お返事頂けると幸いです。 ~していただけると嬉しいですって英語でなんて言うの?

ビジネスメールの返信の例文|お礼/日程調整・件名/引用の注意点

お返事頂けると幸いです

簡単に言えば「いただく」と「幸い」を足して丁寧な敬語表現へと変換した言葉が「頂けると幸いです」になります。 「いただく」にはくれる、もらうという意味があります。 ここでの「いただく」は謙譲語になりますので、もらうを謙譲語にしたものが「いただく」という形になります。 「幸いです」はお願いの意味で使用しています。 相手がそれをしてくれたら嬉しい、ということですね。 相手に贈り物をした際にも使用しますので、相手の役に立つことを期待する気持ちを表現することもあります今回の場合ですと、「お願い」という意味合いが当てはまります。 これらの2つの意味を足すことによって「いただけると幸いです」になりますので、ざっくりといえば「してくれると嬉しいです」といった意味を敬語表現にしたもの、ということになります。 使うときは相手に丁寧にお願いをするとき 「幸いです」は上記で説明した通りの嬉しいという意味になりますので、「幸甚(こうじん)」についての説明をしていきたいと思います。 しかし、この幸甚という言葉はなかなか見ませんよね。 日常的にはまず使うことがありませんので、ビジネスシーンなどのお堅い場面で使うことが多い言葉になります。 意味は「幸い」をより丁寧にしたものになり、訓読みをすると「甚だ幸せ」という意味になります。 砕いていうならば「非常にありがたい」や「この上もない幸せ」という感じですね。 ここまでくると丁寧にしすぎている感もありますので、基本的にはかなり目上の方に対してでない限りは「幸甚」ではなく、「幸いです」で問題ありません。 「幸いです」はあいまいな表現になることも 「いただけると幸いです」という言葉はとても丁寧ですし、良い印象を与える言葉でもあります。 しかし、場合によっては「幸いです」がとてもあいまいな表現に見えてしまうことがあります。 例えば、必ず連絡がほしい場合に「ご連絡いただければ幸いです。 」と言ってしまうとすこし言葉が弱いですよね。 ビジネスメールは意味を正しく伝える必要がありますので、丁寧な言葉遣いをしようとしすぎてこのような言い方をしてしまっていては本末転倒です。 こういった、必ず連絡がほしい場合には「ご連絡お願い申し上げます。 」といった表現にするほうが良いです。 こういった、必ず何かをしてほしい場合等は「幸いです」という表現をするべきではありませんので注意しましょう。 何が幸いかわからない場合も 「していただけると幸いです」はあいまいな表現になってしまうので、使うタイミングが限られることがわかりました。 ここではそれを踏まえたうえでの実例文をいくつか紹介していきます。 ・ご連絡いただけると幸いです。 ・お目通しいただければ幸いです。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、ご都合の程をお知らせいただけると幸いです。 といったような、ソフトにお願いする場合の表現として「いただけると幸いです」を使用するのが良いでしょう。 また、必ず相手からの返事が欲しい場合や、日時を指定してお願いをする場合は以下のような表現をします。 ・ご連絡していただきたく存じます。 ・お目通しいただくようお願い申し上げます。 ・お忙しいところ恐れイイりますが、ご都合の程をお知らせお願い申し上げます。 「いただけると幸いです」はとても丁寧な表現ですが、あくまでもソフトにお願いする表現ですので、きっちりと使い分けるようにしましょう。 上記でも説明しましたが、目上の人に対しての「いただけると幸いです」に当たる言葉は「いただけると幸甚です」といった表現になります。 意味は説明した通り、幸せをより丁寧に表現したものとなります。 少し上の上司にあたる人や取引先の方なら「幸甚」なんて表現をせず、「幸いです」で問題ありません。 使う際にはよほどのことがあった場合や、かなり目上の方に使うのが望ましいですね。 しかし、この「幸甚」という言葉は「この植えない幸せ」や「非常にありがたい」という意味があることを説明しました。 よって、1つのビジネスメールに頻繁に使っても良い言葉ではありません。 この上ない幸せが1回にいくつもあるのはおかしな話ですし、使う際には1か所程度にとどめて使用する必要があります。 あまりにも使いすぎるとお堅い表現でもありますので、相手によそよそしい印象を与えてしまいますし、大げさであったり「くどい」印象を与えてしまいます。 せっかく丁寧な表現を心がけて使用しているのにもかかわらず、このような事態になってしまっては意味がありませんよね。 より丁寧な表現をしたいのなら「幸いに存じます」 今回は「いただけると幸いです」という表現についてまとめました。 ここでわかったのは「いただけると幸いです」はあくまでもソフトにお願いする際に使用する表現であり、急ぎの連絡や依頼に対して使用するととんでもないことになる可能性があるということです。 「幸いです」はあくまでもビジネス枕詞であり、柔らかい印象を与えるための言葉です。 急ぎの用事がある場合は丁寧な表現をすることも大事ですが、意味の伝わるように「していただくようお願い申し上げます」や「していただきたく存じます」のような言葉を使い、しっかりと意味の伝わる文章を作成するように心がけましょう。 きちんと相手に伝わるビジネスメールをすることは社会人の基本中の基本になりますので、最初は言い回しなどが難しいものが多く混乱しますが少しずつ覚えていって丁寧かつ、意味の伝わるメールを作れるようになっていきましょう。

