刃皇 うるか。 「火ノ丸相撲」の横綱・刃皇は、最近でも有数の悪役(ヴィラン)として魅力的な個性だと思う。モデルも超えて(笑)

刃皇(火ノ丸相撲)

刃皇 うるか

今週の ぼくたちは勉強ができない 今週の話の中で一番好きなカットはやっぱりうるかがキレてる所なんだよなぁ……。 フラれて負けヒロインになってはいるけどこのうるかならまた新しい恋に前向きに挑めそうで安心出来る。 こういう負けヒロインすごくシコい!! ぼく勉を不満に思ってる人、気持ちも分からなくはないです。 もう散々書いてるので詳細は割愛しますが、スーパーうるかとミジンコ文乃の対比だからこそ活きる。 踏み台とか、言い方自体ネガティブで、もうどんな展開でも批判する理由を探す状況に陥っちゃってると思う。 千年戦争にしかならない… やっぱり間違えようのない事実というのはあったわけで「告白が成功した人魚姫編」でも「告白が成功しなかった眠り姫編」でも武元うるかという人間は大人として成長できたというのは良い意味で凄く納得出来た) wj32 ぼく勉 それは武元うるかという人間が中学生になった頃からずうっとずうっと欲しがっていた「勇気」を手に入れた証だろうとそういう風に思うのだ。 wj32 ぼく勉 理珠とうるかに成幸への恋について謝る必要は全くないと思うけど、怪我の嘘についてはやっぱりちょっと引っかかる…かな。 一緒にいる時間がより長くなることで視線が強く向いて、「成幸くん"が"いいんだよ」を言えたのは嘘の"おかげ"なわけだし…それが故意でなくてもね ぼく勉 皆の反応 ぼく勉 「行動しない言い訳にされんの、すっげームカつく」 うるかちゃんいい子だなあ 「同じ土俵で並び立ち、時には戦い合える存在をこそ 友達と呼ぶのだと思います」 リズたま成長したなあ また一緒に本物の星を見に行こう BGMは、君の知らない物語 戦え、文乃!! ぼく勉 問166 文乃ルートが好きすぎる。 成幸にはうるかが、文乃には理珠が、それぞれの後押しをする。 文乃ルートが常に感じていた罪悪感へのアンサーはあくまでライバルとして戦うこと。 無駄にひねらなくてもちゃんと面白い。 今日はリアタイで観てなかった「ぼく勉」のアニメを観てた。 2期全13話を。 続編作れるような終わり方をせず2期で完結させてるのね。 アニメはうるかエンドを匂わせるにとどまる終わり方だったのね。 こんな苦しいアニメ初めてなんだけど…ぼく勉はうるかが幸せになりますか? ぼく勉はりずとうるかが好きじゃなさすぎた ぼく勉を不満に思ってる人、気持ちも分からなくはないです。 もう散々書いてるので詳細は割愛しますが、スーパーうるかとミジンコ文乃の対比だからこそ活きる。 踏み台とか、言い方自体ネガティブで、もうどんな展開でも批判する理由を探す状況に陥っちゃってると思う。 千年戦争にしかならない… ぼく勉)うるかちゃああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!うるかちゃ!!!!!!!!!!!ああうるかちゃん!!!!!!!!うるかちゃんがそういう子だから私はうるかちゃんが大好きなんだよ!!!!!!!ねえうるかちゃん!!!!!うるかちゃん!!!!!!!好き 『ぼくたちは勉強ができない』。 今週も良かったな。 うるかにはやはり気づいてたんですね。 成幸が(うるかの方から見て)自分の事で気を遣ってる、って事。 一方の理珠の発言も、心に刺さりました。 理珠にもあったもんね、自分が分からなくなるって事が。 一緒にいる時間がより長くなることで視線が強く向いて、「成幸くん"が"いいんだよ」を言えたのは嘘の"おかげ"なわけだし…それが故意でなくてもね ぼく勉 今週の ぼくたちは勉強ができない 今週の話の中で一番好きなカットはやっぱりうるかがキレてる所なんだよなぁ……。 フラれて負けヒロインになってはいるけどこのうるかならまた新しい恋に前向きに挑めそうで安心出来る。 こういう負けヒロインすごくシコい!! 今のぼく勉本当に読者だけタイムパラドクスラブコメしてて、うるかルートでキス未遂してバレてもうダメだと思ったら友達を思うフリして信じられてなかったのは自分だと気づく文乃ちゃんという描写が、形を変えて今回同じような流れで違う展開を見せてるの本当に面白い うるか派はあの告白が成功した先を見られる、他のヒロインを好きな方々も同じ様に喜ぶ。 万々歳の幸せ幸せ。 一番下地が出来ているであろう文系ルートこそが、共通ルートの延長線上でしっかりとしたぼく勉を終わらせることが出来るルートだ。 これなら上手くイケる! ぼくたちは勉強ができない ついに古橋さんが戦う時が来たか。 ヤバい……緊張するな……。 もうこの時点で両思いだし、成幸はうるかちゃんに、古橋さんはリズたまに背中押されたしもう不安なところは何もないけどそれでもそわそわする。 本当最高に幸せになって……。 星を見るために山頂を目指す途中で古橋さんのところに、オーストラリアからヘリで来たうるかさんがパラシュートで降りてきて古橋さんに事の顛末を聞いたあと、 「文乃っちは勘違いしてるよ!」って言って勇気出させる展開あります? ぼく勉 ニセコイ 橘万里花 ぼく勉、今は文乃ルートをやってるけど、先にうるかルートを経てるからなぁ ってのが残ってて。 最初から分岐を想定して原稿を溜めておいて、ジャンププラスで5ルートを同時期に公開して読める機会を作っておく ってなってたら印象は違ったんだろうか。 なぜ受験アニメで受験を描かない。 受験メインでないjust becauseや月がきれいですら受験期追い込み期間ちゃんとやったというのに… 終わり方もうるかエンドぽいけど、いまいちわからんしなんだったんだ? ぼく勉 文乃編は面白いね 痛々しいまでに恋しててたまらんく面白い 理珠たま編は関城さん編として読んでたら面白かったかな 書いてて今更分かったこと 文乃の文で文系、理珠の理で理系 うるかは??? や、ほんと今更よね、コレ.

