ショート メール チェック マーク。 【疑問に回答!】smsで既読になったか確認する方法はあるの?

SMS(ショートメッセージサービス)の送り方

ショート メール チェック マーク

これまで使っていたキャリアを解約し、iPhoneで格安SIM生活をスタート! 毎月の携帯にかかる費用が劇的に安くなり、ありがたいことこの上なし……なのですが、少々手こずった点がありました。 それは、「キャリアメール使えない問題」です。 キャリアメールは、携帯電話会社が発行するメールアドレスのことです。 キャリアを解約したので、キャリアメールは使えなくなりました。 でも、私が契約した格安SIMのプランにはSMS(ショートメッセージサービス)が付いているので、今後はSMSを使えばいいのです。 ここまでは想定内でした。 では何が想定外だったかというと……相手からのSMSは届くのに、自分からは送信できないという事態に陥ったこと。 ちゃんと設定もできているのに、なぜ? 目次• SMSでメッセージが送信できない このように、SMSでメッセージを送信すると、「未配信」および「!」のエラー表示が出てしまいます。 相手からは届くのに、自分からは送れない。 なぜこのような事態が生じるのか原因を調べてみたら、実にシンプルな原因が発覚しました。 SMSで送信できる文字数は機種ごとに異なる 実は、今までキャリアごとにSMSで1回に送信できる文字数は異なっていました。 最近すべてのキャリアでサービス仕様が変わり、最大で全角670文字を送信できるようになったのです。 ただし、この文字数は使用する機種ごとに異なります。 670文字送信できない機種は、1回あたり70文字までですので、この数字はSMSでやり取りする際に意識しておいた方が良いかもしれません。 というわけで、全角70文字以内の文章で送り直してみたところ、 ……無事に送信できました! SMSでは「件名」と「画像」にも注意! 実は注意点はまだあります。 友人に短い文章を送った際にも「未送信」のエラーが出たのですが、このときの原因は「件名」を入れたことでした。 SMSを送る場合、「半角70文字以内」に加えて、「件名を入れない」「画像を添付しない」も守る必要があるのです。 このルールを破ると、相手のメールアドレスを知っている場合は自動的にキャリアメールに切り替えられて送信されますが、私の場合はキャリア解約後で当然キャリアメールは使えないため、送信エラーとなったわけです。 一度知ればどうってことないルールなのですが、これを知らずに利用すると何かしらの不具合ではないかとびっくりしてしまいますよね。 「件名」は非表示にもできる ただ、エラーを防ぐ工夫もできます。 「設定」>「メッセージ」>「件名欄を表示」をOFFにすると、件名欄を非表示にできるのです。 いっそ非表示にしておけば、誤って件名を入力することも防げますよね。 また、「設定」>「メッセージ」>「文字数」をONにして、文字数を表示させることで、文字数オーバー対策も可能です。 LINE全盛の昨今、SMSはほとんど使わないという人も多いでしょう。 とはいえ、私もそうですが「仕事の連絡などではショートメッセージを使う」という人も決して少なくないと思います。 格安SIMでもSMSはちゃんと使えるので、文字数などルールに注意しつつ活用していきたいですね! 格安SIMでSMSを利用するなら契約プランに注意! 格安SIMでSMSを利用する場合は、音声通話SIMもしくはデータSIMのSMS付きプランを選びましょう。 それぞれの料金は以下のページよりご確認ください。