次の

「幸いです」は目上に失礼!?「ありがたい」「助かります」は…【今さら聞けない大人の敬語講座vol.6】

お返事頂けると幸いです

期待を込めることでポジティブに遠回しに伝える 穏便に柔和に「お返事くださいね」と伝えられる言い方として、まずは「 お便りを楽しみにしています」「返信もらえると嬉しいな」というように前向きな期待を表明する方法が挙げられます。 全面的にポジティブな言い方であり、読み手の気持ちを損ねにくく、「自分の手紙を楽しみに待ってくれているんだな」と受けてってもらいやすい表現です。 要請や催促のニュアンスは比較的軽めです。 この言い方には hear from ~という表現が便利に使えます。 字義通りは「(相手)から聞く」という意味で、「お便り(連絡)をもらう」という意味でも使われます。 「返事」や「返答」という直接的な言葉を避けることで、より気軽な表現にできます。 メールの件名で「返事が必要」と匂わせる 電子メールを通じてやり取りする場合には、メール本文に先立って件名を確認する段階があります。 そのため、件名はメールの趣旨・目的や重要度が明確に読み取れるような内容にすることが大切です。 メールの件名で内容の重要度が示せれば、「このメールは 優先度が高い」と判断してもらいやすくなり、返信作成のタイミングも早めてもらえることが期待できます。 「このメールは 返信が必要そうな案件だ」と察してもらえれば、さらに期待度はたかまるでしょう。 ビジネスメールには書き方に一定の「型」があります。 を把握してスマートかつ効果的な件名をつけましょう。 コツは「簡潔」「明瞭」「具体的」であるように意識することです。 友人・知人への私信の場合は、差出人が自分であると明確に判断できる内容を盛り込むことが重要といえます。 これはスパムメールに紛れてしまわないようにする意味合いで特に重要です。 メール件名の先頭に一言加える書き方 電子メールの件名には、返信を表す RE: や転送メッセージであることを表す FW: と同様に、「【至急】」のような一言を記号的に添える書き方があります。 件名そのもので重要性や緊急度を伝えきれない場合には、こうした表記を加えてみるのも手でしょう。 ただしスパムメールもよく使う手なので使い所は慎重に、件名そのものの具体性は確保できるように注意しましょう。 Important: Change of Friday Meeting Time 【重要】金曜日の会議時間の変更 略語を使う 定型表現として比較的よく使われる略語もいくつかあります。 WFR Waiting For Your Reply (返信をお待ちしています)の略。 FYI For Your Information(ご参考までに)の略。 これは返信不要の旨を暗に示す表現。 NRN No Reply Needed(返信は不要です)の略。 これは返信は不要と明示する表現。 NFA No Further Action(対処不要です)の略。 メールの返信も不要、メール本文の内容に対しても特に行動は必要ない(報告のみである)と示します。 ビジネス略語は使い所が難しく、相手がどう受け止めるかも不確かな部分が残る言い方です。 先方が使ってきたら正しく解釈できるように知識を得ておくことは大切でしょうけれど、自分からあえて積極的に使っていくことはあまり必要ないかもしれません。

次の

「ご返信いただきましたら幸いです」と「ご返信いただけましたら幸いです」と...

お返事頂けると幸いです

「幸いです」は相手にお願いするときに使う 「幸いです」は、主に相手に何かを依頼するときに用います。 しかし使うのは、軽いお願いのときに限られます。 何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。 また、贈り物を渡す際も同様に、「貰っていただければ嬉しいです」という意味を込めて、「幸いです」を多く使います。 必ずやってほしい時には幸いですを使わない 「幸いです」は、お願いする方がやってくれるとうれしいだけで、相手も幸せとは限りません。 先にも紹介しましたが、ビジネスシーンで必ずやってほしいことをお願いする時には、「幸いです」を使うのは避けるようにしましょう。 「幸いです」は目上の人には相応しくない 「幸いです」は、やわらかく丁寧な表現ですが、実は目上の人に対しては使わないのが無難です。 「幸いです」の言い切りに一方的な印象を持つ人もいるので、言い換えるのがいいでしょう。 謙譲の気持ちを込めて、「幸いに存じます」としたり、シンプルに「お願い申し上げます」などとできるでしょう。 「幸いです」の類語、代替できる言葉 「幸いです」の類語:「助かります」 「幸いです」のいい換え表現として「助かります」があります。 「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。 使用上の注意点として、 「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に「助かります」を使うことは失礼に当たります。 距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。 「幸いです」の類語:「幸甚です」 「幸甚 こうじん です」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。 「幸甚です」は、「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。 相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

次の