次の

ぼくたちは勉強ができないで『うるか』が話題に!【ぼく勉】

刃皇 うるか

【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】 関連記事.

次の

ぼくたちは勉強ができないで『うるかEND』が話題に!【ぼく勉】

刃皇 うるか

問4から登場したの中学時代からの友人。 所属のスポーツ特待生であまねく水泳大会の自由形種目で優勝をかっさらう水泳ので通称 「白銀の漆黒人魚姫」。 水泳をしているため、競泳水着の跡がくっきり残る程に日焼けしているである。 作中では、日焼け跡やを強調して描かれることが多い。 活発的な性格で騒ぐのが大好き。 親しい人とスキンシップを取ることが多く、成幸にノートを借りる際にラリアットしたり、にことあるごとに抱きついたり、とじゃれあったりしている。 一方で、中学の頃から成幸に明確に恋愛感情を抱いており、成幸との恋愛が絡むと途端にしおらしくなる乙女な一面もある。 その為、唯一ヒロインの中で物語開始以前から深い交流を持っている。 成幸を意識しすぎるあまりにテンパってしまうことも多く、時には成幸の些細な言動や行動で妄想に浸ったり、成幸に恋人ができたという噂を聞いたときには学業と部活動で調子を落とすなど、恋煩いは深刻なレベルまで進行している。 しかし、今の関係が壊れてしまうことを何よりも恐れているため、恋愛関連に関しては超が付く奥手でヘタレ。 そのため、積極的な行動に出られないか、らしくない行動のあまりと捉えられてしまう。 その乙女さは部活仲間からも度々からかわれており、自身が恋愛に対しであることについては自覚はある模様(本人曰く「アプローチかける度胸があるなら中学時代に告ってた」)。 勉強嫌いであるが根は頑張り屋で、水泳のタイムが落ちた際には「勉強頑張ったからタイム落ちました」と思われるのが悔しいという理由で学業と部活動の両方に力を入れるようになった。 「泣くならやれることをすべてやり切ってから泣く」ことを信条としており、普段の能天気さとは裏腹に努力家で真摯な面が伺える。 胸のサイズはDカップで、胸にコンプレックスを抱く文乃にとっては理珠共々頭を悩ませる原因となっている。 学業では以外の教科は壊滅的で、当初は英単語のテストは0点、勉強をしてもすぐに集中力が切れる有様であった。 ただ、勉強が苦手なのは単純な苦手意識に加えて勉強に割くべき時間もに費やしているためであり、「勉強に集中できない」という最初にして最凶最悪のハードルさえクリアできれば頭は決して悪くはない。 実際、英単語のテストの際には成幸が彼女の大好きな水泳と結びつけた勉強法を考案したことで急速な成長を見せている。 当初は過去の勉強不足と勉強への集中力のなさに四苦八苦していたが、成幸の教育と成幸に認められたい一心で成績を上げていく。 なお、中学入学当初から勉強は苦手だったようだ。 スポーツ推薦で音羽大学への進学を希望していたが、今年から英語も試験内容に含まれることになったために学園長の依頼で成幸に新たに教育を任された。 ……というのは建前で、当初は進学に勉強が必要なら進学をやめるとも言っていた。 実は「成幸に一番一生懸命にさせたい」というのが勉強にやる気を出した理由である。 