次の

SMSを送った際に一覧画面に赤い⚠マーク

ショート メール チェック マーク

SMS(ショートメール )を送信する手順 SMS ショートメッセージサービス は、電話番号があればインターネット上で70文字以内の短いメッセージの送受信ができるサービスです。 メールアドレスを使用しなくても相手にメッセージが送信でき、手軽に素早くメッセージを送りたいときにも適しています。 ここでは、iPhoneやAndroid系のスマートフォンやパソコンなどからSMSを送る手順についてみていきます。 下記は国内で利用できる主なSMSの一覧です。 +メッセージ +メッセージは、国内の大手携帯キャリアのSMSサービスが共同で提供している新しいメッセージ送信用サービスです。 従来、各キャリアで使われていたメッセージサービスを進化させ、ドコモ、au、ソフトバンク契約しているスマートフォンとタブレットのユーザーが使用可能です。 無料で使用できますが、送信する際には別途パケット料がかかります。 +メッセージでのメッセージ送信方法は次の通りです。 事前にAndoroidであればSMSアプリをアップロード、またはau Marketからダウンロードしておきます。 iPhoneの場合はApp Storeからダウンロードしておきます• ホーム画面の基本機能をタップします• 基本機能の中にある「+メッセージ」をタップします• 全ての連絡先が選択されていることを確認します。 右端に+メッセージのアイコンがついている人は+メッセージ機能が使えます• 送りたいメッセージを入力し、青の送信アイコンをタップするとメッセージが送信されます• 左下の+アイコンをタップすると写真や音声メッセージも送信可能です。 右下のスタンプマークをタップするとスタンプが送信できます• 相手にメッセージが届くとチェックが1つ入り、既読になるとチェックが2つになります iPhoneなどのiOS系デバイスからの送信• ホーム画面の「メッセージ」アプリをタップします• メッセージ画面がでたら右上の新規作成アイコン 鉛筆マーク をタップします• メッセージ作成画面が表示されたら送信する相手を選びます。 選び方は右上アイコンの+マークをタップし、連絡先を開き送る相手を選択します• ボックスに送るメッセージを入力し、横にある送信用の緑のアイコンを押し送信します• 以上でメッセージの送信完了です Android系デバイスからの送信• ホーム画面、もしくはアプリ一覧画面の「メッセージ」アプリをタップします• メッセージ画面右下の、青の新規作成アイコン 鉛筆マーク をタップします• メッセージ作成画面が表示されますので、送信先の電話番号を手で入力もしくは、右上アイコンから電話帳を開いて送り先を選びます• メッセージ入力欄に送りたいメッセージを入力し、右の送信ボタンを押すと送信されます• 以上でメッセージの送信完了です 参考: パソコンからSMS(ショートメール )を送信(Androidスマホ限定) パソコンから相手にSMSを送ることも可能です。 その中でも簡単な方法は、インターネットブラウザのChromeの拡張機能を使う方法です。 ただし、この方法はAndroidスマホを持っている方しか利用できません。 iPhoneの場合は利用できないので、注意してください。 それでは、パソコンからSMSを送信する方法をご説明します。 まずは以下を用意してください。 スマートフォンでご利用の場合に必要なもの• 最新バージョンのメッセージ アプリ• Wi-Fi またはデータ接続• Android 5. 0 以降。 お使いの Android のバージョンをご確認ください。 パソコンでご利用の場合に必要なもの• Chrome、Mozilla Firefox、Safari、Microsoft Edge のいずれかのウェブブラウザ。 Internet Explorer ではご利用いただけません。 インターネット接続 ヒント: スマートフォンをご利用の場合は、モバイルデータの通信料がかかる場合があります。 追加料金が発生しないようにするには、スマートフォンを Wi-Fi に接続してください。 引用元: 上記が用意できましたら次に、スマートフォンでメッセージアプリを開きましょう。 その間にパソコンのブラウザでを開いておきましょう。 もしも今後パソコンからのみSMSを送信するなら、この時に表示される「このパソコンへのログインを維持する」をオンにしておきます。 そうすることで、次回からのログイン入力を省略できます。 パソコンでは「QRコード」が表示されているので、スマートフォンで「QRコードをスキャン」をタップし、読み取ってください。 読み取りが完了した場合は、スマートフォンが振動しますので、パソコンでSMSを視認できるかチェックしましょう。 これが確認できたらパソコンからSMSを送信できます。 ただ、パソコンからSMSを送信する場合がスマートフォンから送る場合と同様、通信料がかかるので注意してください。 ビジネスでSMS(ショートメール )を送るなら専用の送信サービスの利用がマスト 友人や家族など個人用としてSMSを送る場合と、ビジネスでSMSを送る場合の目的は全く違うものです。 ビジネスでSMS送信サービスを利用する場合、1対1のメッセージのやり取りよりも多数の人へのメッセージ送信が目的です。 ここでは、SMS送信サービスを使うと、どのようなことができ便利かどうかについて解説します。 SMSキャンペーン等のDMを顧客に一斉送信できる メールではなくSMS送信サービスを利用して企業のDMやキャンペーン案内、イベント情報、そして支払いの催促などを送信すると、複数の宛先にメッセージを一斉送信できます。 このようにSMS送信サービスを活用することで、従来よりも速くより効率的に顧客への連絡が可能になり、売り上げアップやサービスを利用者の増加にもつながります。 また、キャンペーン用のDMを送るときも有効的です。 SMS送信を使うと、見込み客に対して一斉にアプローチが可能となります。 さらに、新規の設備投資も不要なところも魅力です。 クラウドサービスを利用し、1通ごとの送信料だけかかる従量課金制や月額利用料など、さまざまな料金形態から適したサービスを選ぶことができます。 API連携によって本人確認やワンタイムパスワードなどを SMS(ショートメール)で自動送信できるようになる 近年、インターネットを利用したショッピングやサイトへのログインなど、セキュリティとして本人認証や確認をする場面がとても多くなっています。 