腱鞘炎。 腱鞘炎 (けんしょうえん)

【腱鞘炎

腱鞘炎

実際に試して良かったこと3つおススメします Webライターや、長時間PCに向かってキーボードやマウスを使う仕事につきものなのが、 「腱鞘炎」。 PCだけでなくスマホをよく使う方にも増えています。 私もWebライティングのお仕事で1日に100,00字ほどをタイピングするようになり、腱鞘炎の「なりかけ」を経験しました。 幸いひどくなる前に回復することができましたので、その際に調べたり試したりした 腱鞘炎予防に役立つグッズやストレッチなどを、この記事にまとめておきます。 私の場合は、 「なんだか手首を動かすとピリピリする感じがある…」「これが腱鞘炎?」という程度のときにこの商品やストレッチを試しました。 そのくらいの症状でも心配なときや、症状が重いとき、サポーターなどで改善しないときは病院(整形外科)に行ってくださいね。 他にも 「指や手首のこわばり」「違和感」など軽度の腱鞘炎のサインはさまざまです。 これらの場合も早めの受診をおすすめします。 今症状が無い方も腱鞘炎予防としてマウスを交換したり、ストレッチの習慣を付けるのも良いですよ。 手首サポーターを使おう! バンテリンコーワサポーター手くび用 近所のドラッグストアで買いました。 これは良いです。 テーピングの理論で添え木のように手首を支えてくれて、 手くびの負担を軽減してくれます。 手首を固定してくれるので、 手首に違和感があるときにも 、何も症状が無い時にも腱鞘炎予防として愛用しています。 キーボードに向かっているときだけでなく、ふだんの生活でもつけています。 症状が無いときにも 手首が安定して心地よいですし、動きを制限されている感じもしないですし、サイズが合っていればキツくてつけているのが嫌なんてこともないです。 ヒロイックファンタジーの主人公みたいでかっこいいね! サイズについて 私は女性で、手が大きいとは思ったことがないので、Sサイズかな?と思い最初Sを購入したのですが、使えないことはないけれど少し手が痛い…長時間使うと跡が付いて痛い…となってしまいMサイズを買い直しましたので、Sサイズは子ども用、くらいに思って大人の方は手が小さめでもMサイズ(手が大きめの方はLサイズ)を購入すると良いと思います。 私は測らずに買って買いなおすことになってしまったので、間違ったサイズの品を買わないためには、最初から 手のサイズを測ってから購入するのが確実です。 測った結果15cmだったら「ふつう」、17cmだったら「大きめ」の方を選びましょう。 kowa. 私が購入したときにはしっかり加圧タイプは無かったので、これらを試してみていないのですが、しっかり加圧タイプはさらに力強く手くびを固定してくれるようです。 保温タイプと高通気タイプは季節によって使い分けるのも良さそうですね。 マウスを替えよう! マウスは長時間作業したときはもちろん、手に合わないサイズの物を使ったり、少しでも机と手首の角度が悪いときなどには短時間の作業でも手首をいためてしまいます。 使う マウスを変えることも手首への負担を軽減することにつながりますよ。 「腱鞘炎予防 マウス」等で検索すると出てくる 「エルゴノミクスマウス」は手首をひねらない角度で使えるように設計されているマウスで、腱鞘炎を予防するのに最適です。 人間工学にもとづいた設計と商品解説に書いてあり「人間工学にもとづいた設計」という言葉が大好きな私はすぐ買ってしまいました…!.

次の

腱鞘炎・ばね指の日帰り手術費用・治療方法・症状について

腱鞘炎

腱鞘炎はこんな病気 腱鞘炎 けんしょうえん は手の使い過ぎにより指や手首の関節に痛みが生じる疾患です。 手の腱のうち、指を曲げる方向に働くのが屈筋腱、伸ばす方向に働くのが伸筋腱です 図1。 腱は腱鞘というトンネルの中を滑走します。 手を使い過ぎると、腱と腱鞘の間で摩擦が起こり、腫れます 図2。 安静にして手を使わなければ腫れはひきますが、使い続けると腫れがひかず、痛みを伴います。 また、腱がひっかかって、縮んだばねのように指が開かなくなる現象が起きます 図3。 そのため、「ばね指」とも呼ばれます。 腱鞘炎の症状 手のひら側に痛みが生じるのは、多くはばね指です。 グーの形にして こぶしを握って 手を開いたときに、かっくんと遅れて伸びるような状態になります。 病状が進行すれば、指の付け根に痛みを伴います。 どの指にもなりますが、親指が最も多く、中指や薬指がそれに続きます。 重症になると、自力では伸ばすことができなくなります。 指を伸ばす側の腱鞘炎もあります。 頻度が多いのは、親指の付け根に生じるというものです。 親指を他の指で握った状態で、小指側に手首を曲げると、痛みが出ます 図4。 この場合は、親指を伸ばしたり開いたりする動作が障害されます。 腱鞘炎の治療法 使い過ぎが原因であることが多く、指の曲げ伸ばしをあまり行なわないことが重要です。 ひっかかるかどうかを試す動作もなるべく控えるほうがよいです。 また、夜間に指を伸ばしてテーピングすると指の安静になり有効です。 ただし、指を全く動かさないと、関節が固くなってしまうので、一日のうちに何度か指をストレッチしておくことが大切です。 ほかにも、塗り薬で症状が軽減することもあります。 それでも治らない場合は、注射を試します。 注射でも症状が改善しない場合は、外科的手術を行ない厚くなった腱鞘を切開します。

