終末 の ワルキューレ ネタバレ 26。 終末のワルキューレ 26・27話 真相 と 底なしの愛 の感想

【終末のワルキューレ 第5巻 ネタバレ注意】正義VS悪の第4回戦開幕!!|カッパの休憩室

終末 の ワルキューレ ネタバレ 26

過去記事から最新話までまとめ記事にしています。 『終末のワルキューレ』 はコミックゼノンに連載中の熱いバトル漫画です。 作画はアジチカ先生、原作は梅村真也先生、構成はフクイタクミ先生。 『終末のワルキューレ』前話(25話)のあらすじは・・・ ヘラクレスの一撃がジャックを襲うが、ジャックは咄嗟に取り出した傘でそれを受け流す。 ヘラクレスは『十二の災禍と罪過』という必殺技を使い、ジャックと戦っていく。 しかしその技は技を振るう度に紋章が全身に広がり激痛が走る諸刃の刃。 さらに紋章が広がり切ればヘラクレスはタヒ亡してしまう…。 次々とジャックの攻撃を弾いていくヘラクレスだが、そんな彼にジャックは狂気的な笑みを浮かべる……!! 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 会場は一気に凍り付き、カストルは絶叫する。 そして放とうとしていた『第七の御業』も中断される…。 人間たちは動揺し、実況も「ぶった斬ったああああああああああ!!」と叫ぶ。 よく見ると、投げつけられた時計板は壁に突き刺さっているが、これは…。 そんな中、真っ先にこの事態の真相に気付いたのは…… 「本命はそれか」と言ってジャックの手袋を指さすヘラクレス。 そう、他ならぬヘラクレスである。 しかしロキは気付いていたので彼に説明を受ける事に…。 実はジャックがポーチから神器を錬成していたという話……あれさえも嘘である。 本当の神器はジャックの手袋。 あれで触れたもの全てが神器になるのだろう…。 何度もポーチから神器を取り出しているように、そして大きさに制限があるように思わせて…。 何度も……何度も……。 あの一撃のためだけに。 アレスは悔しがり、ロキはこれも計算通りなのかと離れたヒルデを思う…。 だがヘルだはそのための采配なのだと言うのみ…。 可愛らしい人形や小物に飾られたその部屋で、ヒルデは戦乙女七女・フレックに用意をするように言う。 このフレックがジャックと神器錬成しなければならない。 当然あのさつ人鬼と神器錬成しないといけない事に文句を言う。 さらにこんな状態では心を一つに重ねるなど不可能である…。 後ろを振り返ると、そこにタヒ神のようにジャックが立っていた。 急に丁寧な対応をされたからだろうか…。 そのギャップに顔を赤らめ、「だ…誰があんたなんかと……」と照れ隠しに顔を背けてしまう。 が、ジャックは丁寧な対応を望んでいたのではない。 そして心を一つにするだけだと言うと、そのまままるで侵食していくかのようにフレックと一つになっていく。 そしてフレックは繊維状になり、ジャックの手に編み込まれていく。 それを訊いて、ゲルは「酷い!!」と言う。 望まずに戦場に駆り出された事になる。 戦乙女13姉妹、第七女フレック。 神器と化した小石はヘラクレスの脇を通り、倒れたビッグベンに激突。 ビッグベンにはクレーターが出来ていた。 そしてジャック達は既にこのロンドン街で数多の戦いを繰り広げてきた。 そう、ロンドン街全体が既に凶器と化していたのだ。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 どうも馬鹿正直に『ポーチより大きな武器は作れない』と明かしたと思ったら、そういう事とは。 仮に見抜けても、気付いたときには……。 神側の戦士たちはパワータイプだと思うので、こんな策で挑まれたら手も足もでないでしょう…。 もはやチートですね。 ただの小石でも触れるだけであの威力。 場合によってはトール・ゼウス・ポセイドンでさえ封殺できるかもしれません。 (ただ彼らはヘラクレスより数段強いと思いますので、ジャックでは対抗するのは厳しいかも…) 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 次の話では、それでも不屈の魂を持つヘラクレスが見れます。 果たして彼はジャックとどう対話するのでしょうか…? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