もし、企業が手作業で顧客に対して、本人確認やワンタイムパスワードを発行・送信していると膨大な作業量になりかなり時間がかかります。 そこで、本人確認の通知やワンタイムパスワードを自動で送信できる「SMS送信サービス」を利用すると、作業効率が上がり利用者の増加にもつながります。 このように、ビジネス場面においてSMS送信サービスの利用はもはや必須といえます。 IVR連携で音声ガイダンスに合わせてSMS(ショートメール)を送信できるようになる SMSメッセージ送信サービスの中には、音声ガイダンス IVR と連携しているものがあります。 IVRと連携させたサービスを活用すると、電話で問い合わせをしてきた顧客に対してより高度な対応ができます。 たとえば、音声案内で内容に合ったSMSを送信し、電話オペレーターを通さずに対応することが可能です。 また、このメッセージ送信サービスは、フリーダイヤルやナビダイヤル経由でも利用でき、伝わりにくい情報・メッセージも正確に伝えます。 IVRと連携したSMSサービスを使うことのメリットは他にもあります。 電話を受信した後に、受信の状況と問い合わせ理由の両方を確認することが可能です。 また、メッセージ送信時に顧客コードを割り当てることで、顧客対応の記録を簡単に管理するなど、便利な機能も魅力です。 顧客と企業の双方向でSMS(ショートメール)の送受信ができる SMS送信サービスの中には、顧客からの問い合わせやアクセスに対して自動のショートメッセージを一方的に送信するだけでなく、顧客の返信内容に合わせてSMSで応答できるタイプもあります。 APIと連携することで完全に自動化させたメッセージ送信が可能です。 双方からのメッセージの送受信をおこない、業務内容や顧客対応状況に応じて、より柔軟にコミュニケーションをとるシステムです。 たとえば、企業のコールセンターや人材派遣会社、保険会社などの活用では、オペレーターの稼働させずに情報収集ができますので人件費や教育費のコストを節約できます。 また、物流会社でSMS送信サービスを利用すると、電話やメールでかかる時間が大幅に短縮します。 業務フローに従い顧客と双方向でやり取りし、自動予約をおこない、より効率化を実現します。 参考: 【初心者必見】SMS送信サービスの選び方 SMS送信サービスを提供している企業は多数あります。 初めて利用する企業や個人は、どのSMSサービスを取り入れたらよいかについて情報を得たいという人も多いのではないでしょうか。 ここでは、SMSサービス初心者向けに選ぶときに押さえておきたいポイントや、どのような機能が付いているサービスがおすすめなのか、などについてみていきます。 ぜひSMSサービスを導入する際には参考にしてみてください。 最低限押さえておくべきポイント SMS送信サービスを初めて使う人や初心者が疑問に思うことは、「SMS送信サービスを比較するときに、最低限どんなことを押さえて選ぶべきなのか」なのではないでしょうか。 そこで最初に、SMS送信サービスの接続方式をチェックしてみましょう。 大きく分けると「国内直収接続」と「国際網接続」の2つの方式のサービスがあります。 おすすめしたいのは、キャリア直収とも呼ばれる国内直収接続方式です。 直接の接続によりメッセージの到達率が高まり、セキュリティ面でもより安全です。 さらにメッセージを送信した結果の詳細もわかります。 次に重視したいのが、「メッセージ文の拡張機能の有無」です。 ビジネスでSMS送信を使う場合、件名や文頭に送り先のユーザー名を自動的に入れる「One to Oneメール機能」が有効です。 また文章も短いものではなく600文字ほどの長文に対応しているかどうかや、文字数を節約するための「短縮URLに変換する機能」などの有無もチェックすることをおすすめします。 目的別のチェックポイント SMS送信サービスを選ぶときには、どのような目的で使うかどうかによって押さえておきたいポイントが変わってきます。 ここではその中でも、顧客向けキャンペーンに活用したい場合と顧客の本人確認用として活用したい場合のSMSサービスの選び方を紹介していきます。 顧客にキャンペーンを打ち出したいなら一斉送信サービス機能が必要 SMS送信サービスのメリットの1つが、メールのように1件ずつ宛先を選んで送信する必要がないことです。 一斉送信サービス機能を使うことで、顧客にすばやく簡単に連絡をすることができます。 また、この一斉送信サービスにもさまざまなタイプがあります。 利用するときに送信したい顧客数をまず確認し、必要な人数やメッセージ文字数などの条件が合うサービスを選ぶようにしましょう。 自動で本人確認やワンタイムパスワードを発行したいならAPI機能が必要 近年は不正アクセス防止やセキュリティ面の強化のため、多くの企業がワンタイムパスワードを発行するサービスや本人確認用の4桁コードをSMSで送信するなど、さまざまな工夫をおこなっています。 このような自動発信においてはAPI機能が必須となります。 各サービスを比較するときには、文章内容がAPI機能でできるかどうかを確認することをおすすめします。 上記2点を満たすサービスの代表例として「空電プッシュ」があります。 NTTグループが提供しており、SMS送信サービスの中でも信頼性が高いです。 サービスが絞り切れないという方は導入をおすすめします。 まとめ 従来は個人用として主に使われていたSMSですが、ここ数年急速にビジネス用としても活用されてきています。 SMSのよい点は相手のメールアドレスがわからない場合でも、携帯やスマートフォンの番号がわかれば手軽にメッセージを送ることができるところです。 大手キャリアでは従来のSMSサービスを進化させた+メッセージという新サービスを展開しています。 これは短いメッセージ文だけでなく写真や画像、スタンプや音声なども簡単な操作で一斉に相手に送信できる便利なシステムです。 ビジネスにおいて、個人認証や問い合わせへの対応をするさいにSMS送信を使うケースも大変増えています。 大規模なシステム導入をしなくても、メッセージを送信した分だけ料金を支払う便利なSMS送信サービスもあります。 自分のビジネス上で必要な機能をまず確認し、より満足できるSMSサービスを選びましょう。 ビジネスでのご利用シーン• スマホアプリ利用時の本人認証に• 自治体から住民への情報配信に• 商品配送や訪問の事前連絡やリマインダーに• コンタクトセンター業務の効率化に• ビデオを活用したお客さまサポート業務改善に•