次の

手の痛みの症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

腱鞘炎

整形外科医(整形外科全般。 「腱鞘炎(けんしょうえん)」は、手首や指を動かした時に違和感を覚えたり、痛みやひっかかりなどの症状が現れたりする病気です。 腱鞘炎は『腱鞘』と言う組織のある部分ならどこでも発症する可能性がありますが、中でも圧倒的に多いのが手や指の腱鞘炎です。 こちらの記事では、指に生じる腱鞘炎について症状や原因、治療法などを解説していきます。 指に生じる腱鞘炎について 1. 腱鞘炎とは 腱(けん)は 骨に筋肉をくっつける役割を持つ線維性の組織で、腱鞘(けんしょう)と呼ばれる筒の中を通っています。 簡単に言うと腱鞘は、腱という束をまとめるパイプのような役割を果たし、指を曲げたり伸ばしたりする際に必要な部位です。 しかしこの部分が炎症してしまうと腱との間に摩擦が生じて痛みを感じるようになり、曲げたり伸ばしたりといった動きが滑らかに行えなくなります。 この症状を腱鞘炎といいます。 指の腱鞘炎の種類 指に生じる腱鞘炎には、大きく分けて2種類の症例があります。 ばね指(または弾発指) 曲げた手指を伸ばそうとするとばねのように弾けて急に動く症状を、ばね指、または弾発指と呼びます。 指を伸ばす際に引っ掛かりを感じる場合もあり、症状が進むと自力で指を動かすことが難しくなります。 他にも指のつけ根が痛み、腫れがみられることもあります。 ドケルバン腱鞘炎 親指に近い手首側に、少し盛り上がっている間接があります。 この部分は「橈骨茎状突起(とうこつけいじょうとっき)」と呼ばれ、親指を動かす際に必要な部位です。 この部分に炎症が起こると付近に強い痛みが走り、腫れが生じることもあります。 これをドケルバン腱鞘炎と呼びます。 ドケルバン腱鞘炎は 手作業を行う人に多くみられる症状で、物を握る、つまむ、絞るといった動きをすることに痛みを感じます。 指に生じる腱鞘炎の症状と原因 1. 指に生じる腱鞘炎の症状 指を動かす際に違和感や不快感がある、一瞬痛みが起こりすぐ治まるなどの症状が初期に表れます。 ひどくなると痛みがさらに強くなり、 指を曲げたり伸ばしたりといった動きがしづらくなります。 特に、曲げるよりも伸ばすことが困難となり、日常生活に支障がでます。 末期症状になると指が伸ばせなくなり、二次的に指の関節も固まってしまいます。 指の腱鞘炎の原因 腱鞘炎は手や指を使いすぎることが原因で発症するため、 特定の間接を動かし続けるとかかりやすくなります。 使い過ぎによって負荷のかかった指は、動かすたびに腱と腱鞘の間に摩擦を起こします。 その結果腱鞘は炎症を起こし、肥大化します。 肥大化した腱鞘は、腱の滑らかな動きを妨げてしまうので、症状は悪化していきます。 次のような作業を日常的に行う人は要注意です。 ・執筆活動• ・家事や育児• ・作業の多い仕事• ・パソコンの入力 このような外的刺激の他にも、次のように体調が影響して腱鞘炎が発症するケースもあります。 ・妊娠出産期や更年期に伴うホルモンバランスの変化• ・糖尿病、リウマチ、透析といった病気に付随 指の腱鞘炎の治療について 1. 病院での治療方法 腱鞘炎に関する治療は、整形外科を受診するとよいでしょう。 治療方法としては、まず 症状がある場所に負担をかけずに安静に過ごして様子を見ます。 テーピングや専用の装具などを使用し、固定して様子を見ることもありますが、改善がみられない場合はステロイド注射を腱鞘内に投与して炎症を抑えます。 手術について しかしそれでも治らなかったり再発を繰り返したりする場合は、手術を行うこともあります。 ばね指やドケルバン腱鞘炎の場合は、腱鞘の一部を切開して腱の引っ掛かりを取り除くという手術で、比較的短時間で終わります。 自分でできる対処法 まずは、痛みがある部分を動かさないことが最優先です。 すぐに病院に行けない場合は、 市販の湿布を貼って様子を見ると良いでしょう。 また、抗炎症作用のある塗り薬を使う対処法もあります。 ただし授乳中や妊娠中の方には、自己判断で薬を使用することをおすすめしません。 必ず病院を受診してください。 まとめ 指に生じる腱鞘炎は、指の使いすぎが主な原因です。 仕事や家事、育児など日頃から手指をよく使う人は注意が必要です。 指に不快感や痛みを覚えたらまずは動かすのを控え、安静にしましょう。 腱鞘炎は初期段階での治療が大切です。 悪化すると再発を繰り返し、最悪の場合は手術が必要になります。 市販薬やストレッチなどで症状を緩和することもできますが、病院の薬に比べると当然効果は薄いので、症状がひどくなる前に専門医に診てもらうことをおすすめします。 特に妊娠、授乳中であれば自己判断で薬を使用することは避け、整形外科を受診して医師に相談しましょう。

次の