終末のワルキューレ1巻あらすじと感想を徹底考察【ネタバレ含む】

終末 の ワルキューレ ネタバレ 26

スポンサーリンク こんばんは、ヘル兄Rです。 このネタバレだらけのネット社会で、あくまでネタバレを極力抑えながら読んだマンガを紹介する 自己満足のこのコーナー、今回も参ります。 w ・・・って、上のフレーズ、前回、前々回と書いてなかったな。 「終末のワルキューレ」7巻です。 この巻で5~6巻から続いている ラグナロクの第四回戦のヘラクレスVS. ジャック・ザ・リッパー(以下ジャック)の戦いが決着します。 ジャックが放った「神器ではないハズの物」で斬り飛ばされた、ヘラクレスの左腕。 腰袋に収まる大きさ以上の神器は作れないはずなのに、何故? 神器のカラクリは個人的には「なるほどー」です。 奸計に次ぐ奸計の連続で戦うジャックに対し、自分自身の命を削る御業を駆使し、真正面から戦うヘラクレス。 前巻からブレない、正反対の真っ向勝負がホントに面白い。 今回は巻末の決着まで展開が予想できません。 読みながら色んな展開を予想しながら読んでました。 展開からして神器がジャックを裏切るのでは?とかね。 w まあ読んでからの事なので書いたもの勝ちですけど・・・ ジャックの最後の攻撃が「何を利用した物か?」の予想だけは当たりました。 w そして今巻のラストは正直、読んでてこみ上げてくるものがありました。 そういう意味では作者さん、ゴメンナサイ。 (^-^) あと、最後にひとつだけ書かせてほしいんですけど・・・ 今回の表紙の帯の謳い文句に偽りアリ!! 表紙の帯に「完全決着」って書いてあるんですけど・・・ この戦いは 「完全決着ではない」と思います。 このパターンが出てくるという事は・・・ 「勝敗が付かない決着」がどこかであるのではないのかな? その時「敗者は消滅」ってのはどうなるのだろうか? そして「神器錬成」した戦乙女はどうなるのか? 意外と、その展開が次だったりして。 w 次回も楽しみです。 (^-^) ではでは。