次の

SMSを送った際に一覧画面に赤い⚠マーク

ショート メール チェック マーク

皆さんはiPhoneのメッセージサービス「iMessage」を使っていますか? LINEが普及して以前より利用者が減ったかもしれませんが、LINEには無い利点もあるんですよね。 ・・・それは、LINEのように既読表示がついていて、しかも表示のオン・オフが可能なこと! えっ、既読表示が出るのは知っていたけど、オン・オフが可能なの?と思った人もいるのではないでしょうか。 ちなみにここでいう「オフ」とは、自分がメッセージを開封した際、それを相手に知らせる「開封証明」が送信されないようにするということです。 オンにしてあると、自分が読んだことが相手に通知されるということですね。 ではどこで表示の設定をするかを説明します! iMessageの既読表示をオンにする方法 iPhoneの「設定」画面で「メッセージ」をタップします。 「開封証明を送信」をオンにします(下記のように緑色になっている状態がオンです)。 これで、自分がiMessageを読んだ場合は送信者に「開封証明」が送信され、相手のiPhoneの画面に「開封済み」と表示されるようになります。 逆に読んだことを相手に知らせたくない場合は「オフ」にすればいいわけです。 そして、相手が読んだかどうかが自分のiPhoneの画面に表示されない場合は、相手が表示設定をオフにしている可能性があるというわけです。 要注意!既読表示は「iMessage」にしか出ない 大事なことを補足します。 それは、既読表示機能が使えるのは「iMessage」だけであり、「SMS」「MMS」では表示されないということ! そもそもその3つの違いが分からない、という人もいると思うので、違いをザックリと下記にまとめてみました。 iPhoneの「メッセージ」アプリでは、「SMS」「MMS」「iMessage」の3種類のメールサービスを使うことができるのです。 ・SMS(ショートメッセージサービス)・・・電話番号で送受信できる、いわゆるショートメールのこと。 携帯電話会社が提供。 ・MMS(マルチメディアメッセージングサービス)・・・「 softbank. jp 」で送受信する、いわゆる携帯メールのこと。 携帯電話会社が提供。 ・iMessage・・・iPhone、iPad、iPod touchなどとやりとりができるメールのこと。 Appleが提供。 自分が使っているのがiMessageかどうか分からない!という人は、手っ取り早い見分け方を紹介します。 メッセージの吹き出しの色に注目してください。 下記のように自分の発言が青い吹き出しなら、使っているのはiMessageです。 自分の発言が緑色の吹き出しなら、使っているのはSMSかMMSです。 ちなみに、iPhoneではiMessageのアドレスとして自動的にiPhoneの電話番号が指定されるので、電話番号に送った場合、相手の方もiPhoneやiPadなどであれば、SMSではなくiMessageとして認識されます。 つまり既読表示も使えます。 もし、iPhone同士だし相手も開封通知をオンにしているらしいのに「開封済み」が表示されないよ!という場合は、相手の電話番号ではなく「 softbank. jp」のアドレスに送っている可能性があります(体験談)。 確認してみてくださいね。 ・・・既読表示はどうでもいい人にはどうでもいい機能かもしれませんが、個人的には重宝しています。 というのも、iMessageは主に家族と使っているので、「返事より何より、自分の連絡が伝わったかどうかだけ知りたい」と思うことが多いからです。 もし家族や親友、親しい仕事仲間とiMessageを使っていて、「既読表示された方が連絡は伝わっているんだなと安心できる」という場合は、表示にしてほしいと頼んでみるのもいいと思いますよ! この記事もオススメ ・ ・ ・.

次の