予防と再発の可能性 太田母斑の発生原因は完全に解明されておらず、現時点で、遺伝的か先天的な病気だと考えられており、太田母斑を予防する方法はありません。 再発の可能性については、治療を行った時期にもよりますが、基本的には再発しません。 ただ、太田母斑は多くの場合思春期までに現れますが、20代や30代になってから現れることもあるため、今まで表面に出てきていなかった「太田母斑」が治療後に現れてしまうということがあります。 それでも、一度完全に表に出てきた太田母斑は再発しませんので治療は十分有効です。 太田母斑が出たら何科に行くべき? 太田母斑の治療はレーザー治療のできる皮膚科か形成外科で行うのが普通です。 いつの間にかできていた小さなアザが年単位で広がってきている場合や、小さな青いブツブツがなかなか消えないという場合にはきっちりと診断を受ける必要があります。 シミであると誤解して太田母斑にシミ取りのクリームを長期的に塗っても全く効果はありません。 太田母斑は顔面に出てきて、自然治癒はしません。 ただ、レーザー治療の進歩により保険診療で治る疾患になりました。 太田母斑かなと思ったら、ぜひ経験のある皮膚科か形成外科でまずきちんと診断を受けるのがよいでしょう。 太田母斑についてご紹介しました。 体のあざの原因がわからずに不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

次の

太田母斑|慶應義塾大学病院 KOMPAS

太田 母 斑 と は

太田母斑について。 3か月になる娘を持つ母です。 生まれた時から、 ・右側のおでこ(髪の毛の生え際)に直径1. 5㎝くらいの青あざ(薄め) ・右側のこめかみに直径1. 5㎝くらいの青あざ(薄め) ・右側の首(右耳の下)に直径5㎝くらいの青あざ(やや濃いめ) ・右目上まぶた(濃いめ)と、よく見ると下まぶた(薄め)に青あざ ・右目の眼球(白目部分)に青あざ があります。 すべてのあざがつながっているわけではありません。 病院で診てもらったら(生後1カ月)、『今の時点では、消えるとも消えないとも言えない。 首のあざは消えるかもしれないけど、 他は消えないかもしれない』と言われ、1歳くらいでまだ気になるようならまた見せにきてくださいと言われました。 自分なりに調べたところ、異所性蒙古班というのがあったのですが、太田母斑というのがあるのを知り、説明を読むと、娘の パターンと似ていると思いました。 (顔の片側など) 近いうちにまた病院に行こうとは思っていますが、以上の感じからいうと、娘は太田母斑でしょうか?異所性蒙古班でしょうか? 何でもいいので、何か分かるかたがいらっしゃいましたら教えてください。 よろしくお願いします。 特徴からして、おそらく太田母斑だと思います。 うちの生後4ヶ月の娘は太田母斑があり、顔の右側の、目頭から額、頭皮、頬の範囲に、直径10センチ程度の青あざがうっすらあり、その中で、所々濃い部分がある、という感じです。 ・月例が若いうちほど傷の治りが早いので、早く治療を始めるのが望ましい ・1歳前に治療を行えば、本人も治療時の辛い記憶が残らない 等と聞きましたので、来週にでも、乳児の太田母斑治療を積極的に行っている病院で診てもらうつもりです。 あざがおでこや頬だけなら、赤ちゃんを押さえつけてレーザーを当てる事も可能で、そこまで大きな病院でなくても治療してくれる場合もあるそうなのですが、上記理由で、まぶたにまであざのある赤ちゃんの治療は必ず全身麻酔を必要とするため、かなり大きな病院でないと治療してくれない、とのことでした。 来週行くのはちょっと遠い病院なので気が重いですが、娘が将来辛い思いをしないためにも一緒に頑張らなきゃいけないな、と思っています。 インターネットを使い、乳児の太田母斑治療を扱っている病院を探し、電話で問い合わせ、確かに治療を行っているという確認をとってから、近隣の医療機関で紹介状を書いてもらい受診するのが良いと思います。 乳児の太田母斑を扱う病院って本当に少ないみたいで、そこらの病院に何件行ってもらちがあかないな、というのが私の感想です。 来週診てもらってから回答できれば良かったんですけどね。 中途半端な回答になってしまってごめんなさい。 私は1ヶ月検診前にあざに気付き(そのころはもっと薄かったので・・・)、検診時にお医者さんに相談しました。 太田母斑という(治療無しでは)一生消えないあざがあり、娘にどうやらそのあざがあるらしい。 と言われた時にはもの凄くショックでした。 まさか自分の子供にあざがあるなんて・・・と思い、検診前までは大好きだった娘がちょっと疎ましくなってしまい、娘を疎ましいと思う自分がイヤになり、本当に辛かったです。 まぁ翌日にはまた大好き大好きって状態に戻っていましたが。 治療さえすれば消えるのに、何もそこまで・・・ と、今では思えますが、そのころはそうもいきませんでした。 もちろん、治療の際には入院したり、赤ちゃんも辛そうにしたりと大変だと思います。 でも、太田母斑は治療で消せるあざだから、お互い頑張りましょう! もうすぐ4才になる息子が生まれつき、顔の右側の広い部分に青いアザ がありました。 やはり調べたところ、異所性蒙古班か太田母斑のどちらかだろうということ でしたが、太田母斑は自然に消えないので、2才になる少し前にレーザー手術 をしました。 今のレーザーはすごいですね。 1回目の手術でかなり薄くなり、最近3回目の 手術をしました。 ほとんど目立たないようになります。 ただ、小さい子供が手術をするので、全身麻酔をすることになり、入院したりと 少し大変ではありました。 しかし、保険が適用されるので、親の実質負担は 入院時の食事代だけでしたので、すごく助かりました。 青アザは、レーザーで消すことができるので、心配しなくていいですよ。 補足です 手術した病院にたどり着くまでにいくつかの病院を回りました。 地域ではレーザー治療で有名と言われていた病院では、先生の対応が非常に 悪く、保険も適用しないと言われました。 よって、いくつかの病院を回った方が いいかもしれません。 また、手術した後はしばらく日光にあたれません。 少し火傷したような状態に なります。

次の