次の

終末のワルキューレ7巻の感想※ヘラクレス対ジャック・ザ・リッパー決着!|オデダンクスブログ

終末 の ワルキューレ ネタバレ 26

【終末のワルキューレ:21話】最新話のネタバレ ヘラクレスは自分の相手がジャックだと言うことに納得がいきません。 これまでの3試合、神の心を動かす人類たちでしたが、なぜここで連続殺人鬼が対戦相手に選ばれたのでしょうか!? ヘラクレスはジャックを選んだヒルデに対して怒りを露にしています。 この対戦、ヒルデにも何か考えがありそうですね。 場内もジャックについて詳しく知る人はいませんので、かなり錯乱状態になっていました。 ジャックの凶器 19世紀後半、ロンドンシティの貧困街で娼婦を5人以上殺害したジャック。 ですが、その足取りは警察も掴めず捕まえることができませんでした。 推理小説作家のアーサーはそんなジャックを推理しましたが、お手上げだったのです。 ジャックの素性がよくわかりませんが、ただ者ではないようです。 これからの戦いが楽しみになってきました。 そしてヘラクレスは怒りを露にし、ジャックへ忠告をしています。 今、身を引けば生きれるようにしてやると・・・ ですが、さすが殺人鬼。 いくら敗けの戦いでも売られた喧嘩は買うに決まっています。 そんな姿勢が紳士なんですね。 ジャックはかなり大きなナイフを2本手に持っていました。 これが神器錬成です。 なんとこの2本のナイフは巨大なハサミへと変身しました。 それにしてもデカすぎでしょう。 このハサミで切られたら人体は真っ二つになりそうですね。 神器は素晴らしい、そして鉄の柱をいとも簡単に切ってしまいました。 ジャックの覚悟がわかったヘラクレスは、戦うことを決めます。 ジャックの戦略 ヘラクレスが戦うことを決めたかと思うと、ジャックがいきなり猛ダッシュで逃亡を始めました。 ヘラクレスに怯んでしまったのでしょうか!? そんなわけはないでしょう。 ヘラクレス、さらに怒り心頭でジャックを追いかけていきました。 行きついた先は、お庭でティータイムかを思わせる光景です。 紳士にはティータイムが必要なんですね。 すごく絵になっていてビックリしました。 ですが、ヘラクレスの目の前には一本の糸が張られています。 こんな馬鹿げた攻撃・・・ 糸を手に取り引き下ろした瞬間、無数のナイフが上から降ってきました。 人器による攻撃など、神には通用しません。 ヘラクレスはジャックを目の前から消し去ろうと武器を振り上げました。 すると袖から銃をだし、ヘラクレスへ向けます。 発砲と同時に建物の屋根に向かって、銃弾が引っ掛かり、そのままジャックはまた姿を隠そうとしました。 ヘラクレス、ジャックを逃がしません。 ほんとにジャックの考えがわかりませんね。 空中での激戦が始まり、ヘラクレスはジャックの凶器を壊しました。 これではもう思うように戦えません。 これで勝利を確信したヘラクレスですが、ジャックは無数のナイフをまた投げつけました。 すると刺さるはずのない人器が見事にヘラクレスへ刺さっています。 これは誰もが驚きの光景でヘラクレスも何が何だかわからんない状況に陥っていました。 本当の神器錬成 あの巨大ハサミはジャックの神器錬成ではなかったようです。 嘘にまんまとハマったヘラクレス。 では本当の神器錬成は一体なんでしょうか!? それはジャックがウエストにかけているバッグだったのです。 神器を創出する袋、これこそがジャックの武器。 このバッグに入る大きさのものなら、オーダーメイドで作られるということです。 これは驚きました。 さすがは殺人鬼。 やることが違いますね。 一方この戦いをヒルデと一緒に見ているゲルは、なぜジャックが選ばれたのかわかりませんでした。 人間が唯一神に勝っているもの・・・ それは悪意だとヒルデは教えます。 ヒルデの顔、ヤバいですね。 いつものヒルデの顔じゃありません。 背筋が凍りつくような微笑みです。 ジャックはまだまだ余裕の顔で、ヘラクレスを挑発しました。 最新話や最新巻の画バレはこのサービスで読めます 文字だけではキャラの心情がわかっても、コマの動きがないから頭の中で想像しにくいですよね。 そういうときは下で紹介する3つのサービスを利用すると、【月刊コミックゼノン最新号】をはじめ、あなたが読みたいマンガを読み尽くせます。 解約も31日以内であれば利用料金の請求はされません。 ぜひ、こちらから無料登録に進み、あなたが読みたいマンガを思う存分お楽しみください。 感想 始まりました、4回戦。 正義vs悪、まだまだこれからなんですが、最新話でも十分楽しめました。 殺人鬼はなんと紳士。 こんなジャックが素敵でした。 ほんとにティータイムがよくお似合いのおじ様ですね。 ですがジャックは悪の塊です。 これからヘラクレスと容赦なく戦うんでしょうね。 ヘラクレスは相手がジャックだったことにご立腹でしたが、そのうちなぜジャックなのかわかってくると思います。 今は完全にジャックに遊ばれている感じで、まだ攻撃もできていません。 早くヘラクレスの攻撃も見たいですね。 ヒルデの悪魔の微笑み、ゾッとしました。 ヒルデにはジャックのすごさがわかっているようです。 だからヘラクレスの相手に選んだのでしょう。 これからの戦い、ジャックのバッグから出てくる神器錬成がとっても楽しみです。 もっと驚くような凶器が出てくるかもしれませんよ。 ヘラクレスがどう太刀打ちしていくのか見ものですね。 きっとジャックが人類2勝目を勝ち取ってくれると思います。 しかし 電子書籍アプリもあり、 購入した書籍類はアプリにダウンロードすれば、オフラインでも閲覧可能 です。 もしもポイントの使いみちがない場合は、近くの提携映画館で観たい映画に使うことも可能です。 また近年はアニメ配信にも力を入れており、旧作・新作問わず見放題作品が豊富に取り揃えられています。 最新クールのアニメ配信場所としては最大級。 しかしポイントを最大限取ろうとすると、毎月8・18・28日にブラウザでFODプレミアムの公式サイトを開く必要があります。 ポイント獲得のバナーをタップしないと、ポイントは取得したことになりません。 バナーのタップによるポイント取得ができないと、最大の1,300ポイントに届かなくなります。 ただし、3つのサービスの中では金額が低く継続しやすいです。 これから 電子書籍を多数所持するなら、3つの中ならFODプレミアムが金銭的に最もお得になります。

次の