誤解を与えないように言っておくと、うるかの大学合格は成幸の特別VIP推薦の条件の一つであり、うるかも成幸の事情を知った上で負担にならないように努めている。 事実、成幸にうるかの好きな人が自分なのかと尋ねられたときも「成幸の足だけは引っ張りたくない」という理由で否定しており、後に成幸の邪魔になるくらいなら他に好きな人がいると思われたままでいいと文乃に漏らしている。 勉強 と恋愛 ではポンコツな彼女であるが、水泳では別人の如き輝きを見せる。 数多の大会で優勝、作中でもの個人自由形で優勝しており、高校生にして女子自由形の代表候補と目されている。 また、競泳界でもサインや握手を求められているなど 「白銀の漆黒人魚姫」としての如き人気を誇る。 その人気ゆえに雑誌のインタビューを受けることも多く、インタビューの対応にも慣れている。 ただ、「気になる理想の男性は!? 」というインタビューでは恥ずかしがりながら「知的なメガネ男子がタイプ」と答えている。 但し、「水泳の天才」という評価は決して才能のみに拠るものではなく、過去の敗戦をバネに努力を積み重ねたという側面も持つ。 部活動の先輩としても頼れる一面を見せており、インターハイのメドレーリレーで失格となるミスをしてしまい号泣する後輩を激励している。 水泳においては完全無欠とも言える彼女であるが、友人の川瀬からはペース管理が苦手なのが唯一の欠点と指摘されている。 運動の申し子と言われる通りにスポーツ万能で水泳以外でも男女混合ので本調子ならば相手チームを圧倒する活躍を見せている。 また、丼3杯やラーメンの替え玉4つを食する驚異的な食欲の持ち主であるが、本人曰く「いくら食べても太んないタイプ」とのこと。 食べた分運動にエネルギーを消費しているためと思われる。 運動の他には、意外にもが得意であり、風邪を引いた文乃のためにお粥とスープを作ったり、成幸のためにお弁当を作ったこともある。 その腕前は成幸や理珠の父親にも絶賛される程。 中学時代 中学時代は現在よりショートヘアーであった。 小学校で「セーダイに」負けて悔しい思いをしたため、中学入学当初は水泳部に入るつもりはなかった。 しかし、水泳の授業での成幸との会話で自分が水泳に本気でなれることを自覚した彼女は水泳部に入る決心をする。 その後、成幸が自分にノートを写させてくれる理由を聞いたことで恋に落ちる。 作中の舞台である一ノ瀬学園に進学したのも「成幸と同じ高校だったから」にほかならない。 成幸への呼称も出逢った当初は「メガネくん」、恋に落ちる前は「唯我」であった。 自然に名前で呼べるようになるまで相当練習を積んだと独白している。 関連タグ 進路 ネタバレ含む 音羽大学という作中の大学が進学志望。 そこに入るため勉学に励んでいたのだが、その大学にはオーストラリアの水泳で有名な名門大学であるオズウェイ・ヨーギィ大学との交換留学制度があった。 大会での成績を知ったヨーギィ側から 音羽大学に入学したら 留学との話を持ちかけられたうるか。 友人は悩むかとも思ったが、本人は「やります!」と即答した。 自分にやれることは全部やると決めたうるかは、海外留学をするということも厭わなかったのだった。 例え成幸と離れることになったとしても。 関連記事 親記事.

次の